topimage

2017-06

親バカと中二病と戦後>『ひよっこ』第72話 - 2017.06.24 Sat

今日は
省吾さんというより佐々木蔵之介
鈴子さんというよる宮本信子
そして、一郎さんというより三宅裕司の

大芝居!

を、堪能する回だったね

…ひじゅにですが何か?



「みね子もこの街で生きていきます」byみね子



みね子が「東京人」になっていく―
という物語なのかな?
…と、以前書いたけど

その宣言キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

なのか?


今迄、約一ヶ月ごとに舞台も主要人物も変わってきたけれど
今から一か月後もまた変わってしまうのか?
それとも今回で落ち着いて、前の2か月は大いなる序章だったのか?
…という様な意味のことも書いたけど

後者です!

という答なのか?


ちょっとばかし取って付けた感がしなくもなかった>こらこら
今日のラスト。


“月時計”で、みね子に事情を吐露する省吾さん―

未成年者を夜のバーに誘うのか?
と今だったら色々マズイ状況だけど
この時代はそういう点は鷹揚というか、あまり気にしなかったのかもな。
寧ろ、早く大人になれ!という風潮だったのかな?

でも、一応はサイダーで大人しく話を聞く、みね子。

あんまり遅くなると銭湯に行く時間もなくなるんですけど?
休み時間を潰された挙句、就業後まで拘束されなきゃいけないんですか?
…と、ひじゅにだったら怒るところ(笑)

いやいや、それよりも
巻き込んだからには裏事情も話してくれないとね!
…と、ワイドショー的興味満々で積極的に付いて行くかも>ぉ


庭で、一郎さんに話す鈴子さん―

今日もまた、会話劇
省吾さんと鈴子さんと二元中継にしたのは工夫されてて良かった。


戦後から始まる省吾さんの話と
戦争はまだ終わっていないと主張する鈴子さんの話。

これまでにも少しずつ、戦争の影は差し挟まれてきた。
今日はそれが直接的に語られる。

当時はまだ、記憶も生々しいまま
心に負った傷も乾かないままの人が多かったのだろうな。
国全体は「無かったこと」にしようとしていても。


明らかに「戦後」生まれの由香さんのことを語るのに、戦争から始めるのは
少~しばかり無理クリな感じがしなくもな…(略

でもまあ、これは、鈴子さんや省吾さんの側からの話で
店を再興したことも、節子さんに苦労かけてしまったことも
戦争によるマイナスの状況からだったってことは不可欠。

まさに特別な状況だったわけだし
そこから何とか昔の状態に戻したいと普通以上の努力を払っただろうし
それで表面上は豊かになってきたけれど決して元通りにはなっていない
失ってしまったものは戻ってこない…

そうした事実と、そうした思い
それら抜きには鈴子さんや省吾さんの今の悲しさや寂しさは語れない。


それに対し、由香さんの反抗理由はイマイチ弱い気がしたけど…

いや、勿論、幼くして母親を亡くしたわけだから
十分過ぎるほど重い事情ではあるけれども
共に働き共に苦労していた父親と祖母を一方的に責めて
大人になってからも反抗し続けるかなあ…

なんて思ってしまうのは、ひじゅにが暢気過ぎるせいですねそうですね。


みね子を見た時
「働き者って感じだ」「そういう人が好きなんだね」
という様なことを言っていたよね。

「働き者」だった母親@節子さんだから使い倒されたんだ…
今も尚、「働き者」を利用しようとしているんだ…
という風に思ったのかな?

あるいは、父親や祖母がどうというよりも
「働き者」であることを批判的に見ているのかな?
そんな犠牲的な生き方は無駄でしかないと?

それともそれとも
「働き者」も、そんな人達を受け入れる父親&祖母も
ツマラナイ人生だよね、と見下す気持ちと
その気も緒の向こうに、愛すべき人達だと
本音もチラリ顔を出しているのかな?


少なくとも、ヤスハルさんの見方では
由香さんは家族に甘えているんだね。
迷惑をかけることで愛情を試すのって

中二病じゃん!

って思っちゃうけど>ぉ


でも、鈴子&省吾さんの側にも
親ならでは祖母ならではの愛情が覗く。

一郎さんが、実子ではないヤスハルさんを
愛し自慢に思っている様子を一つの象徴として。

罪悪感から何も言えない状態から
愛情の方が勝ってガツンとぶつかることが出来る様になったら
サラリと解決するんじゃね?


鈴子さんが話し終わり、一郎さんが歌い出したあたりで
“あかね荘”の皆が映った。

話の途中で彼らに画面が切り替わっていたら
幾ら外の音が丸聞こえのアパートでも
ワザと立ち聞きしている様な、良くない印象を残しただろうけど
歌になった後だったので

近所の人達は皆、互いの事情を知っているし
分かり合っている―

という感じが出ていて、ちょっと温かい。


省吾さんが話している時
みね子と2人だけの様に見えた。

ママは背後に映っていたけど
他の客は都合良く帰っちゃったのかなと思っていたら
話し終わったあたりで皆揃っている様子が示された。

さらに、その後に秀さん&元治さんもやって来て
彼らは既に聞いた話なんだろうなと思えるので

皆が心通じ合っているということと
自分が何かの荷を背負っているから
相手の荷を思いやることができるし
だから優しくなれる―

という解説の様で、ちょっとほっこり。




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


働き者のミッキーさん


ドビソース


戦後の復興を象徴する製品


スポンサーサイト

チョコレートパフェ>『ひよっこ』第71話 - 2017.06.23 Fri

そういえば…

この世で一番美味しいもの
それはチョコレートパフェ!

と思っていた子供の頃の私…

…ひじゅにですが何か?



「凄く失礼で、いけないことをしてしまった様で」
                              byみね子



今日は良いと思ったところと
ちょっと引っかかったところと
両面性のある回だった。

人間には色んな面がある
…ってことを描いていた今日の回だから
視聴者も色んな受け止め方ができる様に
…っていう意図的な仕掛け?>ぇ


省吾さんに頼まれて由香さんに逢いに行き
さんざんな目に遭ってしまった、みね子。

鈴子さんに頼まれて再び由香さんに逢いに行き
再び、さんざんな目に遭ってしまう、みね子。

この繰り返しは笑うところなのでせう。

分かり易過ぎる由香さんに
トロ過ぎる、みね子の組み合わせ。


とはいえ
視聴者は、みね子の状況を知っている。

実お父ちゃんのことも
実家の様子も
みね子がどんな気持ちで上京してきたかも
今のお給料の詳細も…

だから、ここは笑うどころかハラハラしてしまうし
由香さんにどうしても悪印象を抱いてしまう。
ある意味、このドラマ始まって以来の「悪い人」登場!
という感じ(笑)


まあ、お金の件は鈴子さんによって、すぐに解決したけどね。
穴埋め+α。

儲かったじゃん、みね子>こらこら

「あんなに優しくて良い人達」
父親&祖母を由香さんは評していた。

今に至る経緯によっては皮肉の意味合いが強くなるけど(^^;)
みね子達にとっては本当に「あんなに優しくて良い人達」なのは事実だから
由香さんは、それを見越して食い逃げしたのだろう。
穴埋め+αを、みね子に渡すハズだと。

でも、ホッとする反面
割と簡単に受け取っちゃう、みね子にはちょっぴり引っ掛かる。

ひじゅにだったら、先に自分から請求して
当たり前な顔して受け取っちゃうだろうけどさ(笑)


このドラマの傾向からいって
由香さんも本当は良い人!
というオチなんだろうと想像できるし
早くもその一端が明かされた。

父親&祖母との間には何かありそうだけど
ヤスハルさんを始め他の人々
取り分け、弱い人やダメな人には優しい「良い人」。

まだオチにまで達していないけど
みね子にはまだ見えていない由香さんの別の面が
早くに明かされて良かった。
変に引っ張られると観ていてメンドクサイからね(笑)


とはいえ、由香さんの「悪い人」っぽい登場の仕方は
某前作や某前々作を思い出してしまうんだよなあ。

特に某前々作では新しい登場人物は
それこそ「悪い人」の印象を前面に押し出していた。
言葉遣いも乱暴で喧嘩腰で…
それが実は「良い人」なんだよ!というオチになる
というパターンがほとんどだったよね。

まず何かインパクトの強い出来事があって
話が進行する―
もしかしたら、それこそが物語の基礎なのかもしれないけど
アザトイ感じで却ってシラケてしまうのでは本末転倒ってもの。


特に今週は、祐二さんに由香さんに今日は“ 月時計”のママ…と
初登場の目白押し。
まあ、まだ「すずふり亭編」は始まったばかりで
登場人物紹介編が終わってない状態だ…と言われればそれまで(笑)


そんな由香さんに絡んで
ヤスハルさんや元治さんの背景も少し明かされた。

まさに、人はそれぞれ、その背景もそれぞれ
人には色んな面がある―
ってことなのだろう。

でも、それぞれ親との関係におけるアレコレなわけだから
物語的には「それぞれ」というよりも
みね子の事情に部分的にシンクロしていくという意味があると思う。

単なる駒ではなく
ちゃんと人生を背負った人物達が集まって物語を形作る。
取って付けた様なインパクトある事件によらず
人々が日常を過ごす中で自然に物語が生まれる。
…それは、まさに理想的。
それを意図しているのであれば
さすがの岡田君!と思うし
頑張れ岡田君!と励ましたくなる。


それと、ヒロインみね子!

向島電機で、愛子さんの自虐ギャグ(?)を
何とかフォローする役目だった彼女。

そうした機転というか優しさが、彼女の良さだったわけだけど

KYがデフォルトみたいな朝ドラヒロインが多いのに
逆に空気が読めるのだから、そういう意味でも良い(笑)

その良い面が
祐二&啓輔には微妙な作用をし
鈴子さんに対しては、却って傷つけてしまった様子。

成長したのではなく逆に行き過ぎてしまったというか
あまり褒められない形で出てしまったってところと
みね子本人がいち早くそれに気付き気まずい思いをするところが
今日の物語としては非常に良かったと思う。





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


ジュエリーボックス


ディズニーフラワーギフト


ジェラートパフェ


アプレ娘登場>『ひよっこ』第70話 - 2017.06.22 Thu

今迄は絶賛オンリー(でもないか?)
の感想だったけど
今日はちょっぴり批判的かも?

いや、ほんのちょっぴりですぜ
まだまだ、このドラマのファンですぜ

…ひじゅにですが何か?



「ちゃま!?」byみね子



↑これをきっかけに、あの『おぼっちゃまくん』が誕生した!
なんて話には…ならないだろうな>作者が違います


ちゅーことで
祐二&啓輔から崇められちゃってる、みね子である。

つーか
昨日のあれを、まだ引っ張るとは思ってなかったよ。


「罪作りな女ねえ…あと5年は諦めないね」
と、ネガティブ(?)な見方をするのは早苗さん。

「それで自信を持ったり、やる気になったりしてるなら
それで良いんじゃないかな。」
と、ポジティブに受け取っているのは島谷さん。

2人が対照的なキャラだということも引き続き強調。


さらに、島谷さんは
「真に受けるわけじゃなくて…それをきっかけに頑張ろうとしている」
とまで、好意的な解釈をしていて
優しい人なんだなと思うと同時に
やはり“夢”を持つこと、“夢に向かって生きること”に
憧れているんだろうな…と感じる。

でも、早苗さんの見方が正解らしいというオチは
あくまでも現実的(^^;)


ドラマ的には、そんなことよりも
みね子が淹れたお茶を島谷さんと一緒に飲んで
彼の気遣いある話し方にキュンとする
…ってのがメインなんだろうな。


昨日は
みね子の人生にも、ドラマそのものにも
さほど影響のない脇の話を
会話のみの密室劇に仕上げた―

という点で
好き嫌いは分かれるだろうし
『おひさま』後半の様にイマイチになる危険性もあるけど
あの一話のみで言うなら、まあ成功だと思う
…という様なことを書いた。


そのネタを今日まで続けるっちゅーのは
どうなのかなあ?

結構、時間も取ってるし
説明のために昨日のシーンを繰り返してるし
う~ん…って感じ。


あ、勿論
“あかね荘”住人4人のキャラはそれなりに立ったと思うし
個人的に好感は持てたけどね。


で、後半。
何か訳ありっぽい省吾さんの娘@アプレ娘の由香さんが遂に登場。

以前、鈴子さんは
アプレ娘=跳ねっ返りで無責任
と説明していたけど

実際に登場した由香さんは、それ以上というか
そんな可愛いもんじゃない…って印象(笑)


省吾さんが、みね子に頼んだ封筒はどうせお金だよね。
鈴子さんの封筒も、お金の可能性大。
「嫁に行った」と言っていたのに父にも祖母にも金の無心?

もしかして
低収入(もしくは無収入)の人と駆け落ちしてたりして?
その人が祐二&啓輔と重なる境遇(夢を追いかけている途中)だったりして?

だとしたら
今日の前半と後半がまるきり分裂したものではなく
底の方で繋がっていることになるし
島谷さんや早苗さんの反応や、みね子自身も彼らを羨ましく思ったこと等が
生きて来ることになるんだけど…。

↑希望的観測(笑)

でも、そんな事情でもないと
昨日の無駄な引っ張りで今日の回の半分を埋め
残り半分は新キャラ登場というイベント(?)で目を引く
…という、あまり感心しない作りになっちゃうよね。

昨日の回だって、きっかけは新キャラ登場だったし。


ともかくも、今迄の『ひよっこ』流から考えると
感じ悪い登場の仕方だった由香さんも実は良い人!
ってことになるのだろうな。

でも、みね子が今日負うことになった余分な出費は
何かで埋めてやてほしいな。
それがないと
むね子が許しても視聴者の心には引っ掛かりが残る>ぉ


あ、それから、鈴子さん!
仕事は時間内に収めるものって言ってなかったっけ?
休憩時間にみね子に私用を頼むのは、その主義に反するんじゃ…?





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


おぼっちゃまくん


アウトレット新茶


懐かしい昭和の喫茶店の味


密室劇>『ひよっこ』第69話 - 2017.06.21 Wed

ちょっと気になったのは

食事中に祐二さんが帰ってきたので
彼にも分けてあげたのかどうかってこと

そこかい(笑)

…ひじゅにですが何か?



「つまんないです」byみね子



↑岡田君のセルフ・ツッコミ!
…と見せかけて、実は自信の表れ?


今日は増田明美も言う通り
「アパートの部屋だけ」で繰り広げられた15分。

朝ドラには時々、舞台劇を意識したみたいな
ワンカットワンシーンの回がある。
ボンヤリひじゅになので今日の回にカットがあったか否かは分からんけど
まあ、それに近い作りだったのは確かだよね。

昭和お笑い劇場って雰囲気で始まった「すずふり亭編」なので
今回は真骨頂ちゅーことでせうか?


話の中心は昨日初登場の坪内祐二さん。

『マッサン』ではナイーブ&イケメンの栄一郎だった浅香航大さんが
今回は陽気でちょっとトボケた感じの祐二さんを演じている

相棒の啓介さんがちょっと陰の雰囲気なので良いコンビかも。


「全然良い話じゃない」祐二さんのこれまでの事情を
クールに聞き出す早苗さん&島谷さん。

早苗さんがツンデレ・キャラだと見抜いている島谷さん。
自分に惚れているのかと島谷さんに言っちゃう早苗さん。

う~ん、もしも恋話を入れるなら
島谷さんには、みね子よりも早苗さんの方がお似合いかも?

…なんてことは置いといて(笑)

互いのキャラの解説にもなっているし
そうすることで自分のキャラを浮き上がらせることにもなっている。


多少はツッコミをする様になったものの
まだまだ“単なる聞き手”に過ぎない、みね子。

でも、他の4人は既に知り合いで
みね子の方は知らないことばかりだし
今回、マンガもあまり知らないことが判明したし
文字通り“単なる聞き手”でしかいられない。

今の、みね子の立場を上手く生かした役回り。


だから、4人で軽妙な会話劇となっている上に
みね子の心の中のツッコミがアクセントになって面白い。


甘いタッチだった「向島電機編」でも
乙女達の背景はシリアスで悲しいものがあった。
勿論、みね子自身も色々と背負っている。

だから、祐二さんに「良い話」を期待するのも無理ない(笑)
それが違っていたのでズッコケるというオチは
今迄の積み重ねがあるから生きたって言えるのかも?


それにしても、今日の話の進展や雰囲気
何処かで体験したよなあ…って思った。

パクリとかって意味じゃないよ。
多分、同じ岡田作品だと思う。

つまり、これって岡田流
作家性っちゅーヤツなのでせう。


考えたら『おひさま』後半だって
この雰囲気で進めていたわけなんだろうな。
何か緩すぎてイマイチと思ってしまったけど>スマソ

今日のは良く纏まっていたと思うけど
好き嫌いは分かれるかもしれないなあ。


ところで、一つだけ、ひじゅにからのツッコミ。

「お互い様じゃないか」
と、祐二&啓介はハグし合ってメデタシメデタシになったけど
あんまり「お互い様」ではなかった様な…

祐二さんの方は、その時その時、自分の思うままに突っ走ってるけど
啓輔さんの方は、ひたすらマンガを頑張っていたわけだし
同じ「自分」を考えたにしてもシリアスな悩みだよね。

ちょっとばかし
『走れメロス』のメロス&セリヌンティウスを思い出させた。

あ、もしかして、そのパロディ?





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


藤子不二雄>この頃はこの作品が連載中だったらしい


内藤洋子


つまらない


分け合う>『ひよっこ』第68話 - 2017.06.20 Tue

島谷さんの部屋にあった謎のキャットタワー(ぇ)
の正体は
フランク・ロイド・ライトによる
タリアセンというフロアライトでしたわ!

これ↓


あ~何処かで見た気がすると思ったのよ
きっと帝国ホテルに一週間ほど滞在した時のことよ

↑嘘

島谷さんも建築家を目指しているということかしら?
あのアパートにアレを置くというセンスはどうなのかしら?
啓輔さん達が藤子不二雄の絵を掲げているのと同じかしら?
ついでに、実家の裕福さを示唆してもいるのかしら?

…ひじゅにですが何か?



「みね子の人生にさほどの影響はないと思われます」
                                                 by増田明美



啓輔さんの相棒@祐二さんがやっとこ帰って来た!

…ってことで、ドラマ的には盛り上がっても良いところ
バッサリ切り捨てる増田明美(笑)

祐二さんだけでなく
内容そのものにも、この言葉が当てはまりそう>こらこら

でも、みね子にとっては
“あかね荘”に一歩踏み込んだっちゅーか、溶け込んだ
まさに影響大ありの今日の回だったな。


今日は休日―

手紙を書く、みね子。
乙女寮にいた時も、休日に手紙を書くと言ってたな。

異変があった時は書くことができなかったので
これは、みね子の日常が落ち着いてきた印と言えるかも?


部屋には、いつの間にかが増えている。

「鞄一つ」で引っ越してきたハズなのに
布団があるのはどうしてなんだ!?
…という視聴者の声が聞こえたのか(?)

卓袱台:高子さんから
鏡台:鈴子さんから
それぞれ貰ったという説明付き。


『ひよっこ』らしく(?)細かい経済状況も開示。

給料:1万円>向島電機より2000円減
賄い:2食>向島電機&乙女寮より1食減
家賃:4000円>乙女寮より1000円減だけど、食事一食無しだからな
光熱費:100円
仕送り:5000円>以前と同じ
残り:900円>向島電機より100円減

仕送りを減らさないのは偉い。
自分が使えるお金は数字的には100円の差だけど
食費が加わるわけだから、かなり苦しいよね。


「分け合いませんか?」

何だかイキナリ“あかね荘”が団結。
でも、当然かもね。
だって、食べ物のことだから(笑)


以前、“あかね荘”に住んでいた秀さんは
島谷さんに料理の仕方と楽しさを教えた。

今回、みね子は餅よりを提案。

早苗さん:お米
みね子:インスタントラーメンと茨城産野菜
島谷さん:ブルーマウンテン
啓輔さん:食べる場所

ラーメンは4個だし、ブルマンも4人前ということで
ちょうど良いと思っていたら
富さんの存在を思い出す一同。

やはり、富さんが持ってくな(笑)

さらに、食べ始めたと思ったら
祐二さん帰還。


これだけだとドタバタ劇場で終わりそうだけど
啓輔さんがマンガへの情熱を語るところと
そうした“夢”を抱いている彼に
みね子も島谷さんも「羨ましい」と感じたこと
…この2つが入ったのが胸に来て良かったな。

啓輔&祐二さんにとっては、藤子不二雄が神。
藤子不二雄にとっては、手塚治虫が神。

ひじゅにも手塚治虫は人以上の存在だと言えるかも。

マンガ家の夢は早くに捨てちゃったんだけどさ。
ああ、ちょっとシミジミしてきちゃったなあ…




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


ちょうど’66年(昭和44年)発売


ブルーマウンテン


まんが道大解剖


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (71)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (14)
食べ物・飲み物 (32)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (5)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR