FC2ブログ
topimage

2011-04

二人は若い>おひさま第15話 - 2011.04.20 Wed

ひっさ~しぶりにミスドに寄った。
でも、いつも買うのはエンゼルフレンチ。

…ひじゅにですが何か?



真知子の家が初登場>玄関だけだけど
武家屋敷みたいな家かと思ってたら洒落た洋館なのね>玄関だけだけど



恥らう乙女心をチャップリンやキートンに例えられたのも知らず
川原さんの前で舞い上がりっぱなしの陽子の図ぅ。


紹介を頼まれたのに自己紹介―

ま、こんなのは可愛いものでせう。
おかげで育子&真知子が目立てたし。

真面目なハル兄さんはともかくも、
本人@川原さんには陽子の恋心はバレバレだったんじゃないかなあ…

陽子に示す純粋な優しさとも、親友の妹ゆえのサービスとも、
赤子の手を捻るよりナントヤラの思わせぶりにも見える川原さんの言動。

天然か、全てを悟ってのことか…どちらかによって印象が大きく変わってくるなあ。
ま、どっちでもいいけど>いいんかい


2人VS 3人の松本観光ツアーは定番の松本城から―

修学旅行でお馴染みの場所に連れて行くってのは、どうなのか?
1:郷土愛
2:一番お金がかからないコース
3:実は2人とも他に気の利いた場所を知らない
4:他に知っているのは女学生には不向きな場所ばかり
5:NHKの大人の都合

黒いから良い、と言う育子は
アシンメトリー裾のワンピースも含め、ファッションに興味を持っていることを示唆?

川原さんの後ろから階段を登ろうとしてコケる陽子>これは“お約束”
優しく手を差し出す川原さん>これも“お約束”

でも、次のシーンでは陽子が最後に上がってきたから
川原さんは身を起こすのを手助けしただけで、その後のフォローはなかったのね。


喫茶店でお茶―

男性陣はコーヒー>大人っぽく
女性陣はジュース>可愛く

でも、3人とも、それぞれ違う種類のジュースだったな。
陽子のはオレンジジュースぽかったので、
一番子供なのを強調?


昔々のお話ですが、ひじゅには当時好きだった人と喫茶店に行った時
パフェを頼むのも難だな…と思いコーヒーを頼んだのだが
相手の傍に置かれた砂糖入れに手を伸ばすことが恥ずかしくて出来ず
我慢してブラックのまま飲んだっけなあ…(遠い目)

それが初デートでも初喫茶店でもなかったんだけどさ。

その人との別れ話も同じ喫茶店で
その時は食欲優先でパフェを食べたっけなあ…
苺アイスが入ってたので「バニラの方が良かった」と文句まで言ったっけなあ…(遠い目)




「人間には2つの種類があると思うんです」


東京の大学に入る宣言をする育子に対し、自分はどこへも行かないと言う真知子。
その真知子を励ますように声をかけるハル兄さん。

真知子の辛い恋の相手は、どうやらハル兄さんっぽい。

「常に新しいことを求めて、それに向かって生きていく人」
「自分に与えられた運命と向き合って生きていく人」

自分を抑えて生きている(多分、その様にしか生きられない)という点で
バリバリ後者に属するハル兄さんと真知子。
似たもの同士の2人に恋が芽生えるのは必定。

いや、寧ろ正反対の川原さんに真知子も惹かれていくのでは…
そしたら陽子と恋のライバルになるからドラマ的に盛り上がるし…
と、下世話なことを考えていた私(^^;)

でも、こんな風に「タイプ」として見ると
川原さんには憧れの気持ちを抱く可能性はあるだろうけど、
ハル兄さんには「自分を本当に理解してくれる人」と感じ取って
より強く惹かれる…と考えられるな。

それに何より、2人の名前は春樹と真知子…

『君の名は』じゃん!?

こ、こんなところに朝ドラ過去作へのオマージュがあったとは。
スパン長過ぎ(笑)

で、

ならばもう一つのタイプに属する川原さんと育子はどうかっちゅーと…
こっちは何となく、自分の目標の方に気持ちが行っちゃってて
簡単には恋に堕ちない気がするな。

で、

肝心の陽子はっちゅーと…
2つのタイプのどちらにも属さない気がする、と思いながら観てたら
ハル兄さんもそれを認めていた。

やっぱ「太陽の陽子」だから

ちゅーことで、子役達が再登場。
回想シーンではなく新しいエピが入るのは嬉しいな。
『芋たこ』がそんな作りだったけな>これもオマージュ?

場を和ませるために酔ったふりして歌い踊る陽子。
何でまた『東京音頭』?
と思ったけど、出生地は東京だったんだっけ。

陽子がこれからどう生きていくのか
何となく思い浮かぶようなエピだったな。



とはいえ今はまだまだ初恋に浮かれる純情娘の陽子。

真知子の気持ちにも気付かなければ
とってもタイミングの良いタケオ君の思いにも気付かない。

気付かないふり?
それも少しはあるかも>女の子は天然小悪魔
でもハッキリとは気付いてない気がする>某前作のイヤラシサはまだない

とにかく現代の夕陽の陽子のタケオ君への言い草からしたら、
笑って誤魔化した女学生陽子は可愛げも配慮もあるかも?





応援クリック、よろしくお願い致します☆
                                 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ       人気ブログランキングへ       blogram投票ボタン
にほんブログ村       人気ブログランキングへ     blogramランキング参加中!

朝ドラ『ファイト』~『てっぱん』感想は「REVIEWの部屋」に纏めてあります
やっくんち
やっくんち



【送料無料】ゴールデン☆ベスト 渥美清

【送料無料】ゴールデン☆ベスト 渥美清
価格:1,980円(税込、送料別)

スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

おちょやん (92)
エール (186)
スカーレット (153)
相棒 (127)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (31)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (12)
欧米映画 (10)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ2 (7)
ドラマ-3- (17)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (16)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (26)
レトルト&キヨ その他 (1)
お気に入り動画 (3)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (70)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (61)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (4)
アニメ (3)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR