topimage

2018-04

夢見たい!>『半分、青い。』第19話 - 2018.04.23 Mon

​​​​​​​​​​​​​​イヤホンを片方ずつ付けるのって
何か良いよね
ちょっとロマンチック

それでもフラれちゃう鈴愛って…

…ひじゅにですが何か?



​「お前は既にフラれている」​by律



↑『マグマ大使』は古いマンガ扱いだったけど
『北斗の拳』はジャスト?


「微妙」君は小林君だった。
呼び名は​コバヤン​

細かく設定されている様で実は苗字だけ。
ファーストネームは付けてもらえてないから
視聴者とも、あのままサヨナラなのかもね。


イケメンかと期待したら、「微妙」―
野球部を期待したら、新聞部―
ユーミンかサザン好きと推測したら、落語―

恋に恋する状態、いや、多分それ以前
…の状態にある鈴愛だけど
それでも、こうして悉くハズレても
前向きであり続けようとしていた(多分)

コバヤンの方も
カセットテープを拾ってもらうという
ほんのちょっとだけロマンチックなシチュエーションに酔って
それなりのイメージを勝手に抱いていたけれど

トレンディな音楽ではなく落語
…なんてのよりも遥かに激しいギャップに
​​ゲシュタルト崩壊!?​​


先週のナレーションでは
鈴愛が付け耳を持参したことがデート失敗を招いた

みたいなことを言っていたから

それで冷めちゃうとなると
コバヤンが鈴愛の事情に配慮がないって印象に
なっちゃうんじゃないかなあ…と危惧してたんだけど

蓋を開けたら​拷問ヲタ​​​というオチ。

こりゃあ、片耳云々の話じゃないよね。
ここは脚本的配慮?


片耳が聞こえない―

鈴愛が抱える一番大きなもの。
逆を言えば、これ一つしかないと言っても良いもの。

コバヤンはそこに引いたわけではない。
寧ろ、すんなりと受け入れてくれた。
「鈴愛さんの左耳になります」
とまで言ってくれた。

こことイヤホンのシーンとで
このままコバヤンとハッピーエンドでもええよ!
と思うくらいだった。

まあ、そんなだから鈴愛も調子に乗って
付け耳だけでなく拷問話にまで発展しちゃったのだろうけどね。

付け耳と拷問は
鈴愛が抱える問題ではなく、性格だよね。

コバヤンは鈴愛のキャラが受け入れられなかった。


たださ


*付け耳

今迄、確かに付け耳は何度かクローズアップされていた。
でも、それはいつも授業中のシーン。
先生の声が聞こえ難い場合限定。
他の場合を全く描いてこないままでの今日の展開
サプライズにはなったけど、ちょっぴり納得はいかない。

デートに際し
洋服やアクセサリーにアレコレ悩んだり
律にアドバイスを仰いだり…
鈴愛なりに、コバヤンに良い印象を与える様に気を遣っていたのに

レストランで食事という
高校生にとっては、かしこまるシチュエーションだと思うのに
知らない人が見たらビックリするのも必定な付け耳を
イキナリ付けちゃうって、何だか違和感…

学校では律が、さり気なくカバーしてくれていたので
他人が引くかもしれない代物だという感覚が全く育たなかった
…ってことなのかな?


*拷問

付け耳は、まあ、事情が分かって、見慣れてもくれば
大した問題じゃないかもしれない。
でも、拷問好きって…

つーか、これって​完全なる後出し!​

あの、はしゃぎっぷりからしたら
絵を描くことやマンガよりも夢中になってるみたいじゃん。
それで今迄全く、そぶりにも出さなかったなんて、何だか違和感…


「自分のことを誰よりも分かった様なことを言う律」
というところが重要なのは分かるんだけどね(^^;)

鈴愛がデート中、心ここにあらずだった律の様子も含めて
菜生ちゃん言うところの
「山が(ほんの少し)動いた」
ってことだね。


サンバの衣装はまだ見積り段階だった―
サトエリが絡んでいるかと思いきや
サトエリも呆れるダサいデザインだった―

という大人パートのオチも微妙にリンクしている。


「今、夏目漱石んちの縁側で休んどる」
こーいう言い方は好き。

つーか、ひじゅにがよく使う言い方(笑)




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


足枷


『寿限無』etc.(柳家喬太郎)


イヤホン


​​​​​​​​​​​​​​
スポンサーサイト

機微>『半分、青い。』第18話 - 2018.04.21 Sat

​​​​​​​​ブッチャーって
4人の中で一番早く初恋&失恋を経験しただけでなく

律&鈴愛のことも、ちゃんと気付いていながら
菜生ちゃんに言われるまで黙っていたし
サンバランドのことも話題に出していたし
自分の将来のことで悩んでもいたし…

皆より少し先を行っていて
皆より少し大人なのかな?

好意的解釈過ぎ?

取り合えず
ひじゅにが毎回、感想を書くよすがとする
押しキャラの第一候補かな(笑)

…ひじゅにですが何か?



​「猿のくせに」​by律



​↑ここで、たまが流れるとは…​
昨日のイカ天はこの前振りだったのか?

ちょっとムカつく>こらこら

…どうも私は自分にとって大切な人や物を
ギャグに使われることに抵抗があるらしい(^^;)

楽しんでいる人、スマソ!



「微妙」君は、なかなか良いヤツっぽい。
真面目で頭も良いらしい。

律→清さんは一目惚れ
鈴愛→「微妙」君は最初はイマイチだったけど
中身を知って好意を抱いて行く…というパターンみたい。

対照的なキャラの律&鈴愛なので、初恋もまた対照的?


それにしても

通学路なんだから再会は寧ろ必然!
と昨日ツッコミを入れた視聴者は少なくないハズ。

そしたら今日は早速

「偶然じゃないんです
また逢えるかもしれないって、毎日…」
「本当は、何度も逢えてて…
っていうか、見てて…
声かけよう、3回くらい声かけようとして…」

などと「微妙」君に言わせちゃうとは

​またツッコミ返しか!?​

やたら“ライバル”を入れちゃうところといい
この脚本家さんの作風ちゅーものが段々分かってきた感じ>ぉ


こうして、鈴愛は初デート。
今度は律の心がチクッと痛む番。

「言ってみれば、運命の2人」

表面的な恋話に浮かれて騒いでいるだけの様で
実は本質を見抜いている?

つーか
表面的には別々の相手と恋が進行し始めている今の段階で
いやいや、これは律&鈴愛の物語なのですよ!
と、視聴者に再認識させるためのシーン?


大人達の方は
男性陣が暴走を始めた模様。

鈴愛も出逢いから早速デートへと進展したわけだし
双方とも、少し騒ぎになってから​ショボく​終わるのか?





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

お好み焼き





ときめき初デート編

​​​​​​​​​

この前の人>『半分、青い。』第17話 - 2018.04.20 Fri

​​​​​​​​​イカ天

たまとBEGINくらいは知ってるぞ
つーか、たまは大好きだぞ

…とはいえ

こんなちょっとした会話にも時代を表す小ネタを挟むのって
「粋だね」って思う視聴者もいるだろうけど
「ナンダカナ…」な人もいるハズ

私は後者かな>スマソ

…ひじゅにですが何か?



​「星野源が歌い始める?」​byお祖母ちゃん



↑軽いユーモアをふんだんに盛り込んだ語り口
…は良いのだけど

​コレはちょっとムカつく​>ぉ


ああ、いかん!
今日はのっけからネガティブ…

全体的には好感抱いているんだよ、これでも(笑)


今日は昨日の続きで
遂に鈴愛が“恋”を意識し始めて
幼馴染4人組は浮かれ気味。

大人達も、男性陣は
サンバランド…というよりも、サトエリに浮かれ気味。


サトエリったら、やっぱ
あの酔っぱらっての愚痴吐きは演技だったのね。
つーか、実際に酔っぱらっての愚痴吐きながらも
その中に商売っ気は忘れない。

サトエリはハウスマヌカン出身だそう。

検索してみたら、既に「ハウスマヌカン」は絶滅したらしい。
「小売店で客にスタイリングのアドバイスや商品の説明をする女性販売員」
という定義が当て嵌まる職業は今もあるわけだけれども。

ドラマで言っていた様な
形振り構わず進む!
というイメージを含めての呼称なのかな?


それにしても、ここでもまた時代ネタ。

そうしたものがあまり描かれず
時代性が感じられない朝ドラは多く
それも難だけれども

あんまり盛り込むのも…(以下略


女性陣は幾分落ち着いていて、理性的に対処しようと思うものの
どちらが良いのか判断付かない状態。

貴美香先生が心配する様に
野生動物の住処を奪ってしまうことは避けてほしいけど
そんなの全く考えない時代だったんだろうな。


はっ
絶滅危惧種ちゅーことで
ハウスマヌカンと重ねている?>考え過ぎ?


『ふるさと』の歌がキーになっているみたいだし
貴美香先生が言うところの
​「ホッとする場所」​がテーマなのかも?

文字通りの「ふるさと」にも
『ひよっこ』みたいに移り住んだ地にも
そして人にも言えること。

鈴愛にとっての律
律にとっての鈴愛
も同じ。

ってことなんだろうけど
まだまだ遠い話。


今はそんなことは全く頭にない鈴愛は
​​「微妙」君=運命の人か否か​​​が最大の問題。

律はまだ清さんに逢えないでいるのに
鈴愛と「微妙」君は早くも再会。

ちゅーても
鈴愛は毎日あのバス停に立つし
「微妙」君は同じ道で通学しているみたいだから
逢うのは必然って感じだよね。

もしかしたら今迄も擦れ違ってはいたのかもしれない。
カセットが落ちなければ、そのままだったかもしれない。
それを運命と言ってしまいたい気持ちは分かる。


何故、鈴愛一人でバス通学なの~?
いつも4人一緒なのに~?

という疑問の答は、鈴愛&菜生の会話の中に。
「あっ、そっか、自転車苦手やったね」

…って

​これもまたツッコミ返し!?​

幼馴染にして親友の菜生ちゃんが今更そんなこと言うなんて
…と、新たなツッコミどころができてしまったけど?





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


カードケース


贅沢は敵だ


ホッとする場所


​​​​​​​​​

微妙…>『半分、青い。』第16話 - 2018.04.19 Thu

​​​​​​​​​​ブラジル料理

『孤独のグルメ』に出てきたな
シュラスコ、美味そうだった

あれは我が地元群馬県
子供の頃に何度か行った大泉町
だったけど

あっ
そうすると…

もしも『ぎふサンバランド』が実現したら
​群馬とライバル!?​>ぇ

…ひじゅにですが何か?



​​「何か話始まるんやろ?」​by草太



何度か聞いた台詞。
言い回しも言っている人も毎回違うけど。

最初は確か、和子さんに関し律が言っていた。
「良い話」が始まってしまう―
始まると長い―
という様なこと。

あれは和子さんのキャラだと思っていたけど>そういう部分もあるけど
他にも色んな人が「良い話」を始め
その都度、別の誰かがこうしたツッコミをするみたい。

今日は草太君がこう言って
草太君自身が「良い話」をしていた。

今後もこの手の台詞が挟まれていくのかな?
これもまた、お得意の​ツッコミ返し?​



時代のせいか
田舎のせいか
​いえいえ朝ドラだからです!​

…って感じで
恋愛には無関心だった鈴愛達。

律に初恋が訪れたと思ったら
菜生には「付け文」が―

にわかに恋愛旋風が吹きまくり
自分だけ何もない鈴愛は焦り始めるのでありました。


「微妙…」

予告に出てきたのが、あのラストシーンだったね。
チラッと見えた横顔が中西さん@『べっぴんさん』に
似てるなーとは思ったんだけど…本人だったよ>森優作さん

でもって、鈴愛のこの反応(笑)

これが今日の​オチ!?​
オチ扱い?

き、気の毒な中西さん…
これが男女逆だったらブーイングでっせ。


高校生最後の夏―

いち早く初恋(&失恋)を経験したブッチャーは
将来について悩み始めている。

律はそこはしっかりしているだろうし
余裕でもあるのだろう。
寧ろ、理性的に隼でいる中に突然割り込んで来た
“恋”というヤツに揺れている。

鈴愛は、その時その時を生きている…って感じだな(^^;)


「恋は…出逢ってしまうもの…堕ちるもの」
鈴愛より“大人”な草太君。

まだ、そこにまで辿り着けていない鈴愛。

梅雨が明けたからと風鈴を下げ
夏を早めたいと言うのは
まんま“恋”に対する気持ち?

最後の夏休みに向けて?


「押されれば押されるほど引く感じ」
『ぎふサンバランド』に微妙~な大人達。

これは恋愛にも言えること。

説明会の帰りに『ふるさと』を歌う両親。
お祖父ちゃんに『ふるさと』を歌ってもらいながら
幼い子供に帰った様に眠る鈴愛&草太。

最終的に辿り着く先は
ふるさとであり
心通じ合う幼馴染ってこと?

↑穿ち過ぎ?


お祖父ちゃんがかしこまって歌う姿がちょっとカワイイ。

でも、『ふるさと』が子役時代にも出てきたのは確かだけど
子守歌にしているとこまでは知らんかったよ。
そういうシーンを何回か入れておけば良かったのに。

↑些末なこと?





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


くりきんとん>岐阜県 お土産 ご当地Tシャツ


リングイッサ・シュラスコ


タオル和菓子


​​​​​​​​​​

心がチクッと>『半分、青い。』第15話 - 2018.04.18 Wed

​​​​​​​​サトエリの泣きは演技なのか地なのか―

酔って本音を零したのか?
同情を買ってさらに騙そうとの作戦なのか?

サンバランドは「初めて通った私の企画」

ももももしや「初めて」繋がりで
コレと律の初恋を対比?

不安やわ…

…ひじゅにですが何か?



​「小さな白い雛鳥が手の中にいるみたいに見えた」​by律



↑恋は人を詩人にする?

鈴愛の耳が可愛いと言ったのはブッチャーの受け売り。
でも、この清さんへの言葉は自分の心から出たもの?


旋律の律と書く​律​
さんずいの清いと書く​清​

律&鈴愛が幼馴染なら
律&清は小さな偶然が重なってのひとめ惚れ。
どちらも少女マンガの定番。

バブルの時代に流行ったという
“トレンディドラマ”なるものはよく知らんのだが
それらもこんな様な雰囲気だったのかな?

この時代の映画なら
『プリティ・イン・ピンク』とか『恋しくて』とかは観たな。
(リアルタイムではないけど)
この二作で言うと
律&鈴愛のラブストーリーは『恋しくて』に近いのかな?


清さんは有名な美少女で
『中学生日記』にスカウトされたこともあったとか。

鈴愛とは全く違うタイプ。
『ちりとてちん』で言うなら
清さん=A子で、鈴愛=B子。

流行歌に乗せて律を冷やかす鈴愛達。

鈴愛が律を好きだと自覚していたなら
ここは切ないシーンだけど
今のところはまだ全く自覚がない。
何だか分からない心の痛みを感じるばかりで。

皆、まだまだ無邪気な子供で
だからドロドロ展開にはならないだろうとは思う。

でも、予告の様子では鈴愛にも気になる相手が現れるみたいで
ラブストーリーはアレコレこんがらがるって行く模様。
​これぞ醍醐味?​


律のことがずっと好きだったブッチャーは
複雑な気持ちにはならないのかな?

まあ、自分もマナちゃんに片思いだったわけだけど。

「煩いんじゃないかなって思うんだよね、フランソワ」
マーブルマシンとフランソワの水槽の位置が近過ぎると言うブッチャー。

律と鈴愛があまりにも近過ぎるから、お互いの気持ちに気付かない
…ってことを解説してるのか?




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


キーホルダー


恋しくて


プリン


​​​​​​​​

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

半分、青い。 (17)
わろてんか (152)
ひよっこ (157)
相棒 (112)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (7)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (14)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (21)
食べ物・飲み物 (51)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (55)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR