FC2ブログ
topimage

2020-07

13日の13話>『エール』(再放送)第13話 - 2020.07.13 Mon

​​​​​​​​​​​​​​​​出演者による副音声付き再放送も3週目。

話数でいうと
第13話(本放送3週目半ば)~18話(4週目半ば)

そして今週の担当は​藤堂先生​

さてさて…?

…ひじゅにですが何か?



​「トウモロコシだ」​by藤堂



↑う~ん…冗談かな本気かな?>ぇ



ハーモニカ倶楽部で初めての自作披露、初めての指揮。
でもそれは、初めてにして最後…だった。

…ということが、回想シーンを織り交ぜて描かれる。

…ということが、藤堂先生によって丁寧に解説される。


本放送の時は、藤堂先生が顔を出したのはほんのちょっとで
取って付けた様な印象がないでもなかった(笑)
それに、あくまでも、メインの話は裕一だしね。

でも、藤堂先生が藤堂先生の視点で話してくれるので
存在感が増したというか、存在価値が出て来たというか(笑)


何度か書いたけれども
藤堂先生は立ち位置的には草間さん@『スカーレット』の様なのだけど
彼自身の存在感も
彼を通して浮かび上がって来る主人公の成長も
草間さんには遠く及ばない感じなのが、ちょい不満だった。

先生のキャラも、森山直太朗さんの演技や雰囲気も
なかなか良いな…と思えるので
それが生かされていないなあ…と。


それが、当初は良そうもできなかった状況により
このような形での再放送となって
それで却って改善されるというのは嬉しいことだな。

久志、吟、そして藤堂先生…と、これで3人目になるから
スタッフの方も慣れて要領が分かってきたのか
ハジケてきたのか
森山さんの持ち味なのか

…知らんけども(笑)

藤堂先生​⇔​裕一
なのが本来だと思うけど
そこが、てんで弱かったわけで…

今回により、少なくとも
藤堂先生​⇒​裕一
なのは伝わってきたな。
 


お話に関しては―


「“喜多一”を…おめえでも浩二でもなく
赤の他人に継がせるって考えっと嫌なもんだ」by父さん

当時は家は何より大事だったのだろうな。
現代の感覚では>いや、ひじゅに個人の感覚か?
「父さん、それはちょっと傲慢ってものじゃ…?」
と思っちゃうけどさ(笑)

でも、長男の裕一ではなく、次男の浩二を跡取りと決めたのは
浩司の気持ちを思いやって…というのでも
浩司の能力を買って…というのでもなく
裕一を自由に羽ばたかせるため
…だよね?

そうじゃないと父さんは言うかもしれないけど
そうとしか見えないじゃん。

なのに、そのために肝心の裕一を養子に出す羽目になるとは
どこまで行っても​ダメダメ​な父さんの図ぅ?


窪田正孝さんは、コメディよりも
シリアスに苦悩する演技の方が決まっている感じがするけど
だから、そういうシーンを入れたのは正解という気もするけど

それでも、一向に
裕一に同情する気持ちにならないのは何故?

まあ、どのみち、将来は音楽で成功することが分かっちゃっているからだろうな。
養子になれば権藤姓になるはずだけど、作曲家となった裕一は古山姓だから
養子の件も解決するのはバレバレだし。

それに、何より
ここまでの経緯がイマイチだからだよなあ…


藤堂先生
裕一に関するモヤモヤも、先生の解説で解決して!​>ぉ



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


音楽隊>コースター


トウモロコシを持つクマ


コンダクター


​​​​​​​​​​​​​​​​
スポンサーサイト



その12>『エール』(再放送)第12話 - 2020.07.11 Sat

​​​​​​​​​​​​火野正平さんの『こころ旅』は既に撮影を再開し
来週から放送が始まるらしい。

新しい姿が観られるのは嬉しいけど
心配でもある。

取り合えずロックダウンは解除されたけど
東京では、それ以前よりも感染者が増える一方だし
ワクチン等が出来上がるのは早くて来年…という噂もあるし

ひじゅには持病のための通院も怖くて延期の延期の延期中
でも、近いうちには行かなくちゃならないし

色々と気が滅入る(^^;)

…ひじゅにですが何か?



​「変な顔」​by吟



↑吟さんったら
今日が最後だとばかりに言いたいこと言ってくれました(笑)>ぉ



取り合えずハーモニカ倶楽部のアレコレは終了。

週を跨った形での再放送だけど
内容が土曜日である今日に上手いことハマったな。

先週も、裕一メインの話の締めが6話だったので
ある意味、却って合ってたし。


ハーモニカ倶楽部に課しては―

今回の話においては、​史郎​の使い方は良かったと思う。
できれば、子供時代から、もうちょい上手く彼を動かしていれば
物語的にも視聴者の思い入れ的にも、もっと深みがあっただろう。
そこがちょっと残念。

​会長​は…やっぱ、ナンダカナ…
いや、ああいう結末になるであろうことは
ミエミエというかバレバレというか
要はベタ過ぎ(笑)

ベタだから脳内補完は容易だけど
ベタだからこそ、そこに工夫が欲しかったのになあ…
でなければ
ベタにして分かりやすくした分、大きなテーマを織り込むとかさ…

物凄く単純なツンデレで終わってしまった様な(^^;)


“喜多一”に関しては―

家業が潰れてしまうのは実話通りだし
父さんに商才がないのはスンナリ伝わって来るし>唐沢さんのおかげ?
それで裕一の将来への試練のひとつとして
ドラマを盛り立てようとする意図は分かるんだけどさ…

でもって
祖父母は悪役っぽく描いたまま回収無しなので置いとくとしても
​茂兵衛​さんは最初から苦しい立場にあることが描かれていて
そこは人間ドラマとして掘り下げる算段だったのだろうと思えるのだけど
結局、上手く行かないままだったよね。


風間さんの演技力で、最後(本放送での今の時点での)の登場シーンも
味のあるものになっていたのだけど
(つまり何とか、この養子エピに収集付けてだけど)
彼でなかったら中途半端もイイトコ…で終わっちゃった気がする。


母さん「私達、家族でしょ!?」
茂兵衛「俺はこの家族と、この家を守りてえだけだ」

茂兵衛さんが完全な悪役だったら
却ってここは、古山家に同情的になることができただろうけど
そうではないから、茂兵衛さんばかりが気の毒で、古山家にちょい不快感。
浩司の気持ちを慮ってか否かは分からないけれど
後継ぎに決めたのも、何か取って付けたかの様な印象だったし
裕一の気持ちを慮って養子の件を悩むのも、ちょっと身勝手な感じ>酷?

主役の両親だからって良いところばかりを描くわけじゃない
寧ろ​​多面的​に人間を描いている
…と解釈もでき…るかなあ…?

ちょいと微妙(笑)


まあ、今更だけど(笑)
でも、再び観てみて同じ感想を抱いてしまった。


さて、来週は藤堂先生が副音声担当。
どんな感じかな?



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


変な顔と言わないでね♪>置物


家族ってなんだろう>絵本


ツンデレニャンコ>ランチバッグ


​​​​​​​​​​​​

什一>『エール』(再放送)第11話 - 2020.07.10 Fri

​​​​​​​​​​​​​​​今日は第11話

本放送では第3週の初め。
再び裕一編。

第2週で、ちょっと気持ちが萎えて
第3週で、ほとんど冷めた記憶>こらこら

…ひじゅにですが何か?



​「作曲バカ!」​by吟



ナレーションだとさ
第三者だったり>神の目線ってヤツ?
主人公の身内だったり>大抵亡くなっているので、やはり神の目線?
主人公に関わる何かだったり>山とか糠床とか(笑)>これもある意味神の目線

…って感じだけど

副音声の場合は、完全には重ならないと思うけど
少なくとも今回の様に登場人物の1人…と設定付けしていると
やはり視点を考えてしまうよね。

子供裕一物語に対して、幼馴染にして生涯に渡る親友の久志
子供音物語に対して、実の姉である吟
…というのは、まあ普通。

でも、今日明日は、当時は全く関わりのなかった吟が裕一を語るわけで
ちょっと​斬新​…と言えるかも?


とはいえ
当時を振り返る、という形にはできないわけだから
視聴者と同じく、ドラマを観ながらアレコレ言っている…って感じで
ユニークなんだか安易なんだか微妙なところ>こらこら


上記↑の「作曲バカ」
現在、妹の夫であり、ある程度成功した作曲家の裕一を知っているのに
その青年時代を目にして即座に呆れ顔で評価を下すとは、なかなか賢い吟>ぉ

「史郎君にはないのね」
「話がある」と、会長が裕一を呼んだ時
裕一と一緒にいた史郎に気付くところも良いね。
そこはやはり、自分自身もヒロインに邪険にされがちな脇役だから?


物語の方は
ますます音楽にのめり込む裕一
ますますダメになる“喜多一”
ハーモニカ倶楽部を挟んで養子の件と浩二の件。

古関裕而さんの人生について詳しくは知らないけど
養子の話はなかったとかいう噂。
家業が潰れたのは早く、家族を支えるため
裕而さんは流行歌の道に入り苦労したとか。

勿論、実話まんまで行けとは言わない。
ドラマなんだからドラマチックな内容に変更するのは構わない
…つーか、面白ければ何だって良い。

でもさ

あんな緩い&中途半端で終わってしまう養子話に―
家族のために苦労するのではなく、その家族を捨てて出て行く話に―
実話以上のドラマチックなものってある?

いきなり悪役っぽく登場したのに
何の葛藤も変遷もなくしぐにデレちゃう会長と
そんな彼に象徴されるハーモニカ倶楽部のエピソードも
わざわざ入れるほどの面白さってある?

あ、いかん…また批判めいたことを書いてしまった>「めいた」は余計?


本放送では、あまり興味も湧かなかった​吟​
副音声を通して、ちょっと好感を抱ける様になってきたのは
収穫かも?



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


ネギバカ>おかき


落第忍者乱太郎>公式忍器編


ピアノ>ケーキ


​​​​​​​​​​​​​

じゅう(渋?汁?)>『エール』(再放送)第10話 - 2020.07.09 Thu

​​​​​​​​​​​​​​​​​​Wikipediaを見てみたら
第1話~第3話は「作」の項目のところが
​​「なし」​​
になっていた。

ここらへんまでは「原作」後に「原案」になっている
林宏司さんの手によるものだと思い込んでいた。

タイトルバックをよく見ていないので分からなかったし
録画もしていないので確認できないのだけど(笑)>ダメじゃん

第1週(1~5話)は悪くないのに
第2週(6~10話)で既に違和感…となったのは
ここら辺の関係かもね。

…ひじゅにですが何か?



​「お母さん、男前!」​by吟



考えたらさ>考えなくても
「男前」というと誉め言葉になるのに
「女々しい」というと悪口になっちゃうわけで
こんなところにも男尊女卑思想が…ってことなのかなあ?

…なんて思っていたら、直後に
「女子供…ですけど(笑)」
と言う、お母さんの台詞。

本放送時は副音声は聞かなかったので知らないけど
少なくとも今回、吟にこう言わせたところは面白いと思うよ。



第1週と第2週は合わせ鏡の如く(?)
裕一と音のキャラを全面に出すと共に
周囲の状況、家の事情…等が描かれた。

でも、何故か印象は​真逆​に近い。
裕一と音のキャラが正反対だから、という意味ではなくて
話の流れや纏め方が。


裕一は、引っ込み思案だったのが音楽に出逢い、少し成長する
…という過程が描かれていて、スッキリ纏っていたし
最後が鉄男とのエピで切ない余韻を残した。

音の場合は
内面的には幾分ジメついているところもあるけど>こらこら
表面上は強引で目立ちたがりで、ちょっと無神経
…というのが、ひたすら貫かれていたという印象(酷)

貫かれていたのなら、ドラマとして纏まってて良いじゃん!
という気もするけど>ぇ
やはり…成長が欲しいよなあ。


「最低!」
辞めていく岩城を罵倒するのは仕方ないとして
戻って来てくれた時も…って、おかしくない?
それで岩城が「あ、そ、ならやっぱ辞める」となったら
どうするつもりだったのだろう?

ツンデレってことにしたかったのかもしれないけど
あんまりカワイイ描写じゃなかったなあ>ひじゅにだけ?


「私は歌手になるから無理!」
三姉妹で何とかしようとするところは微笑ましいし
こういう展開になるのは好きだけど
吟に押し付けようとするところがなあ…

ここは朝ドラ・ヒロインらしく
「私がやる!」となりそうなものなのに。

理由が、吟の夢が「お嫁さんになること」だから…というのは
「女子供」に対抗するものだとは思うけど…
印象は良くないなあ>ひじゅにだけ?


極め付けは劇『竹取物語』で
良子ちゃんが降りて音が代わりに…というのは
ベタ過ぎてバレバレの展開だけど
ベタなだけに許容範囲…のはずだったのだけど

やはり、ナンダカナ…だよなあ>ひじゅにだけ?

良子ちゃんが、音が演じる予定だった「おじいさん・その2」を引き受けるなら
まだ納得がいったけど、帝だもんなあ。

かぐや姫の次に目立つ役じゃん。
一応それなら、母親や親戚達への言い訳になるから?

だったら、せめて
ラストの独唱に自信がなかったから…ってことにすれば良かったんじゃ?
そうすれば、音の歌も意味を持つことになるし。

もっと単純に
元々、帝役になっていた子はどうしたんだよ!?
ってことにもなるしね(^^;)


音の歌が今回の、もしくはこの週の
​感動の頂点!​
みたいになっていたけど…

子供が泣きながら歌う―
ってだけで、大人は心動かされるものだけど…

それだけで、皆が感動の嵐に巻き込まれ
全ては不問に…なんてのは​​​​​だし

生徒達は勿論、集まった父兄達も
音の父親の件は知っていた故に泣いたという結末だとしたら
(そのために昨日、担任先生は皆の前で訃報を告げたのかもしれないけど)
それだったら、もっと​​難​​​だという気がする。

視聴者は、そんな音の気持ちを思い図って泣く…のも仕方ない
つーか、それを目論んだ脚本なのも仕方ない。
でも、ドラマ世界の中でも、それを根拠に皆が感動…ってのもなあ…


一番ナンダカナ…なのは
お父さんの教え(環さんの言葉にも通じる)が
まるっと無視される結果になっちゃったこと。

「何の役だろうと、お父さん楽しみだよ」
と言ってくれていたのに。

それを生かす展開にすれば
ドラマとしても纏まっただろうし
音の成長にも繋がっただろう。


脚本家の交代劇によるゴタゴタや
もしかしたら某ウィルスの影響も既に始まっていたのかもしれないけど
こうやって、完成された作品として世に出すからには
もうちょい一貫性があっても良かっ…ゴホンゴホン!


​ヒネクレひじゅにでスマソ!​


まあ、無理くり擁護すれば
お父さんに「役割」の話をされようと
自分は​主役!​だった音が
妊娠してようやく、その教えを身に染みて考え始めた
…様に見えること。

まあ、今後の描き方にもよるけど。



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


朧月夜とかぐや姫>ジグソーパズル


かぐや姫>小豆島手延べそうめん


竹取物語>青竹入り水ようかん


​​​​​​​​​​​​​​​​​​

く(苦?)>『エール』(再放送)第9話 - 2020.07.08 Wed

​​​​​​​​​​​​​​​初見時も書いたかもしれないけど
お父さんの件を音に告げる担任の先生…

知らせに来た女先生は配慮して
担任先生だけを廊下に呼び出したのに

担任先生ったらクラス全員の前で―

これって、やっぱ、酷だと思うんだけどなあ…
皆にも事情を知ってもらう必要を感じたからだとしても
それは後になってから出来ることだし
当人@音の意向もあるのに

それとも、皆の前でなら音も冷静さを保てると考えた?
それにしてもなあ…


…ひじゅにですが何か?



​「私も梅も、お母さんも、そうじゃんね」​by吟



その教室でのシーンとの対比というわけでもないのだろうけど
家族だけでいる時に感情を爆発させる音。


ヒロインだから目立たせる必要があったのかもしれないし
何より、ヒロインの心の内を表現したかったのかもしれないけど
姉も妹も耐えている時に一人だけ…ってのは
ちょっとなあ…って思ってしまうのは酷?

例えば、一番幼い梅がこんな風に感情的になって
気丈な音が宥める…って方が
ひじゅには好みかなあ、と思うけど
​​​ひじゅにの好みを言っても意味ありません​(笑)​​


でも、この↑吟の言葉を入れたことで
ちょっとスッキリした気がする。


「お父さん…いないんだね」
「私達より、その子のことが大切だったの?」
「お父さんに逢いたい」
それは本当の気持ち。
本当の感情。
それを素直に口に出せる音は純粋だし子供らしい。

でも、年上の吟も、ましてや年下の梅も
そして、お母さんも同じ。


ところで、当時もちょっと疑問だったことが
今回さらに疑問になっちゃったんだけど…

「お父さん、言っとったの
『俺は墓みたいな狭い場所で眠るのは嫌だ、広い所がいい』
って」byお母さん
ということで、海に散骨したわけだけど

後のシーンでは
お墓の前で手を合わせる岩城の図ぅ―

いや、これを観た当時は
実際には散骨しても、法律上(?)お墓の設置も必要なのかも?
と思ったんだけど
そのずっと後に、家族して墓参りするシーンがあったんだよね…

まあ、​どーでもいい​ちゃいいことなのかもしれないけども(笑)


ついでに言うと
キリスト教徒のはずなのにスピンオフでは
白装束で閻魔様の下にいた。

これって、無宗教(と言いつつ仏教の影響が濃い)日本人には
ささいなことに見えるかもしれないけど
宗教の問題って実は凄く大きい&繊細な問題と思うんだけど…

はっ!
実質的には仏教国である日本においてキリスト教なんぞ信仰してたから
​地獄に堕ちた​ってこと!?

…あ、ちょっと納得(笑)>ぉぃ



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

しろたん みたらし団子>スクイーズ


海へ還る 海洋散骨の手引き


帝国陸軍幹部ご愛用の高級料亭・蔦の家の西京漬け


​​​​​​​​​​​​​​​

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

スカーレット (153)
相棒 (126)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (29)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (7)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (16)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (14)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (25)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (67)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (57)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (2)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)
エール (79)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR