topimage

2018-02

謝り方>『わろてんか』第115話 - 2018.02.17 Sat

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​猫を医者に連れて行ったので遅くなっちゃいました
(一か所だけ皮膚病の兆候があるだけで元気は元気)

取り合えず

羽生結弦選手と宇野昌磨選手
おめでとうございます!

…ひじゅにですが何か?



​「すんませんでした、精進します!」​by隼也



またもや布団で眠っている、てんの図ぅ―

またもや藤吉幽霊の登場か?
と、冗談半分でいたら
いや、100%冗談のつもりでいたら

​​​​冗談じゃなかった!?​​​​


…いや、さすがにここでは出て来なかったんだけどね(笑)


誰よりも早く起きて“風鳥亭”の掃除をする隼也の図ぅ―

一応、反省しているそぶり。
そんな隼也に謝り方を教える風太。

あのう…

ここは笑うところなんでせうか?
ももももしかして
風太と隼也のやり取りを漫才に見立てている…のでせうか?


一応、へりくだっている隼也の図ぅ―

そんな彼に周囲が雑用を言いつける。
ここもまたギャグタッチ。

いや、ギャグだって構わないんだけどさ。
変に暗く湿っぽく描かれる方が嫌だけどさ。

でも、お笑いこそが緩い出来だから
肝心の隼也が益々軽く浅く見えてしまう(^^;)


「ホンマはあのお嬢さんに
ええとこ見せたかったんとちゃうか?」
本質を突いてういるリリコ(笑)

でも、ここでもまた隼也に軽い反応をさせ
ギャグにしようとするから
反省している様になまるで見えない。

もっともここは、隼也&つばきの恋話の前振りっちゅーか
予告みたいなものなんだろうけどね(^^;)


そして、ひじゅにが予想した通り
つーか、誰でもわかることだけど(笑)

「本物のマーチン・ショウが東京公演をやりたがってるみたいだ」
と、朗報を携えてくる栞様。

「隼也君の目の付けどころは間違ってなかった」
と、結末は隼也上げ。

失敗どころか​大成功​
まさに功績を残したってところだな、隼也。


何ちゅーかさ…

今回の「失敗」は目の付けどころ云々の問題ではないんじゃ…
詐欺でさえも結果論に過ぎないんじゃ…

それこそ基礎の基礎に関わることじゃないのかなあ?
商売人としても人間としても。

でも、そこはまるっと​スルー​なのね。


おまけに最後は父親の失敗談に大笑いする隼也の図ぅ―


昨日、あれだけ隼也を甘やかしていたのに
今日は今日で、さらに甘やかす。

​良いのか、これで?​

少なくとも、面白くはないぞ。
少なくとも少なくとも、私はね。

↑そんなんどーでもいい?


そして​、藤吉幽霊再登場!

脚本家なのか
スタッフ全体なのか
知らんけど

もう、よっぽど

松坂桃李が好きなのね

って感じ?

いや、ひじゅにだって嫌いじゃないけどさ
藤吉役は黒歴史の部類だと思うな。

なのに、いつまでもいつまでも縛り付けられて
気の毒過ぎて泣けてくるぜ。




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


謝り方


拭き掃除ロボット


幽霊


​​​​​​​​​​​​​​​​​​​
スポンサーサイト

甘やかし>『わろてんか』第114話 - 2018.02.16 Fri

​​​​​​​​​隼也が謝れと言われた時
もしかして謝れなくて

♪ごめんね~と
言えない~
あな~たのため~に~♪

と、主題歌に続くのかと期待してしまった(笑)

…ひじゅにですが何か?



​「蜘蛛の巣ある!」​byてん



↑この台詞回しは上手かったぞ、てん>褒めてます



てん:ほらね
 諦めないで頑張り続けていれば演技力だって上がるのよ

隼也:うん、だから僕はマーチン・ショーを諦めない
 いつかきっと日本公演を実現させてみせる

て:もう、お金ないじゃん

隼:栞様が出してくれるよ
 つーか、今度は栞様が動いてくれるよ
 ​僕の失敗から学んだだろうから​

て:学ぶべきなのは、あんた自身でしょ

隼:自分の監督不行き届きだって反省してたじゃないか
 実際、あの人のやり方は緩いよ
 僕がいざという時は行動に出るべきと教えてあげたんだ

て:無謀なだけでしょ
 栞様はもっと思慮深いわよ

隼:結果論だろ
 僕は一生懸命やったんだし
 マズイところがあったとすれば
 それは風太さんに変に押さえつけられてたからだよ
 のびのびさせてくれてたら、もっと上手く立ち回れたさ

て:風太はそう言って、あんたを庇ってくれたんじゃないの
 ​まんま​受け止めてどうするの
 反省すべきは、あんただけよ

隼:実際に僕だけが悪いわけじゃないから
 周囲に恵まれなかったのが大きいんだから
 お金を損したのは僕だけで他に害はないだろ

て:ああ…ホンマに子育て間違えたわ…

隼:子育てなんてしてないじゃん
 僕のことはリリコさんや子守りに丸投げだったくせに

て:確かに仕事仕事であんたと触れ合う時間は限られてたけど
 うちだって一生懸命だったのよ
 その時間は濃かったはずよ

隼:そんなシーンがあったっけ?
 映ってないところを後になって言い訳したってダメだよ

て:朝ドラ視聴者には​脳内補完​という武器があるのよ

隼:ともかくもね、悪いのは詐欺師だから
 万丈目さんだって言ってただろ
 今回のことは高い勉強代だと思えば良いって

て:あれは、お父ちゃんがあんたに残してくれた
 “北村笑店”25年分の汗がしみ込んだ、重たいお金なのよ

隼:その言い方はオカシイな
 最初の内は大して儲けなんかなかっただろ
 芸人さんを迎えるのにヘソクリはたいたり
 借金したりしたんだろ
 その頃は貯め様がなかっただろうに

て:そ、それはそうだけど…

隼:それに、お父ちゃんは25周年になる前に死んだだろ
 無理くり“北村笑店”と絡めなくて良いって

て:25周年記念のイベントを企画してるんだから
 宣伝する必要があるのよ
 ​大人の事情​にまで口を出すんじゃないの!

隼:ほーら、そうやって仕事優先じゃないか
 芸人さん達の方がよっぽど優しいよ
 ぜんざいをご馳走してくれたりしてさ

て:あんたの甘さと、うち達が甘やかし過ぎたことを
 皮肉ってるのよ、きっと

隼:素直じゃないなあ、お母ちゃんは
 つばきさんみたいに謙遜になれよ

て:あの人、あんたを煽ったんだから謝るのは当たり前でしょ
 お父ちゃんはね、そう簡単に鼻の下を伸ばしたりしなかったわよ

隼:お母ちゃん一筋だったからって言いたいの?
 なら、僕だって、つばきさん一筋さ

て:史実通りなら、あんたの相手は笠置シヅ子なんだけどな…

隼:誰だよ、それ?

て:とにかく今は、修行のし直しよ
 ほら、上の方に蜘蛛の巣蜘蛛の巣!

隼:やっと褒められたからって同じ台詞繰り返さなくても(笑)
 
て:やっとじゃないわ
 スタッフからも共演者からも毎日毎日褒められてるわよ

隼:朝ドラ・ヒロインである間は持ち上げられるものらしいよ

て:ままままさか
 朝ドラ・ヒロインの甘やかされぶりを、今回のエピは​象徴​しているんじゃ…

隼:僕は甘やかされてるわけじゃないから
 逆に制約が厳し過ぎたんだよ
 折角、お父ちゃんから才能を引き継いだのに生かす環境になかった

て:お父ちゃんが正義じゃないのよ

隼:リリコさんも大絶賛してるじゃないか
 僕はお父ちゃんに倣って“北村笑店”を大きくしていくよ
 失ったお金の100倍は稼がなくっちゃね

て:そんなに上手く行くと思ってんの?

隼:思ってるさ 
 ​僕は、お父ちゃん似だもん!​





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


蜘蛛の巣


ぜんざい


諦めない


​​​​​​​​​

父親譲り>『わろてんか』第113話 - 2018.02.15 Thu

​​​​​​​​​​​​​​隼也は藤吉に似ている!
…というのを強調したいエピの様だけど

パッと見、藤吉より栞様の方に似ているから?
不義の子ではない!と訴えたいから?>こらこら

…ひじゅにですが何か?



​「目の付けどころは良かったんやな」​by藤井



蒸し返される電髪エピ。

ダメダメ藤吉だったけど↑という長所があった。
隼也もまた同じ
…ってことなのだろうけど(笑)


ひじゅにの無いに等しい記憶力を駆使してみると

当時の藤吉の行動基準は
傾いている家業を立て直すこと―
てんとの結婚を認めてもらうこと―
だった気がする。

隼也の方は
早く認められたい―
つばきさんに良いとこ見せたい―
って感じで

藤吉より、もっと​軽い​(笑)

この軽さが「ボン」ってことか。


藤吉の行為は倒産という結果を招いてしまったけど
隼也の場合は自分個人に残されたお金を無駄にしてしまっただけだから
そこまでの大事にはならなそう。

つばきさんも結婚どころか
知り合ったばかりで恋人でさえない。

ここんところの軽さも「ボン」たる所以か。


でもって、最終的には
マーチン・ショーに着目したことは大正解!
ってことで持ち上げられてメデタシメデタシ?


「諦めんと頑張ったら、必ず夢は叶います」

​つばき​さんよ
臨時の通訳で事情はよく知らない
…という逃げ道を用意してもらえたのに
ここで隼也を煽ってどーすんのよ?
グルだと思われちゃうで!?

ま、違うだろうけど(笑)


「僕が父親なら殴ってるところだ」

あら、​栞様​ったら
この台詞はちょいとカッコ良かったでございますわよ。

でも、本当に殴っておいた方が良かったんじゃ…?

それこそ「人と人の繋がり」なんだからさ。
現代はここんとこ、ちゃんと線引きしないと色々と厄介だろうけど
昔の話なんだし。

でも、こうして距離を置かれた方が隼也には痛手かもね。

隼也の様子には早くから気付いていたのに
細かく注意したり教えたりしなかった栞様も緩かったと言えるかな。

でも、言葉によらず背中から学ぶ…というのこそ昔流だよな。


それにしても

史実からしてもドラマ的バランスからしても
必要以上に出番が長く
“だめんず”ぶりばかり描かれてきたのに何故かイイ男扱いの藤吉。

死後も幽霊として再登場するし
何か“賢人”って感じになってるし

今回の息子エピでも存在を強調され
“見る目”があると褒められる。

“だめんず”ぶりも
「カワイイ~!!!」
と黄色い声を上げるのが正しい反応で

結局のところ

このドラマって
​藤吉を持ち上げること​が主目的?





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


人と人の繋がり


父親譲り


スクラップブック


​​​​​​​​​​​​​​

恋と仕事>『わろてんか』第112話 - 2018.02.14 Wed

​​​​​​​​​​​喫茶店での隼也&つばき

飲み物(カルピス?)がテーブルに置かれた途端に

​ガバッ!​

ってな感じで一斉にかぶり付いたのは何故?

2人が既に男女であることを意識して緊張している
…ってことを示唆?
それだけ2人共純情で、ここは微笑ましいシーンなのだよ
…という主張?

いやいや
寧ろちょっと見苦しくて
ナンダカナ…だったんだけど?(酷

…ひじゅにですが何か?



​「おもんないねん」​byアサリ



↑自虐か?

うん、確かに面白くない…ドラマが。

アサリは…
もしも実話に合わせるなら
キースよりアサリの方が売れるみたいだから大丈夫(^^)


キース&アサリをアッサリ終わらせ
さあ、いよいよ隼也の「ご乱心」

こっちの方をアッサリ終わらせてほしかったよ>こらこら


“北村笑店”での丁稚奉公も、それなりにやっている様に見えた。
似顔絵饅頭という“結果”も見せたし。
ただ風太がギャンギャン言ってただけ…って印象(笑)

“伊能商会”での修行も、それなりに頑張っている様に見えた。
雑用ばかりだってことがアカラサマに描写されていたけど(笑)

だから、ここで隼也が暴走するというのが
唐突とは言わないけど
(アメリカやマーチン・ショーのことは騒いでいたからね)
イマイチ弱い気がするな。


「何でそんな冷静…」

マーチン・ショーの代理人(と名乗る人物)に
すぐに飛びつかない栞様が歯がゆく感じられたのだろうけど
内緒で連絡取っちゃうなんて越権行為もイイところ。

ましてや、その話を“北村笑店”に持ち込んで
そこだけで進めようとするなんて…色んな意味でダメダメ。

若さとか熱意とか世間知らずとか…
そういう言い訳が通らないくらいマズイ行為だと思うぞ。


​藤吉似​だから?
まあ、さくら化よりはマシだな(笑)

でも、だめんずイメージが最後まで付きまとっていた藤吉だけど
今回の隼也よりはマシな気がする。

はっ!
ももももしかして
これは藤吉上げが目的!?

いやいや、それは喉元過ぎれば…状態になっているだけ(^^;)


それを叱らず>つーか、悪いと思わず
お金のことを気にする母てんも…同類?

藤吉亡き後、さらに“北村笑店”を発展させ
ミスリリコアンドシローの件で興行師としてお墨付きを貰ったハズなのに。


これで隼也の暴走が実を結ぶ結果になっちゃったら
商売人としての基本を無視したまま隼也が持ち上げられてしまうから
失敗に終わるのだろうとは思うけどね。

週タイトルからも言えることだし
既に相手の胡散臭さが見えているし
何よりも

​藤吉に似ている

ということを強調したいエピなだけ…という気がする(笑)


それにしてもさ―


​くっ付いたり離れたり​…でしかエピを作れない
と、昨日も書いたばかりだよね。

でもって、それは恋話仕様。

そしたら早速
今日は​恋話​もスタート。

通訳として登場しただけなのに
加納つばき
と、ヒロインっぽい名前を付けてるし

後で2人きりで逢わせてるし

同僚の代役で事情はよく知らない
と、彼女が責任を問われない様に逃げ道を設けてるし

都合の良いことにマーチン・ショーのファンだし

おまけに、リリコと偶然出逢わせて
下世話もイイトコって感じに冷やかさせてるし

これでもか!ってくらい恋話を強調。
もうちょい品良く胸キュン(死語)させてはもらえないものか>無理


「恋と仕事、一緒くたにしたらアカンで」

一瞬、やはり彼女もグルって展開か?
と期待(?)したけど

単純に
彼女にイイ顔したくて余計に暴走する隼也
っちゅーだけだと思う>ぉ





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


通訳


恋と仕事に即効



カルピスetc.


​​​​​​​​​​​

東邪西毒>『わろてんか』第111話 - 2018.02.13 Tue

​​​​​​​上↑のタイトル「東邪西毒」は
香港映画『楽園の瑕』原題

キース&アサリを東西に分けて両巨頭とする―
という風太の言葉から、何となく思い出したので(笑)

…ひじゅにですが何か?



​「芸人4人しかおらへん時にな」​by藤井(万丈目)



↑確かに昔は
キース、アサリ、藤井、岩さんの4人だけだった.。

でも、今だって
キース&アサリ、ミスリリコアンドシローの4人だけやん(笑)

寺ギンの所から移ってきた芸人達も、どんな人がいたのかさえ不明なまま。
年を跨ぐエピにした乙女組も、すっかり「なかったこと」になっているし
あれだけ大騒ぎした団吾もいるんだかいないんだか…状態。

ましてや新しい芸人なんて生まれるわけがない?


総合的なエンターテインメントっを目指す栞様と
100年先まで漫才を残すこと自分の使命とする風太。

一緒に酒を酌み交わしたことにより
この2人の夢が(何故か)結び付いたわけだけど
それがどんな形で出てくるのかと思ったら

​キース&アサリ解散!​

…ヤッパリヨクワカラナイ


「しゃべくり漫才」に対抗して「しゃべらん漫才」を作ったのに
つーか
「しゃべらん漫才」はズバピタ!のネーミングには思えないんだけども
それでも敢えてこの名称にしたのは、やはり「しゃべくり」との対比だよね。

なのに、その「しゃべくり漫才」を壊してしまうの?


ああ、勿論、風太としては
​2つに分ける=2倍になる!​
という考えみたいだけども…

キースもアサリも元々はピン芸人だったのに
2人で組むことによって新しいものを生み出せたわけじゃん?

ミスリリコアンドシローだって同じ。
誰かと組めばOKってわけじゃなくて
この人とこの人だから他にはない化学変化が起きる!
ってことじゃん?

先週までのエピは、まさにそれがテーマだったんと違う?


キース&アサリのモデルであるエンタツ・アチャコは
確かに人気絶頂の時に解散している。

それはアチャコが重病になったから。

それでエンタツがアッサリ見捨てた…という説もあるらしい。
キース君の方が早く風太に同意して、アサリが不安を口にしたところに
そこのところを取り入れているのかな…という気もするけど
まあ全体的には円満解決。

もしかしたらもしかして
風太のモデルである林正之助が関わっている可能性もあるけど
ドラマの様にアッサリ行ったとは限らないので
ここは、いつもの如く
史実を一応取り入れてはみたけど、そこはやっぱ朝ドラだから
黒い部分は排除して綺麗に綺麗に纏めましたぜ!
ってことなのだろう。
風太もてんも涙ぐんだりして人情話みたいな締め方だったものね。

でも…だったら…もうちょい説得力のある理由にしてほしいなあ(^^;)


それにしてもさ

「くっついたり離れたり」ばかりで構成されたドラマ
…と、前に書いたけれども

ここに来てもまだ「くっついたり離れたり」かい!?
…って感じ(笑)


しかもさ

大抵、誰かが反対してゴタゴタするってのも定番なのに
今回は、てんがちょこっと難色を示しただけで
​周り中が賛成しまくり(笑)

てんにしたって
栞様に言われたらアッサリ賛成派に寝返るし。


でもって、気の毒なのは

初期からず~っと出演してきたキース&アサリなのに
解散という大きなエピにたった一話しか当ててもらえなかったこと。

それも、『ボンのご乱心』という
どう見ても隼也メインの週の中で。


それでも
ラストのキース&アサリの漫才と
それに被せた2人の回想シーンは
ちょっと感慨深いものがあったよ。

漫才のネタが初期の頃と同じまま…というのは気になったけど
いやいや、最後の高座っちゅーことで敢えて最初のネタにしたんですねそうですね。


まあ、それよりもこれよりも一番注目してしまったのは

​自らお茶汲みをする栞様!?​

1:今は社内がゴタゴタしているから社長にお茶を淹れてくれる人がいない
2:お茶ごときに社員を使わない栞様流フェミニズム
3:お茶に拘りがあるので自分が飲むものは自分で淹れる主義
4:相手がてんだから特別に自分で淹れたお茶を出したい?
5:単に演出家の配慮不足もしくは高橋一生の尖った役作り




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


東西


ティーセット


宛名書き


楽園の瑕

​​​​​​​

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

わろてんか (113)
ひよっこ (157)
相棒 (112)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (14)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (21)
食べ物・飲み物 (48)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR