FC2ブログ
topimage

2019-06

野生花(Wild Flower)>なんちゃって歌詞訳 - 2019.06.09 Sun

​​​​​​​パク・ヒョシン
​『野生花(Wild Flower)』​
を訳してみました。





真っ白に花開いた一輪の氷の花
心地よい風に顔を出す
何も言えない 名前も知らない
過ぎ去った日々に涙が零れる

冷たい風に隠れていた
一筋の日差しが身体を溶かす
そんな風に君はもう一度 僕のところに帰って来る

楽しかった思い出だけ
恋しい思いだけ
君が去って行った道の上に
こんな風に残っている

忘れられる程に
平気でいられる程に
涙を溜めて待ち続け 震えも止まる頃に
再び僕は花を咲かせよう


愛は咲いてはまた散る
燃え尽きる花火
雨水に濡れそうで両目を閉じる

幼く小さかった僕の心
眩しく輝く思い出の中
こんな風に僕はまた君を呼んでみる

楽しかった思い出だけ
恋しい思いだけ
君が去って行った道の上に
こんな風に残っている

忘れられる程に
平気でいられる程に
涙を溜めて待ち続け 震えも止まる頃に
再び僕は


干からびていく地面の上
身体中が燃え上がり
指先に残る
君の香りが散らばって飛んで行く
遠ざかっていく君の手を
掴むことができなくて辛い


生きていける程に
憎んだ程に
遠い将来 君を連れて行く
その春に その日に 僕は花を咲かせる



作詞:キム・ジヒャン、パク・ヒョシン
作曲:チョン・ジェイル、パク・ヒョシン


☆★☆★☆★☆★☆★☆

パク・ヒョシンの歌を初めて聞いたのは
ドラマ『ごめん、愛してる』の主題歌
『雪の華』(中島美嘉の同名曲の韓国語カバー)でした。

リアルタイムで観たわけではないので、そんなに前じゃないんですけど。

ドラマは結構ハマったし>感想書くと言ってまだ書いてない(^^;)
曲も効果的に使われているな、とは思ったんですけど
凄く心惹かれる…という程ではありませんでした>スマソ

それが、ある日
YouTubeを開いたら、この『野生花』がお勧めに挙がっていて―

実を言うと
愛するムン・ヒジュンが入隊してからこっちK-POPを聞く気力が失せ
除隊後は少し聞く様にはなったものの
ヒジュンの結婚騒動で再び遠ざかってしまいました。
べべべべつにヒジュンが既婚者になったからってえファンをやめたわけじゃないし
つーか、ヒジュンの曲だけは聞いていたんですけど
その他のK-POPからは、しばらく遠ざかっていました。

でも、その日、何となく聞いてみようかという気持ちになり
聞いたらすっかりハマってしまいましたとさ(笑)






☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


『雪の華』収録


1集


『野生花』収録
​​​​​​​
スポンサーサイト

Fat Bottomed Girls>なんちゃって歌詞訳 - 2019.05.12 Sun

​​​​​​QUEEN
​​『Fat Bottomed Girls(ファットボトムドガールズ)​​
を訳してみました。





今夜、俺を連れ帰ってくれ
赤々と燃える火の傍へ
何もかも曝け出してくれよ
ケツのでかい女達
世界を動かしているのは、お前達さ

俺はただの痩せっぽちの若造で
善悪の区別も分からなくて
でも、育児室から卒業するより早く
人生を学んでた
太っちょファニーと2人きりにされて
あいつはとんでもないナニー(乳母)でさ
デカ尻女が俺をイケナイ子に作り上げたのさ

俺はバンドで歌ってた
電線を伝って国を超えて
青い目のカワイ子ちゃん達もより取り見取り
でも、その子達の顔やスタイルの良さなんか
じきに飽きがきて
ゲスい女達のもとへ飛んで行きたくなる

今夜、俺を連れ帰ってくれ
赤々と燃える火の傍へ
お前は何でも与えてくれる
ケツのでかい女達
世界を動かしているのは、お前達さ
ケツのでかい女達
世界を動かしているのは、お前達さ

なあ、聞いてくれよ
家は抵当に入ってるし
身体はガタガタだし
ここらには美しいお姫様なんていやしない
それでもまだ俺なりのお楽しみがある
最高のお宝はまだある
デカ尻が俺をいっぱしの男にしてくれるのさ

今夜、俺を連れ帰ってくれ
赤々と燃える火の傍へ
何もかも曝け出してくれよ
ケツのでかい女達
世界を動かしているのは、お前達さ

ケツのでかい女達
世界を動かしているのは、お前達さ

自転車に乗って走り出せ

ケツのでかい女達



     作詞作曲:ブライアン・メイ

☆★☆★☆★☆★☆★

え~っと…
女性として、どう受け止めて良いのかよく分からない曲ですので
ちょっと下品に訳してみました(笑)

まあ、三つ子の魂百まで…じゃないですけれども
最初の経験が強烈だったために
生涯、女性の好みが一貫して変わらなかった―
ということでせうか?

若者が粋がって歌っているのではなく
人生に疲れた年齢の男性が最後の強がりを見せている感じ?

理知的な雰囲気(&痩せ型)のブライアンが作者というところが
ミソでせうか?

終わりの方の「自転車に乗って走り出せ」
『Bicycle Race』と呼応しているわけですが
サントラに『Bicycle…』は収録されていません(残念)



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


JAZZ>輸入盤


グレイテストヒッツ


サントラ>輸入盤

​​​​​

Goodbye>なんちゃって歌詞訳 - 2019.05.09 Thu

​​​​​​5月6日にリリースされたばかりの
​​パク・ヒョシン
​​
『Goodbye』
を訳してみました。





遠ざかっていく午後を眺めている
通り過ぎていく、あの時の思い
記憶の曲がり角に記された君が
今はここにいる

今は止まってしまった画面の中で
夏の日差しの様な笑顔を僕に向けている君
もしかしたら これが最後のGoodbye
長いこと傍にいてくれて ありがとう
こんな風に言うことが何であんなに難しかったのだろう
もうGoodbye


僕達は違う夢を探していたんだよね
幼い頃に遊んだ鬼ごっこみたいに
陽が沈む様に一人残された僕が
今ここにいる

もう止まってしまった画面の中で
夏の日差しの様な笑顔を僕に向けている君
もしかしたら これが最後のGoodbye
長いこと傍にいてくれて ありがとう
こんな風に言うことが何であんなに辛かったのだろう


固く手を握り合った君とのGoodbye
堪えきれずに流れる涙
もしかしたら これが最後のGoodbye
共に過ごした日々はどれも愛しい
こんな風に言うことが何であんなに難しかったのだろう
もうGoodbye
Goodbye


  作詞:キム・イナ
  作曲:パク・ヒョシン、チョン・ジェイル


☆★☆★☆★☆★☆★

最近、彼にちょいとハマっております。

どどどどうして、こうもワタクシは
男声のファルセットに弱いのでせう(^^;)

「日が暮れる頃の日差しと登る頃の日差しは違わないこと
行くものと来るものは結局のところ長く続くこと
その間、変わらず語られてきた関係と愛の物語の中の
必然的要素である“別れ”を
断絶ではなく“手放すこと”
そして“新しい始まり”として解き明かそうとした」
と、ヒョシン氏は述べています。



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


*まだこの曲は日本では出てないみたいです(TーT)

7集


6集PART.1


6集PART.2

​​​​​

Killer Queen>なんちゃって歌詞訳 - 2019.03.24 Sun

​​​​​​QUEEN
​『Killer Queen(キラークイーン)』​
を訳してみました。





素敵なキャビネットにはモエ・エ・シャンドン
「皆さんはケーキを食べればいいじゃない」
だなんて
まるでマリー・アントワネット
フルチショフとケネディ間の
緊張緩和だってお手のもの
彼女からお誘いが来たら、いつであろうと
断るなんて無理というもの

キャビアに紙巻煙草
完璧な礼儀作法
極上の女性でございます

彼女はキラークイーン
火薬に爆薬
レーザービーム付きのダイナマイト
お客様のお心を簡単に吹き飛ばしてしまうことでしょう
(いつであろうと)

お勧めの価格でございます
耐え難いほどそそられるでしょう?
お試しになりたいのではありませんか?


危険回避のため
一定の地には住みません
会話術は男爵夫人さながら
東洋のお客様には芸者さながらのおもてなし
はてさて
お気に召しますでしょうか

香水は勿論パリからのお取り寄せ(勿論)
車には無頓着
好みに煩く気難しいのです

彼女はキラークイーン
火薬に爆薬
レーザービーム付きのダイナマイト
お客様のお心を簡単に吹き飛ばしてしまうことでしょう
(いつであろうと)

その気になればすぐさま
子猫の様にはしゃぎまわり
かと思えば黙り込み
エネルギーが切れたのかと思える様子を示したり
間違いなく、お客様を夢中になせてしまうことでしょう
狙いを定めていますよ

彼女はキラークイーン
火薬に爆薬
レーザービーム付きのダイナマイト
お客様のお心を簡単に吹き飛ばしてしまうことでしょう
(いつであろうと)

お勧めの価格でございます
耐え難いほどそそられるでしょう?
お試しになりたいのではありませんか?

お試しあれ



     作詞作曲:フレディ・マーキュリー


☆★☆★☆★☆★☆★

映画『ボヘミアン・ラプソディ』のサントラに収録された4曲目。
(『20th Century Fox Fanfare』等は除きます)
『Doing All Right』はSmile時代と初期の初期に遡り
『Keep Yourself Alive』はジョン加入以前
今回はいよいよQUEENとしてフレディが手掛けた曲です。

私の英語力ではかなり難解なため、かなり意訳が入りました>スマソ

例えば
Met a man from China
Went down to Geisha Minor

芸者の様にるってことなのか
芸者のもとへ行くってことなのか
よく分かりません(^^;)

それと
何故、中国の人に逢うのに芸者なんだよ?
しかも唐突に個人名(?)が出て来るんだよ?
…と思うんですけども
韻を踏んでいるというわけですよね?

一応
「上流階級のコールガールについて歌った楽曲」
ということになっているらしいのですけれども
フレディはゲイだし
彼が考えたバンド名QUEENは俗語としてそういう意味を持っているし
「彼女」は女性とは限らないんじゃ…と思います。

「a pussy cat」は女性器という意味もありますが
「優しい人」「弱い男」を差すこともあるらしいですし。

いずれにしろ、かなりセクシーな内容を隠し持っている様ですが
ウブなひじゅにには読み取れませ~んスミマセン>ぉ



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


輸入盤


Night At The Odeon (ブルーレイ)


中古


​​​​

Keep Yourself Alive>なんちゃって歌詞訳 - 2019.02.24 Sun

​​​​​​​QUEEN
​『Keep Yourself Alive』​を訳してみました。
邦題は『炎のロックンロール』





Take off

嫌になるほど言い聞かされてきた
人生にはあんなことやこんなことが待ち受けているもの
ちょっとは利口になれよ
毎日少しずつ良い方向へ行けって

でも、数えきれないほど河を渡り
計り知れないほどの距離を走り抜いたとしても
俺はまだスタート地点に留まったままだろう
その日暮らしに甘んじているだろう

そう、路地裏の店で何万枚も鏡を売った
でも、いつでもどこの窓にも自分の顔を映すことはなかった
でさ、親戚とかが説教してくるんだろう?
大物になれよ!ってさ
でもね、思うんだ
自分が満足しているなら、そのままで良いんだよ

生き続けろ 生きていればいい
時間や金を使い果たしてでも
生き残るんだ


数えきれないほどの女を愛したよ
ベラドンナで朦朧とした中で
飽きるほどのご馳走も平らげてきた
銀の盆で給仕されて

心と体を養うために必要なら
何でも与えてくれるんだろう
そうしたら俺も少しは成長して
俺なりのゴールに辿り着けるかもね

ウザいくらい言い聞かされてきた
生きていれば、あんな人こんな人と
嫌でも顔を合わせることになるってさ
どうすれば良いっていうんだよ
日々向上していくにはさ

でも、数えきれないほど河を渡り
計り知れないほどの距離を走り抜いたとしても
俺はまだスタート地点に留まったままだろう
何も変わっちゃいないだろう

生き続けろ 生きていればいい
時間や金を使い果たしてでも
生き残るんだ

Shake

生き続けろ 生きていればいい
時間や金を使い果たしてでも
俺を満足させてくれ


日毎に良い子になっていってるかい?
いいや、墓まで二歩ばかり近付いた気がするだけさ


生き続けろ そうさ、生きていればいい
時間を掴め、もっと金を掴め
生き続けろ

生き続けろ そうさ、生きていればいい
皆、生き続けろ 

生き続けろ そうさ、そうだよ 生きていることだ
時間や金を使い果たしてでも
俺を満足させてくれ

生き続けろ 生きていればいい
皆、生き続けろ

時間も金も残らず掴め
そうしたら生き残れる

自分を満足させろ



     作詞作曲:ブライアン・メイ

☆★☆★☆★☆★☆★

先回の『Doing All Right』はブライアンとロジャーが所属していた
Smile時代の曲。
今回の『Keep Yourself Alive』は、その2人とフレディが組み
ジョンがまだ加わる前に書かれた曲だそうです。

2曲合わせてQUEENの黎明期を飾る曲―
と言えるでしょうか。

素人の私の勝手な思い込み、もしくは偏見、あるいは願望(?)
なのでしょうが(笑)
前者は勿論、後者も、作者名にフレディの名は謳ってはいないのに
何となくフレディの影響が滲み出ている様な気がします。

つーか
フレディが歌うことで全てがフレディになっちゃっている
…という感じ。

唯一無二という言葉が最も似合う人だと思うのです。



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

フィギュア


戦慄の王女


Hungarian Rhapsody

​​​​​​

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

まんぷく (151)
相棒 (113)
半分、青い。 (154)
わろてんか (152)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (29)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (7)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (15)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(その他) (41)
食べ物・飲み物 (63)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (56)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)
なつぞら (68)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR