FC2ブログ
topimage

2021-04

『相棒』シーズン9【第16話】 - 2011.03.01 Tue

第16話『監察対象 杉下右京』


「彼は時々、肝心なことを勘違いするようで」


右京さんに告発文。
恐らく大部分の視聴者が
「もっともだ」と頷きつつも
「今更!?」とツッコミを入れたに違いない(笑)


いつもの様に事件が起き、いつもの様に右京&ミッチーが関わる…
コーヒーの分量で他殺を疑う、という右京さんらしいスタート。

それが、いつもと違う角度で描かれるのが、まずは面白かった。


次いで、米沢さんにイタミンに角田課長にミッチーと、
お馴染みのメンバーが一人ずつ聴取を受ける…

皆、クールに答えているけど、奥底に右京さんへの“愛情”が窺えるのが素敵だった。


事件は比較的シンプルに終了。
それと絡んで、実は監察官に裏があった…というドンデン返し。

いや、お馴染みメンバー&大河内さんによる芝居だった…というのこそドンデン返し。


「今更!?」という視聴者のツッコミは正しかったってことだけどね(笑)

それより、小野田さんに言及するなんて…
映画が公開されて日数が経つから遂に解禁?
まだ観てない者がここにいるんですけど。
予告で想像は付くものの、まだ信じたくない気持ちでいるんですけど。


まあ、それはともかく…


切り口が常人と違うだけで、真摯に事件に向かう右京さんに対し
監察官の行動の動機は色恋沙汰というのは、さり気ない皮肉?

「大切なのは事件の解決」とカッコ良く断言するイタミンに対し
個人的な欲望で事を起こし保身のために人を落としいれる監察官&記者も対照的。

そして何より、そのことで殺人を引き起こしてしまったことへの認識度を指摘するところに
最も右京さんらしさが表れていたな。

多分、偽りの告発も監察対象にされたことも監察官が犯した罪そのものよりも
彼女が罪悪感を抱いていないことが、右京さんには一番許せないことだったのだろうな。


でも何か、女はやはり恋には弱い…みたいな印象を受ける人もいそうで
ちょっぴりナンダカナ…ではあった>考え過ぎ?
だからって男性の設定にしたらキモイかな?(笑)
極めて女性的な事件、と言えば言えるしな。


ミッチーにとって特命係は「通過点」という台詞が今後のキーになったりして?
右京さんに懐く(ぇ)前の彼は、全くその通りに考えていた気がするし。




クリックしてね♪(3つも多過ぎ?)
                                 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ         人気ブログランキングへ>       人気BLOGRANK
にほんブログ村     人気ブログランキングへ      人気BLOGRANK

ドラマ&映画感想は「REVIEWの部屋」に色々置いてあります

やっくんち
やっくんち



【送料無料】相棒シナリオ傑作選

【送料無料】相棒シナリオ傑作選
価格:2,000円(税込、送料別)






TWITTER mixiチェック シェア

『相棒』シーズン9【第15話】 - 2011.02.22 Tue

第15話『もがり笛』


「こういう人なんです」byミッチー

決まり文句になってきたなあ(笑)


「こういう」右京さんなので次回の話になるのね。
…って、その前に今回のお話。


医療刑務所での事件ということで、イタミン達とのアレコレが入ったりして
最初の方は比較的軽くコミカル。
捜査が進むにつれ、人の心の重みがどんどん増し加わっていった。

殺された浪岡は、このところ続いている「同情できない被害者」の一人。
彼に夫を殺された人の苦しみは理不尽でやるせないものだから。

浪岡と対を成すかの様な江田。

彼に父親を殺された洋子さんも上記の人と同じく理不尽でやるせない思いをしてきた。
でも、この父親が江田に向けた態度も、別の意味で理不尽でやるせない…
まあ、世間一般の態度なのかもしれないけど。

で、まるきり理不尽な浪岡には罪悪感とか反省という言葉は無縁で
複雑な要素を孕む江田は苦しんでいるってところが
これまた、やるせない。


“もがり笛”って、聞き覚えはあるけど意味は知らなかった。
木々の間等を風が通り抜ける時に起きる高い音―
それが転じて刑務所では狭い所に押し込められた人があげる叫び声を指すのだとか。

右京&ミッチーの背後にずっと、“もがり笛”が響く。

江田はずっと心の中で叫び続けていたのだろう。
病から来る苦痛で文字通りの叫びを上げる時、
ほんの少しだけ、その心の“もがり笛”が小さくなったのかもしれない。

でも、現実的に考えるなら、病は病、罪は罪…

次に江田は洋子さんの罪を被り死ぬことで“もがり笛”を消そうとしたけれど
やはり、それは真の償いにはならない。
寧ろ洋子さんを、より苦しめる結果になっただろう。

人間の罪を負ったキリストの様にはいかないよね。
だって自分自身も罪人だから。

ということで、江田が最終的に神に目を向けるようになったのは興味深い。
まあ、まだ“神”という概念にまでは到達していないだろうけど
教誨師に出逢って初めて人を信頼することを知った様子。

これから、どう生きるべきか―残り僅かな人生ではあるけれど、罪とどう向き合っていくか
その教誨師と共に考えていくことができるのだという右京さんの言葉が優しかった。


物凄く個人的な感想だけど、
この結論には、はちょっと涙ぐんでしまった
??

私自身が直面する“信仰”の問題に重なる部分があるからだろう。

個人的には、いわゆるキリスト教世界の教会というのは信じていないのだけど
個人的に、あの教誨師の様に“愛”を体現できる人間にならねばなあ…と思った。

人間をちゃんと描けていないのに安易に「神様」を口にする駄目ドラマも多い中
根本的なことを(ごく一部だけど)取り上げてくれた『相棒』は、やっぱ良いですな。

↑そーいうわけなんで、ぎこちない感想になったかも(笑)




クリックしてね♪(3つも多過ぎ?)
                                 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ         人気ブログランキングへ>       人気BLOGRANK
にほんブログ村     人気ブログランキングへ      人気BLOGRANK

ドラマ&映画感想は「REVIEWの部屋」に色々置いてあります

やっくんち
やっくんち

【送料無料】相棒シナリオ傑作選

【送料無料】相棒シナリオ傑作選
価格:2,000円(税込、送料別)



【送料無料】フルートともがり笛

【送料無料】フルートともがり笛
価格:1,050円(税込、送料別)



【送料無料】死海のほとり改版

【送料無料】死海のほとり改版
価格:660円(税込、送料別)




TWITTER mixiチェック シェア

『相棒』シーズン9【第14話】 - 2011.02.08 Tue

第14話『右京のスーツ』


「替えズボンが付いてるんだからな」by角田


小松政夫が出るので楽しみにしていた。
でも、小松政夫が出た時点で犯人は確定(笑)

右京さんのスーツに関する薀蓄に始まり薀蓄に終わった。
ある意味、今回もネタ回?

無知な私には初めて耳にすることばかりだったので、
マジで薀蓄だけでも楽しめたな。
事件はオマケみたいな感じ(笑)

「選ぶ」主義のミッチーと対抗していたかと思うと
「ヒマか」課長の替えズボン付きのスーツも登場して笑えたし。


安藤の女装癖(?下着フェチ?)などは
脅しの理由になるなら何でも良かっただろうに、これを持って来たのは
やっぱギャグなんだろうなあ。

完全男性ワールドらしいテーラーに女性がいる…
というのが一つのミソなので
男性を象徴するスーツの下の女性用下着というのが
皮肉にもなっているし、絶妙の気持ち悪さを醸し出していて良いかも(笑)

画面に出さなかったのは配慮と褒めるべきか品と讃えるべきか効果が薄いと批判すべきか。
いや、まあ配慮でせう(笑)


そんなだから、安藤はミスリードなのがバレバレ。

後は疑わしいのは女性テーラーだけということになり、
このまま彼女が犯人だったら捻りがなさ過ぎるけど、
だからってオチが小松政夫だったら、まんまだし…
と、変な葛藤をしながら観ていた(^^;)

そしたら、女性テーラーがどんどん追い詰められていくので
裏の裏の裏をかいた?と期待しかけたのだが
やはりオチは小松政夫だった。

いや、非難ではなくて
意外にも、ここで結構ヤキモキできたので良かった(笑)

2人の間に目に見えぬ絆があり
それが、こんな場面になってやっと、お互いに気付く…
というホロ苦くも温かい後味が
このところ続いていた、ひたすら苦い後味とはまた違うけれど
これまた非常に『相棒』らしい味わいだったと思う。


右京さんのスーツが完成する前に事件が解決してしまったので
ちょっと残念だなあ…と思いかけたら
女性テーラーの今後をかけているのだと分かり、またホッコリした気持ちになれた。

そこまで考えての注文だったら、右京さん凄過ぎ>そこまでじゃないか


それにしても小松の親分さんは、渋い役とか哀愁漂う役とかも似合うよね。
そういうところが好き。




クリックしてね♪(3つも多過ぎ?)
                                 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ         人気ブログランキングへ>       人気BLOGRANK
にほんブログ村     人気ブログランキングへ      人気BLOGRANK

ドラマ&映画感想は「REVIEWの部屋」に色々置いてあります

やっくんち
やっくんち





【送料無料】杉下右京の事件簿

【送料無料】杉下右京の事件簿
価格:1,680円(税込、送料別)




TWITTER mixiチェック シェア

『相棒』シーズン9【第13話】 - 2011.02.01 Tue

第13話『通報者』


「嘘が上手な子供でしたから、僕も」


↑とっても説得力ある台詞(笑)


タイトルの通り、目撃された殺人事件ではなく、それを通報した人物に焦点を当てた物語。

通報者の溝口琢矢君が今風であり、ちょい昔風なルックスと雰囲気が良いな>ぇ
基本的に優しくて真面目で。

ミッチーは彼に自分を重ねていたのだろう。
奇しくも現在放送中の朝ドラで何度も何度も台詞説明されていることと同じ(笑)
言葉を重ねても心に響かない番組もあれば、
何の説明もないのにソコハカトナク心情が察せられる『相棒』の様な作品もある。

↑ちょっと愚痴(?)


「アンフェアだ」と言うミッチーの言葉が良かった。

だって、相手を子供扱いせず、しっかり同等に見ている証拠だよね。
そんなミッチーが素敵だし、その心の底にあるものが垣間見えて、ちょっと切ない。


それにしても、お母さんにはすっかり騙されましたぜ(笑)

確かに、最初の登場は少々ワザトラシクはあった。
顔を映さないのは、さすがにオカシイとは思った。
でも、そういうことだったとは…

しかもさ、
死んじゃったとかならまだ分かるんだけど…

比較的身近にも、母親であるより女性であることを選んだ人達はいたし
ニュース等でも、そういう例は数多く耳にする。
でも、自分が親になった経験がないせいか、
(いや、子供の立場の経験しかないから、と言うべきか)
親の愛を理想化してしまう傾向があるので、こういう行為はひたすら悲しい。

アニメ『火の鳥2772』を
アダムとイブ=男と女  とならず
母と子 の姿で終わらせた
手塚治虫の影響もあるかもね。

↑話がズレてます


それにしても、被害者ったらアクドイにも程があるぜ。

生活保護のお金まで狙うって、どんだけ~?って感じ。
殺人事件そのものを重視した話運びではないだけに、
こちらに同情の余地を与えないようにとの配慮?

まあ、一応、現状では最善の結果になったと見て良いんだよね?
諦めていた高校進学も実現するし。

施設の規則って知らないけど、2人が引き離されるということはないんだよね?
以前観た映画『ロングウェイ・ホーム』では3人兄弟があっという間にバラバラにされていたから
施設というと真っ先にそれが頭に浮かぶのだけれど…。

そーいや『アウトサイダー』は施設行きになるところを何とか誤魔化して
苦労しながら暮らしている3人兄弟の話だったっけな。

↑また、話がズレそうなのでこのへんで(笑)


妹の不安そうな表情が、いつもの後味悪い『相棒』らしかった(^^;)
お兄さんと、ずっと一緒にいられるとしても
やがて、お兄さんが大人になり再び2人だけで暮らせる日が来たとしても
彼女の心の傷が完全に癒されることはないのかもしれない…
なんて思えて。


ともあれ、なかなか良いお話でした。




クリックしてね♪(3つも多過ぎ?)
                                 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ         人気ブログランキングへ       人気BLOGRANK
にほんブログ村        人気ブログランキングへ          人気BLOGRANK

ドラマ&映画感想は「REVIEWの部屋」に色々置いてあります

やっくんち
やっくんち

【送料無料】相棒 season7(下)

【送料無料】相棒 season7(下)
価格:735円(税込、送料別)





【25%OFF】[DVD] アウトサイダー

【25%OFF】[DVD] アウトサイダー
価格:1,418円(税込、送料別)




TWITTER mixiチェック シェア

『相棒』シーズン9【第12話】 - 2011.01.24 Mon

第12話『招かれざる客』


今回、わわわたくしは反則的な視聴方法を取ってしまいました。

放送時にTVの前に駆けつけた時は既にドラマは佳境に入っており
録画しているのだから、そのまま諦めておけば良いのに…ついつい…
ついついチラ観してしまったのでございます。


ほんの二箇所程だけどね。


一つは、右京さんが集まっている人々が正体を隠していることを見抜くシーン。

夫婦という設定なのに、違うデザインの指輪をしていたり、まるきりしていなかったり…
という、素人丸出しの失態と
各人が、過去の自分の立場を説明するかの様な言葉を発してしまった…
という、誰でもやっちゃいそうなウッカリミス。

後で録画を最初から観直した際、
その指や指輪が思いっきりアップで映ったり、問題の発言が結構ワザトラシク響いたり
とっても分かりやすい演出になっていて、ちょっと笑ってしまったのだけど
謎解き部分を観ないままだったら気付いたかどうか、自信は全くございません(笑)

もう一つは、最後の最後、ミッチーのヘモグロビン値とナポリタン。

いきさつを知らないままでも笑えたけど、ちゃんと最初から観たらもっと笑えた。
こういうオチで締めるってことが分かっていても、褪せないシーンだった。


てことで、つまり…


推理物としては間違った観方をしてしまったけど、
今回は、それが主となる話ではない…というのが、より強く認識できたと言えるかも?
負け惜しみ?
いやいや、その通りだと思いますです。


雨の中、右京さんが舞台となる“オーベルジュ”にやって来たところから
妙に芝居がかった雰囲気が漂っていた。

雨、洋館、密室的状況、限られた登場人物…
昔風の上流階級の匂い、肖像画、高級ワインと料理、薀蓄…
動機は尊敬する主人の死と、皆が愛するお嬢様のため…
財産を埋めるという行為もクラシカルなイメージがあるし…

アガサ・クリスティ作品等によくありそうなシチュエーション。
ソコハカトナク二時間ドラマも彷彿とさせる。
この『相棒』自体からも、薫ちゃんの時代にあったイカのエピを思い出してしまったし(笑)
全体が、いわゆるミステリーのパロディになっているみたい。


一番の見どころは、やはり右京&ミッチーの下手な芝居(笑)

イキナリ乱暴な言葉遣いをする右京さんに、まず笑えた。
それこそ二時間ドラマで、その様な口調のキャラを演じる水谷豊を観たことはある。
それは右京さんとは別人だから、ちゃんと様になっている。
でも、右京さんがああいう話し方をすると全然似合わないので笑える。

ミッチーは右京さんに即座に合わせることができるから、アドリブ力はあるんだろうけど
芝居そのものは右京さん以上に臭いところが笑えた。
そして勿論、極めつけはヘモグロビン。

でも、それで終わりじゃなくてナポリタンで余韻を残すところが良かったな。
相棒らしくなった2人と『相棒』らしいラストシーン。


ただ、ちょっと不満だったのは
お嬢様のため…という目的が果たされずに終わったこと。

それとも、今や成人となったお嬢様の手に、あのお金は渡るのかな?

ま、個人的に、こーいう話は成就させてやりたいという気持ちが強く働いちゃう方なので
理性的に考えれば、これが最善の結末なのだろうな、とは思う。

エルキュール・ポアロだったら、もしかしたら、その部分は見逃すという結末にもなり得るかも?
という気がするけど
扱ったのは、あくまでも右京さんだから、どうしても“正義”は成されなきゃいけないんだよね…。
それに後味がほろ苦いのも『相棒』の特性と言えるしな。





クリックしてね♪(3つも多過ぎ?)
                                 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ         人気ブログランキングへ       人気BLOGRANK
にほんブログ村        人気ブログランキングへ          人気BLOGRANK

ドラマ&映画感想は「REVIEWの部屋」に色々置いてあります

やっくんち
やっくんち

スパゲティー・ナポリタン【330g】

スパゲティー・ナポリタン【330g】
価格:315円(税込、送料別)





【送料無料】ドラマ 2011年 02月号 [雑誌]

【送料無料】ドラマ 2011年 02月号 [雑誌]
価格:840円(税込、送料別)




TWITTER mixiチェック シェア

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

おちょやん (92)
エール (186)
スカーレット (153)
相棒 (127)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (31)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (12)
欧米映画 (10)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ2 (7)
ドラマ-3- (17)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (16)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (26)
レトルト&キヨ その他 (1)
お気に入り動画 (3)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (70)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (61)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (4)
アニメ (3)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR