FC2ブログ
topimage

2011-05

甲種合格>おひさま第44話 - 2011.05.24 Tue

甲種合格…

ムン・ヒジュンを、やっぱ思い出してしまうなあ。
彼は1級合格だった。

それも20歳前後の時の検査結果で、やり直しもせず27歳で入隊した。
不思議なことに結構多くの芸能人が
兵役免除になったり(アクション映画に出演してるマッチョ体型なのに病弱?)
公益勤務要員で済んだり(ヒジュンだって母子家庭だから対象になるはずなのに)
している中、しっかり二年間勤め上げたヒジュンは偉いと思う。

オッパ、サランへヨ



…ひじゅにですが何か?



「お気に入りなのね、タケオ君が」



房子ちゃんのハイテンションも今日は存在意義を少しは認められたかも?
切なさ全開のタケオ君エピの後、ふっと心を和らげてくれた。

予め現代のタケオ君を登場させたり
今日は今日で階段オチがあったり
暗くなり過ぎない様に十分配慮してくれてる気遣いある脚本家さんが
最高に気を遣ったのが房子ちゃんの存在だったりして?

「何で呼び捨てなんだよ」
おかげで現代のタケオ君の台詞もあったし(笑)


ちゅーことで、タケオ君エピ後編―

ひたすら嘆く母親に
出征することへの積極的な見方を示すタケオ君。

甲種合格…

この子はダメなんです死ぬんですとの母親の言葉を覆すかの様に
プライドを持って語られる。

母親を慰めるため、場の空気を明るくするため…もあったろうし
自分で自分を奮起させるためもあったかもしれないけど
やっぱ、言葉の通り単純に嬉しかった…てのが大きいのかもしれないな。


お国のために戦うというのも
=家族や友人や身近な人達のため、であって
庶民の思いというのは、そうしたシンプルなものだったんじゃないかと思う。

つーか、私がそう思いたいのかもしれないけど(笑)

その国に暮らしている以上、
法律に従ったり税金もちゃんと払ったりはするし
それなりの感謝とか敬意とかも払いたいけれど
その国のために
他の国で同じ様に暮らしている人を殺すのは嫌だ。

勿論、これは現代人の感覚だろうし
もしかして、少数派の考え方かもしれない。

でも、当時はそうしたことを考えてみるだけの情報もなかっただろう。
一つの方向へと向かわせる教育がなされていただけだろう。
だからって、皆が本当に心から「お国のため」を思っていたのかは疑問だ。

ただ
引き離さないでほしい…死なせないでほしい…
というタケオ君の母親の様な
そうした母や他の人々を守りたい…
というタケオ君の様な
単純な思いだけがあったんじゃないかなあ…

甘いかしら?(^^;)


陽子の部屋で2人きりにしてくれたのは父さんらしい配慮かも。
出征前に結婚させるという展開も少なくなかったんだろうけど
相手役ではない悲しさで、そこまでは進ませてもらえない哀れのタケオ君。

告白さえできなかったし…

後で告白があったと夕陽の陽子がまたネタバレしてたけど
陽子が既に結婚した後で、タケオ君がワザと冗談めかして
「実は俺、以前はさー」程度で終わらせてしまったりして?


おひさまが笑わなくなったら世界が暗くなっちまうよ。畑もダメになっちまう」
太陽でなく「おひさま」という語が使われたのは、もしや初めて?

タケオ君にとっては陽子はまさに「おひさま」なんだろうな。

ヒロインを変に持ち上げるんじゃなくて、励ます言葉を脇役がかけるってのが
『おひさま』の良いところだな。
それに陽子のことに話題を変えるのではなく、
陽子のことを通してタケオ君自身の状況と思いが伝わってくる。


「ずーっと近くにいたのにね」
泣き虫陽子がタケオ君には泣いてやらなかったことを非難する人もいるらしいけど
あそこで大泣きしちゃったら却って変だよね。
偽善的…とまでは言わないけど。

学校の行き帰り、当たり前の様にそこにいたタケオ君が今はいない。
その重さを噛み締めている陽子の姿だけで十分な気がする。


村中に見送られたというタケオ君の出征は台詞説明のみ。
それが良かった。

皆に明るく見送られる様子はタマネギ男の時に描かれたし
あの時以上に悲哀は増してるし
それを想像させるために映像なしなのは良かった。

そういう意味ではタマネギ男のあのエピも二重の意味があったのね。
さすがの脚本。


「こんなに辛いとは思わなかった」
教師であることに疑問を抱き始めている陽子だけど
夏子先生の悲しみはまだ経験していない。

やっぱ、教師編はもっと続いてほしいな。





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

☆朝ドラ『ファイト』~『てっぱん』感想は「REVIEWの部屋」に纏めてあります☆
やっくんち
やっくんち

スタッフ★お気に入りセット

スタッフ★お気に入りセット
価格:1,260円(税込、送料別)



↓意味違う


【送料無料】手塚治虫「戦争漫画」傑作選

【送料無料】手塚治虫「戦争漫画」傑作選
価格:788円(税込、送料別)

スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

おちょやん (92)
エール (186)
スカーレット (153)
相棒 (127)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (31)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (12)
欧米映画 (10)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ2 (7)
ドラマ-3- (17)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (16)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (26)
レトルト&キヨ その他 (1)
お気に入り動画 (3)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (70)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (61)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (4)
アニメ (3)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR