FC2ブログ
topimage

2019-12

『Supermarket Flowers』>なんちゃって歌詞役 - 2018.06.03 Sun

​​​毎度お馴染み(?)エド・シーラン
​『Supermarket Flowers』​
を訳してみました

エドのお祖母さんが亡くなった時のことを
エドのお母さんの視点で歌ったものです。




窓際に飾ってたスーパーの花を片付けて
カップに残ってた昨日淹れた紅茶を捨てて
マシューお手製のアルバムは荷物に詰めた
皆に愛された人の思い出の数々

「早く元気になってね」と書かれたカードが添えられた
ぬいぐるみも片付けて
飲み残しのジンジャービールを流しにあけた
「辛いからって泣いちゃダメだよ」
お父さんはいつも、そう言ってたけど
お母さん、瞬きするたびに涙が零れてくるの

バラバラに引き裂かれてしまったかの様よ
でも、分かってる
心が壊れるのは、愛されてたからね

だから、ハレルヤを歌うわ
あなたは、お母さんの姿をした天使だった
躓いてしまった時も支えて立ち上がらせてくれた
翼を広げて飛び立って
神様が迎えてくれるでしょう
「ハレルヤ、お帰り」って

枕をふんわりさせて、ベッドを整えて、椅子を積み重ねて
寝間着はきちんと畳んでケースに入れた
「運転するよ」とジョンが言って
私の頬に触れ、涙を拭ってくれた

お母さんの様にこの世界を見たいと思う
愛のある人生だったって知ってるから

だから、ハレルヤを歌うわ
あなたは、お母さんの姿をした天使だった
躓いてしまった時も支えて立ち上がらせてくれた
翼を広げて飛び立って
神様が迎えてくれるでしょう
「ハレルヤ、お帰り」って

だから、ハレルヤを歌うわ
あなたは、お母さんの姿をした天使だった
今の私を見ててね
翼を広げて飛び立って
神様が迎えてくれるでしょう
「ハレルヤ、お帰り」って



☆★☆★☆★☆★☆★

マシュー:エドのお兄さん
ジョン:エドのお父さん

亡くなった後の病室の描写が秀逸ですね。

昨日までと同じ風景の中、“その人”だけがいなくなって
心は引き裂かれそうでも、淡々と片付けていく―

天使云々、帰っていく云々は、私の信仰とは違うけど
その心情はよく分かるから、聞いていて泣けてしまいます。




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


CD


フィギュア


ポスター


​​​
スポンサーサイト



Perfect>なんちゃって歌詞役 - 2018.05.20 Sun

​​​​​エド・シーラン​『パーフェクト』​を訳してみました。
(所々イイカゲンですが^^;)

↓動画はアンドレア・ボチェッリとのデュエット・バージョン






愛する人を見つけた、僕だけの
ダーリン、ただ飛び込んでくれればいい
僕について来ておくれ
そう、僕はひとりの女の子に出逢った
美しく心優しい子だよ
ずっと待ち続けていた相手が君だとは思わなかった
恋に堕ちた時、僕らはまだ子供で
それが何なのか分からなかった
今度は諦めたりしないよ
ダーリン、そっとキスをして
君の心は僕だけのもの
君の瞳の中で、僕はずっと君だけのもの

可愛い人、僕は暗闇の中で踊っている
君を両手に抱きしめて
草の上を裸足で
お気に入りの曲をかけて
私、酷い恰好でしょ?って君が言うから
僕はそっと囁いた
聞こえただろ?
今夜の君は完璧だよ、って

そう、僕は誰よりも強い女性を見つけた
彼女となら夢を分かち合える
いつか家庭を分かち合いたい
僕は愛を見つけた
心に秘めていたものよりもっと多くのものを引き出してくれる
愛を保って行こう
子供も育てて行こう
僕達はまだ未熟だけど、愛があるから
どんな困難にも立ち向かえる
へっちゃらさ
ダーリン、ただ手を握っておくれ
僕だけのものなって、僕は君だけのものになるよ
君の瞳の中に、2人の未来が見える

可愛い人、僕は暗闇の中で踊っている
君を両手に抱きしめて
草の上を裸足で
お気に入りの曲をかけて
そのドレスを着た君は、とても綺麗だ
僕には勿体ないくらい
ダーリン、今夜の君は完璧だよ

可愛い人、僕は暗闇の中で踊っている
君を両手に抱きしめて
草の上を裸足で
お気に入りの曲をかけて
今、僕の目の前に
人の形をした天使が舞い降りた
完璧だ
僕には勿体ないくらい
君は完璧だよ


☆★☆★☆★☆★☆★


婚約者のことを歌ったらしいですが
もう完璧にメロメロな内容ですね(笑)

私としましては
エドの歌声にもメロメロなんですけど
アンドレア・ボチェッリにもメロメロのトロトロです(笑)




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


楽譜


CD


アンドレア・ボチェッリ


​​​​​

Happier>なんちゃって歌詞訳 - 2018.05.06 Sun

​​​​エド・シーラン
​『Happier』​
を訳してみました。

MVのエド人形が可愛くも侘しくて(笑)





29丁目と公園通りの角を通りかかったら
誰かの腕に抱かれた君が見えた
俺と別れてまだ一か月なのに
君は前より幸せそうだ
バーに入っていきながら
そいつに何か言われて笑ってた
俺と一緒にいた頃の倍は良い笑顔だった
そう、君は前よりずっと幸せそうだ

俺ほど君を傷つけた男はいないだろう
でも、俺ほど君を愛した男もいない
他の男になびいたって、俺は気にしない

でも、君は前より幸せなんだよね
俺にもそんな日が来るって、友達は言ってくれる
それまでは、本音を隠して無理に微笑んでみせることにする
それでも、分かってるんだ
俺は君と一緒だった時の方がもっと幸せだったって

部屋の隅に座って
君のことばかり思い出してる
空になった瓶を抱きしめて自分に言い聞かせるんだ
君は前より幸せなんだって
そうだろ?

俺ほど君を傷つけた男はいないだろう
でも、俺ほど君を必要としてる男もいない
君にふさわしい相手は他にいるだろうけど
俺はまだ君を愛している

でも、君は前より幸せなんだよね
俺にもそんな日が来るって、友達は言ってくれる
それまでは、本音を隠して無理に微笑んでみせることにする
それでも、分かってるんだ
俺は君と一緒だった時の方がもっと幸せだったって


☆★☆★☆★☆★☆★


寂しい内容ですけれども
現実のエドには婚約したばかりの>もう結婚したのかな?
ラブラブの彼女がいるので
こうした曲もホノボノと聞いていられます(笑)




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


フィギュア


CD


ブルーレイ>ライブ


​​​​

Castle On The Hill>何ちゃって歌詞訳 - 2017.03.26 Sun

エド・シーランの新曲(もう既にヒット中)
『Castle On The Hill』を訳してみました。





☆★☆★☆★☆


6歳の時 脚を骨折したんだ
兄貴と兄貴の友達から逃げ回っていて
山の草の甘い匂いがしたと思ったら
転がり落ちてた
まだガキだったよ
あの頃に戻してほしい

好きな子もできたし
振られもしたし
友達もできたし
疎遠にもなった
月日が経つにつれてね
ザワザワとうねる草原を もう長いこと見ていない
もう大人になったんだって分かってるけど
帰りたくて仕方ない

今 家に向かって車を走らせている
あの田舎道を90で下っている
『Tiny Dancer』を口ずさみながら
お前らが味合わせてくれた あの感じ
すっかり忘れてたけど それこそが本物だよ
皆で眺めたよね
丘の上の城の向こうに沈んでいく太陽を

15歳の時 手巻き煙草を吸っていた
法から逃げ回って 陰でこっそりヤバイことしていた
仲間と酔っ払ったりもしていた
ファーストキスは金曜の夜
上手くはできなかった
まだガキだったよ
あの頃に戻してほしい

俺達は週末のバイトを見つけ 給料が入ると
安酒を買って そのままストレートで飲んでた
俺も仲間も もう長いこと吐いたりしていない
大人になったんだよな
でも 帰りたくて仕方ない

今 家に向かって車を走らせている
あの田舎道を90で下っている
『Tiny Dancer』を口ずさみながら
お前らが味合わせてくれた あの感じ
すっかり忘れてたけど それこそが本物だよ
皆で眺めたよね
丘の上の城の向こうに沈んでいく太陽を
丘の上の城の向こうに
丘の上の城の向こうに

仲間の内
ひとりは衣服を売りに行っている
ひとりは海の傍で働いている
ひとりは子供が2人いるのに独り暮らし
ひとりは兄弟が薬の過剰摂取で死んじまったし
ひとりはもう二度目の結婚
ひとりはギリギリの生活
でも あいつらが俺を育ててくれたんだ
だから 帰りたくて仕方ない

今 家に向かいながらも まだ思い出す
この懐かしい田舎道
何も分かっていなかった あの頃
お前らが味合わせてくれた あの感じ
すっかり忘れてたけど それこそが本物だよ
皆で眺めたよね
丘の上の城の向こうに沈んでいく太陽を
丘の上の城の向こうに
丘の上の城の向こうに



『Castle On The Hill』
作詞作曲:エド・シーラン
歌:エド・シーラン



★☆★☆★☆★


歌われている「城」は
エドの出身地Framlingham(イギリス サフォーク)にある
Framlingham城の様です。

Franglingham_Castle
Franglingham_Castle posted by (C)ひじゅに

MVの様子では凄く美しい所ですよね。
こんな所に住んでみたいな、と思うけど
実際に生まれ育った若者達には鬱屈するものがあるんでしょう。

でも、大人と呼ばれる年齢になってしまうと
失われてしまった日々こそが、かけがえのないものだったと気付くのですね。

そこは、何処に生まれ育っても通り過ぎる部分なのかも。

だから、実際に自分が見てきた景色とは全く違っても
こうした内容には無条件で共感してしまうし
切なく懐かしい思いがします。




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


アルバム


Tシャツ


ライブ(ブルーレイ)

Afire Love - 2015.12.28 Mon

祖母の四十九日に寄せて
エド・シーラン『Afire Love』を訳してみました。

実は最近ずっと体調を崩していて
(なのでコメントお返事も遅れに遅れていてスミマセンスミマセン)
実は四十九日には出席できなかったんです。

なので、その謝罪もかねて。
私らしい方法かなと勝手に思っています(^^;)





昨日までは
何もかも上手く行っていたのに
いつしか
悪魔がお祖父ちゃんの記憶を取り去った
もしも今日
お祖父ちゃんが死の淵へと落ちていくなら
どうか
天の国がお祖父ちゃんの休み場となりますように
胸の痛みは医者達のせいだなんて言ってたけど
薬のせいだったのかもしれないよ
結局のところ
お祖父ちゃんはまたベッドに横たわっている
どっちのせいであっても
その痛みの残り香が僕を泣かせる

父さんが言ってた
いいか、お祖父ちゃんはお前の顔がわからないけど
それはお祖父ちゃんのせいじゃない
お前だけってわけでもない
お祖母ちゃんがよく言ってた
お祖父ちゃんはいつも歌ってくれたって…

ダーリン、その腕の中に抱きしめておくれ
昨夜そうしてくれたように
それから少しの間だけ横になろう
(お祖父ちゃんが作った歌よ)
陽が昇るまで君の瞳を見つめ続けるよ
そして光に、命に、愛に包まろう
開いた唇を重ね合ったら
ゆっくりと閉じるんだ
唇はそのためにこの形になったのだから
身体を寄せ合えば心臓の鼓動も一つになる
そして僕らは輝いて愛を燃え上がらせる
愛を、愛を…

昨日までは
何もかも上手く行っていたのに
その時
悪魔がお祖父ちゃんの息を取り去った

皆は胸の痛みの中に取り残されている
黒いスーツ、黒いネクタイで
雨の中に佇んでいる
こうして
僕の家族はまた一つになった
親しい人一人に知らない人達が複数、繋ぎ止められている
僕の心に迫り来るものをペンで描き出さなくちゃ
6歳の時、覚えている、あの時…

父さんが言ってた
いいか、お祖父ちゃんはお前の顔がわからないけど
それはお祖父ちゃんのせいじゃない
お前だけってわけでもない
お祖母ちゃんがよく言ってた
お祖父ちゃんはいつも歌ってくれたって…

ダーリン、その腕の中に抱きしめておくれ
昨夜そうしてくれたように
それから少しの間だけ横になろう
(お祖父ちゃんが作った歌よ)
陽が昇るまで君の瞳を見つめ続けるよ
そして光に、命に、愛に包まろう
開いた唇を重ね合ったら
ゆっくりと閉じるんだ
唇はそのためにこの形になったのだから
身体を寄せ合えば心臓の鼓動も一つになる
そして僕らは輝いて愛を燃え上がらせる
愛を、愛を…

それから
父さんと家族全員が
椅子から立ち上がり、ハレルヤを歌う
母さんと家族全員が
椅子から立ち上がり、ハレルヤを歌う
母さんと家族全員が
椅子から立ち上がり、ハレルヤを歌う
(僕の兄弟全員と僕の姉妹全員が)
父さんと家族全員が
椅子から立ち上がり、ハレルヤを歌う
ハレルヤ
ハレルヤ
ハレルヤ…



**********

エドが自分の祖父のお葬式の日に書いた歌だそうです。

高齢になり身体も弱り認知症も発症した祖父が遂に亡くなった―
私の場合は祖母なわけですが
ここに漂う雰囲気とか心情とか…非情にリアルで
自分の場合と重なってき聞こえてきます。

自分は年老いた姿しか知らないけれど
祖父にも祖母にも若い時代があって
光の中、愛に燃え、人生を輝かせていたのだと
当たり前なのに考えてもみなかったことを思い知らされ
時の流れや人間の存在というものを改めて考えてみるのでした。

あまりにも美しい歌だと思います。



ところで、訳してみると

「僕の家族はまた一つになった」
精神的な意味でなのか?
物理的にも当てはまる状況なのか?

「親しい人一人に知らない人達が複数、繋ぎ止められている」
これは何だか奇妙な言い回しでは?

…と、色々疑問が湧きました。

ちなみに、後者は
「Stapled together with the strangers and a friend.」
で、訳そのものもイマイチなせいもありますが(^^;)
何か意味深長な感じです。

でもって、ラスト
父親と母親が別々に立ち上がったかの様な描写。

エドは両方を「all of my family」と書いているし
間に「all of my brothers and my sisters」と挟んでいるから
両親はこの時、既に離婚して新しい家庭を築いていた―
ということを意味するのかな?
と思いました。

考え過ぎ?>スミマセンスミマセン




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


アルバム


ライブ


カレンダー






NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

スカーレット (63)
相棒 (117)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (29)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (7)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (15)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (4)
MV&歌詞訳(QUEEN) (8)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (25)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (64)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (56)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (2)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR