FC2ブログ
topimage

2020-10

MW-ムウ- - 2020.10.03 Sat

​​​​​​​​​​​​​​​​​以前、宇多丸さんが玉木宏さんのことを
​​「手塚顔だ」​​と言っていたので
それを確認したくて観た(笑)

その割には今頃…だけどね。


☆★☆★☆ネタバレあり★☆★☆★


冒頭で、沖之真船島での出来事が描かれる。
そこから全てが始まるわけだから、そこでの残虐な様子を先に持ってくるのは
観客に印象付けるという意味で良いのかな…と思って観ていたんだけど
主人公@結城&賀来である子供達の描かれ方が違う…違い過ぎる。

ここで既に嫌な予感がした(笑)

次いで、タイを舞台にした誘拐事件。
それなりに面白くは観たのだけど
よくある展開だったし、スピード感とか迫力はというと…う~ん…という感じ。

​つーか、これって『MW-ムウ-』なの?​


石橋凌さん主演の熱血刑事ドラマ2時間SP
ってのなら納得するけど>ぉ


キャッチコピーは
「世界を変えるのは、破壊か、祈りか」

う~ん…そんなに「祈り」は強調されていなかった気がするのだけど…

賀来が神父だというだけで。
しかも、その設定にあまり必然性はない様な>スマソ


原作では主人公の結城と賀来は同性愛の関係にあるけれど
それが、この映画ではまるっと省略されている。
演じる2人は演じる気満々だったのに
スポンサーが反対してダメになったとか何とか…

まあ、ここは事前に聞いていたので、そこは割り切って観たのだけどね。
でも、それにより2人の関係が弱まって
色んな設定に必然性がなくなっているのは事実。

恋愛感情が絡むからこそ
離れるに離れられない…という理屈を超えた関係になるのにね。

映画では賀来が死んだかと思われた時
「玩具をなくした」
という様なことを結城が呟くのだけど
(呟く玉木宏さんは素敵なのだけど)
ちゅーことは、結城にとっては賀来は
大して重要な存在ではなかったことになってしまう。

ここは、原作における谷口澄子と重ねているのだろう。
でも、賀来と澄子じゃ結城の中の立ち位置が全然違うじゃん。

そもそも、賀来への思いがあるから澄子をあんな風に扱ったわけで。

賀来の存在、賀来への思い
結城の中に残る唯一の人間的部分だったので
そこを省いてしまったことで、この映画の出来は決まってしまった様なもの。


つーかさ
これは、あらゆる​悪徳​を描いていて
それは結城だけのものではなく
彼と対極にあるはずの賀来もまた罪を背負っている
…ってところが面白いと思う。

結城を変えたきっかけの一つだし
聖職者となった現在も、淫行及び同性愛を行っている。

同性愛を悪と言ってしまうとLGBT運動をしている人達に叱られるだろうけど
聖書はハッキリと禁じているので、そこに賀来が神父という設定が生きる。

そこのところも、映画は台無しだよなあ…


何より、この悪徳というものが
最初は誘拐とかレイプとか殺人とか…いわば個人的なものだったのが
大きくなるにつれて政治的なものになっていく。

悪が育つと政治になる。
その大きさ、底の深さ、与える影響、背後にあるもの…あらゆる面で。

そこが凄いと思う。

初めて読んだ時
手塚治虫って、本当に人間とか世界とかの本質を分かっているなあ!
と感銘を受けた。

この映画は、そこを卑小なものとしてしまったと思う。

残酷なシーンが多いのでRG12指定を受けたそうだけど
原作はもっと残酷ですから。


まあ、要は​イマイチ​ってことです(笑)

設定が弱いとか、欠けているとかいうだけでなく
お話そのものがナンダカナ…

やはり
石橋凌さん主演の熱血刑事ドラマ2時間SP
…にしとけば良かったんじゃ?

それでいけば
玉木宏さんは十分にカッコ良かったし
美しく色っぽくもあった。

手塚顔か否かは賛否両論?(笑)

山田孝之さんは、彼の持ち味からすると
この役はちょっと物足りなかったな。
(原作通りなら、かなり見応えがあっただろうと思う)


ま、言えることは

​手塚治虫、なめんなよ!​

ってことでせうか(笑)




監督:岩本仁志
原作:手塚治虫
脚本:大石哲也、木村春夫
音楽:池頼広
主題歌:flumpool「MW 〜Dear Mr. & Ms. ピカレスク〜」(A-Sketch)
劇中歌:SWANKY DANK「For You」(UNITED NOTES)
出演:
玉木宏(結城美智雄)山田孝之(賀来裕太郎)
石橋凌(沢木和之)林泰文(橘誠司)石田ゆり子(牧野京子)山本裕典(溝畑智史)
品川徹(望月靖男)山下リオ(渡辺美香)



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


DVD


原作


文庫版> 全巻セット

​​​​​​​​​​​​​​​​​
スポンサーサイト



地獄少女 - 2020.09.19 Sat

​​​​​​​​​​現在放送中の朝ドラ『エール』で梅ちゃん@ヒロイン妹を演じている
​森七菜​さん主演。

え?
主演は閻魔あい@​玉城ティナ​さんだろうって?

そうなんだけど
実際、彼女の美しさだけで持っている様な映画なんだけど>ぉ

でも、中心となり物語を動かしているのは森さん。
玉城さんが、神秘的とも言える美しさでオーラもバッチリ!
なのに対し
森さんは、ちょっと地味で普通の女の子感を出しているのが良い。
可愛さは普通以上なんだけどさ。


もう随分前だけど、アニメ版『地獄少女』はよく観ていた。
リアルタイムではなく、ネットに挙がってたものだけど。
シーズン2まで観たと思う。
シーズン3は挫折…

何故かというとね、「1」「2」は
『必殺仕置き人』地獄バージョンって感じで(笑)
本当に悪い奴が最後に地獄に連れ去られるからスカッとした。
逆恨みや何やらで善人なのに連れ去られるというバッドエンドの回もあったけど
稀にだったから、彩り程度に思っていた。
でも「3」は、バッドエンドの連続…
途中から元々の流れに戻った可能性もあるけど>知らんけど
それまで我慢できず視聴をやめてしまった。


そういう土台の上での映画版視聴。


まあ、基本的には『仕事人』仕様。
ただ、森さん演じる美保は、恨みを晴らす…というのではなく
友達を救う…という動機で閻魔あい達と関わることになる。

この友達というのが、ひじゅに的には
それほど魅力的にも美保のためになると様にも見えず
ちょっとなあ…と思えて仕方なかった>スマソ

友達が学校で授業中の美保を連れ出しに来るシーンがあるんだけど
それを止めようとする教師をビンタしたりとか…
はあ?って感じ。
その教師が前々から意地悪だったと描かれているならともかく。

そそそそれとも、ひじゅにが観たのはそこがカットされていた?

調子に乗った美保も、クラスメートの1人をビンタする。
前々から、ちょっと嫌味ったらしいことを言ってくる子ではあったけど
いじめって程でもなかったし、ちょっと微妙…

まあ、学校という、ある意味縛り付けて来る“日常”から救い出し
“自由”の世界へと導いてくれる人が現れたら―
というのは、まさに中二病というか、学生が夢見がちなことかもしれない。
その“自由”さに、美保はすっかり魅せられてしまった…ってことなのかもしれない。

それでも、この設定は、ちょっと説得力が弱い様に感じてしまった>スマソ×2


友達の方はまた別の“自由”に憧れ、そこに突っ走ってしまい失敗したので
まあ、似た者同士とは言えるかな。


閻魔あいは実に美しくて、文句なし>もう何度も言っちゃう(笑)

アニメのあいは小柄な少女で、玉城ティナさんは長身の大人なんだけど
美しさと、この世離れした雰囲気で、違和感は全くない。

ハッキリ言って、話はあまり面白くないのでね(^^;)
ひたすら彼女を見つめる時間だった。

演技面では、​波岡一喜​さんが柱になっているという感じ。


一番の悪役は変な信仰を持っていて、それが動機になっているんだけど
よくあるネタだし、ちょっと逃げだとも思う。
もっと、人間ならではのドロドロを描いた方が面白いんじゃないかなあ…

ただね、ひじゅにが観たのは中国のサイトに挙げられたものだったから
ライブ会場のシーンでは音声が消されてしまっている。
音楽で人々を魅了している設定なのに、どんな曲なのか全く分からない。

最初は、想像させるためにワザと消音にしているのかと思ったけど
オリジナルはちゃんと流れているらしい。
それを聞けていたら、もっと印象が変わったかも?
良い方にか悪い方にかは分からないけど(笑)


​骨女、一目連、輪入道​という、あいの仲間(手下?)達が
大して出番もなく存在感がなかったのが悲しかった。
アニメでは、一目連が好きだったのにな。

そそそそれとも、これも
ひじゅにが観たバージョンからはカットされていただけ?


原案:わたなべひろし
原作:地獄少女プロジェクト
監督/脚本:白石晃士
音楽:富貴晴美
出演:
玉城ティナ(閻魔あい)
橋本マナミ(骨女)楽駆(一目連)麿赤児(輪入道)
森七菜(市川美保)仁村紗和(南條遥)大場美奈@SKE48(御厨早苗)
波岡一喜(工藤仁)藤田富(魔鬼)森優作(長岡拓郎)



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


地獄少女(ブルーレイ)


森七菜


玉城ティナ
​​​​​​​​​​​

傷だらけの悪魔 - 2020.09.16 Wed

​​​​​​​いじめに加担していた主人公が、いじめられっ子に復讐され
自分がいじめられることになるも、策略を巡らし応酬…
と、悪意の連鎖という趣の物語。


☆★☆★☆★☆ネタバレあり★☆★☆★☆★


厳密にいうと、主人公はいじめに手を出していたわけではない。
直接には手を出さないけれど、いじめっ子に命じられるまま見張り役には就いていた。

ターゲットが自分に移るのが怖いから。
いじめられっ子はいじめられても仕方のない子だと見下してもいたから。
それ以外では、いじめっ子は良い友達だから…良い友達に見えたから。


つまりは、これって
いじめ(に限らず、犯罪全般)は加害者が悪いのは言うまでもないけれど
​見て見ぬふりをする傍観者達にも罪はある―​
というのを訴えているのだと思う。

「思う」というのは、あまりそこのところが鮮やかに描けていない感じがするから(笑)


そうした人達を擁護するつもりはないけれど
止めに入るというのは難しいよね。
一概に責められるものでもない様な気もする。

とはいえ、この主人公の舞は
目の前で行われているのはかなり酷い行為であるにも関わらず
のど元過ぎれば「大したことなかった」と言っちゃうくらい麻痺しているし
転校先で友達を見つけるのにも
口先三寸って感じで(笑)心の中では相手を見下している。
ぼっちは嫌だから適当につるむ相手が欲しいだけ。

だから、あまり好感は持てない。
演じているのが足立梨花だから可愛いなと思うだけ(笑)


プラス芯が強そうにも見えるから
彼女へのイジメっ始まったが時、採取的には跳ね返して
スカッとする終わり方になることを期待した。

ちょっと違った。

まあ、彼女は直接いじめ行為をしなかっただけで
根性はあまりよろしくない感じだから
100%同情することはできないし

かといって、元いじめられっ子@小田切も、ぶりっ子して皆を動かしているだけだし
舞と2人だけの時は口汚く罵ったり馬鹿笑いしてみせたりして
あまり良い印象は受けないから擁護はできない。

勿論、傍観者達も、心ではいじめっ子を応援している感じで
ナンダカナ…だし。

無関心を貫いている人もいたけど
何か偽善者っぽい。

一人だけ、この事態は良くないことだと認識し
何とかしなければと焦りながら恐怖で動けない…という人がいて
実際には、こういうタイプが多いんじゃないかな?

でも、彼女は正義感を発揮する方向に行くかと思いきや
逆の行為に走ってしまう。
悪い意味で傍観者でなくなってしまう。


最後は「死ね!」で終わるんだけど
それで皆が死を江良だかどうかは分からない。
そうすると舞も死ななければならなくなるんだけど
それもハッキリとは描かれていない。

ちょっと匂わせてはいる…と言えなくもないけど。


舞が失禁して濡れた下着を皆の前でスルスルッと脱いで
投げつけたところは​カッコイイ​と思ってしまった(笑)


2017年/日本
監督/編集:山岸聖太
脚本:松井香奈
原作:澄川ボルボックス
音楽:吉川清之、岸田勇気
主題歌:Lily's Blow(滝沢菜々)「NAI NAI NAI」
出演
足立梨花(葛西舞)
江野沢愛美(小田切詩乃)加弥乃(藤塚優里亜)
岡田結実(名取静)藤田富(黒木唯)小南光司(当麻篤史)



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


DVD


原作


主題歌>(初回限定盤 CD+DVD)
​​​​​​​​

『カメラを止めるな』>雑談 - 2020.08.16 Sun

​​​​​​​​​ある日、YouTubeを開いたら
「お勧め動画」の中に、2ちゃんねる創始者である某氏が
『カメラを止めるな』の感想を述べている動画があった。
(一年くらい前の動画だけどね)


ちなみに私は、この映画はとても面白いし、​傑作​だなと思っている。

先に評判は聞いていたんだけど
さすがに評判になるだけあるな、と(笑)


最初は何かチープな映像が出て来たぞ、と思ったら
それは低予算映画の撮影中。

そしたら、現実にゾンビが出現するという
まあ、よくあるっちゃーよくある展開。

でも、サイコパスっぽい監督のキャラは面白いし
ヒロインの動きも良い>この手の登場人物にありがちなイライラ感がない
で、スピード感があってユーモアがあってオチまで綺麗に纏まっている。

…と思ったら
それこそが劇中劇で、その後は、裏話となる。
よりユーモラスで面白いし、父娘の物語にもなっているし
後味は爽やか。


そんな風に好印象しかない作品に関し、その某氏は
映画全体は「面白い」と言っていたし
主演(監督役)の濱津隆之さんの演技力を褒めてもいて
「ウンウン」と頷く内容だったのだが

女性陣に関して
「美人がいない」と断定し
そこに低予算映画らしさがある…という様なことを語っていた。


いや、最初はね
「ウンウン」と頷いてしまったのよ(笑)

ヒロインのアップを最初に観た時
期待していたほど可愛くない…と思っちゃったもんで>スミマセンスミマセン

でもって、それが低予算の象徴だ、みたいな説にも
「なるほどね」って感じで(笑)


でも、美人か否かなんて観ているうちに全く気にならなくなったよな
と思い直した。

そもそも、美貌を求められる役柄ではない。
アイドルという設定だから、逆に美し過ぎない方がリアル。

目が覚める様な美女って程じゃないけど、ブスってわけじゃないし
スタイルが良いから全体的には美しく、寧ろ絶妙のルックスと言える。
演技も良いし感じも良い。

お尻ばかりを狙った映し方の方が、よっぽど気になった(笑)
それでも、いやらしさは感じなかった。


まあ、​低予算映画だ​​​…ってことを言いたいのだろうけど
それは最初から分かっている。
寧ろ、それを売りにしている。
劇中劇も低予算という設定。

つまり
低予算映画
ってのを前面に押し出した映画なのだから

「大学の映研みたいな雰囲気」と断定しても
​だから何?​
としか(笑)


だって、まさにその通りで
それは誰の目にも分かる様に作られているのだから
ワザワザそれを強く語ったり
出演者の美醜をどうこう語ったりしても
虚しいというか…痛いんじゃね?

と思ってしまいました>スミマセンスミマセン!


でもね
“物凄く頭が良い”と評判の某氏なので、そんなことは100も承知で
褒めてばかりでは難なので、ちょこっとだけ毒を吐いてみました
…とか
ついでに、物事を見極める、ちょっとしたコツも伝授しますぜ
…ってことなのかもね(笑)

だから、某氏をディスっているわけではないですよ~
​尊敬してます!​>それは嘘



監督/脚本:上田慎一郎
原作:和田亮一、上田慎一郎
音楽:鈴木伸広&伊藤翔磨、永井カイル
主題歌:謙遜ラヴァーズfeat.山本真由美『Keep Rolling』
出演:濱津隆之(監督)真魚(娘)しゅはまはるみ(妻)
秋山ゆずき(主演女優)長屋和彰(男優)
大沢真一郎(ラインプロデューサー)竹原芳子(TVプロデューサー)




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


ブルーレイ
​​​​​​​​​​

アツアツファンブック


低予算の超・映画制作術 『カメラを止めるな!』はこうして撮られた


レンタネコ - 2018.03.11 Sun

​​​​​​宇多丸さんが​酷評​した映画の中でも
上位に入るんじゃないかと思われる
『レンタネコ』を観ました。

宇多丸評→​ここ


怖いもの見たさというわけではなくて(笑)
もしかしたら予想外に気に入るんじゃないか
…という気もしたし
まあ、なるべくフラットな気持ちで臨んだつもりです。

で…
まあ…
最初の内は何度も睡魔に襲われてしまったんですが(^^;)

でも、幾つか心に残った部分もありました。
ツッコミどころは宇多丸さんが余すところなく語ってくれたので(笑)
その良かったところだけ書いてみます。


解説によると―
「大の猫好きで知られる『かもめ食堂』や『トイレット』の荻上直子が監督を務め
猫を通して人と人のきずなを描く心温まる人間ドラマ。
寂しい心を抱える人々に猫を貸し出して回る不思議な女性と猫たちが遭遇する
それぞれの事情を優しく見つめる」

ということで
非常にノンビリした、かなり浮世離れした物語です。

ある種の​少女マンガ​に似た世界だと思います。
ちゅーても最近は読んでないので、昔のイメージですが。

だから、ここは、かなり好みが別れるところだと思います。
私的には
その時によって結構好きだったり凄く嫌だと思ったり両極端(笑)


主演の​市川実日子​さんは、ひょろっと細くて
良い意味で色気とか肉的な感じがなくて
庭仕事をしたり、しゃがんでアイス(ガリガリくん)を食べたり
何でもない日常の姿が、何だかとても良い感じです。

生活感が全くない様な、一回り巡ってやはりある様な…って感じ?


お話は4つに分かれていて
それぞれ大きな起伏はなくアッサリ終わります。

ツッコミどころは沢山あるのだけど
このシンプルさからすると
観る人の脳内補完というよりも、その人ならではの思い入れを
たっぷり盛り込んで自分だけの物語に仕上げて楽しむ様に
意図的に作っているのかな?…という気がします。

私的には
「えっ、これで終わり!?」
と、拍子抜けしちゃいましたけど>スマソ

でも、第4話は悪くなかったかな。

田中圭さんが良い雰囲気を出していたし
過去の出来事が映像として出てきたし
ビールという小道具も効いていたと思います。

アッサリ終わっちゃうのは同じなんですが(^^;)

「結婚したい」と何度も呟く主人公ですが
お話を重ねるごとに、ちょっとした教訓を得ていき
最後の第4話で、その相手と見なせそうな人が登場するのに
彼には猫を貸せないまま終わります。

ここはちょっと切ないかも。

「心の穴ぼこを埋める」ために猫のレンタル業を始めた彼女ですが
沢山の猫を飼っていて、何匹も見送ってもきた彼女は
誰よりも「心の穴ぼこ」が大きく深いのでしょう。


…ということで
かなり好意的に解釈している私ですが
これも宇多丸さんが思いっきりツッコミまくってくれたおかげです。

それで怒りが収まったので
良い部分に目をやる余裕ができたってことかと(笑)


キャラとしては、小林克也さんが一番かな。

最後に何か(何高分からなかった…芋?)を主人公に渡すところが
一番心に来ました。


全体で一番良かったのは
エンドロールの猫の​イラスト​(くるねこ大和)です。

これは可愛い!

この可愛さを生かした本編だったら
きっと良作だったでせう。

そもそも本編は
肝心の猫が小道具として端っこに映っているだけ―
って印象ですから(^^;)



2011年/日本 
監督・脚本:荻上直子
出演:市川実日子(サヨコ)
草村礼子(吉岡)、光石研(吉田)、山田真歩(吉川)、田中圭(吉沢)
小林克也(お隣さん)




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

ブルーレイ


DVD


くるねこ大和


​​​​​​

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

スカーレット (153)
相棒 (126)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (30)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (11)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (16)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (16)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (25)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (69)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (60)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (4)
アニメ (3)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)
エール (159)
ドラマ2 (7)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR