topimage

2017-10

『Moonlight』>なんちゃって歌詞訳 - 2017.08.06 Sun

Grace Vanderwaal(グレース・ヴァンダーウォール)の新曲
『Moonlight』を訳してみました。





あの子はいつも笑ってるの
朝から夜までよ
完全無欠のアイドルみたいな存在なの
私の人生一度の出逢いよ

ガラス細工の人形
あの子は凄い!って皆は思ってるけど
私には分かるの
あの子、壊れてしまいそう

去年のこと思い出して
あなた、言ったでしょ
いつもここにいて
置いていかないでって
あなたの瞳の光が、まるで
月明りの下、2人で踊っている様な
そんな気分にさせてくれたの

去年のこと思い出して
あなた、言ったでしょ
生まれた時から死ぬまでずっと続く物語になるわね…って
あなたの瞳の光が、まるで
月明りの下、2人で踊っている様な
そんな気分にさせてくれたの

月明りの下、あなたは踊っていた
月明りの下、私も踊っていた

今、あの子は道を見失って
笑うことも忘れてる
やすらぎは得られないわ
現実から目を逸らすばかりの人生では

ガラス細工の人形
あの子は凄い!って皆は思ってるけど
私には分かるの
あの子、壊れてしまいそう

去年のこと思い出して
あなた、言ったでしょ
いつもここにいて
置いていかないでって
あなたの瞳の光が、まるで
月明りの下、2人で踊っている様な
そんな気分にさせてくれたの

去年のこと思い出して
あなた、言ったでしょ
生まれた時から死ぬまでずっと続く物語になるわね…って
あなたの瞳の光が、まるで
月明りの下、2人で踊っている様な
そんな気分にさせてくれたの

月明りの下、あなたは踊っていた
月明りの下、私も踊っていた

そんな、あなたとの日々が恋しい
分かち合っていたわよね
あなたと私で

去年のこと覚えているわ
私、言ったわよね
いつもここにいるって
あなたを一人にはしないって
あなたの瞳の光が、まるで
月明りの下、2人で踊っている様な
そんな気分にさせてくれるのって

去年のこと思い出して
あなた、言ったでしょ
いつもここにいて
置いていかないでって
あなたの瞳の光が、まるで
月明りの下、2人で踊っている様な
そんな気分にさせてくれたの



          作詞作曲:Ido Zmishlany
               グレース・ヴァンダーウォール

★☆★☆★☆★☆★☆

私はまだよく知らないんですが>スマソ
シンガーソングライターIdo Zmishlanyと組んで作った曲らしく
そのせいか、今迄とは少しばかり傾向の異なる作品になっていると思います。

今風でキャッチ―な感じ?

グレース自身も髪型のせいもあってか、随分と大人っぽくなりましたね。
去年のオーディション時は、まだ子供子供していたのに
垢抜けたし、ちょっとセクシーにもなってきました。

女の子は怖い?

これからどんどん成長していくのを
リアルタイムで見守っていけるのが嬉しいです。

楽しみ★


Perfectly Imperfect
スポンサーサイト

I Don't Know My Name>なんちゃって歌詞訳 - 2017.07.30 Sun

Grace VanderWaal(グレース・バンダーウォール)の
『I Don't Know My Name』を訳してみました。





私は自分が誰なのか分からない
ルール通りにゲームしているわけじゃない
あなたは言うの
ただ、そんなふりしてるだけって
ただのそぶりだって

あなたは、お姉ちゃんの友達なんでしょ
かなり仲良しみたいね
あなたは聞くの
何故、私が髪を切ったのかって
何故、すっかりイメチェンしちゃったのかって

私は自分が誰なのか分からない
ルール通りにゲームしているわけじゃない
あなたは言うの
ただ、そんなふりしてるだけって
ただのそぶりだって

私、穏やかで皆に好かれる子になれたのよ
マーチングバンドに入ったの
生涯最高の友が何人もできた
人の海の中から見つけてもらおうとするのはやめたの

どうか何も聞かないで
ピッタリな答は出ると思うの
私はただ言うだけ

私は自分が何者なのか知らないの
ルール通りにゲームしているわけじゃないの
だからあなたは言うのね
ただ、そんなふりしてるだけって
ただのそぶりだって

今、私は私が分かる
ルール通りにゲームしているわけじゃない
私は行動しようとしていないって、あなたは言うけど
私は自分の生き方を見つけようとしているのよ


             作詞・作曲・歌唱・ウクレレ
             グレース・バンダーウォール


★☆★☆★☆★☆★☆

グレース・バンダーウォールのデビュー作です。
『America’s Got Talent』(アメリカのオーディション番組)に
この曲を引っ提げて出場したのが昨年、彼女が12歳の時でした。

12歳というと、まだ子供というイメージ(偏見?)があるんですが
実際、オーディション時の彼女は子供子供しているんですが
作る曲はなかなか凄いなあと思います。

いや、専門的にどうかってのは、まるで分からないんですけど
とにかく心に迫ってきます。


オーディション風景






☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


日本版ボーナストラック3曲の内1曲はエド・シーランの『Aチーム』


Clay>何ちゃって歌詞訳 - 2017.07.23 Sun

13歳のシンガーソングライター
Grace VanderWaal(グレース・バンダーウォール)の
『Clay』を訳してみました。





廊下に女の子がいるのが目に入ると
あなたは友達にコソコソ聞くのよね
「で、あの子誰?」
一日かそこらで
どんな子だったかも忘れちゃうのね

そんなあなたが言うことになんか私は傷つかない
私は平気
あなたに私を傷つけることはできない
私は型に嵌められたりはしないもの

バカみたいなことしか言えないのよね
私はあなたと同じ土俵に立ったりはしないわ
だから、殴ったって悪口言ったって
アレコレからかったってフザケた遊びに巻き込もうとしたって
何にもならないわよ
何だってへっちゃらよ
ほら、全部スルーよ
だって、私には何の意味もないんだもの
私は粘土じゃない


廊下に女の子がいるのが目に入るけど
その子はニッコリ笑って歩き去って行く
彼女を痛めつけようとしたのが、そもそもの間違いね
分からないかな?
壊されるために居るわけじゃないのよ

だって、あなたには
私を傷つけることはできない
私は型に嵌められたりはしないもの

バカみたいなことしか言えないのよね
私はあなたと同じ土俵に立ったりはしないわ
だから、殴ったって悪口言ったって
アレコレからかったってフザケた遊びに巻き込もうとしたって
何にもならないわよ
何だってへっちゃらよ
ほら、全部スルーよ
だって、私には何の意味もないんだもの
私は粘土じゃない

私を変えようとするけど
お嬢ちゃん、私は粘土じゃないの
悪いけど、今日はダメ
お嬢ちゃん、私は違うの

私を変えようとするけど
お嬢ちゃん、私は粘土じゃないの
悪いけど、今日はダメ
お嬢ちゃん、私は粘土じゃない

バカみたいなことしか言えないのよね
私はあなたと同じ土俵に立ったりはしないわ
だから、殴ったって悪口言ったって
アレコレからかったってフザケた遊びに巻き込もうとしたって
何にもならないわよ
何だってへっちゃらよ
ほら、全部スルーよ
だって、私には何の意味もないんだもの
私は粘土じゃない



          作詞・作曲・歌唱・ウクレレ演奏
           グレース・バンダーウォール・

☆★☆★☆★☆★


何だか最近、年下の子ばかり好きになるんですが…

リア・ドウやコーディ・フロストが十代後半で
ちょいとヤバイかしら?…と思ってたのに

バーズ&メロディとなると、十代半ば
うむむ…となって

そして遂に十代前半の
グレース・バンダーウォールちゃんのファンになってしまいましたっ。

グレースは2004年生まれ。
昨年、12歳の時に『America's Got Talent』
(アメリカのオーディション番組)で優勝。
「未来のテイラー・スイフト」と呼ばれ、デビューしました。

この『Clay』はイジメをテーマにしたものです。
先回のBars & Melody『Hopeful』と同じ。
H.O.TH.O.T.『戦士の末裔(暴力時代)』も、そうだったし
特に十代には付き物の悩みなんでしょうね。

聞いていると、涙がこぼれてきます。

*「I won’t live inside your world」を
「私はあなたと同じ土俵に立ったりはしないわ」と訳したのは
力技だったかも?(笑)



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


輸入盤


日本版>ボーナストラックあり


『Hopeful』>なんちゃって歌詞訳 - 2017.07.16 Sun

Bars and Melody(バーズ&メロディ)のデビュー曲
『Hopeful』を訳してみました。





神様、助けて
独りぼっちで、凄く寂しいんだ
僕はただの子供なんだよ
だから自分ではどうにもできない
この歌を書きながら、たくさんたくさん泣いた
溶け込もうと頑張ったのに
僕の居場所は見つからない

毎朝、目覚めるたび
家から出るのが嫌で仕方ない
母さんが僕に聞くんだ
どうしていつも独りなの?って
怖くて口に出せない
大声で叫んでしまいそうで怖いんだ
学校が近づいてくるにつれ首筋に汗が流れ落ちる
僕はただの子どもなんだよ
ストレスなんて抱えていたくない
ピリピリと神経逆立ててるのなんて嫌だ
僕の人生はもうメチャクチャだよ

悪意のこもった嫌な綽名で呼ばれるんだ
母さんに打ち明けたいとも思うけど
母さんは母さんで父さんと揉めてる最中だから
身動き取れない気持ちになるんだ
帰れる場所なんてないって気がする
学校に行ってまで喧嘩はしたくない
勉強がしたいんだ
ねえ、いじめっ子君、僕が何をしたの?
僕には父さんがいなくて、母さんとだけ暮らしてるから?


だって、僕は希望を持ってる
そうさ、今日だって希望に満ちてる
この曲を受け取って
君を連れて行ってくれるよ
希望を持って、希望に満ち溢れて
道を開いてくれるよ
そりゃあ、簡単なことじゃないさ
でも、大丈夫だよ
希望を持って


何故、僕にちょっかいかけてくるの?
肌の色のせい?
太ってるから?
それとも痩せてるから?
僕を負け犬とか馬鹿とか言うけど
僕には他にやりようがないんだよ
学校には行かなくちゃ

傍で支えてくれる天使がいたらなあ
怖くてぶるぶる震えてるんだ
すっかり怖気づいちゃってるんだ
そんな風に見えなければ良いんだけど
何故いつも僕を傷つけるの?
本を破り捨てるの?


だって、僕は希望を持ってる
そうさ、今日だって希望に満ちてる
この歌を受け取って
君を連れて行ってくれるよ
希望を持って、希望に満ち溢れて
道を開いてくれるよ
簡単なことじゃないさ
僕にだって分かる
でも、大丈夫だよ
希望を持って


毎日お金を差し出さなくちゃならない
生まれたくて生まれてきたわけじゃないのに
代価を払わなきゃいけないの?
食べる物もない、持ってるものはみんな奪われる
それでもまだ、バッグの中を掻き回される

君に見てほしくて、この歌を書いているんだ
友達にはなれなかったね、僕達
いじめっ子君、ちょっと待ってよ
毎日毎日、僕を跪かせるよね


だって、僕は希望を持ってる
そうさ、今日だって希望に満ちてる
この歌を受け取って
君を連れて行ってくれるよ
希望を持って、希望に満ち溢れて
道を開いてくれるよ
簡単なことじゃないさ
僕にだって分かる
でも、大丈夫だよ

だって、僕は希望を持ってる
そうさ、今日だって希望に満ちてる
(今日だって希望に満ちてる)
この歌を受け取って
(バーズ&メロディ)
君を連れて行ってくれるよ
(連れて行ってくれるよ)
希望を持って、希望に満ち溢れて
道を開いてくれるよ
簡単なことじゃないさ
僕にだって分かる
でも、大丈夫だよ
希望を持って


今着ている服しか、もう僕にはないよ
家もない、バッグ一つだけ
ねえ、いじめっ子君、助けてよ
僕だって血の通った人間なんだよ
分かってほしいよ



☆★☆★☆★☆★

イギリスの少年レオンドルチャーリーの2人組。

既に有名な話ですが
2人の出逢いと、この曲の誕生の由来を簡単に書くと

2009年:
レオンドル、いじめと両親の離婚に悩むも
趣味のラップを心の支えにする。

2013年:
Youtubeでチャーリーの動画を観たレオンドルは
「一緒にやろう」とメッセージを送る。

2014年1月:
Bars and Melody結成。
『Hopeful』を作る。

同年4月:
『Britain's Got Talent』出演。
   *イギリスのオーディション番組
    ポール・ポッツやスーザン・ボイルを生み出したことで有名

歌い終わると観客からゴールデンブザー(予選通過を確定)を!との歓声が上がり
審査員の一人で辛口で有名なサイモン・コーウェルがブザーを押した。
彼は「この曲はヒットすると思う」「君たちが大好きだ」と絶賛。
決勝では3位に。

同年7月:
『Hopeful』がシングルとして発売されデビュー。


★オーディション『Britain's Got Talent』★






☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


『Hopeful』>DVD付き



『Teen Spirit (EP)』>輸入盤


『Never Give Up』>DVD付き


Wild Horses>なんちゃって歌詞訳 - 2017.07.08 Sat

朝ドラにローリング・ストーンズの名前が出て来たので
彼らの曲を訳してみました。

『Wild Horses』
(作詞作曲:ミック・ジャガー、キース・リチャーズ)




ガキの頃は、何てことなく生きていた
欲しがるものは何でも買ってやっただろ
ダメ女め、俺が何様だと思ってるんだ
お前を手放すことなんて出来ないと思ってるんだろう

荒馬に俺は引きずられない
荒馬は俺を引きずっては行けない

鈍痛に苛まれる お前を見て来た
その痛みを今度は俺に味合わせようというのか
混雑して前を見通せない出口も 舞台裏の行列も
苦々しい気分になるだけ
でなきゃ、お前を邪険に扱うことになるだけ

荒馬に俺は引きずられない
荒馬は俺を引きずっては行けない

そうさ、俺はお前に罪と嘘を夢想してた
自由はあるけど時間はない
信頼は失われ 涙が溢れ出るばかり
死んだ後も俺達、同じ様にやって行こうぜ

荒馬に俺は引きずられない
荒馬に、いつか一緒に乗ろう
荒馬は俺を引きずっては行けない
荒馬に、いつか一緒に乗って行こう


★☆★☆★☆★☆★☆


実を言うと、この曲を知ったのはスーザン・ボイルのカバーで
気に入って何度も聞いたのですが
オリジナルの方はまだあまり馴染んでいません(^^;)

最初、野生馬の様に奔放で扱い難い(けど魅力的)な女性との
愛(もしくは腐れ縁)を歌ったものなのかな…
と勝手に思っていたのですが
後半では、馬と「お前」は別の存在なのが明らかになっているので
全然違うみたいです(笑)

もしかしたら
「お前」は自分自身の人生
もしくは人生における“夢”で
(ミック・ジャガーなら、それは音楽?)
「荒馬」は人生に立ち塞がる不穏なもの
あるいは“死”そのものを表しているのかも?

穿ち過ぎ?


↓スーザン・ボイルはこちら





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


3CD+DVD+7インチ/輸入盤


DVD >Live In Knebworth 1976


スーザンボイルCD輸入盤


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

わろてんか (17)
ひよっこ (157)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (42)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR