FC2ブログ
topimage

2014-07

復帰>『花子とアン』第84話 - 2014.07.05 Sat

花子は名前でなく
「お祖父やん」と呼んだのに

「周左偉門じゃ」って何?

お祖父やんの
「花子にはなれんぞ」は良しとして

「ハナタレのハナじゃ」って何?

孫として祖父を呼ぶのも
親が付けてくれた名前も
全否定!?

…って、今更か(笑)

…ひじゅにですが何か?



「ごめん、こんなバカな娘で」by花子



↑全国お茶の間が一斉に頷いた瞬間



お母ったら~

少し前まで読み書きできなかったし
今でも、お父に本を読んでもらってるくらいだから
まだあまり達者ではないんだろうに

本の扱いには長けているのね>年の功?

お母のおかげで辞書は元通り。
ガバガバになることもなく
閉じれば新品の如く綺麗。

百姓辞めて本屋に勤めた方が良いズラ。

いっそ、村岡印刷で働くことにして
花子が村岡さんと結婚した後は
安東家で会社を乗っ取ればメデタシメデタシ。

ああ、『花アン』って
そーいう話だったのかあ~
納得~(違



花子ったら~

何故か勤め先に持ってきて放置していた傘を
いざ誰かが手に取ると
途端に悲劇のお姫様になって奪い返したのに
同じく村岡さんに(弟経由で)貰った『王子と乞食』は
忘れて帰ろうとしていたし

自棄になって捨てようとしたのは
その傘ではなく辞書の方だし

単に仕事が嫌いってだけじゃ…


村岡さんに貰った物の中でも辞書は特別なものだものね
と、優しく脳内補完してあげたいけど

甲府時代は大して使ってなかったみたいだし
上京してからも漬物石だし(笑)
村岡さんも、村岡さんが励ましてくれる英語も
どーでもいい存在にしか見えないんだものなあ(^^;)

おまけに傘まで出てきちゃったし
雨の中のハグ>名シーンと見なされている?
と共に何度も何度も登場するもんだから

何かさ

愛とか恋とかよりも

肉欲

って感じで(^^;)

いや
愛=肉欲っしょ?
という考えもあるだろうとは思うけれども(笑)

辞書で象徴される
愛や夢といった精神的なもの→扱いはゾンザイ

で象徴される
肉的なもの→何よりも大事で捨て難く常にメラメラと燃え上がる

って感じで(^^;)

オリジナル・ストーリーなら
そーいう人もいるのね

それなりに楽しむこともできるかもしれないけど

そーいうトコあるよね

共感湧くこともあるかもしれないけど

村岡花子さんという実在者を描くドラマだから
ひじゅには辞書の方をこそ観たかったよ。



その傘だって
持ち帰った時に玄関で干しておいてくれたのは
かよちゃんだろうし

お母が辞書の修復を行っていた間
傍に座っていただけだったし

ひじゅにと同じくらいナマケモノだな>ぉ


だから村岡さんが好きになったのか。
おお
何て整合性のある緻密な脚本!?>ぇ


でもって
立ち直るきっかけが、あの夢?

お祖父やんには悪いが
アレは視聴者にとっては悪夢でしかないぞ。

「想像の翼」でもなく>最初から持ち合わせてなさそう
いつもの妄想でもなく>タケシ様が登場しない(笑)

また居眠りかよ!?

って感じで
ナンダカナ…

アレで立ち直るってのもヘンテコだけど
それ以上に

こんな時まで他力本願の花子!

ってとこにも
ナンダカナ…


花子の涙の出ない泣き顔も
話が面白ければスルーするんだけど

宮本さんの棒台詞と
どっちが気に障るか良い勝負?


そして
あっという間に復帰する花子。

雑誌を届け忘れた件も傘を貸さなかった件も
周囲がオタオタしている姿を映しただけで
肝心の宇田川先生が気持ちを和らげてくれたのかどうかも
全く描かれていないまま

簡単に花子を宇田川先生の担当に戻しちゃう梶原さん。
自分も担当を下ろされたと自虐コメントをする醍醐ちゃん。

うん
甘ちゃんひじゅにも
あ~いう職場なら上手くやっていけるな。
確信した>ぇ



「監視されてる」by宮本



宮本さんったら~

アレってどー見ても
強引なお持ち帰りなのに~

吉太郎君のせいにするとは

そんなに蓮様を連れ込みたかったんかい!?
って
連れ込みたかったんだろうな(笑)


蓮様は蓮様で
「男の方の部屋に入ったのなんて生まれて初めてなの」
だなんて

ブ リ ッ コ し て ん じ ゃ ね え !

   …落ち着いて下さい、ひじゅにさん

いや、勿論
結婚二回のベテランでも
いわゆる恋愛は未経験の蓮様
ってことは承知しているけれど

富山先生をさんざん見下してたこと
視聴者は忘れていないんだかんね。

まあ、ここで
今迄の自分に気付く蓮様
ちゅーのなら面白味が出るかもしれないけど

多分そんな描写なんてないだろうな(遠い目


でもって
一瞬、理性を取り戻した(様に見せかけた?)蓮様を
一気に懐柔したのは

すっ転ぶ宮本part2

イケメンが隙を見せる姿に萌え?
いやいや、あまりにも棒な台詞に既に萎え。


絵に描いた様なバカップル(――;)


本来なら、視聴者にとっても
あらゆる意味で
宮本>>>超えられない壁>>>デン氏
であるべきなんだろうけれども
そこんところがサッパリ描かれていないし
役者自身が醸し出すものは寧ろ逆なので

蓮様ったら
だめんずウォーカーだったのね
としか言い様が…



情念に生きる女
って言うとカッコ良く聞こえるけどさ
ここまで徹底して「知性」を省かなくても…

と思ってしまうのは、ボコひじゅにだけ?


そして
ドサクサに紛れて
カスミンはアッサリ殺されてしまったのだった―

振り返った村岡弟が
「兄さん、約束通り薬は飲ませたよ」
と言い出しそうだったよね>ぇ





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

毒薬は口に苦し


お持ち帰り用ビニール袋


大人のための愛の残酷物語


スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

スカーレット (153)
相棒 (126)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (29)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (7)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (16)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (4)
MV&歌詞訳(QUEEN) (11)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (25)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (65)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (56)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (2)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)
エール (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR