FC2ブログ
topimage

2014-05

名前>『花子とアン』第28話 - 2014.05.01 Thu

こうして感想を書き始めるとなると
君はまず最初に
『花アン』のどこが優れているかとか
どんな笑えるギャグが入っているかとか
どんなにワクワクする展開で深みのある物語かとか
その手の『みん感』的なしょーもないアレコレを読みたがるかもしれない。
でも、ハッキリ言ってね、その手の書き方をする気になれないんだよ。

   ↑『アン』をイジっている『花アン』に倣って
   『ライ麦畑でつかまえて』(村上春樹訳)をイジってみました>ぇ


…ひじゅにですが何か?



「お父が権兵衛なんて名だったら、お母は好きになってるかしら」by花子



…なってんじゃねーの?>無責任



蓮子様ったら
やっぱ、『ロミジュリ』を読んで
蓮子、かんどー!
という顛末かい(笑)

これはきっと
肝心の復讐もドロドロしたものどころか
少女マンガ風味の軽~い笑い話で終わっちゃいそうな
そんな予感がする、ひじゅに17歳(嘘


確かにアンは名前に拘る子だった。

出逢ってすぐ別れるしかないと思われたマリラに
「コーデリアと呼んで下さらない?」
と答えるシーンがある。

   ↑この間、去年の大文学会では『リア王』を上演し
   コーデリア役の人が見初められた…云々
   という噂話がワザワザ入ったのは
   コーデリアという名前を出したかったからだろう


アンという名前は気に入らないけど
どうしても呼ばなければならないのなら
末尾に「e」が付いたアンと呼んでくれ
とも言っていた。

   ↑「はなではなく花子と呼んでくりょう」
   と、花子が最初に言い出した時は
   実際、村岡花子さんの本名は「はな」だし
   ここにアンを重ねるのは面白いと好意的に受け取っていた


そしてそして
今日、花子が言っていた
「もしバラがアザミやキャベツという名前だったら…」
という、まんまの台詞もある。

   ↑「バラは例え他のどんな名前でも香りは同じ」
   という本の中の言葉に反応してのもので
   その本が『ロミジュリ』なのは間違いないと思われ


だから、ここで皆が『ロミジュリ』を演じようとしているのも
将来、翻訳家になる布石として花子が翻訳することになるのも
まあ良いと思う。

バラの名前の件が出て来た時は
「ああ、またもや『アン』ネタかい…」
と、ちょっとウンザリはしたものの
その言葉が出ること自体はまあ、仕方ないかなあ…という気もする。

するけど…

何かやっぱりズレてると思うんだけど?
ひじゅにの方がズレてるのかもしらんがな(^^;)


アンは生まれて間もなく両親を亡くし
子沢山の貧しい家で子守をしながら育ち
その後はずっと孤児院で暮らしていた。

そんな孤独な女の子が
たった一つの持ち物である名前に拘るのは
悲しいくらい納得できる。

アイデンティティに関わることだから。

バラをバラとして良しとするだけでなく
個別に名前も付けた。
鉢植の花から近くの湖から森の小道から…
あらゆるものに名前を付けて回った。

それは、とても可愛らしい話であるだけでなく
とても悲しい思いを秘めてもいた。

そんな彼女だから
何もシェイクスピアにイチャモンつけたわけではなく
本当に素直な素朴な疑問だったのだと思う。


だけど、花子のはイチャモンの部類だよなあ…(――;)


第一、 意味合いが違うじゃん。
いがみ合う家同士の子供として愛し合うことを禁じられた2人が
重要なのは「家」でも「名」でもない…と訴えてるわけじゃん?

ここで
バラはバラでなくちゃ!
名前は大事!
なんて主張しちゃったら

愛よりも名を取りなさいっ!
つーか、愛なんて重要じゃないし!

…って言ってる様なもんと違う?


第二に、以前の富山先生との直訳VS意訳は
(あの場であーいう論議をするのがふさわしいか否かは置いといて)
原文をより良く伝えるために日本語をどう選ぶか、という問題だから
翻訳家への布石の一つになる。
「腹心の友」という訳語を選ぶエピに通じる話でもある。

だけど、ここで
蓮子様がした様に>言葉の記憶力が凄いのは歌人への布石?
花子の言葉をまんま脚本に取り入れてしまったら
それって原文の改竄じゃん?
翻訳家が最も避けるべきことなんと違う?
つーか、既に「翻訳」じゃないじゃん?


…楽しく観ている方々には真にスミマセンが
ひじゅには今回、非常に疑問を感じ
かつ
遂に不快感まで覚えてしまいました(TへT)




ま、そのおかげで、それ以外はどーでも良かったかな>ぉ

白鳥さんのエピは
彼女が単に容姿で笑いを取る原始的なキャラであることが
ますます明らかになっただけだし。

もはや生徒ではなく教師(?少なくとも学校の職員ではあるよね)なのに
芝居に出ようというのもオカシイし
もう、あの扮装で笑わせたいだけなのね…としか思えん。


蓮子様が稽古をする気を起こしたところで
例によってブラックバーン校長と愉快な仲間達が入って来て
「やっと本気になってくれましたね」だなんて
気恥ずかしいというか
陳腐という言葉が脳裏に浮かんでは消え…状態(酷

それに富山先生が今、ネタ振りの真っ最中なもんだから
彼女の代わりに別の教師が加わってるのも何だか笑える。


吉太郎君の件は、ちょっと心配ではあるけど
取り合えず20才になるまでの間に色々模索するだろうし
これからだよね。

リンさんが夫のことを話に出すところは良かったけど
ベタな台詞は許せるとしても>何様
外に飛び出してからの表情演技は…何かさ…
もうちょい何とかならなかったのか(酷


久~しぶりに登場した花子の「想像」も
取って付けた様だし
アンとはまるで違う妄想だし…

あそこでタケシ様が登場するのも
何か関係性が薄すぎる気がするし…

帰郷エピの最初、汽車で乗り合わせたタケシ様が
見知らぬ美女だと一目惚れしたものの
正体は花子だと知って憎まれ口を叩いていたけど
今回のこの妄想の中に登場するための布石だったの?



…と
今日もヘンテコ感想でスマソ





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

バラの名前をめぐる旅


イタリアのキャベツ


あざみの佃煮


スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

おちょやん (92)
エール (186)
スカーレット (153)
相棒 (127)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (31)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (12)
欧米映画 (10)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ2 (7)
ドラマ-3- (17)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (16)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (26)
レトルト&キヨ その他 (1)
お気に入り動画 (3)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (70)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (61)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (4)
アニメ (3)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR