FC2ブログ
topimage

2011-08

宝くじ>おひさま第125話 - 2011.08.26 Fri

父がレンタルしてきたものの最初の方だけ観て止めてしまった某邦画を
試しに観てみたら途中で爆睡してしまった(笑)

いや、きっと深夜だったせいですねそうですね(^^;)

…ひじゅにですが何か?



う~ん…

なるべく岡田君の意図を汲み
なるべく褒め系で行ってみようかと
心を入れ替えたつもりだったんだけど…

やっぱ、今の岡田君とは
ちい~っとばかし感覚が違うみたい。

え?
どっちが勝ちだって?

そりゃあ一視聴者に過ぎない、ひじゅにの方が負けに決まってるけど
ならば負け犬の遠吠えってヤツで
アレコレ思ったことを書いてみるだいね。



メインは川原さん再登場!

終盤に来て懐かしい顔が再登場というのは“お約束”だし
うんまい具合に丸庵にやって来るのも
あまりにも分かりやすい様子なのも
それに続いて騒動が起きるのも
ベタ中のベタで、批判するようなことでもないかもね。

ただ、某前作で思い知らされたことだけど
扱い方が下手だったらベタがベタにさえなり切れない。


“心の傷”を負った川原さんが平和ボケの人々に激昂する―
という展開はベタ。

でも、その引き金となるのが
厨房で宝くじで盛り上がる信州一の味を誇る老舗蕎麦屋の人々って、どーよ?


少し前に、おやきを厨房で頬張るシーンがあったけど
あれが伏線だった?

微笑ましい…というレベルを超えて
どこかネジが緩んだみたいな丸山家のキモい「幸せ」アピールも
全て今日の前振りだった?

少なくとも後者はカズさんの台詞で否定された。

自分達は自分達の苦労を乗り越えてきた
     …ようには見えなかったけど>ぉ
     まあ苦難ちゅーものは主観的なものだから
     間違ってはいないのだろう。

だから今がある、下を向く必要はない
     言葉の意味は全く正しいと思うけど
     厨房での振る舞いを肯定するものではないような…
     ひじゅには陽子ほど苦労はしてないけど
     食事に行った先で店の人があんな騒ぎしていたら、やっぱ切れるよ。

別に俺達が間違ってるわけじゃねえ
     客商売としては間違っているような気がする(――;)

確かに理屈で言えば前向きな丸山家の方が正しいのだろう。
実際のところ川原さんは八つ当たりしてるだけだしね。

でも、それを主張するのなら丸山家にもうちょい常識的な言動をさせれば良いのに。

それとも、後でそれを反省するシーンが待っているのかな?
でも、そうなるとカズさんのこの台詞がちょっこし浮いてしまわないかなあ…

え?
杞憂?
岡田君に任せておけ?

分かりましたっ!


まあ、カズさんも秦野さんよりずっと戦地で辛い経験をしたはずなのに
腕相撲で癒されて、今はアメリカ製オートバイを欲しがってるくらいだから
川原さんの“心の傷”も、あっという間に完治するのだろう。

シゲ兄さんもそうだったしね。

はっ!
陽子の光に照らされた人だけが立ち直れるのかも?

川原さんは結果的に陽子を振ったことになるから
酷い苦労をする羽目になったので
再会した今、あっという間に平和ボケ仲間になって
「幸せです~」と唱えることになるのかも?


ところで


川原さんがやって来た途端に『月の砂漠』を歌い出したり
ひと目見て川原さんだと即座に分かったり
陽子って、超能力者でもあったのね(驚

もしかして
川原さんが騒ぎ始めた途端に他の客がいなくなっていたのは
逃げたのでも演出上の都合でもなく
陽子のおかげ?

川原さんのことを皆に話す時、
初恋の人だと言い出しやしないかと、ちょっこしドキドキした。

言わなかったので、ホッとしてたら
何とカズさんにだけは告白!

タケオ君がミツさんに陽子のことを告白したのが伏線?

ミツさんはタケオ君を引っ叩いたけど
カズさんが陽子に同じようにしたらマズイから
川原さんと喧嘩することになったりして?

パートナーに浮気された時
女は浮気相手(女)に
男はパートナー(女)に
怒りを抱くという話で

どっちにしても女が損じゃん!
と思ってたけど

さすが岡田君、逆パターンで行くわけね。
ここに「女のくせに」も関わってくる?>多分、無関係

つーか

ジョン・レノンがオノ・ヨーコと結婚後
彼女に過去の男性関係を全て書き出すようにと要求したそうだけど
岡田君もそーいうタイプだったりして?


それにしても


真面目なハル兄さんに対し無頼を気取っていた川原さん。
ちょっこし大人びて、ちょっこし世間ズレもしているように見えた川原さん。

カフェの女中だったタエさんと恋仲になったところまではイカニモな感じだったけど
彼女への接し方からして実は一途で純情な青年なのだとカミングアウト。
そして若者らしい夢を抱いて旅立っていった。

行き先が満州であること
これから時代の嵐が襲い掛かることが
視聴者には分かっていたから、彼の姿には胸が痛んだ。

でも…


今は……


再登場してきたことに胸が痛む>こらこら



これに限らず
史実が背景にあるから、描かれている以上のことが画面に重なって
ドラマがより濃く見えただけだったのかもしれない…
という疑いも大いにあるのだけど
当時はそれなりに感動しつつ視聴していた者としては
認めてしまうのは、ちょっこし悲しい…

で、今の惨状は
単に重ねるものがなくなってしまっただけで
岡田君は岡田君のままでドラマのクォリティは同じ…
という見方もありそうだけど
いやいや、それだけではない!それどころではない!
という気持ちは大いにする。






☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

☆朝ドラ『ファイト』~『てっぱん』感想は「REVIEWの部屋」に纏めてあります☆
やっくんち
やっくんち





【送料無料】中学生の満州敗戦日記

【送料無料】中学生の満州敗戦日記
価格:819円(税込、送料別)

スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

スカーレット (153)
相棒 (126)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (29)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (7)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (16)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (16)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (25)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (67)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (58)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (2)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)
エール (102)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR