fc2ブログ
topimage

2014-03

カエルもん>『ごちそうさん』第135話 - 2014.03.12 Wed

うまいもん
ほうるもん

…は良いけど

カエルもんって

名前まんまじゃん>そこかい

…ひじゅにですが何か?



「気合で全部元通りにしてやろうと思てはるのかも」
                             
by希子



   ↑分かるよ 
   すげーよく分かる

ももももしかして
『ごちそうさん』で初めて全面的に共感できたことだったりして?

まあ、ひじゅには、め以子の様なバイタリティはないので
怒るばかりで何もできないんだけどね(^^;)



登場する度に何か串刺しのものを舐めてる波岡一喜。
下衆い感じが出ていて非常にヨロシイ>ぇ

そんな一喜の“ショバ代攻撃”を
トンチでかわしたら面白いのになー
と思っていたら
室井さんがアッサリ渡すという
トホホな結末。


希子ちゃんにさえ役に立たないと見なされているのに
汚名返上どころか、しっかり裏付けちゃってる室井さん。

隠れたり逃げようとしたり
め以子の手からお金を奪い取って一喜に渡したり

ボディガード源ちゃんが寝床代わりに用意した大樽に
ちゃっかり寝ちゃってたり

め以子が再び店を開いても
浮浪児達ですら客引きを手伝っているのに
特に何もしている様には見えず寧ろ後ろの方で呆けていたり

…あ、でも、砂糖と醤油を買いには行ったんだっけ。

それ以上役に立っちゃったら逆に室井さんらしくないしな(笑)
ひじゅには室井さんと竹元さんは結構好きよ>本気か?


ということで

一喜に怖気づくどころか
ショバ代は払ったのだからという理屈で
堂々と店を続ける、め以子の図ぅ―



うまいもんパクリ店が多発していれば
砂糖と醤油で味付けした新生うまいもんを売り出すし

源ちゃんの宣伝でアレコレ売りに来た人達から色々と仕入れては
ほうるもん師匠再来とばかりにアレコレ作り出すし

つーか、まんま「ほうるもん」だし>ぉ


闇市に舞台が移った途端、唐突に再登場した源ちゃんに続き
馬介さんや商店街の人々が勢揃い。

これは、御都合主義というよりも定番の展開だよな。

肉屋のオジサンが先に登場し
オバサンはどうしたのかなと思ってたら
次のシーンでは「うまいもん」を揚げてたり
魚屋の兄さんもいつの間にか一緒に客引きしていたり
…そういうのって結構楽しいじゃん。


そんな中
一喜が源ちゃんに何やら話を持ちかけていたけれど
め以子や商店街の皆も含めての“闇市問題”?

め以子の商才(?)を認めて
もっと商売を広げていこうと思ってもオカシクないし

それ以上に
もっと人々が「生きる」場を広げていこうと思っているかも?>甘い?


でも、一喜は意外と良い人っぽいフラグが立ってたよね?

蒸かし芋を売り出した男性の話では
戦争で職を失った人に職を与えているらしい。

場所も提供し、材料や道具も世話してやったんだろうね。
まあ、元々は建物疎開で空いているだけの他人の土地だし
どのみちショバ代は取り立てるんだろうけど。

め以子の方も
浮浪児達に食べ物を与えるだけでなく
カエルを捕まえて食材として売るという
生きるための手段を与えているということで>アイディアは源ちゃん
一喜と似た精神を示しているよな。


ところで

「家族のために生きてきた人」(by希子)め以子が
逞しく商売を始めるってところが面白い。

料理は唯一得意なものだし、皆に食べさせることに喜びを感じる人だけど
それがそのまま商売として成り立つかはまた別問題。

知り合いや浮浪児達が持ち込んだ食材ということで
人情も絡んではいるものの
「正真正銘のスッテンテン」になってでも買い上げる
っちゅーのは
「普通」の女性には難しいことじゃないかな、って気がするもの。


勿論
上手いこと行くのはヒロインだからだよね!
と斜めに見ることも可能なんだけど(笑)


“夢”を持って(あるいは、“夢”を探して)
世の中に飛び出したヒロインが
その“夢”を実現させ
その中で結婚し子供を産み「お母ちゃん」になる―

というのが、よくある朝ドラ・パターン。

肝心の“夢”は上手く両立させる場合もあれば
いつの間にか消えちゃったり軽~い存在になっちゃったり
そこは色々だけど(笑)

極端に言えば
「お母ちゃんみたいになりたくない」

「お母ちゃんみたいになりたい」
に帰結する物語。

め以子の場合は働いた経験もなく専業主婦となり
家族が笑顔でいること、家族が夢を叶えること
つまり家族そのものが自分の“夢”として生きてきて
既に「お母ちゃん」になっているわけで

   活男くから「お母ちゃんみたいになりたい」という言葉を
   貰ってもいるしな


それが今、その家族がバラバラになり
元に戻ることをひたすら待つ「お母ちゃん」でありつつも
そして、生きるために必要という切実な理由はあるにしろ
仕事を始め、それに意外にも才能があるらしい―
という展開が、単純に面白いと思う。


そして
鯛に続き
興亜建国パンに続き
糠床の声を聞く、め以子。

家族はまだだけど
室井さんがいて
源ちゃんがいて
馬介さんや商店街の人々が戻ってきて

今度は糠床?

だから、その次は家族の帰還?





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

カエル>クッキー


よくカエル>フライ返し


カエル>脚

スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ブギウギ (26)
らんまん (26)
舞いあがれ! (19)
ちむどんどん (18)
カムカムエブリバディ (14)
おかえりモネ (9)
おちょやん (93)
エール (186)
スカーレット (153)
相棒 (127)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (31)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (14)
欧米映画 (10)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (33)
ドラマ2 (7)
ドラマ-3- (18)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (16)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (11)
MV&歌詞訳(その他) (28)
レトルト&キヨ その他 (1)
お気に入り動画 (3)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (73)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (61)
夢 (1)
バトン (8)
鬼滅の刃 (2)
小説&マンガreview (5)
アニメ (25)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)
虎に翼 (1)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR