FC2ブログ
topimage

2011-04

オナラ>おひさま第11話 - 2011.04.15 Fri

オナラといったら『チャングム』でせう。
さあ皆さん、ご一緒に!

オナラ オナラ アジュオナ~

…ひじゅにですが何か?



「物凄く自分を律している」by川原



川原さんが『月の砂漠』を吹いていたのはハル兄さんが好きな曲だからなのね。

ハーモニカでスナフキンを気取っていたわけではなく>そういう要素もあり?
真夜中に女の子の気を引くためでもなく>そういう要素もないではない?
陽子と好きな曲が同じということで運命を暗示するわけでもなく>そういう要素は皆無!
いつもハル兄さんのために吹いていたのね。

兄さんの長所は勿論、奥深くに隠されたものまで汲み取ろうとしている川原さん。
ソコハカトナクBLの香り?(違

↑それじゃ、某前作です


まあ、ここのところも説明台詞っぽいっちゃーぽいのだが
これからのハル兄さんの人生を暗示するものと思われるのでOK>ネタ振り

今日のあのシーンだけに限定して言えば
あーいうタイプの青年が口にしそうな言葉でもあるし
ハル兄さんへの友情アピールでもあるし
陽子自身にも少しばかり思い当たる内容でもあるし
初恋気分を盛り上げるには十分。

おまけに歌っちゃうし>キー高過ぎ


しかし、子供達の特質をよく理解していた知世母さんには感動したけれど
その言葉が、まんま子供達の後の人生をずっと支配していくものともなったりして?

予科練に入ろうと決意しているらしいシゲ兄さんのことも含めて。


でもまあ、今は陽子の初恋物語???


『月の砂漠』で盛り上がった翌日は
窓辺で思いにふけるという、典型的な乙女モード。

友人達と盛り上がっちゃうのも然り。

白紙同盟の中で一番平凡で奥手っぽい陽子が
一番最初に初恋を経験したというのも、ある意味面白い。

既に複数回経験済みとホラを吹く育子も
婚約者のために恋はしないと諦めている真知子も
「らしい」っちゃー「らしい」。

これから先、

育子はその言葉の通り奔放な恋に生きるのかもしれないし
案外、慎ましやかで一途な面を見せるのかもしれない。
どちらであっても、やはり育子らしい生き方になりそう。

真知子は自分の“運命”を従順に受け入れ
まだ顔も見たことのない婚約者のために自分の心を「律して」いるけれど
そんな風に抑えているからこそ、堰を切ったら大変なことになりそうで
何だか危うい雰囲気だな。


飴屋夫婦は、皆にとっての一つの理想形かも?
大恋愛で結ばれたわけでもないし、見るからにラブラブな様子でもないけど
今日の初恋話への反応から、2人が互いを深く思いやっているのが滲み出てる。


それにしても
飴屋主人の「そういうことにしておこう」は
夫婦間の良い感じを醸し出しているのに、
シゲ兄さんの「そういうことにしておいてやる」は
愛情に裏打ちされた間ならではの、からかいという点では似ているかもしれないけど
乙女にオナラ・ネタはいけませんってば。

好きな人の前なのに…

もしかしたら、シゲ兄さんは
陽子の気持ちをうっすらながらも気付いて嫉妬の気持ちもあって、ああ言ったのかな?
あるいは、ハル兄さんへのコンプレックス?
戦争のことを口にしてしまい自分の隠した“夢”に気付かれることを恐れた?
場の空気を和めようとの咄嗟の言葉?
それとも単に自分が真犯人なのを誤魔化した?

いずれにしても
シゲ兄さんは勿論、ハル兄さん&川原さんも。あれじゃ陽子だと決め付けてるみたいで
オナラじゃなくても嫌だよなあ。
陽子が部屋を飛び出す気持ちは分かるなあ。

でも、ひじゅには小心者なので席を立つ勇気さえ出ず
強張った笑みを浮かべつつ留まっているだろうな…
周囲は何も思わず、さっさと違う話題で盛り上がってるだろうな(^^;)


夜中にシゲ兄さんの部屋に忍び込む陽子には笑ってしまった。
また蹴飛ばすのかと思ったら呪い殺すって(笑)

でも、そうやって自分も死のう…とまで思いつめるのって
やっぱ昔の女の子だよね。
可愛いっちゃー可愛い。

で、重要なのはシゲ兄さんの“夢”を知ってしまうこと…

今週は色々な人の将来の夢が表明されたな。
陽子自身はまだない>「お嫁に行かない」とは言ったけど(笑)

あ、教師の夢があったっけ>でもまだ具体的じゃないんだよね


今のところ、
波乱万丈の物語ではなく、寧ろ“普通”で淡々としている。
進行も緩やかだし。
退屈と感じる人もいそう。

ヒネクレひじゅには、そこに某前作の最初の二週間を思い出してしまっただよ。

あれは一応、
海に飛び込むインパクトあるシーンや
出生の秘密という(ドラマ的にはベタだけど)重いネタを持ち込んではいたけど
あの二週間の真骨頂は緩やかに流れていく時間の中で微妙に揺れ動いていく心…
だったと思うんだよね。

だからこそ「行間を読むドラマ」とさえ言われたわけで。

ひじゅに的には引っかかる部分も多かったし“世界”に溶け込めなかったから
あの時点でも惹かれなかったんだけど、
その心理描写の部分に期待は持てるんではないか…とは思ってた。
見事に裏切られたけど(笑)

『おひさま』は、そこを成功させようとしている、って気がする。
少なくとも今の時点で、ずっと上手く作ってる、と思う。




応援クリック、よろしくお願い致します☆
                                 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ       人気ブログランキングへ       blogram投票ボタン
にほんブログ村       人気ブログランキングへ     blogramランキング参加中!

朝ドラ『ファイト』~『てっぱん』感想は「REVIEWの部屋」に纏めてあります
やっくんち
やっくんち



チャングムの誓い(大長今) O.S.T.

チャングムの誓い(大長今) O.S.T.
価格:1,575円(税込、送料別)




TWITTER mixiチェック シェア
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

おちょやん (92)
エール (186)
スカーレット (153)
相棒 (127)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (31)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (12)
欧米映画 (10)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ2 (7)
ドラマ-3- (17)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (16)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (26)
レトルト&キヨ その他 (1)
お気に入り動画 (3)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (70)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (61)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (4)
アニメ (3)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR