FC2ブログ
topimage

2021-03

煮詰まった珈琲>『おちょやん』第62話 - 2021.03.02 Tue

​​​​​​​​​​​​​​また​「お母さん」​ネタ!

いや、千代が「大阪のお母さん」になる物語
…と認識しているので
「お母さん」をテーマにしたエピソードが続くのは
当たり前だとは思うのだけど…

ここまで「お母さん」という存在を​盲信​しているとなると
家族に恵まれずに育つとはこういうことか…と
哀れでもあり怖くもあり…という感じ>スマソ

それほどまでに「お母さん」像に拘る千代が
自分自身が「お母さん」と呼ばれるに至るまで
どの様な心境の変化があるのかと
そこにちょっと興味が湧くな。

…ひじゅにですが何か?



​​「お前が天海天海の息子やからや」​by社長



↑「お母さん」だけでなく「お父さん」も関係
つまり「家族」ということで…

千代にとってのテルヲ
ヨシヲにとってのテルヲ
…も、そうだし

一平にとっての天海天海さんってのもあって

千代&一平は、これから「家族」になるわけで
ある意味、非常に朝ドラらしいテーマでもあるな(笑)
良くも悪くも…って感じ。



まあ、ともかくもこれで
まだまだイマイチな存在の一平を社長が起用した理由は
やはり父親@天海天海にあることがハッキリ説明された。

須賀廼家万太郎一座が大阪(全国?)喜劇界のTOPであることは
ドラマ初期から示されてきた。
天海天海一座が並ぶ存在になるかと期待されたものの
天海さんは若くして亡くなってしまった。
他にコレといった存在が出ていない以上
天海さんの血を引く一平に、社長が目を付けるのも必然。

一座は解散してしまったし、一平自身もパッとしないままだったし
今回の一座は懸けの様なものだったのだろうな。

​だから、寄せ集めみたいなメンバーだった…?

千之助さんのおかげで盛り上がったけれど
最初は以前のままの「笑い」で、万太郎一座に対抗しうる新しいものではなかった。
それが一平始め皆のおかげで「家庭劇」ができあがり、それなりに評判を得たので
次はやはり、襲名による宣伝なのだろうね。


それを一平が拒否し続けるのは
まずは父親がトラウマってのがあり、これはテーマに直結。
で、そのためにマザコンも拗らせているんじゃないかという疑いも。

同時に一平は喜劇人として父親の域には到底達していないから
(嫌っていたはずの女遊びはしっかり引き継いでいるのに^^;)
そのことのコンプレックスも大きいんじゃ…

今回のエピは、これらが解消されるまで…ってわけ?


しかし、こうしたことから“カフェ・キネマ”再登場に繋がるとは(笑)
まあ、こーいうのは、ちょっと楽しいよね。
みつえ&福助が少し絡むところも含め
ちょこっとメンドクサイところもないではないものの>ぉ
連続ドラマらしくて良いと思う。


一話完結のドラマって、それごとに中身がリセットされる場合が多い。
そうでないと主人公が「成長」してしまい、世界が少し変わってしまうからね。
朝ドラは一週ごとに一応の完結を見る作りが多いから
一話完結ドラマと同じパターンになりがちなのかな…と思う。
どんな波乱があっても、翌週は「なかったこと」にされている
例えば、某前作の様な…>また言ってしまった(笑)

でも、実際には朝ドラは半年続く連続ドラマ。
繋がっていなければオカシイ。
そういう意味では
過去を忘れず、思いがけないところで出してくる今作は
よく考えられている方じゃないかなと思う。


まあ、それはともかくも
千代の「お母さん」ひいては「家族」というものへの
​盲信​っちゅーか、​妄想​っちゅーか、​妄執​みたいなのが
どう展開されるのか、ちょいと興味深い。

まあ、全体的には人情話で纏めるだろうけど(笑)



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

あんぽ柿


らっきょう


感謝の珈琲福袋


​​​​​​​​​​​
スポンサーサイト



一人やあれへん>『おちょやん』第61話 - 2021.03.01 Mon

​​​​​​​​​​​​​​月曜日はネタ振りの日
…ではあるけれど

何だか、てんこ盛り(笑)

いつもは、どっちかっちゅーと
匂わせ的な出し方が多い印象。
(まあ、台詞でだけどね)

今日は、そのものズバリなネタを複数投入。

そのせいか
何だか目まぐるしい(笑)

…ひじゅにですが何か?



​「何やぎょうさんいてるやないの」​by徳利



↑ネタもぎょうさん、人もぎょうさん。
一人やあれへんな(笑)



ヨシヲが去って嘆く千代を抱きしめる一平…
先週のラストは悪くなかったのに

どさくさに紛れて>ぇ
​​​プロポーズ​する一平の図ぅ。​​

先週ラストまでは千代の気持ちに寄り添っていたのに
今週は自分の気持ちに忠実(笑)


「また一人になってしもた」と泣く千代に
「俺がおる」という一平の言葉は
まさに殺し文句!
行動も十分に伴っていて、説得力も十分。

なのに、ここで焦ってプロポーズまでしてしまったら
千代を混乱させるだけなのは分かり切ってるじゃん。
弟のことをまず心のあるべき位置に収めるのが先だと思うよ。

千代だけでなく、視聴者もね。

…あ、でも、恋話が好きな人は少なくないだろうから
需要に合っているのかな?


「明日もきっと晴れやな」
決まり文句で取り合えずヨシヲの件を収める千代。

この台詞はどうしても『てるてる家族』を思い出すけど
まあ、そこは置いといて>ぉ

早過ぎっ!
と言えなくもないけど(笑)
​恋話が始まってしまったから急がねば!​
…って感じ?


あ、勿論
一つのエピソードが終わると
途端に全ては「なかったこと」になってしまって
アッサリ次のエピソードが始まる…という
呆前作よりはずっと良い>言っちゃった


そして翌日、ヨシヲの件で座員達に謝る千代。

「あなたは何も悪くないじゃない」
期待していたほどには目立った扱いをされていないルリ子さんが
今日は少~しばかり目立った台詞。

一座は良い感じに纏まってきている
…という意味では良かったし
ヨシヲの件が一応ケリがついたことを示してもいる
…という意味で必要なシーンなのだろうけど
謝る相手は他にもいるだろ?
…という疑問も(^^;)

テルヲの方が後味は悪いけど
ヨシヲのは犯罪だし…
姉弟の絆を基に人情話で収まったのではなく
社長の「力」のおかげだからなあ…
これもまた
​​恋話が始まってしまったから早く片付けねば!​​
…って感じ?


いきなり引っ越してしまう一平。

イキナリのプロポーズで千代の心を揺れ動かした直後は
イキナリ傍を離れて、結果的に嫉妬心を煽ったりもして
急速に千代の心を自分に集中させる一平。

女心に長けているな(笑)
芸者遊びは伊達じゃない?


結果的に…というのは
タイミング良く香里さんが先に駆け付けていたからだけど
恋のライバルというより良い役を貰うための媚びの様な気がする(^^;)

それに、台所仕事はからっきし…な感じの香里さんに対し
千代は料理もできるし気も利くし一平の好物も把握しているし
全くライバルになってない。
普通は逆に描くけど、千代はお茶子だったものな。


そんなこんなで、大勢が一平の新しい住居に押し寄せる。

​意外に人気あんじゃん、一平​>ぉ

もっとも
芸者達にとっては大事な客だし
座員達は既に仲間意識で団結していることが上のシーンで示されたし
必然ではあるよね。

でも、社長までもがやって来て
イキナリの襲名話は、ちょいと唐突
…な気がする。

だって、芝居の面ではまだまだ一平は
活躍しているとは言い難いもの。

一応、社長が目指している新しい喜劇という点では
何とか実現させていると言えるけど
まだ千之助さんにおんぶに抱っこの面が大きい。

社長としては、一平を認めたというよりも
天海天海の名による​宣伝効果​を狙っているだけ?


とはいえ、この件が
一平がしっかりと立つきっかけになってくれれば
メデタシメデタシだな。

千代と一緒に新しい喜劇の道を歩みだす!
…という良い区切りになる。

そして後半戦へ!
…って感じ?



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


プロポーズ


引越しそば


半助


​​​​​​​​​​​​​​

Verbal Warnings>何ちゃって歌詞訳 - 2021.02.28 Sun

​​​​​​​Cody Frost(コーディ・フロスト)
​『Verbal Warnings(口頭警告)』​
を訳してみました。

ちゅーても、大急ぎで訳したので
いつも以上に誤訳だらけかもしれませんので
ご注意下さい。

↑口頭警告>ぇ





あなたってさ、口を開くたび
私をその場に抑えつけて従わせて申し開きさせたいってのが
ミエミエなのよね
これって問題なの、分かってる?
どこにいても、そこに長居したいとは思わなかった
私の決意は固いの
私を捕まえておけると思ってるなら大間違いよ
あなたの糞ゲーはお見通しよ

立ち上がって私に話して
自尊心を吐露して

そう、打ち砕くの
down, down, down,down, down, down
粉々にして吐き出すの
down, down, down,down, down, down
地中に埋め込むのは、もう無し
隠し通そうったって、もうダメ

もう分かってるの
あなたはお金を手に王座に就く男なんかじゃないってこと
でも、無一文では生きられない私の様な人間はいる
あなたは可能だと言うけどね、相棒、私は同意しない
逃れられた人達の心に恐怖を引き起こしてやる
私の首には首吊り縄が巻かれていて
そこであなたが握っている
じっとしていられない、汗が噴き出る感じ
苦い薬を飲み込んだかの様
でも、あなたの罠に掛かって
じっと動かない、持ちこたえる、ほんの少しの間は
間違ったことは何もなく、それを止めて、静かになる
シーッ、黙って

きっと、きっと
あなたの壁は薄い
そう見える。そんな感じ

そう、打ち砕くの
down, down, down,down, down, down
粉々にして吐き出すの
down, down, down,down, down, down
地中に埋め込むのは、もう無し
隠し通そうったって、もうダメ

あなたの壁は薄い
そう見える、そんな感じ
あなたの壁は薄い
そう見える、そんな感じ
あなたの壁は薄い
そう見える、そんな感じ
あなたの壁は薄い
そう見える、そんな感じ

立ち上がって私に話して
自尊心を吐露して
あなたの壁は薄い
そう見える
No, no, no
No, no, no, no
No, no, no, no, no
No, no, no, no, no

そう、打ち砕くの
down, down, down,down, down, down
粉々にして吐き出すの
down, down, down,down, down, down
地中に埋め込むのは、もう無し
隠しとそうったって、もうダメ

あなたの壁は薄い
そう見える、そんな感じ
あなたの壁は薄い
そう見える、そんな感じ
あなたの壁は薄い
そう見える、そんな感じ

地中に埋め込むのは、もう無し
隠し通そうったって、もうダメ


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


2月26日17時半にYouTubeでMVが公開されました。

私はその時は用事があったので
アーカイブなかったらどうしよう…
と思っていたら、ちゃんと残っていたので>当たり前か?
良かったです。

まあ、ちょっと何だか安っぽいMVなんですが>スマソ
でも、今はこんな雰囲気があっているかも。
イラストは多分、彼女の自作です。
あんな感じの絵を描いているのを何度か見かけたので。

親しみやすい曲ですよね。
彼女の声が生きていると思います。

『The Voice』で、ボーイ・ジョージの指導の下
決勝まで進んだものの残念ながら優勝を逃したのが
1916年、コーディ16歳の時でした。

YouTubeで偶然観て気に入って、ブログにも書きました。
クリックしてね
    ↓
『コーディ・フロストに惚れた』

あのまま埋もれるのは惜しいと思っていたので
今回は、とても嬉しい。
待っていた甲斐がありました。

当時から、歌い終わった瞬間の
ホッとした様な、照れくさそうな笑顔が好きだったんですけど
今回のMVも、ちゃんとそれを捉えていますね(笑)



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


HOW TO DEATH Tシャツ


コーディの師匠>BOY GEORGE & CULTURE CLUB『LIFE』


コーディの好きなバンド> Enter Shikari『Mindsweep (+DVD)』

​​​​​

お粥さん>『おちょやん』第60話 - 2021.02.26 Fri

​​​​​​​​​​​​​​​​千之助さんの「マットン婆さん」の名前の由来は

お松どん→松どん→松トン→​​マットン!​​
とのことで
​無理あるなあ…​と思っていたのだが(笑)

今回のことからすると
「毎晩、夜回りしてくれはったんですか」by一平
ちゅーことで

張り込みをしていた→待っていた→待っとん→​マットン!?​
​…やっぱ、無理あるなあ(笑)​

…ひじゅにですが何か?



​「お前らを雇てる連中とみんな話がついたてな」​by一平



↑ここここれで解決!?



芸能界のことは、よう知らんけど
「や」の付く職業の人達と裏で関わっている
…という噂は聞くよね。

今回、鶴亀を潰そうとしたライバル会社が
ヨシヲが所属するグループに頼った様に
鶴亀の方も同業者グループと繋がっていて
その力の差によりアッサリ解決…というわけ?

この台詞ひとつでオシマイだなんて、ご都合主義!
とツッコミが入りそうだけど
さすがに裏事情を暴露するわけにはいかない
つーか、朝ドラで取り上げるには重過ぎる
…っちゅーことで、この描写に留めた?


↑疑惑の眼差し(笑)


まあ、それとは別として
社長に話そうという一平を止めて
自分で何とかしようとした千代なのに
結局のところ
事態を解決してくれたのは社長
弟を引き留めることもできなかった千代
…っちゅー、​皮肉​を込めた結末?


でも、ヨシヲは今後、大丈夫なのかな?

姉へのコンプレックスが解消されたとしても
やはり、あそこにはいられないよね。
姉の世界なのは確かだし
「男」として、姉に頼らずしっかり立ちたいという気持ちもあるだろうし。

それに、ヨシヲの中には、まだ
彼らが自分を助けてくれた…という思いがある。
あの強烈な思い出は決して忘れられないだろう。

彼らにしたって、逮捕されたというわけじゃなし
ヨシヲにまた連絡を取ってきたりしないかな?

ちょこっとさ
映画『メイドインホンコン』(フルーツ・チャン監督)を思い出す。
行き場のない若者達に優しい兄貴の顔で近付いて
バイトと称して借金取りとして働かせて
やがては組織の一員として取り込み、利用しようとする
「や」の付く人が登場したよね。

それとも、もはや利用価値はないと捨てられた?


それにしても、杉崎花さんの演技は圧巻だな。

泣いたり縋ったり笑ったり
説得というより、ちょっと押しつけがましかったり>スマソ
そんな風に姉っぽさを出したり、甘えも見せたり
諦めと未練と失望と希望と…コロコロと表情を変え
でも、大袈裟でも不自然さもなく
小動物の様な可愛らしさも漂わせている。

一平に抱き締められた時はまた雰囲気が変わるし。

花…恐ろしい子!​
まさに北島マヤ!

浪花千栄子さんの生涯というより
『ガラスの仮面』実写版という感じかも?

だから「紫のバラの人」が出てきたのか?



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


金賞健康米のおかゆ


台湾泰山八宝粥


ざら茶がゆ


​​​​​​​​​​​​​​​​

たき火>『おちょやん』第59話 - 2021.02.25 Thu

​​​​​​​​​​​おお、あそこで千之助さんが登場するとは!?

初回も二回目も家庭劇の公演は千之助さんがメインだし
主役だから台本も書いたから…ってだけでなく
アドリブが冴えていたのは事実だし
天海さんを思いながら一人酔い潰れるという泣きのシーンもあるし
ヨシヲの影の軍団(ぇ)の嫌がらせを市場受けているのも彼だし
そして今回…

ドラマの主役も千之助さん状態じゃん(笑)

一平よ!
千代はまだしも…
お前の印章弱すぎじゃね?
千之助さんに勝ってるとこ、顔だけじゃね?>ぉ

…と思っていたけど
今日はようやく少し活躍したな(笑)

…ひじゅにですが何か?



​「お前の思い描いていた理想の弟は
もう何処にもいてへんねん!」​
by一平



↑これだよな…って思った。


家族に恵まれないだけに
家族への思いは人一倍膨れ上がる。
実体がないだけに、それはどんどん理想化する。

だから、先週の
「親は子の幸せを願うもんやろ」
って台詞がサラッと出て来る。

だから、どんな目に遭わされても
テルヲを完全には捨てられない。
憎しみはあるだろうし、呆れてもいるだろうけど
心の底では捨てきれないものがある。

ましてや、ヨシヲ…
自分が守るべき存在だった弟への思いは
果てしなく大きくなっているだろう。
でも、実体と結びついていないから
ヨシヲの方は姉を認めてワザとぶつかってみたけれど
千代は気付かなかった。


ヨシヲが真実に気付くべきなのと同じ様に
千代も目を覚まさなければならないのかもしれない。

その向き合うべき真実が
ヨシヲがもう救いようのない人間になり下がっている…
ということだったら
千代の今迄の人生と千代の存在意義の大半が崩れ去ってしまう。
意味のないものとなってしまう。
だから
「うちがあかんようになってしまう」
なのだと思う。


ただ、​そこは朝ドラ​だから(笑)
あかんようにはならない。
ハッピーエンドの方向になるハズ。
ある意味、理想は現実になる。
多少、調整は必要かもしれないけれど(笑)


ちゅーことで
この状況を動かすのは千代ではなく
事態を冷静に見つめることができる第三者ってことで
一平が、そしてまた千之助さんが動き始めたのは良かったと思う。


「わしのとこ、来るか?」
汚れて怯えた幼いヨシヲに優しい声をかけてくれた男性がいた。
あれはヤクザのボス…だよね?

この一瞬のことはヨシヲには忘れられないだろう。

本当の優しさではなく、ただ捨て駒としようとしているだけ…
なのだとしても
それにヨシヲが気付いたとしても
ただの悪党でしかないのだと知ったとしても…

この、ほんの一瞬の温もりがヨシヲを支配しているのだと思う。

昨日、千代とヨシヲは​表裏一体​と書いたけれども
本当にそうだなと改めて思うシーンだった。

千代もヨシヲも出逢った人々に「家族」を求めた。
千代の場合は、たまたま皆が良い人達だったけど
ヨシヲはそうではなかった…というだけ。

悲しいなあ…



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


ふなっしーの弟>ふなごろー


たき火>虫よけマスコット


火の用心>トイレットペーパー


​​​​​​​​​​​

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

おちょやん (64)
エール (186)
スカーレット (153)
相棒 (127)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (30)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (12)
欧米映画 (10)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ2 (7)
ドラマ-3- (17)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (16)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (26)
レトルト&キヨ その他 (1)
お気に入り動画 (3)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (70)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (61)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (4)
アニメ (3)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR