topimage

2018-06

仕事が欲しい!>『半分、青い。』第73話 - 2018.06.25 Mon

​​​​​​​​​​​​「神回」​と“神”ご自身がおっしゃる割には
アッサリした回だったな

ポエムが足りんよ、ポエムが!

…と言いつつ
懸念していた通りにポエトリーな台詞満載だったら
かなり辛かっただろうしツッコミもし放題だっただろう

そーいう意味で、今日の「神回」は
良かったんだか悪かったんだか…

…ひじゅにですが何か?



​「3年しか持たんかったんやない」​byブッチャー



いやいや、そこは
3年“も”持たせた
と言うべきじゃないのか、ブッチャー?

引っ越ししてまで鈴愛を切って清を取ったのに
1年も持たなかった…なんてのだったらカッコ悪過ぎ(笑)

3年ってことは、大学時代はほぼ一緒に過ごしたのだろうから
初恋の顛末としては、まあ普通じゃね?

律が京大大学院に行くのを切欠に別れたのだとして
律の方が「これ幸い」と逃げたのか
清の方が「付いて行く程の男じゃないわ」と去ったのか
どちらかによって今日の律の涙の印象が変わる…かも?


それより
土曜日に2ショットでの再登場だったし
勤務地も同じ名古屋ということから
​ブッチャー&​​菜生​​​カップリング?

と思っていたら、今日はそこを掘り下げたな。

朝ドラ・ヒロインに成り代わって鈍感ぶりを発揮するブッチャー。
彼の言葉に一瞬トキメキを見せるカワユスな菜生ちゃん。

残り物同士が都合良くくっ付くのも朝ドラ“お約束”>ぉ


そんな2人に見守られて
自分達だけの世界に浸る律&鈴愛―


台詞はポエトリーとまでは行かなくとも
空気の色は十分に少女マンガ。

まずは近況報告。

ダメになったドレスのことを話しちゃう鈴愛。
いや、そのためにパーティに行けなかったのだから
理由を言うのは普通…かもしれないけど
そのドレス姿を見せたかった相手に言っちゃうのって
ちょっと抵抗がある>ひじゅにだけ?

代わりに今着ているのは母親のアッパッパだと言い訳(?)する鈴愛。
ドレスとの差を強調するためなんだろうけど
普段着でも、それなりに可愛いものを着ていたのに
こーいう時だけ母親の服を着るとか
晴さんだって、あのアッパッパよりは良いものをいつも着ているのに
寄りによってあのアッパッパを娘に貸すとか
…何か色々とアザトイ気がする>今更言っても難だけど(笑)

でもって、律の目を両手で塞ぐ鈴愛。
服装を気にするところ等はモロに“女”を出しているのに
イキナリこんな子供っぽいことをしても
無邪気だとか純粋だとか素直には思えないッス>スマソ


そんな鈴愛の声を聞きながら泣き出す律。

そうか、北川よ!
​ここが「神回」か!?​


「左振り向くといつも鈴愛が立ってる様な気がしてた」
ここはちょっとポエトリー(笑)

で、左耳のことを蒸し返す鈴愛。

秋風を無視した時のナンダカナ…な表情が今だに尾を引いていて
それに最近は全く不自由を感じていない様子なのもあって
左耳失聴の件が話題に出て来るとソコハカトナク不快

ひじゅには耳はあまり良い方ではないけど、一応は両耳とも聞こえるので
聞こえない人のことを悪く言うのには罪悪感を抱いてしまうし
実際、何も分からないくせに!と批判されたら言い返す言葉もないのだけど
でも、鈴愛の場合、自分を弱く見せたり正当化したりしたい時に
伝家の宝刀って感じで都合良く耳の件を用いている印象なもんで(^^;)


「夢の栞」
これまた、ちょびっとだけポエトリーな台詞と共に
律が返してくれた短冊を雑誌に挟む鈴愛。

飲み終えたジュースの缶をゴミ箱に投げ入れたり
階段で「グリコ チョコレート パイナップル」をやったり
(NHKだから「グリコ」は言わなかったけど・笑)
こーいう時には定番の子供遊び。

子供時代を共に過ごした同士だから…とは言えるけど
本当の“天然”とは見えなくなってしまった鈴愛だから、ちょっと痛い。

一見、天然な鈴愛だけど
いつだったか、分かってやってる的なことを本人が言ってたんじゃなかったっけ?


「就職決まった」
そんな子供の時間を破って告げる律。

今度は大阪で
「誰でも知っとる」大企業。

そこでロボットを作るというから、それも「夢」の延長なのか
宇佐川教授の下を離れ大企業に…ってことで
“世間”や“将来”のために妥協したのか
今日のところはよく分からないけれど

「もう夢叶ったし」
過去形で言っちゃうところからすると、後者なのかな?

「結婚しないか?」
これも、ユーコみたいに逃げている匂いがするし。


律が去って、鈴愛もその状況に慣れてきたところで
再び律の存在をアピールするための今日の回?

つまり、折り返し地点?

​ゴールまではまだまだかかる!​
ちゅーことで

視聴者の皆さん、おきばりやす!




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


ウィンドウシールドクリーナー


栞は夢をみる


グミ チョコレート パイン(全6巻) ←えっ、ちょっと違う?


​​​​​​​​​​​
スポンサーサイト

プレ神回>『半分、青い。』第72話 - 2018.06.23 Sat

​​​​​​​​​​​​​​タイトルバックに
「群馬県みどり市」
とあったので

えっ
東京と岐阜の話じゃなかったの?
と思ったら

律との再会場所となる
架空の「夏虫」駅のロケ地が
​わたらせ峡谷鉄道​だ!

…と
そこだけ、ちょいと興奮(笑)

…ひじゅにですが何か?



​「片耳しか聞こえなくても私に必ず届くのだ」​by鈴愛



↑左耳の設定、ほとんどの視聴者は忘れている気がする



自分の誕生時の写真を見る鈴愛
次のページは画面に出さない

貴美香先生と共に写真を見る鈴愛
次のページが画面に映る

それは勿論、律の写真

生まれた時間は律の方が早いのに
鈴愛の写真の方が先のページなのは
「レディファースト」という後出し説明

…こーいう思わせぶりな演出が多いな
七夕の短冊もそうだったし

直後に短冊の話になったわけだから
これはワザと合わせてるってことなの?
二重になって、よりアザトイ感じがするんだけど>スマソ



素っ飛ばされた5年の間
鈴愛は一度も帰郷しなかったらしい。

菜生ちゃんから電話を貰っても
要件が貴美香先生の還暦パーティでも
行くのを渋る鈴愛。

…なのに

「律も来るよ」と言われた途端に
あっという間に実家に来ている(^^;)


ユーコの結婚式には菜生ちゃんに貰ったカエルのワンピースだったし
ユーコから高級ブランドの洋服を見せられた時も
初めて見たとか言っていたし興味もなさそうだった。

…なのに

律に逢うために高級ブランドのドレスを購入(^^;)


ドレスがダメになったためパーティは欠席したのに
律の誕生時の写真を見て感情が高ぶり会場に駆けつける鈴愛。

…分かっちゃいたけど

貴美香先生のお祝いなんて二の次(^^;)


恋している時は、その恋が全て。
恋する相手以外は頭に入らない。
気にかかるのは恋する相手の瞳に映る自分。

それは分かるんだけど
鈴愛の​普段が普段​だからなあ…(笑)


まあ、この自己中ぶりは意図的に描いているのだろう。

草太君との会話に表れている。
自分のことしか考えていないし
それ以外のことは知ろうともしない。
自分を正当化する…etc.

ただ、こんな風にヒロインのダメな部分を強調することに
どんな意味があるのかは不明。

完璧じゃないところに親近感が湧く?

根底に優しさとか人の好さとかがあれば
ヘンテコな面を見せても却って愛しく感じられたりするものだけど
その優しさとか人の好さとかが欠如しているというのが鈴愛の欠点だからな…


それと
脚本家からの指示なのか演出家のセンスなのか知らないけど
ドレスがダメでパーティに行けないのなら、普段の恰好してれば良いじゃん。
Tシャツとかジーンズとかさ。

なのに何故、今迄に登場したことがあったかどうかも疑わしい
ダボダボのワンピなの?

ドレスとの差を強調したいんだろうけど、何かアザトイ。

まあ、そのドレスにしても
律に綺麗なところを見せようと用意した大事なものなら
キチンとハンガーにかけて吊るしておけば良かったじゃ?
ってことだしな。


そうして、いよいよ、​わたらせ峡谷鉄道​

電車に乗ろうとしている律の名前を呼ぶところは
『愛していると言ってくれ』の1シーンを思い出させた。
(過去の栄光に縋る北川>こらこら)

電車に邪魔されて…ってところは、コバヤンとのシーンとの対比?

つーか、あれ自体
既視感アリアリでナンダカナ…だったんだけどさ。

それでも
バスが去った後に、残っている鈴愛
という以前のシーンに対し

電車が去った後に、律の姿は無し
というのはちゃんと対比になっているし
物悲しさがあって悪くないかな、と思った。

思ったんだけど…

次の瞬間、向こう側の階段から降りて来る律―
という斜めなオチに、ちょっと笑ってしまった>スマソ

鈴愛の笛が聞こえて
律は電車が走り去るまでの短い時間で
一緒にいた友人達から離れ大急ぎで後方に走り
階段を駆け上がって、また降りて来たというわけ?

​さすが、アスリート(違)​


まあ、ここのところは後出し説明がありそうだな(笑)
それよりも、来週は再びわたらせ峡谷鉄道から始まるのね。

わたらせ峡谷鉄道を舞台に
来週月曜日はまたもや​神回​だそうですわよ、奥様!?




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


還暦祝い>ランチバッグ


還暦祝い>特大月餅


還暦祝い>Tシャツ


​​​​​​​​​​​​​​

寿退社>『半分、青い。』第71話 - 2018.06.22 Fri

​​​​​​​​ユーコの結婚こそが「架空のラブストーリー」
…なんてオチでなくて良かった

高スペック男ではなく実は公園で逢っていたオッサンだった
…なんてオチでなくて良かった

合コンで出逢ったのではなく毒親が押し付けた見合い相手だった
…なんてオチでもなくて良かった

相手が室井さん@『ごちそうさん』なのは微妙だけど…>ぉ

…ひじゅにですが何か?



​「彼女が求めているのは居場所だと思ったんだ」​by秋風



看護婦になりたかった、と言っていたあたりから
そうなんだろうな…と、鈍感ひじゅにでも思っていたよ。

恐らく敏感な視聴者は
ユーコが毒親持ちと聞いた時から察していただろう。

でも、できればここのところ
もうちょい、ちゃんと描写してほしかった気がする。
これでは「行間」を読ませているのか
単なる「脳内補完」なのか、際どいところ。

いや、「行間」の方であっても
今こうしてユーコを描くのなら
彼女の心の底にあるもの、本人もハッキリ気付いていないかもしれないものを
提示しておくには、ちょい弱すぎる気が…

まあ、所詮、脇役の話だから
必要最小限でOKなのかもしれないけどね。


そこらへんを、ちゃんと理解している秋風は
「帰る場所があれば小宮も出ていきやすい」
ユーコのオフィスをしばらくは、そのままにしておく意向。

やはり自分はマンガを描きたい!
との思いで帰って来るのならメデタシメデタシだけど
今度は結婚生活から逃げるために…
なんてならないことを祈る。

だって、そこを不安にさせるための室井さんかと思っちゃったので>こらこら


それにしても
みうらじゅん→タモリにシフトチェンジか!?
って感じの秋風(笑)

あれだけの毛髪があんな小さなお団子に纏まっちゃうものか…と
本当はそこに注目しちゃったんだけどね。


うちからお嫁に出す、と秋風は言っていたけど
本当に“オフィス・ティンカーベル”で花嫁姿披露とは。

まあ、会場は別の所だったのだろうけども。

でもって、実親にはやはり連絡しなかったのかな?
結婚式までの日々を実家で過ごすことはしない
というだけの意味だったのかな?

老舗の和菓子屋ともなれば
息子の嫁の出自やアレコレも気にするだろうから
ちょっと気になる。

もしや、これも、ユーコの結婚の行く末を不安にさせる要素として
ワザと入れてる?

でも、良家のお嬢様との見合いではなく
合コンで相手を見つけることを許した実家だから無問題?


…あ、べべべ別にユーコの結婚にケチをつけてるわけじゃないんだかんね!

唯一の安心材料は、あの引き出物の時計。
鈍感鈴愛でさえもセンス悪いと認めた新郎新婦の写真時計を
「素敵でしょ」と言ってるくらいだから
それなりに室井さんに惚れてるんだよね、ユーコ?
一応、​そーゆーことにしておこう​>ぉ


ちゅーことで、鈴愛の人生から去って行ったユーコであった―


あのカエル模様のドレスを着た理由は
1:単に物持ちが良いというだけ
2:初デートの次は結婚式に初出席の際に着ると決めていた
3:周囲はどんどん変わっていっても鈴愛は変わらない!ってことを示唆
4:律が去った後、誰にも恋をしていない証明
5:実はあのドレスは有名ブランドの高級品
(何故か菜生ちゃんちの店に紛れ込んでいた)


「マンガ…私の分までとは言わない
私の人生は私のもの、鈴愛の人生は鈴愛のもの
皆、自分の分しか頑張れない」

自分が投げだしてしまったマンガを鈴愛は頑張れ!
…とは言えないよなあ(^^;)

でも、人生それぞれとマンガに関しては言うけれど
恋愛や結婚感については結構ゴリ押ししてるよなあ(^^;;)

「鈴愛は私と熱量が違う」
昨日の「機械」呼ばわりの言い訳だったりしてなあ(^^;;;)

「鈴愛はきっと成功する!」
3年も連載を続けているのは「成功」じゃないのかなあ(^^;;;;)

ともあれ
鈴愛も今はちょっとスランプ気味。
ユーコと同じ道を辿る日は近い?

一番若い草太君に
「姉ちゃんも結婚した方がええんやないか?」
なんて言わせてるし。

鈴愛自身にも
「私はここにいて頑張りますんで」
なんて言わせてるし。

それに早くも律ネタだし。


まー君が去った途端にブッチャーが顔を出した様に
ユーコが去った後に再登場する菜生ちゃん。

あ、勿論、その間に『ロングバージョン』もあったけどね。
この時はブッチャー&菜生よりも
​過去の栄光に縋ってんな、北川!?​
…という思いの方が強かったもんで>こらこら





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


カエルさんマシュマロ


ウェディング


写真を時計に


​​​​​​​​

真っ白>『半分、青い。』第70話 - 2018.06.21 Thu

​​​​​​​​​​​​​​真っ白なスケジュール
真っ白なウェディングドレス

どちらを選ぶかは本人次第(笑)

つまり、どちらが正しくてどちらが間違っている
…なんていう問題ではない
…ないハズなんだけど

前者を喜べる鈴愛は
結果的にマンガ家を辞めることになるらしいし

後者を切望するユーコは
ただ逃げているだけな気がするし

…何よりも

2人がそういう心境に達するまでのアレコレが
まるっ!と省略されているから

熱い台詞が飛び交えば飛び交うだけ
虚しい…>ぉ

…ひじゅにですが何か?



​​「くんだり?」​byマスター



↑ここに象徴される様に
今日は多くの人がとばっちりを食らった日(笑)



“喫茶おもかげ”での3竦み状態(?)

それを打ち破ったのは、ボクテの「ステイ!」
犬を飼っていた秋風が今や自分が犬状態?>ぇ

つーか
弟子達に翻弄されているし
扱いはちょっと過保護っぽくなっているし
師匠というより親状態(笑)


折角の三者会談だったけど
秋風が今もボクテを気に掛けていること
ボクテが連載している雑誌の出版社にユーコの推薦を頼んだこと
…つまり、秋風の親バカぶりを示しただけで
ユーコが今現在ぶつかっている問題については何の策もないまま終了。

なので
自分自身でサッサと結論を出すユーコ。

女の逃げ場…それは​結婚!​


昨日、24歳になった鈴愛のことを
「番茶もギリギリ出るかどうか」とディスってたけど(笑)
まあ、当時はそれが常識だったのだろう。
つまり、クリスマスケーキに例えた結婚適齢期の、まさにギリギリの時期。

ある意味、そうした世間の見えない圧力に屈してしまったとも言えるユーコ。

昨日、あんなオッサンとどうやって知り合ったのかと思っていたら
どうやら合コンに行きまくっていたらしい>今日の後出し
厚化粧+高級ブランド服で武装して。

あのオッサンはボーナスはたいてバチもんバッグをプレゼント
…というトホホぶりだったけど

今度知り合った人は大当たり。

海外と取引しているインテリア・コーディネーターで
実家は老舗の和菓子屋でお金持ち。
ユーコがインテリアの勉強をするなら学費は出すと言ってくれているとか。
「架空のラブストーリー」でなければ良いんだけど>ぉ


遊びに行くどころか、人と会話する機会もなかなか持てない
マンガ家生活をボロクソに貶すユーコ。

マンガ家だけでなく
独身者にオタクにヒッキーに…と
次から次へと敵を作る(笑)

おまけに
「もう出来上がってる物から選ぶ方が楽」
と、結婚相手の職業&これから自分が関わっていく職業まで
貶めちゃってる(^^;)


でも、ここで
北川悦吏子め~!
と腹が立たないのは

ユーコが​必死​だから。

今迄ずっと自分が歩んできた道を、愛してきた道を
一生懸命貶し、否定する姿が哀れだから。

描き切れないほどアイディアが浮かんでくるなら―
常に巻頭カラーになる様な大ヒットを飛ばせるなら―
そうしたら、こんなこと一言も言えない。
鈴愛の様にマンガを描くこと=幸福だったハズ。

でも、描けない…ウケない…居場所がない…
自覚しているから、もう去るしかない。


まあ、このユーコの言う様な味方、考え方の方が一般的だろうし
北川さん自身もこんな風に言われたり、自分でも思ったりしたのだろうね。
今日のユーコVS鈴愛は北川さんの内側にあるアンビバレントな思い
…でもあるのだろう。

あら
そう思うと、少しばかり北川さんを愛しく感じる
…ことも可能…かもしれない…という気がしてきた…と言えなくもない?

…とはいえ、出来上がった作品への評価はまた別物だがな>ぉ


で、肝心のヒロイン鈴愛だけれども―

秋風を「ロボット」と罵ったことの回収が
今日の「機械」とユーコに罵られたことなんですかね?

秋風のマンガ家としての凄さも理解できてきた様子だし
人間的にもすっかり「お父さん」になってるし(笑)
鈴愛自身もあんな風に“成長”していければ良いね。


鈴愛が「ロボット」という語が即座に出たのは
律がロボットに興味を持っているからで
ある意味、律をディスっているとも受け取れちゃったりなんかするけど

ユーコの「機械」もまた、「産む機会」という言葉を連想させるので
自分が選んだ道へのソコハカトナイ自虐が含まれている?>考え過ぎ?

「苦しい、楽したい」
秋風の前で本音を言うユーコ。

逃げ場扱いで結婚生活は上手く行くのかどうか心配ではあるな(^^;)

「ゼロから作る」と言うけれど
まるきり何もない状態からではなく
やはりそこには知識だの経験だの色々と積み重ねてきた人生があるハズ。

だからユーコも、直接マンガを描くことから一旦離れて
色んな世界を見、色んな経験を重ね…
つまり律の言うところの​「回り道」​をして
今よりもっと深いマンガを描ける様になったら良いね。

だってこれって、根本は朝ドラ「あるある」の
女は仕事か結婚か!?話だよね。
両方ゲットでハッピーエンド!が理想だもの。

脇がどんどん脱落していっても主人公は道を貫く―
というのが多いものだけど
『半分、青い。』は逆を行く気配(笑)




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


白いプリン


アレキサンダー・マックイーン


ゼロから作るDeep Learning


​​​​​​​​​​​​​​

1995年>『半分、青い。』第69話 - 2018.06.20 Wed

​​​​​​​​​またまた時が跳んで3年後

もう
律を出したくて仕方ないっちゅーか
ラブストーリー以外は描きたくないっちゅーか
だって興味ないんだも~ん的な?(笑)

さすがの北川節っすね

…ひじゅにですが何か?



​「時間は数珠繋がりです」​byお祖母ちゃん



↑描かなかった月日の言い訳?>ぉ


3年経って24歳になった鈴愛。

「番茶もギリギリ出るかどうかの24歳」
なんて、お祖母ちゃんに言わせているところを見ると
北川様ったら、さすがの恋愛至上主義!

マンガ家として頑張ってる?何それ?
恋愛以外の行動は全て無意味!
マンガ家なんてすぐに辞めさせてラブストーリーに戻るから
待っててね~!

…と、おっしゃっているかの様です>ぉ


ついこの間まで10代だったのが今や20代半ば。
でも、髪型も服装も言動も何一つ変わってません。
それが何?

まあまあ、あの『まれ』だって
時間による変化を、髪を耳にかけているか否かで表現している!
と、ヒロインが堂々と述べていたし
『半分、青い。』の場合は“秋風ハウス”リフォームがあったのだから
​立派なものです​>ぉ


鈴愛もユーコも連載3年目。

「秋風が天才だと、身に沁みて思っていました」
あれだけ見下していた(言動で明らか)師匠の価値が
ようやく(薄っすらながらも)分かってきたらしい。

ああ、まるで成長しないと思われた鈴愛も、ほんの少しの兆しが―


そうなるのもムベなるかな…って感じで
鈴愛もマンネリ
ユーコは打ち切り決定。

昔、何かで読んだけど
少年マンガ誌がデビュー作を連載化させる場合が多く
少女マンガは大抵、短編を幾つか描かせた後で連載を考えるとか。
勿論、後者の方がマンガ家が育つ―

散英社って新人育成が​下手っぴ​ってことじゃね?

実際、他所へ行ったボクテが一番成功している様子だし。
あ、でも、3年前に手掛けてた『女光源氏がどーたら』を連載して
…ってことだから、方針は同じか(^^;)


ちょっと自暴自棄気味のユーコは厚化粧でオッサンに貢がせる(?)

やさぐれを描くのも挫折を描くのも、手段はやはり​男女関係​

セーター姿の律&まー君に鼻血を出し
外に飲みに行くのも躊躇っていたユーコが
どういう風にしてオッサンと付き合うに至ったのか―

そこは過ぎ去った年月と重ねた年齢から察してね♪
ってことなのか
お得意の後出しが待っているのか?


それにしても

ユーコ&オッサンのデートの場所は、いつもの公園。
鈴愛がボクテを呼び出したのも、いつもの店@“喫茶おもかげ”

セットの制約かセットの節約か
こーいうところは極めて朝ドラらしい(笑)

鈴愛がまー君にポーっとなったのも
ユーコが清に嫌味を言ったのも
ボクテが他社の編集者と打ち合わせていたのも
いつもいつも“喫茶おもかげ”だったのに
秋風と遭遇したのは今日が初めてなのね(笑)




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


打ち切り漫画家(28歳)、パパになる。


3年保存


1995年


​​​​​​​​​

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

半分、青い。 (71)
わろてんか (152)
ひよっこ (157)
相棒 (112)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (21)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (7)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (14)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (24)
食べ物・飲み物 (54)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (56)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR