topimage

2017-04

旅立ちのとき>『ひよっこ』第19話 - 2017.04.24 Mon

月曜日はネタ振りの日!

…と、いつもだったら茶化して言うところ

今週はこのネタで行きますよ!と提示するだけで
大して内容のない回が過去作には多かったから

でも、今作は全く違うのが
とっても心地良い

清々しいくらいだよね

…ひじゅにですが何か?



「東京で迷子になっちまったみたいなんだ」byみね子



お正月にも実父さんが帰らなかったら
自分が東京に働きに行く―

そうした、みね子の決意は先週に語られた。

今日@月曜日は、そのただ一つの条件
“お正月に父さんは帰って来るか否か?”
の答が出て
みね子の東京行きが確定する―
という話。


ただそれだけ…とも言えるのに
何て濃い内容なのだろう。



ネタ振りというより
「起承転結」の「承」ってところ?

ああ、これも過去作にはなかなか見られなかったものだ。

物語なんだから「起承転結」の4つが揃うのは当たり前じゃ?
と思うかもしれないけど、それが皆無な作品が複数存在したんだよな…
恐るべし朝ドラ!

そんな朝ドラ恐怖症(?)を
一気に吹き飛ばしてくれる『ひよっこ』である。



「良いドラマですねえ…」
イノッチよ!
私は聞いたぞ、今朝のあなたの朝ドラ受けを!


物語の方に戻ろう―


*お正月に向けて時が進んで行く様子がまず描かれる。
何だかシミジミする。


*映画『愛と死をみつめて』の話題が出る。
吉永小百合の映画が当時は大評判だったと以前に語られたし
それを模した、みね子達による妄想(笑)ポスターも登場したっけ。

『愛と死を…』は有名な作品だから
こんな騒動がなかったら、みね子は喜んで観に行ったハズ。
友達とワイワイ言いながら出かけてポロポロ泣きながら帰ってきたハズ。

だから、美代子母さんも
娘の気分転換になればと、敢えて勧めたのだろう。

でも
「今は楽しいのしか観たくないの」
と言う、みね子。

この心境ってよく分かる。

特に若い頃って、ドラマチックなもおのを求めがち。
泣ける映画を積極的に観に行ったりしがち。
でも、自分の周囲にリアルに悲しいことが起きると
その手のものが途端に苦手になる。
身につまされ過ぎて、敬遠したくなる。


*餅つき…という恒例行事が今年も楽しく行われるけど
そこに父さんはいない。

そこのところが、みね子の父親に向けたモノローグで
重く深く伝わってくる。


*君子さんによる泣かせのシーンも。

最初は現金を差し出すも、美代子母さんに断られ
今度は「お歳暮」と称して物を運んでくる。

友情って良いなあ、と素直に思えるわ。

ヒロイン&友達という図式は多いけど
母親&友達もしっかり描かれるのが良いし
ヒロイン&友達の姿も重なるし
同じ村の住人同士の絆ってものも感じさせる。


ちょっと思い出したのは―

もう何年も前になるけど、ひじゅに父が入院した時のこと。
癌だったので、かなり心配したし
告知はされたものの、その話題を敢えて出すのは躊躇われた。
祖母はまだ元気だったけど、高齢だからアレコレ頼めるわけではないし
ひじゅに一人で身体的にも精神的にも頑張らなければならなかった。

そんな時、友達の一人が夕食を毎日作って届けてくれた。

やがて他の友人達がそれに気付き
皆で交代制で届けてくれる様になった。

凄く嬉しかった。
今だにお返しできてないけど。



*そして遂に元旦。

進にも父さんのことを話し
「大人」になり始めている、ちよ子に後を託す、みね子。

家出事件も含めて、ちよ子の成長を示してきたことも
進を「子供」としてずっと描いてきて、ここで
「進も、しっかりするんだよ」と励ますことも
成長していく…ってことが、しっかり描かれていると思う。

ヒロインだけで、周囲は変わらず―
みたいな作品が少なくないので
この姉弟が「順番に」少しずつ「大人」に向かっていく姿が
新鮮でもあり健気でもあり、さり気なく感動的。


「アンタに言わせてしまった…お母ちゃん狡いよね」
娘にそう謝る美代子母さんと
「お母ちゃんに言わせたくねえよ…だから自分で言ったんだよ」
と母親を思いやる、みよ子の2人も素敵だ。


以前、みね子にも家の経済状況について知らされるシーンがあったけど
みね子が「大人」として認められてきた…という
一つの段階を示すエピであると同時に

視聴者にダイレクトに谷田部家の実情を理解させる意味もあった。
父さんの仕送り@2万円を計算に入れても「ギリギリ」なのだから
みね子が東京に就職することは、父親を捜したい…という思いだけでなく
物質的にもどうしても必要なことなんだよね。

そこが何とも切ないなあ…





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


バス停


DVD


ポチ袋入りチョコボール

スポンサーサイト

関所>『ひよっこ』第18話 - 2017.04.22 Sat

今回

ねこバス@『トトロ』

を連想した人は少なくなかった様子

次郎さんの体形は
そのため?>こらこらっ

…ひじゅにですが何か?



「外の世界との繋ぎ役だかんな」by次郎



村を出て行かなければならない者
村を出ていくことができない者

立体的に描いてくれるなあ、岡田君!
…と思っていたら

その間に立つ「関所」の役割を持つ人も登場。
本当に本当の“立体”だな。

次郎さん自身は「出て行くことができない者」でもあるけど
バスという特別な空間にいる間は両者を俯瞰的に眺めることが出来る。

ねこバスは、さつき&めいを
お母さんのところまで運んでくれた。
次郎さんバスは、“ヨーソロー”…じゃなくって>こらこら
「外の世界」にまだ行ってはいけない者を優しく家まで連れ帰ってくれる。



誰かが行方不明になって、皆で探し回って大騒ぎ―
というのも朝ドラ“お約束”なんだけど
皆に知らせるまでもなく、大騒ぎにもならず…
ってところが、さすがの『ひよっこ』。

次郎さんに言わせれば
ちよ子が最初でも例外でもなく
「よくあること」だから。

今、谷田部家に起きていることは
いかにもドラマらしい特別なヒロインの特別な物語ではない…
ってことでもあるな。


次郎さんを家に入れる時の画面の雰囲気と
「上がって」
「上がれ上がれ」
という美代子母さんとお祖父ちゃんの台詞が
何か物凄くリアリティがあったっちゅーか
臨場感があった。

何でここで?何を今更?…って気もするけど
何か何かな…

ニブチンひじゅにが、ここでようやく
このドラマ世界に完全に入り込めたってことなのかな?
まさにその瞬間だったのかな?



…まあ、そんなことは置いといて>ぇ


「いない方が良いんでしょ、子供は!?」
分かり易く叫ぶ、ちよ子。

これぞキーワード。

「大人」と「子供」の境目を痛く感じ始めるほどに
「大人」に差し掛かっている、ちよ子。

拗ねて押入れに逃げ込むけれど
「子供」の進むを一緒に連れて入るくらいには
「大人」になっている。


ここで、二郎さんが顛末を報告した後は
ちよ子の心情を思いやる話でも
谷田部家が抱えている問題についての深刻な話でもなく
車掌という仕事について…ってところが良いね。

その仕事についての話は
深いし切なくもあるのだけれど
次郎さんの人柄を滲ませつつユーモアを込めて語られる。

去っていく姿も
お道化た調子ではるけれど、笑えるというよりも
ファンタジー世界の住人の様だった。

口ずさんでいたのも
この間、みね子が空元気で歌っていた『幸せなら手を叩こう』の
ちょっぴり下品な替え歌だし(笑)


それを挟んで、いよいよ家族に決意を話す、みね子。

東京に働きに行きたい―
それは、ちよ子の家出とバスがすぐさま思い浮かんだのと同じくらい
視聴者にはバレバレの内容なんだけれども

思い浮かんだのよりも深い内容ってところも共通。


お正月に帰って来るかもしれない…
帰ってくることを願って待つつもりではある。
でも、もし…もし帰って来なかったら…

その先を考えることはできるほどに、みね子は「大人」になっている。

後先考えず東京に向かおうとした、ちよ子と違い
単純に父さんを探しに行く…というのではなくて
父さんの代わりに家にお金を入れるのを第一にして。
でも、やっぱり、少しは近くに行くことによって
探したいという気持ちも抱きつつ。



大人になるのは順番だと
以前、ちよ子自身が言っていたけど
年齢だけでは測れないものってあるよね。

だから、一人っ子ひじゅににはよく分からない部分がある。

大人の気遣いで大事な事を知らされない子供である自分―
その不甲斐なさというか寂しさというか…そうした思いを
みね子自身もついこの間、経験したばかり。

それを今、妹が経験し、苦しんでいる様子を
みね子はどう感じたのだろう?

それより少し先にいるハズの自分―
というものを強く感じたのだろうか?

そこまで到達してしまった妹に背中を押され
自分はさらに先へと進まねばならない…と思うのだろうか?

ともかくも今
ちよ子は、みね子が歩いた道を辿って来ているし
みね子は、その先へと歩み始めている。



遂に来週は「外の世界」だな。
ちょっと怖いな(笑)





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


ねこバス>タオル


犬の車掌さん>リボン


関所>せんべい

祭の後>『ひよっこ』第17話 - 2017.04.21 Fri

仏壇の上に置いといたのは
大人側の不注意だった

…というよりも

それに気付き、手に取ってしまう程には
ちよ子も「大人」になってきている

…ってことなんだろうね

…ひじゅにですが何か?



「祭は終わる、そして振り出しに戻る」by君子



聖火リレーが終わり日常が戻る。
でも、みね子達3人の心はまだ…

聖火リレーを水曜日に持ってきたのは
それ以前とそれ以後を描くためだったのね。


ドラマって
何かで盛り上がると、その盛り上がりの勢いで次のステージに上がる―
というイメージが何となしあるんだけど

そんな単純には行かないところが『ひよっこ』流。


大好きな村に自分の存在を刻み付けることができた
…と喜んだのも束の間
そんな華々しい日々がずっと続くわけもなく
「農家の三男坊」という現実に帰る三男。

女優の夢を親にも応援してもらえたと喜び
恐らくTVに映れたことも相まって
夢にグンと近づけた様な気分になったのも束の間
今はもう「振り出し」に戻ったのだと宣言されちゃう時子。

バーンアウトちうヤツっすね。


みね子もまた「心に決めたこと」があるってことだけど
三男&時子とはちょっと違う。

「お父ちゃんが帰って来ないことが前提みたいになっちまうからさ」

前知識をほとんど仕入れていない、ひじゅにでさえ
みね子が集団就職することになる―
ってことは知っている。

だから多分、これは
奥茨城村に残る予定だった彼女が遂に東京へ行くことを決意した
ってことなのだろうと思う。

違ってたらドラマとして、ちょっと遠回りし過ぎになっちゃうものね

みね子にとって、聖火リレーは「祭」ではなく
しっかりと現実を見つめ、それに向かってしっかりと歩み出す
決意の場だったのだろう。

だって、一時的な熱に浮かれているわけではなく
実父さんがいなくなった…というのは厳然たる事実であるから。


「みね子はここにいます」
走りながら父さんに向けて言った言葉。

私はここで待っているから
ここに帰って来て!
という言葉。

美代子母さんの様に
奥茨城にいて、ずっと帰りを待つ
…てのも「待っている」だけど

自分も東京に出て行って父さんを探す
…てのも形は違うけど「待っている」ことだと思う。


なんて言っているうちに
綿引さんからの手紙を見つけてしまう、ちよ子の図ぅ―



手紙が届いた時点では、とても良い感じだったのにね。

言葉通り誠実に、実父さんを探してくれている綿引さん。
正義」という名前は“まんま”だな、と思ってたけど
実際にそういう名前の警察官が多いというナレーションに
こんなところにも時代性を織り込んでいるのね、と感心。

予告にあった不穏な映像は父さんとは無関係だったみたいだけど
勿論、そう簡単に見つかってしまったらドラマにならない(笑)
反面、失踪の理由には余程のことを持ってこないとな…
ハードル上がるな、岡田君…って感じ。


受け取った手紙に深々と頭を下げる矢田部家の人々。
非常に温かく良い感じだ。

なのに、その手紙によって
ちよ子に「秘密」がバレてしまうという皮肉。


進と遊んでいて
「付き合ってやってんだからね」
と、お姉さんぶった後で…ってところも
「大人」の入り口に踏み込もうとしている彼女の立ち位置を
具体的に示している。


とはいえ、まだまだ「子供」の部分の方が多いから
その「子供」の勢いと短絡さで
きっと、父さんを自分で探そうと飛び出て行っちゃったんじゃないのかな?

ここは、決意しながらも言うに言えない状態の
みね子との対比になっているよね。

お金も持っていないであろう、ちよ子は
ねこバスならぬ次郎さんのバスが上手く捕まえてくれるんじゃ?


言うに言えないっていえば
父さんの失踪を最初は隠していた母さんが
「自分から」みね子に話してくれたのと
みね子の今の状態も対になっているのかもね。

そこにまた、みね子の成長が示されている。





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


夏至祭の夜


燃え尽き症候群


お悩みの方に

ローカルニュース>『ひよっこ』第16話 - 2017.04.20 Thu

水曜日に聖火リレーを持ってきたと思ったら
木曜日はローカルニュース

考えてんなあ、岡田君

…ひじゅにですが何か?



「翼が折れないことを祈るばかり」byアナウンサー



あの温かく微笑ましい聖火リレーin奥茨城を
堪能した後だけに

それを思ったよりも長く詳しく報道してくれた代わり
「何か嫌な感じ」に変貌させてしまっているローカルニュース
という対比が面白い。

双方に一話を費やしちゃってるから、そこが際立つ。


内側からの視点と
外部からの視点の差でもあるし

田舎と都会の視点の差とも言える。

ドラマがずっと強調していた「東京」
その「東京」の側からが見た奥茨城
…でもある。


今迄は奥茨木から見た「東京」が語られてきたからね。
ここで逆転するのが新鮮で面白い。

三男を代表とする
「村を出ていかなければならない人」側の視点でずっと来ていたのが
太郎さんを代表とする
「村を出ていくことができない人」側へと逆転した様に

これからも色々な事を立体的に描いていく算段?
期待しちゃうぞ、岡田君。



まあ、視点が違うからといっても
何だかちょっぴり悪意を感じさせる解説は
ナンダカナ…って思うけどさ(^^;)

でも、当時の都会と田舎の差は
現在以上に大きかったんだろうな…と思う。

物質的な差は勿論だけど、気持ちの上でも

田舎の人達が「東京」に憧れたり、逆に怖がったり
極端なイメージを抱いてしまっているのと同じ様に

「東京」の人達は都会であることを誇り
田舎を漠然としたイメージだけで見下したりしていたのかも…


ちよ子を「めんこいねえ」と方言で評したのも
泣かずに起き上がった進君を「都会のもやしっ子とは違う」と言ったのも
一応、褒めてはいるのだろうけど(笑)
やはり、「田舎」という固定観念から物を言っているって感じ。

良いとか悪いとかではなくて、そーいうものだったのだろう。

PCもスマホもない時代、物理的距離を埋めるものはないから
漠然としたイメージで括って終わりだったんだろうなあ。


それでも、やはり奥茨城に感情移入しちゃっている視聴者には
ちょっと嫌な感じを残してしまったTV局が
NHK(恐らく)
ってところが、これまた面白いよね。


ところで

三男が農家の三男坊だとか
時子が女優を目指して上京予定とか
みね子が東京に出稼ぎに行っている父親のために走るとか
基本的なことはちゃんと取材しているにも関わらず

きよさんを「お祖母ちゃん」
お祖父ちゃんを「村の重鎮」
…等と、知らないままに勝手に決めてしまっているところ
何だか

昨今の朝ドラへの皮肉か!?

と思ってしまった。

実在の人物をモデルにしながら
その人が何で知られている人か…という
ザックリした部分だけ抑え

細かいところは取材さえしたのかどうか知らないけど
何だか勝手な思い込みみたいな設定や物語を強引に推し進めた
幾つかの作品をね(^^;)


それらは視聴者の心に「嫌な感じ」を残しただけ…
と言っても過言ではない出来だった。

そうすると
このローカルニュースの出来
昨日との対比
…全てが朝ドラへの皮肉を込めたパロディとも取れるかも?

う~ん、さすがだな岡田君!


そして、いよいよ東京オリンピックが始まった。

本物の聖火リレー。
空に描かれた飛行機雲の5輪。

実父さんの頭上に練習の飛行機雲が映るシーンがあったっけね。
あの時はもう消えかけて輪が欠けた形になっていた。
アレもまた先の展開への暗示だったんだなあ。



「お父さん、みね子は決めました」

村の聖火リレーを走り終えた、みね子は
今度は東京で「私はここにいます」と宣言するのだろうな。




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


りんご


1969年東京オリンピックの年に発売されました


2016 茨城おみやげ大賞『最高金賞』受賞

ここにいます>『ひよっこ』第15話 - 2017.04.19 Wed

ひじゅには究極のインドア派なもんで(笑)
走るのはめっちゃ苦手なんだけど

あんな微笑ましい聖火リレーなら
経験してみたい気がする

少なくとも応援には行くぞ

…ひじゅにですが何か?



「これが政治ってもんだ」by太郎



ポスターからゼッケンから聖火台から
アレコレ準備をする、みね子達。

青年団を通った途端にサクサクぱんだ…じゃなくて
サクサクと事は進む。

手作りできる部分は微笑ましい感じだけど
青年団による走者の選び方には、ちょっとした駆け引きが混じる。

「そこは外せねえよ、寄付貰ってっから」
「ちょっとだけ走らせっか、その代わり…寄付はぶんどる」

良い意味でも悪い意味でも「大人」(笑)

「ひよっこ」達だけでは成し遂げられなかったことを
「現実」にするには、少しばかり苦い物も必要で
そこに「大人」になるってことが、少しばかり象徴されている。


先週登場した先生方が再登場。

藤井先生@化学はトーチを作成。
木脇先生@体育は走者の指導。
田神先生@担任は「お呼びでない」

ギャグを交えて明るく軽く準備期間は過ぎ

それぞれの家族とのやり取りを挟んで
いよいよ当日。


クライマックスとして金曜日か土曜日に持ってくると思ってたら
何と水曜日に聖火リレー。

明るく軽く、ちょっと緩く
皆が走る様子、皆が応援する様子が描かれる。


今迄、野良着姿しか見せなかった3人の家族が
他所行きの恰好をして集まっているのも微笑ましい。

「腹減ってねえか?」
きよさんが走り出す三男にこう声をかけたのにウルッと来た。
その後の泣き顔も。

それと対になる様に、走り終わって号泣する三男。
「俺を忘れねえでくれ」
と叫んだ後
「ありがとう!頼みます!」
と続けるところで、リレーにした意味が分かった。

今頃?
と言われそうなニブチンひじゅにだけど(笑)



何人かを挟んで、時子の番。

目立つ様に派手なハチマキをし
カメラに思いっきり笑顔を向けるけど
口に出した言葉は
「大好きだ、奥茨城村」
そして、アンカーのみね子に
「奥茨城村を…うちの父ちゃんや母ちゃんをよろしくね」
と言って、トーチを渡す時子。


奥茨城村に残る者として、皆の言葉をしっかり受け止める、みね子。

みね子が心に抱えるのは実父さんのこと。
父さんに語り掛けながら走る。

回想シーンで
「行ってきます!行ってらっしゃい」
と、父さんに向けたみね子の言葉は

美代子母さんが東京から帰ってきた日
「おかえり」「ただいま」
と声を掛け合った時に呼応するのかな?


「信じて待ってようと思う」
母さんの言葉も回想していたことから
この時点では、みね子はまだ奥茨城に留まる決意だったのかもな。
奥茨城村にしっかりと立って、父さんを待とうと。

でも
「みね子はここにいます」
これは奥茨城村であれ東京であれ
自分が今いる所!であり
自分の存在そのものを示している言葉だと思う。

村から出ていかなければならない者達も
村に残らなければならない者達も同じ。

自分の人生をしっかりと歩んでいくことの
大きな宣言だと思う。


ギャグ混じりの緩い聖火リレーが
明日へと足を踏み出す「ひよっこ」達の決意表明に変わる。

「日本の新しい世代の幕開けだっぺや」
ちょいと大袈裟な言い回しに聞こえる叔父さんの言葉は
この聖火リレーの意味を明確に伝えている。


最後の最後に掲げられる写真が、まさに村の聖火リレー。

同じ様なことが実際にも起きていたんだな。
きっと色んな思いを抱えながら前に向かって走ったんだな。
…そう思うとシミジミする。

シミジミしちゃうところが既にオバサンだな
…と自覚しつつ(^^;)






☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


その昔はちょうちんブルマーとも呼びました


トーチ>ペンダントトップ


政治>Tシャツ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (19)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (52)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (11)
食べ物・飲み物 (26)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (3)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR