FC2ブログ
topimage

2020-10

朝ドラのもと>『エール』第93話 - 2020.10.21 Wed

​​​​​​​​​​​​​『鐘の鳴る丘』放送開始。

色んな人々が一心に耳を傾ける中
音だけは余裕でお菓子を食べている。

これって、妻の余裕?

一番最初に裕一の曲に触れたのが自分だから?
裕一を立ち直らせたのは自分だと思っているから?

↑ヒネクレタ見方かもしれないけど
わざわざ彼女だけこういう描写にしたのが引っかかった。
それこそ祈る様な表情で聞いているのでも良いのにさ。

それとも、お菓子どころか日々の食事もままならない
戦災孤児との対比?

残酷な現実?

…ひじゅにですが何か?



​「戦争の責任を全て背負うおつもりか?」​by池田



↑もちろん、裕一は真剣に悩んでいるし
悩むからこその芸術家だし
だからこそ、その後の復活が美しいのだけど
一応、そういうことだと解釈しているのだけど

この池田さんの言葉もよく分かる。

これってさ…
結局のところさ…

傲慢

だと思うのさ(酷)


だから、それを捨てる裕一の図ぅ―


しかしさあ
裕一の音楽への思いを十分に描いてこなかったドラマだから
せめて今回の苦難に関しては真摯に描いてほしいと
まあ、無理だとは思いつつも(こらこら)
少しは期待していたんだけど

やっぱ、無理だった>こらこらっ


取り合えず
昨日の展開は何だったのか?
…って感じだよね。

音ったら、御手洗さんの占いに頼るだけで、歌うシーンはまだ一回きり。
今日は全くなし。
「音楽の楽しさを思い出させる」んじゃなかったのか?

「もう自分を許してあげて」
確かに音がこういうシーンはあった。
「音楽の楽しさ」云々とは違うけど、形的には音の“おかげ”っぽい(笑)

でも、実際には、池田さんの詩が裕一を動かしたわけで…

やはり芸術魂を呼び覚ますのは芸術ね!
って納得はするけど

音のパートがまるきり水増しっぽく見えてしまう(^^;)

「痛みを知ったからこそ表現できるものがある」
言葉の点でも、池田さんの方が説得力がある様に感じるし。


悩む裕一と、必死で支える音
その部分を、もっと以前から強調していれば良かった気がする。
一年半の間、2人がどれだけ苦しんできたかを。


ともかくも、曲は完成。

ラジオドラマ『鐘の鳴る丘』は大ヒット。
『連続テレビ小説』の​もと​になった…とか。


「ラーメン屋、似合うぞ」byケン@孤児 
並行して描かれた智彦さんのラーメン屋修行も順調の様子。

闇市、ラーメン…というと
『らーめん才遊記』を思い出してしまうなあ。
闇市で誕生した日本ならではのラーメンは、現在のラーメンの​もと​


ところで、『鐘の鳴る丘』ってタイトルしか知らなかったんだけど
​「幅員した青年が戦争孤児のために居場所を作る奮闘の物語」​
なのだとか・

ええっ!
ままままさか智彦さんに実現?
つーか、​実写化?​>ぇ



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


手塚治虫と戦災孤児


昭和の中華そば


とんがり帽子


​​​​​​​​​​​​​
スポンサーサイト



御手洗転身>『エール』第92話 - 2020.10.20 Tue

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​何と、音も吟も
​サザエさんヘア!​

当時はパーマ(電髪)も高価だったんと違う?

吟は夫が就活中だし>実際は飲んだくれて散財
音は夫が落ち込み中だし>無職状態

これじゃ、昨日ラストで聞こえて来た様な
「戦争でたんまり稼いで何のお咎めもない」
「よう、のうのうと生きてられるな」
という悪意ある噂話をされても反論できない様な…

↑酷?

…ひじゅにですが何か?



​「あんたらが負けなければ、こんなことには」​by通りすがり



元軍人のプライドが邪魔して就活が上手く行かず
お酒に逃げる吟夫@​​智彦さん

家では飲まず、闇市でこっそり…というところに
妻の前では格好つけたいプライドが表れている?

酔っているとはいえ
喧嘩にはアッサリ負けるし、子供に財布を掏られるし
どこが元軍人やねん!?
という気もするが、つまりはそれだけ落ちぶれたってこと?


​裕一​​​​が逃げ込んでいるのは時計作り。
(作っているんじゃなくて、分解→組み立ての繰り返し?)
「譜面が怖い」
音に聞かれれば心境を正直に話す。

智彦さんとは表に出る形は正反対と言えるけど
戦争中に携わっていた事が心に重くのしかかって動けないのは同じ。


今日は久しぶりにタイトルだけでなく
オープニング映像&主題歌が復活。

裕一の復活も間近い…ってことだろうけど
智彦さんも共に…という算段か。


そのために時間がかかるのは分かるけど
いきなり​一年半もワープするとは…油断してたわ>ぇ

たかが一年半、されど一年半!
って感じで(?)華ちゃんは別人の様に成長。

「思春期を迎えていました」
というナレーションに、一抹の不安を覚えるのは朝ドラ脳?


まあ、池田さんが『鐘の鳴る丘』に取り掛かれる様になるまで
時間が必要だったってことなのだろうけど
見た目の変化は華ちゃんの他は音&吟のサザエさんヘアって…

↑拘るなあ(笑)


あ、その前に
音がまた歌を始めたってエピソードもあったっけね>忘れてたんかい

「音が音楽の楽しさを思い出させるの」
吟に勧められて動き出す音。
裕一だけでなく、音まで周囲に動かされる様に?
自分から積極的に動くキャラだったはずなのにね。

「それなら良い人いるよ」
ミュージック・ティーチャーも見つけるまでもなくバンブー夫妻に紹介される。

戦中より戦後の方が食糧事情も何も大変だったと聞いていたけど
“喫茶バンブー”内は優雅な雰囲気。

マダム風&お笑い要員風のベルトーマス羽生さん登場。
占い師になったという御手洗さんも再登場。
幾らか明るい方向へ進み始めたと思ったら

お馴染み&寧ろネックの緩いコメディも再開?


「久しぶりに歌ったら凄く心が躍った」
妊娠して学校を辞めた後は、お腹を軽く叩きながらハミングしていたのに
音楽教室を始めるあたりになるまで音楽に全く触れていない様子だった。
動機は違うにしても一時期そうして音楽から離れていた経験があるのだから
今の裕一の心境も少しは思いやれるのでは…と思うのだけど

「まだ曲を各つもりはない?」
とストレートに聞いちゃう音。
自分が楽しい時を過ごしたというだけで
その歌を裕一に聞かせたわけでもなくて
「音楽の楽しさを思い出させる」なんて段階に至っていないのに
こう聞いちゃうのって無神経じゃない?

…あ、音は元々、無神経だったんだっけ(^^;)


でも、一年半経ったおかげで、ようやく立ち直りのきっかけが到来。

これも、池田さんのおかげだし
「今度来る仕事が人生を変えるわ」
御手洗さんにも背中を押されるし>これまたストレート(笑)
相変わらず周囲に動かされる裕一…ではあるけど。

「彼は変わってない」
​​確かに変わってないな(笑)​​



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


サザエさん>ヴィヴィアン・ウエストウッド


1年半熟成>ラズベリーパーラメント


「鐘の鳴る丘」世代とアメリカ


​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

鐘よ響け>『エール』第91話 - 2020.10.19 Mon

​​​​​​​​​​​​​​​最近、集中力が薄れているので>え、いつものこと?
勘違いの可能性は高いんだけど(笑)

タイトルロゴが出るだけの始まりでも
そのロゴが
先週は地味な色で
今週は明るい色

だった気がする>違ってたらスマソ

違ってなかったら
ドラマ内容もだんだん明るい方向へ行くという示唆
…だと思うので、ちょっとホッとする。

違ってたとしても
ひじゅにの気分が少し上昇し始めているのなら
それも嬉しい(笑)

…ひじゅにですが何か?



​「しなやかに揺れて倒れない」​by保



藤堂先生の死をきっかけに、再び詩を書き始めた鉄男。

その詩にどんな曲がついたのか、評判はどうだったのか
語られないままだけど
まあ、あの時の鉄男の勢いからして戦意高揚の詩だったのだろう。

てっきり、裕一と同じく罪悪感に苛まれる戦後を過ごすのかと思ったら
意外に元気(笑)

鉄男は子供の頃から波乱万丈の人生だったから、心が強いのかもね。
名前の通りの鉄の強さではなく、状況に順応しつつも芯を保てる竹の様な強さ。

まあ、もう少しばかり心の葛藤を見せても…って気はしなくもないけど
一応、こう↑いうことにしておこう>ぉ


岩城さんは何とか助かるのでは…と期待していたけど、亡くなってしまった。

そんな岩城さんに助けられた梅ちゃんや
梅ちゃんを自分が守るべきだったと泣いた五郎さんも
罪悪感でしばらく落ち込むのかと思われたけど
今や元気で、笑顔も浮かべる、次の商売を考え付くなど前向きになっている。

苦しんだ末に立ち直ったところなのかもしれないし
生きるためには強くならねば…と決意しているのかもしれない。

まあ、ここももうちょっと…(略)

家業は戦争に協力するものだし
そのために五郎さんは兵役を免れた。
その上、自分の立場が危ういと集会にも拒否。
それで、平和になった今
天に向かってシレっと祈っても、ナンダカナ…なんだけどさ>言っちゃった

でもまあ、ドラマ上はこう↑いうことにしておこう>笑)


まだ子供(それも、ちょうど思春期)の​華ちゃんでさえ
しっかりと日常を保っている>音が留守の間、料理もしていたし

​バンブー夫妻​は最初から明るく
自分達こそがしなやかで強い。

皆、裕一とリンクするのではなく
裕一とは正反対に強さを示している。


裕一の苦悩を強調するため?
いや、却って裕一ばかりが​ヘタレ​…という印象。
裕一はヘタレがデフォではあるんだけどさ(笑)

これから裕一は立ち直っていく予定だから
皆の方が少しだけ早かった…というだけ?


「西條八十とかは引っ張られてんのに作曲家は無罪放免らしい」
これはまあ…思っちゃうけどね>ぉ


ともかくも、全ての鍵は​​​池田二郎さん​​ですね。




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

グローブ


ラジオドラマ脚本入門


愛国の花


​​​​​​​​​​​​​​​

菊田一夫>『エール』第90話 - 2020.10.16 Fri

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​北村有起哉さん登場!

役名は池田二郎。
モデルは菊田一夫さん。

あのトホホな『わろてんか』で唯一の見せ場を作った人なので
何だかこちらも希望が湧いて来たわ(笑)

…ひじゅにですが何か?



​「NHKだもんね」​by池田



↑う~ん…冗談かな皮肉かな?(^^;)


落ち込む裕一のもとにダメ出しの如く弘哉君の死の知らせが―

ビルマでの出来事の後でも戦意高揚の音楽は作り続けていた様子だけど
弘哉君の死でコップの水が溢れ出てしまったのか
「音楽が憎い」とまで言い、作曲をしなくなってしまった。


ここの流れは良いんだけどさ
やはり、ちょっと引っかかるのが―

​何故、母さんの傍に付いていてあげないの?​ってこと。

古関裕而さんは慰問に言っている間に母親が亡くなったそうだけど
裕一は自分の悩みで​イッパイイッパイ​で早々に福島を去って行った。
もしもこれで死に目に会えなかったら
そこだけ史実に合わせても、経緯も心情も大違い!ってことになっちゃうぞ。

もっとも、終戦だと聞いた時の母さんの反応は元気そうだったけど(笑)


それほどに​イッパイイッパイ​な様子を描きたいのかもしれないけど
人々を死に追いやってしまった…と罪悪感に苛まれているのなら
母親の命を大切にしてやろうよ…と思ってしまう。

音もそう。
福島に行ったのは、疎開という理由もあっただろうけど
裕一から母さんのことを頼まれたからでもあったよね。
なのにサッサと帰っちゃうし…

今更「僕のせい」なんぞと言っているけど
本当は​情も何もない夫婦なんじゃないの?
と思ってしまうぞ(酷っ)


まあ、それでもね、この流れは良い。

これで、どうやって立ち直って行くのか
そして、今迄とは正反対の意味を持たせた音楽を作っていくのか
そこのところは興味深い


でも、そんな裕一の苦悩を目立たせるためなのか
戦地の様子を描いたという点では朝ドラとしては凄いと思うけど
内地の大変さがあまり出ていないよね。

婦人会に関するアレコレは単なる人間関係の問題みたいな感じだったし
配給もただ並んでいるシーンだけだったから大変さも分からないし
食糧不足とは言いながらも華ちゃんは結構スイーツ食べてたし(笑)
空襲も豊橋に一度だけ…みたいな描写だし。

​東京大空襲はなかった世界なのか?​


「僕がバカだった」by五郎
今迄は五郎さんは裕一とリンクさせているのかと思っていた。
馬具と、裕一の音楽とを
「戦争のため」に作るという意味で同列に並べ
苦悩する五郎さんを、少し後の裕一に重ねるのかと。

でも、対比だったみたいだな。

裕一が戦地で死にゆく人々を見ることしかできないでいる間
投獄され拷問されても信仰を貫こうとした五郎さん。
裕一が母親を弟に丸投げして自分の苦悩に浸っている時
梅ちゃんを守れなかった自分を後悔する五郎さん。

「自分のことばっかりで」by五郎
これは、まさに今の裕一の状態だから
それに気づいた五郎さんは、やはり裕一の少し後の姿だってことなのかな。


ただね…
今更なんだけど、このドラマの宗教の扱い方はダメダメだよね。
まあ、極めて人間的な見方と言えば言えるけど(笑)


で、池田二郎氏登場。

裕一とも五郎さんとも違う、ちゃんと芯のある人物の様子。
信念を抱いているし、情もあるし、自分を持っているし
堂々と立っているって感じ。


あ、黒蜜…もとい、お母さんの歌も良かったですよ!
薬師丸ひろ子さんの歌声は素敵。
讃美歌なのは…信仰をイイカゲンに描いているドラマなので微妙(笑)



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

『鐘の鳴る丘』他>オルゴール


戦災孤児


評伝 菊田一夫


​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

終戦>『エール』第89話 - 2020.10.15 Thu

​​​​​​​​​​​​​昨日の今日で、裕一はどうやって帰ったのか…
色々と細かいところに疑問は湧く(笑)

昨日の回は賛否両論らしいけど
ひじゅに的には、あって良かったと思うし
反面、ツッコミどころも満載だったとも思うよ。

まあ、象徴ちゅーかさ
ひと時の夢もしくは妄想ちゅーかさ>ぇ

…ひじゅにですが何か?



​「もう…あんな日、帰って来ない」​by昌子



藤堂先生の手紙を昌子さんに届ける裕一。

まあ、これも、戦争関連の物語にはよくあるシーン。
でも、裕一が経験しなければならなかったシーン。



ドラマ的にはどうしてもどうしても
裕一が直面しなければならなかったこと。

戦争の悲惨さ
無意味な死
愛する人の死と
遺された人の悲しみ
…自分が人々を煽りたて送り込んだ、その果て。

戦中と戦後の意識の違い、音楽の違いを
こうした強烈な動機を挟まずに描いたら
単なる日和見、もしくは良いとこ取り
あまり共感できない主人公になってしまいかねないからな。

だから、ドラマ的には​正解​
構成とか完成度とかいう意味では、ちょっと​イマイチ​(酷)
でも、朝ドラ的には​アッパレ!​なのかもしれない。


裕一がどんな思いであろうとも、仕事としての音楽は続く。

「もっと国民の士気を上げ、また、いかなる敵であるか明確に示すため
敵将ミニッツとマッカーサーの名前を入れていただきたい」
芸術の観点では、軍歌も詩として音楽として優れたものは多かったと思う。
でも、今や、そんな芸術性も投げ捨てられる。

目的も質も無意味になってしまった。


「先生の無念、晴らしてえ!」
あれほど、裕一が戦地へ行くことを反対していた鉄男が
戦争を嫌い、詩を書くことを拒否していた鉄男が
藤堂先生の死を知って、逆に戦意高揚の詩を書く。

この皮肉な展開も興味深い。


…なんて言ってるうちに、あっという間に終戦。

これは、それまでの間
裕一は表面的には変わらないまま
相変わらずの音楽を作り続けていた…ってことなのだろうな。
心の奥は少しずつ変化して行きながらも。

戦後の裕一をどう描くか…が勝負かもよ。


もしかして、また詩を書く様になった鉄男の戦後の心境と
裕一のそれとをリンクさせる算段?

今は五郎さんがその役目っぽいけど。

五郎さんがこんなに出番があるとは思わなかったな。
下手すりゃ、あのスピンオフの様な恋話が
最初で最後になるのでは…と思っていた(笑)

五郎さんが登場したところでドラマは休みに入り
休み明けは五郎さん週となり
こうして、所々で五郎さんの出番を持ってきて
ドラマ後半の重要なモチーフとなっている。


たださ
五郎さんの「真っ直ぐ」さを強調するためか
お母さんや梅ちゃんがイマイチになっちゃっているよね。

監視されていたのは、お母さんなのに
状況に負けて集会に行かなくなっているみたいだし
行こうとする五郎さんを止めようとさえしている。

​信仰、捨てたのか?​

多分、宗教を意識していない人は五郎さんの行動の方にイラつくと思う。
でも、危険だから活動を辞めるというのは信仰を否定すること。
釈放されたくて罪を認める…って、それこそ隠れキリシタンの踏み絵じゃん。

作り手側も宗教を意識していない人達みたいだから
お母さん達の方を正しいと描くのかもしれないけどね。

作業場は焼け落ちたし
岩城さんは亡くなったか大怪我したかで
都合良く(?)馬具を作ることからは解放されたし。
戦後はシレっとキリスト教信者に戻ったりしてね。


こうして見ると、確固たる信念を持つ人っていないなあ(笑)
まあ、五郎さんはそうなる可能性はあるけど>あのまま頑張っていれば

…ひょっとして
周囲の人々は裕一のモチーフみたいなものだから
裕一自身のキャラが重要なわけなんだけど

裕一=​キチジロー@『沈黙』​だったりして?



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


戦場からの手紙


ダグラス・マッカーサー モデル


沈黙(遠藤周作)


​​​​​​​​​​

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

スカーレット (153)
相棒 (126)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (30)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (11)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (16)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (16)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (25)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (69)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (60)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (4)
アニメ (3)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)
エール (159)
ドラマ2 (7)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR