FC2ブログ
topimage

2011-01

『味いちもんめ』(新春ドラマSP) - 2011.01.09 Sun

なかなか面白かった。

第1シリーズを何回か観たことがある…という程度なので
今回のドラマ内に、また回想シーンに、続々登場する豪華メンバーも
どんな役柄でどう主人公と関わってきたの、ほとんど知らない(^^;)
それでも全く支障なく楽しむことができた。

まあ、それだけベタってことなんだろうけど
嫌なベタさじゃないんだよね。

予想通りの展開になっても
合間にオチャラケが入っても
ちっとも嫌味じゃない。

昔の映像と乖離していないところも良い。
雰囲気も人々も全然変わってない様に見えた。
中居君は少々老けたけど>スミマセンスミマセン
でも、それが伊橋の成長ぶりを窺わせ、却って好感持てる。

古き良きドラマ、って感じかな。

じゃあ今回登場する新キャラが浮いているかというと、トンデモナイ。
皆、ドラマ世界にすんなり溶け込んでいる。

山本祐典は役柄上、最初は少し浮いているんだけど、
その新人類(死語)ぶりを示すエピが変に大袈裟だったりせず自然なので
その手のエピに付き物のイライラ感がなく、観ていて辛い気持ちにはならない。


でもって、中居君@伊橋―

腕は良いけど人の使い方が下手ってことで、
その下手ぶりとか、本人も焦ったり悩んだりしていることとかが
やはり自然に描かれている。

それがあるから、京都の菊華庵に行ってから
板前達の心を掴んでしまうまでが、あっという間でも
ご都合主義とは感じなかった。
コンビニおにぎりやサンドイッチと、手料理の対比も鮮やかだったし。

で、そんなところに
さり気に伊橋の成長も描いている。
包丁を磨くところ等も含めて、ね。


何だか絶賛モードだなあ(笑)

ツッコミどころがないわけじゃない。
大傑作とも言い難い。
ノスタルジーというベールがかかっているのも否定しない。

でも、
明るく温かく爽やかで
物語も焦点を絞って分かりやすく、綺麗に纏めてもいるので
肯定することしかできません、って感じ(笑)

まあ、アカラサマに船場吉兆をネタに使っているのは賛否両論かな、って思うけど(笑)

でも、吉兆の関係者がこのドラマを観たら
憤慨するどころか、励まされたかもね。

良い役者が揃っているってのも、好感度高い理由のひとつ。
小林稔侍を始め、“大人”達がそれぞれカッコイイ。

若者におもねるのではなく、
ご都合主義っぽく時々苦言を呈するだけの存在でもなく、
ちゃんと背景を持った重厚な存在として立ってる様に思えた。


山本祐典だけでなく貫地谷しほりまでもが藤村に修業に来るというオチは、
纏まりにはなっているけど、それ以上に「続編狙ってんのかい?」な気がしたけど(笑)
こういうドラマなら、もっと続いてくれても構わないな。

説教がましくはないのだけど、メッセージは伝わってきたし
前向きに頑張っていくよう励まされた。


あの、胡麻カステラは微妙だったけど(笑)
アイテムとしては意味ありなんだけど、美味しそうじゃなかったので>スミマセンスミマセン
でも、逆に食べてみたくなった>ぇ




クリックしてね♪(3つも多過ぎ?)
                                 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ         人気ブログランキングへ       人気BLOGRANK
にほんブログ村     人気ブログランキングへ      人気BLOGRANK

ドラマ&映画感想は「REVIEWの部屋」に色々置いてあります

やっくんち
やっくんち

大黒摩季/LA.LA.LA

大黒摩季/LA.LA.LA

価格:3,059円(税込、送料別)








TWITTER mixiチェック シェア
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

スカーレット (153)
相棒 (126)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (29)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (7)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (16)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (16)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (25)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (67)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (58)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (2)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)
エール (107)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR