FC2ブログ
topimage

2020-01

アリジゴク>『相棒season18』第12話 - 2020.01.19 Sun

第12話『青木年男の受難』

☆★☆★☆★☆★☆★

先回は右京さんが、今回は青木さんが監禁されることに―
先回は警察OBの傲慢さ、今回は若手刑事の正義が暴走―


「あ~~~」by一同


特命係の様子を覗く大木&小松…というのも『相棒』名物だったけど
大木さん役の志水正義さんが亡くなり
今シーズンでは大木さんの姿もなく、ちょっと寂しく思っていたところだった。

その2人のいつもの立ち位置にイキナリ土師さんが顔を出したのは
ある意味、オマージュ?


そんな土師さんが青木さんに頼まれたと掲げたのは『蟻地獄図鑑』。
もう、冒頭から飛ばしてんなー(笑)

そのことから青木さんに何事かが起きたと察する「頭が切れる」右京さん。

そのことで右京さんが察してくれると確信して行動した青木さんは
右京さんの有能ぶりを認めているだけでなく、実は誰よりも信頼している?
「僕と同じくらい頭が切れる」という言い回しからも、そう受け取れるよね。


嫌味ばかりで嫌われ者っぽい青木さんだけど
そこが面白いし、可愛気があって好きなキャラ。

米沢さんとか、古くは小野田さんとか、愛着ある人物が続々といなくなっているけど
今は青木さんが多くの面を担ってくれている気がする。

それはレギュラーメンバー達にとっても同じなのか(?)
青木さんを救出すべく、特命係は勿論、イタミン&芹沢さんに内村&中園…と
皆が一丸となって動いていくところが楽しい。
土師さんに、若手刑事@木村さんも加わるし。


「俺達に付いて回っても何の勉強にもならないと思いますよ」by冠城
誰かが特命係に同行するのは、陣川君を始め(あ、多分、以前の青木さんもそう)
たま~にあるので、さほど違和感はなく、寧ろ少しばかり新鮮。

でも、木村さんは、所々で「ん?」と思える行動を取ったので
アヤシイなあ…と思っていたら、本当にラスボスだった。

といっても、正義感ゆえ、誠実さゆえ…って感じで
今シーズンの特徴と言える、同情すべき、もしくは共感できる犯人の系譜。


最初は暴力団の事件が出てきて、それがメインかと思わせて
実は石井さんの事件が大元。

事故に遭った息子の元に駆け付ける途中での悲しい事件。
これまた同情すべきシチュエーション。
だから、冤罪であってほしいと思っていたのに、事実は事実。
逆に暴力団の事件の方が…という、逆の結末なのが興味深い。

「未来ある若者の命を奪ってしまったことに変わりはない」by石井
木村さんの“正義”は報われることはなく
石井さん息子のから、また自分自身からも「未来」を奪ってしまった。

奪う…は大袈裟?
でもまあ、曇らせてしまったよね。


ちょっとカイト@三番目の相棒を思い出した。
あちらはもっと極端だったわけだけど。

右京さんの“正義”も極端だしね…
ここは考え始めると深過ぎて底が見えない。


と言いつつ、今回は青木さんを楽しむ回だったね。
​最後までキャラがブレなくて楽しかったよ。​



★☆★☆★☆★☆★☆

ゲスト:中村優一 津村知与支
脚本:児玉頼子
監督:杉山泰一



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


アリジゴクほか観察記


アールグレイ ~相棒~ 


冤罪

スポンサーサイト



元日スペシャル>『相棒season18』第11話 - 2020.01.03 Fri

​​テレビ朝日開局60周年記念 元日スペシャル
第11話『ブラックアウト』

☆★☆★☆★☆★☆★

警視庁主催のゴルフコンペの手伝いに駆り出されたばかりに
地下駐車場に監禁状態になってしまう右京さんの図ぅ―

今シーズンは右京さんが災難に遭ってばかりだな(笑)

…と言いたいけど
こういう時こそ、スーパー右京さんぶりを発揮。


「やっぱり杉下右京だな」by内村部長


この状況が長々続くのかと思ったら、そうでもなく
主犯かと思われる人物が二転三転して行くところは面白かった。

寧ろ、この状況は蓮見恭一郎@警察庁OBの胸糞人間ぶりを露呈させるものに。

絵に描いた様な嫌な男で
視聴者は、彼に恨みを持つ人達の心境になって観ることになる。

犯人達に同情すべき動機がある…という点も今シーズンの特徴?
 

ただ、色んな人物が登場する中で
蓮見の秘書であり、彼の息子@蓮見誠司と恋仲でもあるという女性
雨宮紗耶香の存在を、やたら目立たせていたものだから
彼女がラスボスっぽいな…という気配が最初からあったのが難といえば難。


『相棒』とは関係ないのだけど
誠司役の浅香航大さんは朝ドラで二回お目にかかっていて
どちらも(全然違うキャラなのに)好印象だったので
心の中で応援しながら観ていた。

良く言えば繊細、悪く言えば小心者そうな雰囲気が今回の役に生かされていたと思う。

復讐譚なのに、直接的な仇は討てずに終わってしまう―
という話は多く、いつもそこが物足りないのだけど
彼の場合、罪が暴露されたことや父親の失脚等よりも
ラブラブだと信じていた女性から憎まれていた…という事実が
死ぬよりつらかったんじゃないかな…と思えて、ちょっと溜飲が下がった>ぉ


紗耶香役の瀧本美織さんも朝ドラで知った。
つーか、ヒロインだったわけなんだけど
あれはキャラもドラマそのものもナンダカナ…だったんだよね>スマソ

その後の出演作は未見だし、CMでも見かけることはなくなって何年も経った今
当時の甘えた様な喋り方は収まった様子で、佇まいも落ち着いた感じになり
好感度がちょっと上がった。


で、この2人の最後のシーン。

右京さんに諭されて復讐を諦めたところまでは、よくあるパターン。
その直後、逆に彼を庇うところは色々考えてしまったな。

気付かないまま彼への恋心が芽生えていた?
…それはちょっと安易過ぎるだな。
事件はともかく普段の彼の人間性は認めていた?
…有り得ないことじゃないけど微妙だな。
右京さんが言う様に本来は良い人である彼女なので
咄嗟の時に(相手が誰なのかに関係なく)無意識に正しい行動に出た?
…そうであってほしいな。
右京さんの“正義”とも呼応するし。


ちゅーことで終了。

スペシャルというと壮大な話が主流なイメージだけど
今回は、どんどん個人の話になっていくのが面白いと思った。


★☆★☆★☆★☆★☆

ゲスト:瀧本美織 浅香航大 長谷川初範
脚本:神森万里江
監督:橋本一



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


相棒缶>ダージリン


ゴルフコンペ 参加賞


ガーベラ



​​

あぽろ>『相棒season18』第8~9話 - 2019.12.16 Mon

​​​​​​​​​​​​​第8話 2週連続スペシャル『檻の中~陰謀』
第9話 2週連続スペシャル『檻の中~告発』

☆★☆★☆★☆★☆★

右京さんの古い知人と
冠城さんの旧友と
薫ちゃんが住んでいる(はずの)サルウィンが絡んだ話―


「掃除をすると思い掛けない出逢いがあるものですよ」
 by冠城


大掃除中の特命係…から始まった今回。

何と、冠城さんに使われる右京さん。
角田課長はいつもの「暇か?」を超えて「暇だねえ」と言っちゃうし。
冠城さんのこの↑台詞が今回の出来事を暗示?


最初に描かれたのは強盗事件。

あんな風に路上に横たわられたら車を止めざるを得ないよなあ…とか
テーザー銃を使われたらどうしようもないよな…とか
結構、身近な事の様に観ていた>あんな大金は持ってないから身近じゃない
やはり『相棒』、どんどん事件は大規模になっていくのであった。


「あなたは何もわかっていません」by高瀬

強盗事件の首謀者は高瀬さん…となったあたりで前編は終了。
まだ、皆藤教授の意図とか
サルウィンで亡くなった桝本さんの奥さんの件との関わりとか
謎は残ったままだったけど

個人的に気になったのは
「僕としたことが…」という右京さんの台詞。


この台詞自体は割と聞くものだけれど
まだドラマは半分まで来たところだったから
もしかして、右京さんには珍しく、推理が大幅に外れて
前編の内容を引っくり返す様な事態になるのでは!?
…と、ちょっと期待してしまった>アホ

まあ、高瀬さんが“ライフテクノロジー”と組んで云々
という推理は外れたわけで、それは大きな部分だけど
それというのも動機を見誤ったからで
その動機というのが、恋愛に関するものであり
まさに女心というところが

右京さんとしたことが…どころか
​右京さんらしい!​​
というものだった(笑)>それも、極めて


前編での、冠城さんとの会話
桝本さんに奥さんのことを聞き難いという冠城さんに対し
人の心のデリケートな部分に触れることに無頓着な右京さんの様子が
これまた後の展開を示唆するものであったのね(笑)


クライマックスは、ドローン爆弾。

自らの命を懸けて告発をしようとする皆藤教授と
爆弾のスイッチ係の桝本さん。
それを止めようとする右京&冠城。

右京さんは皆藤教授、冠城さんは桝本さんと
最後まで一貫した役割分担>ぉ


人を助けるために開発した技術が
人を殺す平気に使われてしまうという皮肉。

これはリアル世界でも普通に起きていること。
自分の研究に信念を持ち、かつ良心的な皆藤教授と
奥さんを殺された桝本さんだから
ここまでのことをしたわけだけど
そうした強い​“動機”​がなかったらどうだったのか?

右京さん高瀬さんの動機を読み取れなかったことは
それを示唆?>穿ち過ぎ?


「科学者の責務とは
本来、技術は人を幸福にする…という信念が導く未来を
人々に見せ続けることじゃありませんか?」
右京さんの言葉が全てではあるのだけど

「戦争は 人の死を数字に変える」
この冠城さんの言葉が重かったな。


「マタ来タカ、杉下」byあぽろ

この間の「バディ」に続き
右京さんってば、AIと相性が良い?

もしもまた相棒が変わることになるのなら
(もう変わってほしくないけど)
今度は人外でヨロシク!


★☆★☆★☆★☆★☆

ゲスト:中村育二 山崎樹範 中村優子
脚本:神森万里江
監督:権野元



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


お掃除ユキダルマ>ステンレスピアス


見守りロボット


ドローン


​​​​​​​​​​​​​

Hey Buddy>『相棒season18』第6話 - 2019.11.22 Fri

​​​​​​​​​​第6話『右京の目』

☆★☆★☆★☆★☆★

スーパー右京さん、また一つ得意技を身に付ける…の巻


​「新しい相棒ができました」​by右京


右京さんが一時的に視力を失う!?
…というのは予告で分かっていたけど
それで大騒動になるのかブラックな展開か?
…と思っていたら

​全くハンデになっていない!​
という、さすがの展開(笑)


不審に思って調査に入った部屋なのに
メロンの箱を勝手に開けちゃう和江さんにも
彼女を庇ったとはいえ吹き出すガスを浴び続ける
(つーか、自分から浴びに行ったかの様な)右京さんにも
ちょっと笑ってしまった>スマソ

和江さんにではなく、ちょうどやって来た友里さんに
病院に連れて行ってもらう(それを強行する)ところで
友里さんが事件に関わっていることがバレバレ。
つーか、視聴者には暗黙の了解事項。


そんな状態なのに、翌日には普通に出勤してくる右京さん。
その後、病院では冠城さんに付き添ってもらっていたのに
この時はどうやって一人で来れたんだろう?
しかも、いつものメガネをサングラスに変えてるし?

でも実際、目が見えなくても何も不自由はない様子。
さすがに紅茶は零したけど…
ももももしかしてアレは、青木さんへの仕返しのために​ワザと?​


病院で、右京さんは白い杖を持つ少女に出逢う。
第3話『少女』を思い出し、この子も何か事件に関わりが?
…と一瞬、疑ってしまったけど
純粋に、右京さんとのホノボノした交流を描いていた。

勿論、差し挟まれたエピに意味がないわけはなく
右京さんは彼女から反響定位(echolocation)について教えられ
それを活用して華麗に犯人を逮捕する。

これを代表例として、要するに
目が見えなくても他の器官を鋭敏にすることで
大きな行動をすることができるのだ!
という励ましを得た…と言えるよね。

逆に、不自由な部分はなくても
私利私欲に走り身体も頭も正しく使わないなら
心は光を感知できなくなってしまう…ということですな。


事件は生活保護に関する社会的なものだったけど
やはり見どころは右京さんの活躍。
少女との微笑ましい交流。
そして
メロンの箱を勝手に開けたり
上司が用意した右京さん達への菓子折を貰ったりして
ちゃっかりぶりを発揮しつつも
犯人の足音を聞いていたり
友里さんを呼び出す電話をかけたり
最後には少女が作ったビーズのパンダを修復した上
(あの状態でよく修復できたな…)
プレゼント用にウサギも作ってくれた和江さん
…ですね。

☆★☆★☆★☆★☆★

ゲスト:山崎一 佐藤寛子 山本道子
脚本:根本ノンジ
監督:橋本一



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


メロン 木箱入り


Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?


ビーズうさぎ
​​​​​​​​​​​

スノウ>『相棒season18』第5話 - 2019.11.10 Sun

​​​​​​​​第5話『さらば愛しき人よ』

☆★☆★☆★☆★☆★

1話飛ばしてしまった(笑)
今回は第5話。
冠城さんの元カノ話。


​「特命係の色男!」​byイタミン


冠城さんが5年前に交際していた女性は
今や大人気の覆面詩人スノウだった―

まあ、イタミンは全く知らなかったけどね(笑)

何かオシャレ過ぎ。
出逢ったのも、デートしたのも、こだわりの珈琲店
…ってのもオシャレ過ぎ。
分かれた理由も、幸せだと詩が書けないから
…ってのもオシャレ過ぎ。

特命係関わることになった切欠は
分かれた時より2年も後に出版された詩集に
冠城さんの写真が挟まれていたから
…ってのも。

その写真が、よくある2ショットの記念撮影風のものではなく
コーヒーカップを前にした男前写真(何ちゃそれ!?)
…ってのも。


でも、彼女が何故
頑なに正体を隠したがっていたのか
自分の幸せを犠牲してまで詩作に拘ったのか
その理由は暗く悲しく…ちょっとエグい(^^;)


だからこそ
この差を際立たせるためにこその
オシャレっぽさなのだろうな。

また、彼女にとっては
冠城さんと過ごした僅かな日々だけが
美しい夢だった…ということなのだろう。


んもう、冠城さんったら
​何人、元カノがいるのよ!?​
って感じだけど(笑)
毎回本気で、誠実を尽くしていたのだろう…とは思う。

もしかして、​陣川君ポジションも狙ってる?​
という疑惑もあるけど(笑)


あの珈琲店が、冠城さんと彼女を結び付け
2人の恋を純粋培養した実験器具の様な役割を果たした器具
…の様なものとするなら

その器具から冠城さんが離れてしまった後に
致命的な菌を注入したのがマスター。
いや、自らを菌として育ててしまったんだな。


彼女が「スノウ」として存在し続けていられる様に
彼女との別れを決意した冠城さんと

「彼女のため」と言いながら、自分の欲望のために
彼女の仮面を引き剥がそうとし
遂には殺害してしまったマスター。

この対比も面白い。


珈琲店なのに紅茶を注文する右京さん。

右京さんらしいと言えるけど…
あれ?
1話目あたりで、出されたコーヒーを素直に飲んでなかったっけ?

この時点でマスターに引っ掛かるものを感じ
紅茶で態度を示したのだったりしたら…凄過ぎ。


怒りを表す右京さんは良かった。
冠城さんに暴力を振るいそうになるのを阻止し
かつ、右京さんの「正義」を見せたから。


トランクに詰められた彼女の死体は美しかった。
ここもオシャレ過ぎ。

本当はそんなにきれいな状態を保ってはいなかっただろうから
冠城さんの心情を表す、これまた一種の、フィルター? 


☆★☆★☆★☆★☆★


ゲスト:佐藤江梨子 水橋研二
脚本:児玉頼子
監督:橋本一



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


スノウ


覆面作家は二人いる


コーヒーショップ


​​​​​​​​

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

スカーレット (94)
相棒 (120)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (29)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (7)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (16)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (4)
MV&歌詞訳(QUEEN) (10)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (25)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (65)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (56)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (2)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR