FC2ブログ
topimage

2019-04

Killer Queen>なんちゃって歌詞訳 - 2019.03.24 Sun

​​​​​​QUEEN
​『Killer Queen(キラークイーン)』​
を訳してみました。





素敵なキャビネットにはモエ・エ・シャンドン
「皆さんはケーキを食べればいいじゃない」
だなんて
まるでマリー・アントワネット
フルチショフとケネディ間の
緊張緩和だってお手のもの
彼女からお誘いが来たら、いつであろうと
断るなんて無理というもの

キャビアに紙巻煙草
完璧な礼儀作法
極上の女性でございます

彼女はキラークイーン
火薬に爆薬
レーザービーム付きのダイナマイト
お客様のお心を簡単に吹き飛ばしてしまうことでしょう
(いつであろうと)

お勧めの価格でございます
耐え難いほどそそられるでしょう?
お試しになりたいのではありませんか?


危険回避のため
一定の地には住みません
会話術は男爵夫人さながら
東洋のお客様には芸者さながらのおもてなし
はてさて
お気に召しますでしょうか

香水は勿論パリからのお取り寄せ(勿論)
車には無頓着
好みに煩く気難しいのです

彼女はキラークイーン
火薬に爆薬
レーザービーム付きのダイナマイト
お客様のお心を簡単に吹き飛ばしてしまうことでしょう
(いつであろうと)

その気になればすぐさま
子猫の様にはしゃぎまわり
かと思えば黙り込み
エネルギーが切れたのかと思える様子を示したり
間違いなく、お客様を夢中になせてしまうことでしょう
狙いを定めていますよ

彼女はキラークイーン
火薬に爆薬
レーザービーム付きのダイナマイト
お客様のお心を簡単に吹き飛ばしてしまうことでしょう
(いつであろうと)

お勧めの価格でございます
耐え難いほどそそられるでしょう?
お試しになりたいのではありませんか?

お試しあれ



     作詞作曲:フレディ・マーキュリー


☆★☆★☆★☆★☆★

映画『ボヘミアン・ラプソディ』のサントラに収録された4曲目。
(『20th Century Fox Fanfare』等は除きます)
『Doing All Right』はSmile時代と初期の初期に遡り
『Keep Yourself Alive』はジョン加入以前
今回はいよいよQUEENとしてフレディが手掛けた曲です。

私の英語力ではかなり難解なため、かなり意訳が入りました>スマソ

例えば
Met a man from China
Went down to Geisha Minor

芸者の様にるってことなのか
芸者のもとへ行くってことなのか
よく分かりません(^^;)

それと
何故、中国の人に逢うのに芸者なんだよ?
しかも唐突に個人名(?)が出て来るんだよ?
…と思うんですけども
韻を踏んでいるというわけですよね?

一応
「上流階級のコールガールについて歌った楽曲」
ということになっているらしいのですけれども
フレディはゲイだし
彼が考えたバンド名QUEENは俗語としてそういう意味を持っているし
「彼女」は女性とは限らないんじゃ…と思います。

「a pussy cat」は女性器という意味もありますが
「優しい人」「弱い男」を差すこともあるらしいですし。

いずれにしろ、かなりセクシーな内容を隠し持っている様ですが
ウブなひじゅにには読み取れませ~んスミマセン>ぉ



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


輸入盤


Night At The Odeon (ブルーレイ)


中古


​​​​
スポンサーサイト

Keep Yourself Alive>なんちゃって歌詞訳 - 2019.02.24 Sun

​​​​​​​QUEEN
​『Keep Yourself Alive』​を訳してみました。
邦題は『炎のロックンロール』





Take off

嫌になるほど言い聞かされてきた
人生にはあんなことやこんなことが待ち受けているもの
ちょっとは利口になれよ
毎日少しずつ良い方向へ行けって

でも、数えきれないほど河を渡り
計り知れないほどの距離を走り抜いたとしても
俺はまだスタート地点に留まったままだろう
その日暮らしに甘んじているだろう

そう、路地裏の店で何万枚も鏡を売った
でも、いつでもどこの窓にも自分の顔を映すことはなかった
でさ、親戚とかが説教してくるんだろう?
大物になれよ!ってさ
でもね、思うんだ
自分が満足しているなら、そのままで良いんだよ

生き続けろ 生きていればいい
時間や金を使い果たしてでも
生き残るんだ


数えきれないほどの女を愛したよ
ベラドンナで朦朧とした中で
飽きるほどのご馳走も平らげてきた
銀の盆で給仕されて

心と体を養うために必要なら
何でも与えてくれるんだろう
そうしたら俺も少しは成長して
俺なりのゴールに辿り着けるかもね

ウザいくらい言い聞かされてきた
生きていれば、あんな人こんな人と
嫌でも顔を合わせることになるってさ
どうすれば良いっていうんだよ
日々向上していくにはさ

でも、数えきれないほど河を渡り
計り知れないほどの距離を走り抜いたとしても
俺はまだスタート地点に留まったままだろう
何も変わっちゃいないだろう

生き続けろ 生きていればいい
時間や金を使い果たしてでも
生き残るんだ

Shake

生き続けろ 生きていればいい
時間や金を使い果たしてでも
俺を満足させてくれ


日毎に良い子になっていってるかい?
いいや、墓まで二歩ばかり近付いた気がするだけさ


生き続けろ そうさ、生きていればいい
時間を掴め、もっと金を掴め
生き続けろ

生き続けろ そうさ、生きていればいい
皆、生き続けろ 

生き続けろ そうさ、そうだよ 生きていることだ
時間や金を使い果たしてでも
俺を満足させてくれ

生き続けろ 生きていればいい
皆、生き続けろ

時間も金も残らず掴め
そうしたら生き残れる

自分を満足させろ



     作詞作曲:ブライアン・メイ

☆★☆★☆★☆★☆★

先回の『Doing All Right』はブライアンとロジャーが所属していた
Smile時代の曲。
今回の『Keep Yourself Alive』は、その2人とフレディが組み
ジョンがまだ加わる前に書かれた曲だそうです。

2曲合わせてQUEENの黎明期を飾る曲―
と言えるでしょうか。

素人の私の勝手な思い込み、もしくは偏見、あるいは願望(?)
なのでしょうが(笑)
前者は勿論、後者も、作者名にフレディの名は謳ってはいないのに
何となくフレディの影響が滲み出ている様な気がします。

つーか
フレディが歌うことで全てがフレディになっちゃっている
…という感じ。

唯一無二という言葉が最も似合う人だと思うのです。



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

フィギュア


戦慄の王女


Hungarian Rhapsody

​​​​​​

Doing All Right>なんちゃって歌詞訳 - 2019.01.27 Sun

​​​​​​QUEEN
​『Doing All Right』​を訳してみました。

映画『Bohemian Rhapsody』サントラの二曲目に収録されている曲です。
先回の『Somebody To Love』は一曲目。
全曲、順番に訳していこうかなと思っています。





昨日まで 僕の人生はメチャクチャだった
今日はもう すべきことをわきまえている
思うんだよ しっかりしなくちゃって
しっかりとね

明日の今頃は どこにいるんだろう
狂喜乱舞してるのかな
意気消沈しているかな
どっちにしても ちゃんとしてしなくちゃね
ちゃんと

光が差してくるのを待てば良いのか
何を言うべきか頭を巡らせながら
空が晴れ渡るのを待った方が良いのか
この世にはもう、時間はあまりない

陽が差すのを待ち続けるべきか
どっちにしても 身を隠さなくちゃ

昨日まで 僕の人生はメチャクチャだった
今この時 神は全てをご存知だ
どっちにしても しっかりしなくちゃ
しっかりとね

しっかりと



作詞作曲:ブライアン・メイ、ティム・スタッフェル

☆★☆★☆★☆★☆★

デビューアルバム『QUEEN(邦題:戦慄の王女)』収録。
元はQUEEN結成以前、ブライアンとロジャーが加わっていた
スマイルというバンドの曲です。

スマイル 
  ↓





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

QUEEN(戦慄の王女)


ブライアン・メイ


ロジャー・テイラー


​​​​​

Somebody To Love>なんちゃって歌詞役 - 2019.01.13 Sun

​​​​​​QUEEN
​『愛にすべてを(Somebody To Love)』​
を訳してみました。





誰かがもたらしてくれるとでもいうのですか
愛するに足る人を?

毎朝、目覚める度、少しずつ弱ってきているんです
やっと立っている状態です
鏡を見ては泣きたくなります
(鏡に映る自分をごらん、そして嘆くがいい)
神よ、あなたは僕に何をして下さるのですか?
この世に生を受けてからずっと
あなたへの信仰に身を捧げてきたのに
ホッとできる瞬間さえないのです、神よ
誰かを 誰かを
愛することのできる誰かをもたらしてくれる人がいるのですか

僕は必死に働いています
(彼は一生懸命働いている)
生まれてからずっと 毎日毎日
骨がガタガタになるまで働いて
終わりには
(一日の終わりには)
やっとの思いで稼いだ金を手に家へ帰り
跪いて 祈りを捧げます
涙が零れ落ちるまで
神よ
誰かを 誰かを
僕が愛せる誰かをもたらしてくれる人がいるというのですか?

(彼は一生懸命働いている)
日々、僕は努力して努力して努力しているのに
皆、僕を貶めようとするんです
僕は異常だって言うんです
頭には水が詰まっているんだろうって
常識がないって
信用できる人が誰もいないんです

ああ、神よ
誰かを 誰かを
愛することのできる誰かをもたらしてくれる人がいるのですか

感覚もありません
リズムもありません
ビートも失ったままです
大丈夫です
これで良いんです
負けたりしません
この牢獄から抜け出してみせます
いつか必ず
(いつの日にか)
僕は自由になります、神よ!

愛せる人を
愛することができる人を…

誰かがもたらしてくれるとでもいうのですか
愛するに足る人を?



   作詞作曲:フレディ・マーキュリー

☆★☆★☆★☆★☆★

この曲が最初に収録されたのは『華麗なるレース(A Day At The Races)』
タイトルといいジャケット絵といい『オペラ座の夜(A Night At The Opera)』と
対になっていると思われるアルバムです。
とすれば、曲の方も
『オペラ…』の『ボヘミアンラプソディ』と呼応しているのが、この曲でしょう。

オペラチックな『ボヘミアン…』に対し
こちらはゴスペルの様な作りが素敵です。

どちらも苦しい状況に置かれた若者が主人公です。
あちらは罪を犯し、最後は自暴自棄になってしまいますが
こちらは、始めのうちは絶望に打ちひしがれていましたけど
最終的には、受け身だった今迄の自分から脱却して前に進もうと決意します。
続きというより表裏一体という感じでしょうか。

まあ、この解釈で良いのか否か、自信はないのですが(笑)
それと、「愛するに足る人」という表現は
いささか傲慢かな…(^^;)>スマソ




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

フレディ フィギュア


華麗なるレース


オペラ座の夜


​​​​​​

Bohemian Rhapsody>なんちゃって歌詞役 - 2018.12.30 Sun

​​​​​​​​​QUEEN​
​​『Bohemian Rhapsody(ボヘミアンラプソディ)
訳してみました。

同タイトルの伝記映画が大ヒット中ということで
タイトル曲を(^^)





これは現実の人生なのか?
ただの夢なのか?
足元が崩れて
現実からは逃げられない
目を開けて
空と海を見上げてごらん

僕はただの貧しい子供
同情なんていらない
だって、自由気ままに生きてきたし
良いことも悪いことも、ちょっとはあったし
風がどっちに吹いたって
どうでもいいことさ、僕にはね


母さん、人を殺しちゃった
頭に銃を突き付けて
引き金を引いた
もう死んでる
母さん、人生は始まったばかりなのに
自分で台無しにしてしまったよ
母さん…
泣かせるつもりじゃなかった
明日の今頃、僕が戻らなくても
そのまま生きていってね、何事もなかった様に

もう遅い、僕の番が来てしまった
背中に震えが走る
ずっと身体中が痛い
さよなら、皆
僕は行かなくちゃ
皆を後にして真実に直面しなくちゃ
母さん…(どっちにしたって風は吹く)
死にたくないよ
いっそ生まれてこなければ良かったって思ったりするんだ


人の小さな影が見える
スカラムーシュ、道化者、バカ騒ぎしなよ
落雷と稲光が怖くてたまらないんだ
ガリレオ(ガリレオ)
ガリレオ(ガリレオ)
ガリレオ・フィガロ、偉大なる方よ

僕はただの貧しい子供
愛してくれる人なんて誰もいないんです

彼は貧しい家庭出身の可哀想な子供
この酷い状況から救い出してやってくれ

自由気ままに、僕を行かせてくれますか?

神の名に誓って!
いいや、お前を赦しはしない

彼を放免してやれ

神の名に誓って!
赦しはしない

彼を放免してやれ

神の名に誓って!
赦しはしない

僕を逃がして下さい

赦しはしない

僕を逃がして下さい

赦しはしない、決して決して決して

僕を逃がして

ダメだダメだダメだダメだダメだダメだダメだ

ああ、何てことだ何てことだ
マリア様、どうかお願いだから僕を逃がして
魔王が僕に悪霊を憑りつかせたんだ
僕に僕に僕に


だから、あなた達は
僕に石を投げ、僕の目に唾を吐きかけようとしているんだ
僕を愛すると同時に見殺しにすることもできると思っているんだ
そんなことはさせないさ
出て行かなくちゃ、こんな所から、すぐにでも逃げ出さなくちゃ…


大したことないさ
誰だって知ってる
何てことないんだ
もうどうでもいいんだ、僕には

風がどっちに吹こうとも…



作詞作曲:フレディ・マーキュリー


☆★☆★☆★☆★☆★

初めて聞いた時は、ちょっと散漫な印象を受けました>スマソ
だって、静かなコーラス(アカペラ)に始まって
切々たるバラードになって(ピアノの弾き語り)
泣きのギターが入って
オペラの様な掛け合いがあって(多重録音)
…と、てんこ盛り。
曲調も場面も切り替えが早く複雑な構成なので。

でも、二度目からは虜になりました。
何てドラマチックで壮大なのだろうと。

歌詞の解釈は色々ある様なので省きますが>スマソ×2
「僕」と「僕」に殺された男は、やはり
フレディ自身を投影しているのだろうと思います。

Freddie,I love you forever.




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


サウンドトラック(輸入盤)


オペラ座の夜


Messenger Of The Gods(輸入盤)


​​​​​​​

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

まんぷく (151)
相棒 (113)
半分、青い。 (154)
わろてんか (152)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (29)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (7)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (15)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(その他) (38)
食べ物・飲み物 (62)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (56)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)
なつぞら (17)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR