FC2ブログ
topimage

2011-05

『JIN-仁-』第3話 - 2011.05.08 Sun

第3話『さらば愛しき人』


うわあ、私の予想が2つともハズレてしまったぜよ(笑)


*一つは、皇女和宮に毒を盛ったのは医学館ではなかったこと―

ま、これは大して強く考えていたわけではなく、
「そう匂わせていたからそうなんだろ」程度の軽~い気持ちだったし
フェイクではというコメントを頂き、「成程そうかも!」と感心したところだったので
ハズレて却って嬉しい。

おかげで多紀さんがカッコイイ役回りになったし。

福田さんのことは最初から信じてたけどね。
だから、最後に仁達が彼を迎えに行ってくれてホッとした。

今迄は、仁の進んだ医術=仁個人の凄さみたいになっちゃってたけど
今回のことで、同じ医者同士で日本の医術を高めていこうという流れになったのが良かった。

そこまでに達せず、嫉妬や恨み等の感情に囚われた状態のままにある人が
真犯人というのも面白いし>彼もまたフェイクってことないよね?


仁は自分がタイムスリップしたことに意味を見出したがっているけど
私は個人的には、そういうのはなくても良い。
偶然、タイムトンネルをくぐっちゃっただけ…って方が面白く思える。
でも、度々「神」の名前が出てくるから作者の思惑は「運命」説なのかも。
だから、どちらであってもOK。

仁により医術が大きく発展する結果になったら、
それこそ「意味」と言えるかもしれないし、「偶然」かもしれない。
どちらであっても、これはかなり大きなタイムパラドックス。
仁個人の行動を超えて、もう本当に、本格的に歴史を変えることになっちゃうだろうから
そこのところに興味が湧く。


*もう一つは、仁が咲にプロポーズしたこと―

原作は未読だけど聞くところによると未来(ミキ)の存在はドラマ・オリジナルらしい。
彼女がいるのといないのとでは、仁の気持ちのあり方がかなり大きく異なってくると思う。

未来(ミキ)が―少なくとも記憶の中に―存在しているドラマの仁が
今回の出来事で彼女よりも咲さんの大きさを認識することになったのは嬉しいことだけど
こんなにアッサリと咲にプリポーズしちゃうのって…ナンダカナ…

ま、咲が断るという結果ありきだけど(笑)

「自分だけが幸せになるわけにはいかない」と泣く咲は
身を売る形の野風と、その先に存在するか否か分からない未来(ミキ)が
念頭にあるからだろう。

でもさ、
野風がルロンさんに安らぎを見出し幸福になれそうと断言したのは
皆を安心させるためだけではなく、本心でもあるんじゃ?

仁に対する思いとは全く違うだろうけどさ。

こういう展開も王道だし
野風のキャラから見ても、女の幸せを全て手にすると宣言した以上
必ず実現させてしまうだろうと思う。
だから咲は彼女に遠慮する必要はないし、まして同情するのはお門違いかも?

ただ、却ってこうした状況になったことで野風と未来(ミキ)が強く繋がったと思う。
彼女の延長線上に未来(ミキ)は必ず生まれる…んじゃないかと思う
仁が知っている、まんまの未来(ミキ)ではないかもしれないけど。


それにしても、今回は特にベタなお話だったせいか
実にサクサクと進んだな。


牢内では、
牢名主の具合が悪くなり仁が助けることで彼の心を掴む―
という想定内の展開だったけど、
それが2回もあり、最初のは虫が耳に入る、2回目のは胸を殴られて意識を失うという
ちょっとばかりショボイというか、牢名主ったら弱過ぎ…って展開だった(笑)
他の囚人達が反乱を起こすことも想定内だったけど、あっという間(笑)

牢内の状況が良くなったところで、お調べのために外に呼ばれる―
というところは『ラマンチャの男』を思い出して切なかった。

お調べの様子は『龍馬伝』での以蔵を
ギリギリのところで解放されるところは『チャングム』を思い出させた。


龍馬が駆けつけるも、信じてもらえず
「あの先生は江戸を救ったお方ぜよ」と訴えるも虚しく響くところは
非常に良い(ていうか私好み?)シーンだったけど
直後に救出されちゃうので余韻がなかったな。


野風の行動にしても、
先回はワザと悪ぶって仁友堂を出た彼女を、
その意図通りに(?)罵倒する人はほとんどいなかったし
今回は皆がアッサリ彼女の自己犠牲に気付いちゃってて
もうちょい盛り上げてくれても良いのに…と思ってしまった(笑)

でも、このエピだけでなく今回の全てにおいて
ベタであることを強調して敢えてサッパリした語り口にしたのだろうね。




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

☆ドラマ&映画感想は「REVIEWの部屋」に色々置いてあります☆
やっくんち
やっくんち



スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

おちょやん (34)
エール (186)
スカーレット (153)
相棒 (127)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (30)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (12)
欧米映画 (10)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ2 (7)
ドラマ-3- (17)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (16)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (24)
お気に入り動画 (3)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (69)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (61)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (4)
アニメ (3)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR