topimage

2016-12

ええ子>『べっぴんさん』第57話 - 2016.12.07 Wed

まだまだ続くと思われた子育て問題

取り合えず
水曜日にして解決した模様

…ひじゅにですが何か?



「皆で育てるんです」
by喜代



ひじゅにの記憶が正しければ
…って
そこが一番自身のないところなのだが>ぉ

昨日は良子の家を、すみれが訪ねたところで
「つづく」になったんじゃなかったっけ?
だから、落ち込んでいる良子を見て
すみれが事態の重さに気付く…という流れかと思っていた。

でも、今日はイキナリお弁当箱問題。


目玉商品にイラスト入りのお弁当箱セットを―
という、すみれ達のアイディアは即座に採用され
あっという間に新聞広告。

さすが大手!
こーいうところが利点なのよね。

でも、問題は「一日30個」と決められてしまったこと。
30個×10日間=300個必要!
ちゅーことで
お弁当箱を入手するという初歩の段階で
アタフタしてしまう、すみれ達であった。


オチを先に言ってしまうと
すみれ達があちこち回っても幾らも見つからなかったお弁当箱を
君枝の姑@琴子さんがアッサリ入手してくれたのだった。
それも、健太郎君の分も含めて301個。

この経緯も「皆で手を掛けていこう」を表現?



元に戻って(?)
良子の問題と君枝の問題。


君枝の方は―
女学校時代にも言うべきことはスパッと言ってのけた彼女なだけに
昭一さんの心も琴子さんの心も言葉で巧みにコントロール。


「今後一切頼りにはしないわ」
ダメなところを指摘した上で、この発言。
昨日は手助けは一切しないと宣言していた昭一さんが
ビビッて手助けを申し出たところで
「やっぱり頼りになるわ」
と、すかさず持ち上げる。

これは妻にベタ惚れの彼だから通じる手だけど(笑)

「健太郎を、あんなに優しい子にして下さって
本当にありがとうございます」

褒めるところはちゃんと褒めて、感謝すべきところはちゃんと感謝

まあコレも、琴子さんが基本的に良い人だから通じる手だけど。

でも、人間関係においてこうした巧みさは必要だよね。
コレって、同居もしくは近距離別居の視聴者へのさり気ない助言?


良子の方は―

頼れる人がいない良子だから
気付いて自分の家族に相談した、すみれは
彼女のできる最善のことをした、と言えるかも。

何と言っても、すみれの家には
子育て経験豊富(少なくとも、ゆり・すみれ・さくらと3人)な喜代さんがいる。

ちゅーことで、早速、喜代さんからのアドバイス。

   喜代さんは独身のまま坂東家に仕えて今日まで来たのだろうね。
   だとすると、ある意味、明美と同じ立場?
   昨日の良子の言葉を和らげる存在?>穿ち過ぎ?(笑)


ちゅーことで、龍一君は皆で面倒を見ることに。


ちょいと疑問>批判じゃないぞ

龍一君を店に連れてくることはずっと続いていたのに
今迄は誰も関わらなかったってこと?
躾は親がすることだからと、皆も口を出すのも遠慮してた?

結局のところ、誰も保育所には預けず
さくらちゃんは喜代さんが
健太郎君は琴子さんが
龍一君は店で皆で
面倒を見るってことで落ち着いたわけだけれども

使用人に見させるのも
祖父母に預けるってのも
親に限らず皆が手助けってのも
古来から行われてたことじゃないの?
まだ、このドラマの時代では、寧ろ普通のことだったんじゃないの?

それが珍しくなった現代に住む視聴者への、さり気ない助言?
昔ながらの方式が、やはり最善ってこと?

それとさ
皆で見るのは良いけれど
やんちゃな龍一君を椅子に座らせたまま
皆の仕事ぶりを眺めさせるだけ…って
良いのか、それで?


ともかくも
家庭の問題と仕事の問題が絡まって双方解決。

お弁当箱問題まで琴子さんが…ってところは
笑っちゃうオチだけれども>こらこら

まあ、ファンタジー世界ですから(笑)

現実はこんなもんじゃない!
と、怒る視聴者もいるかもしれないけど

現実はままならないからこそ
このフンワリとした世界に癒される視聴者もいるだろうな。




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


名入れお弁当箱


30個限定


300個


スポンサーサイト

お弁当箱セット>『べっぴんさん』第56話 - 2016.12.06 Tue

さすがは悦子様!

接客態度が良いのは勿論
ちゃんと商品についても勉強している

「様」付けに驚く明美に
「そういう時代があったのよ」
と、サラリと言える

もしかして
一番“成長”が見られ一番感じの良い人物かも?



「明美さんは子供がおらんから分からんのよ」by良子



出た―――――(゚∀゚)――――――!

↑二行続けて大文字使用(笑)


明美はズバリ言うけど
内容は間違っていないし意地悪な言い方でもない。

いや、寧ろ
「ベビー相談室」やってるくらいなんだから
耳傾ける必要あり、だろ。

サラリとかわせない良子は余裕がなく
まさにイッパイイッパイの状態。

イッパイイッパイの割には子供置いて何処に行ってたんだよ?
っちゅーことになるけど
まあ、そこはドラマの進行の問題(笑)


時間ワープの後、イキナリ生じた子育て問題はまだまだ続く。

もっとも、対策は保育所だけで
龍一君は一日で断られたし
健太郎君は最初から行けてないし
唯一馴染めたかと思われた、さくらちゃんは
喜代さんと双方の「寂しい」という言葉で辞めることになった模様。

スタート台に戻った
つーか、全く進んでいない。

まあ、想定の範囲内だがな。


さくらちゃんの場合は、元々上手く行っていたわけだから
喜代さんが体力的にOKなら問題は無し。

集団生活に慣れさせなくて良いのか?という問題もあるけど
あと少しすれば学校だものね。


健太郎君は本人というより、お姑さんの問題で
お姑さんにはエネ夫の問題がある。

部屋を借りる件についてはアッサリ解決したし
(大急の名前の威力も半分以上あるけど)
話せば分かってくれる人みたいだから
元凶はやっぱエネ夫ってことか(^^;)

まあ、このシーンについて言えば
任せっ放しの君枝やすみれも難なんだけど
エネ夫問題を際立たせるため、という
これも、ドラマの進行上の問題(笑)


どれもアッサリ解決しそうではあるけど
その中で少々厄介そうなのが龍一君問題。

「お母さん、悲しむよ」と、すみれに言われても
「悲しまへんよ」

「怒るよ」と、母親に言われても
「ええよ~」

この対応からして、良子は叱ったことなんてないのかもな。
まあ、叱らない教育というのもあるらしいから
それこそ子育て経験皆無のひじゅにには何とも言えないけど(笑)


   この「経験」だけどさ
   子育てに限らず、例えば病気とか何かしらの苦労に関して
   無いと分からない部分って確かにあるけど
   なまじ経験があるだけに却ってダメな場合もあるぞ。

   似た分野でも、自分は軽かったり、上手く助けを得られたりしたので
   それが望めない人の大変さを分かってやれなかったり…とかね。

   逆に経験が無いからこそ、謙遜になって
   何か自分に出来るころはないかと心を砕くってこともある。

   ま、それは置いといて>ぉ


他に頼る人のいない良子は育児ノイローゼ。
勝二さんも子育てのことは悩んでいる様子だし
このことで夫婦間が改善されてメデタシメデタシ!ってなるのだろう。

それよりも
明美VS良子は以前と同じパターンだよね。
こういうパターンはあまり繰り返してほしくないけどなあ。


「鰻、食べた気分やわ」
不器用に慰めてくれるタケちゃんに、こう答えて
明美ったらカワイイじゃん。

この2人の様子は姉弟の様で色っぽさゼロだから
プロポーズするかに見えた予告はミスリードの可能性もあるけど
それに、個人的には今だ栄輔さんを諦めてはいないひじゅにだけど>ぉ
険しい表情の多い明美がタケちゃんと2人の時は純粋な笑顔になれるので
このままハッピーエンドでも良い気がしてきた。


そんなこんなで>つーか、喜代さんのおかげで
お弁当箱セットを目玉商品にしようと思いつく、すみれであった。

   実際にお弁当箱セットを売り出して当たったという話を聞くけど
   ドラマでは大急に出すための目玉商品だから
   イキナリ洋服以外のものが出るのって、何か唐突>ひじゅにだけ?

でも、可愛いお弁当箱セットなら欲しいなあ。
お弁当を持って行く機会は最近ほとんど無いけどね。




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


アルミ弁当箱セット>チューリップ


お弁当グッズ>ハムカッター


お弁当あめ


委託販売>『べっぴんさん』第55話 - 2016.12.05 Mon

主婦4に悦子様ご一行と
“キアリス”ファミリー(?)大集合!

一人一人の顔がアップになったけど
何だか微妙~にブサ…ゴホンゴホン!

すみれ達までイマイチに映っていたから
ワザとだろ?

でもって、最後に悦子様トリオ

売り子には美人を!
美人は売り子に!
っちゅーのを強調してんのか?
ええ度胸しとんな、NHK!?>ぇ

…ひじゅにですが何か?



「アンタが凄んでも全然怖ないわ」by明美



大急社長との面談。
流れは予想通りだったけど
もうちょい盛り上げて描くのかと思っていたので
アッサリぶりに、ちょい物足りない気も。

ドロドロにしろ!って言ってるわけやないで。

例えば、処分される品物を見た時
自分達は自分達の商品にコレコレの思いを込めている―
それが同じ様に扱われるのは耐え難い―
とかさ

幾つか工程を減らしても出来上がりに大差はないと言うけれど
自分達はその工程の一つ一つに思いを込めている―
それを省いてしまうのは、自分達の思いを削ぎ落してしまうことだ―
とか、切々と訴えたり

あるいは、もっと理詰めに
こことここを省略したら、この部分はこうなってしまうから
それではここがこうなってこうしてどうして…
と、クールに説明したりとかさ。

で、社長の方も
最初は小山さん寄りの考えだったけれど
すみれの話を聞くうちに表情が変わってきて
その上で
「あなたの感じた一番大事なことを忘れてしまったみたいだなあ」
と、寛大に認めるって具合に。

えっ
そんなんやってたら時間が足りない?

それにまあ…
このアッサリぶりが持ち味っちゃー持ち味だしな(^^;)


そんなわけで>ぇ
10日間、委託販売にする
ちゅーことで、一応落着。



玉井とタケちゃんによる
頼れるものは「金」か「人」か?
の課題に当て嵌めるなら

“キアリス”のタグが外されて特選マークが付けられても
売れ残りは即処分されることになっても
大急で買い上げてもらう=確実な収入を得る
…という道か

売り子を雇ったり場所代を払ったりと出費も掛かる上
売れなかった場合の損害も全て負わねばならず
リスクは大きいけれど
“キアリス”らしさは貫ける
…という道か

ってところだな。

前者はまさしく「金」だし
後者は4人で始めたことを守ること=「人」と言えると思う。

前者を選んだら、その“4人”が消し去られてしまう。
4人の写真から明美が消された様に。
(半分は写ったままだったところが、これまた絶妙に重なる)



売り子が必要というところで、イキナリ悦子さんの名前が挙がる。
縫い子が必要というところで主婦4の名が挙がったのと同じ。

本人の状況も考えず、何を言うとるのか!?
っちゅー気もするけど
こんな風に、すみれ達は「人」の繋がりを持っていて、それを生かす
っちゅーことを極端に示しているのだろう。

少々のお笑いも入れて…ってとこなんだろうけど
ほら、このドラマって、お笑いセンスが一番の弱点だから>ぉ


それでも、そのお笑いの部分が
唯一、何とか、形になっているかと思われるのが
男会かな(笑)

それ自体が面白いというよりも
男達のダメダメっぷりが却ってカワイイ
っちゅーだけのことかもしれんがな(酷


ま、紀夫はちょっと立ち位置が違ってきてるし
今日はタケちゃんも加わって
彼もまた立ち位置がちょっと違うってところが良いかも。

皆が酒を飲む中
タケちゃんは丼飯っちゅーところが、これまた(^^)


明美がタケちゃんに食事をふるまったのは
このシーンとの対比なんだろうな。

酒席での丼飯と
イカニモな家庭料理。

明美も屈託なく笑っていたし。


その前に玉井との決着。

「将来死にかけた時、誰が助けてくれるんや、金やろ」
またも同じ戦法で攻め込む玉井。

「どうやって死ぬかより、どうやって生きるかや」
単純に「人」と答えず、相手の言葉を使っての切り替えし。
さすが、賢い明美。

…は、良いんだけど
ままままさか、これで一件落着!?


いや、明美が揺れ動く姿は見たくないから
キッパリ断ったのは正解なんだけど

実際、この手の黒い話はあまり面白いとも思わないから
アッサリ片付いた方がホッとするとも言えるんだけど

玉井の策略は、明美を抱き込むことで
“キアリス”の名前と“キアリス”らしさ(商品の特徴等)を
手に入れるってことかと思ってた。
そこから始めるのだと。

でも、見本品を持ってきたってことは
既に何処かで作る場所や人を用意できているってことだよね?
だったら、明美が仲間入りしなくたって
バッタもん販売はスタートできるんじゃ?

なのに、ノンビリしていた良いのか明美!?

そそそそれとも
これは単に明美と竹ちゃんを近付けるためだけのエピだから
役目を果たせばもうオシマイ?


ラストは、またもや昭一さんのエネ夫ぶりが晒されて
ネタ振りの月曜日は終了。

君枝も夫に任せっきりで自分で確認しなかったのか?

良子んちの龍一君の預け先の問題もまだ未解決だし
君枝んち問題も男会問題も
“キアリス”の委託販売10日間と絡めて描く算段?





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


タケちゃんの米


ファミリア他、選べる福袋


おもてなしメニュー


サビ抜き>『相棒15』第8話 - 2016.12.04 Sun

第8話『100%の女』


先回は右京さんと冠城さんが別行動だったせいか

今日は一緒に行動するのは勿論
示し合わせてイタミン達を利用したりして
今やすっかり息が合ってますよ!状態

でも、ラストでは
根本的な部分でズレがあることが露呈


「自分で蒔いた種だから自分で拾う」by倉田映子


↑「拾う」じゃなくて「刈り取る」じゃないの?
芽を出す前にっつーか、蒔いて早々に回収するという意味?

変なところが気になってしまう、ひじゅにの悪い癖>ぇ


右京さんったら、今回は
「僕の」ではなく「彼の」と言って
冠城さんのせいにしていたな(笑)

その時点では、2人がそれだけ仲良くなった印と
微笑ましく思ったのだけど
あれってラストを暗示するものだったのかしらん?


とにかく、今回はそこを強調したいがためか
肝心の事件はアッサリ風味。

ロシアが絡んでいるかも…という
最初のミスリードにまんまと乗って
社美彌子と関係が!?
…と思ってしまったのは、ひじゅにだけではあるまい(^^;)

でも、実際には不倫が絡んだ蓋ショボ(こらこら)なオチ。

そもそも目撃者の証言が変わっていることに冠城さんが慰問を持ち
右京さんを巻き込んだわけだけど
その目撃者も何か黒い事情が!?
…と思ったら

夜に生徒と逢っていたという、しょーもない理由。

その映像が見つかった時
ホテルから出て来たのか!?
…と下世話ひじゅには思ってしまったのだけど

カラオケだって、誕生日だって、ケーキ食べただけって…ナンダカナ


こんな、ある意味ツマラナイ事件で
「100%の女」倉田検事のキャリアが終了してしまうことになるとは
かなりの皮肉。

「それほど私は強くない」
完璧主義の「100%」ではなく
寧ろ心が弱いから「100%」でないと安心出来なかった
ってことなのね。
「100%バカげた偏見」に踊らされてしまった。

そもそも心療内科に通う程の心の傷を負ったのは
逆恨みから襲われ殺されそうになったことなわけだけど
殺される寸前だったのは、身体が華奢で力も弱いからだろうし
凶器に使われたのは、自分で巻いていたスカーフだし
“女”故のアレコレが関係してしまっているよね。


「"法を破って正義を全う出来るとは思えません」
いつも物議を醸す右京さんの「正義

冠城さんは彼女を憐れんで不問にしようと提案するもアッサリ却下される。
このところ、右京さんをかなり慕っていた感じだったし
それで、ちょっぴり調子に乗ってる感じもしたし
実際、今回は冠城さんが右京さんを事件に関わらせたわけだし

…ここで、2人の関係が微妙な方向に行ってしまったりして?


「私は君を許さないよ」
おまけに日下部さんを怒らせちゃうしな(^^;)
これって↑かなりの言葉だよね。

可愛がっていた冠城さんへの態度も変わってしまったっぽい。

まあ、皆で仲良く事件を解明!
なんてのよりも
対立構造があった方がドラマ的には面白い。

青木さんも裏の顔をチラリ覗かせていたし
色々とピリピリしてくるのだとしたら
そっちの方が楽しみ(笑)


ラストのラストは“お約束”の花の里。
仲良くお茶漬けを注文するも
右京さんはいつもの如くワサビ多め
冠城さんはサビ抜き

冠城さんはワサビ苦手なの?
それとも、お茶漬け限定?
…なんてことよりも

根本的な部分で右京さんとは正反対
ってことを象徴していたりして?

あるいは、冠城さんの反抗?



脚本:金井寛
監督:権野元
ゲスト:鶴田真由




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


100%


テニスボールチョコ


ふろしきバッグ


わがまま>『べっぴんさん』第54話 - 2016.12.03 Sat

明美が閉めようとするドアに
手を挟んで止める玉井

足を挟むってのはよくあるけど
靴を履いてるから安心なのに対し

玉井ったら素手だよ素手

痛くないのかと心配してしまったじゃないか
…って、そこかい!?

…ひじゅにですが何か?



「わがまま言うんやない」by紀夫



↑永山絢斗in『あさイチ』を部分的にだけど観た
開口一番この台詞だったので
今日、この台詞が出た時は笑ってしまった>こらこら



ニブチンひじゅには今日になって気付いたのだけど
「なかったことにして下さい」のシーンでは
すみれには珍しく黒っぽいスカート。

やはり、ここは
彼女が自分の意志をハッキリクッキリ示す要の時だから?


「うち、大急ですよ!」
小山さんったら、ちょっとカワイイかも?
と思ってしまった>ぇ

上目線ではあるけれど、間違っているわけではない。
商売として当然の要求をしてきたまで。
それに多分、当時は現在よりもずっと
百貨店というもののステータスが高かったんだと思う。

男会の反応がそれを表しているよね。

でも、お嬢様すみれ達にとっては
それ程の位置ではないっていうか
寧ろっていうか
少なくとも恐れ多いとか名誉だとかいう概念は薄いのだろう。
加えて、あの上目線は、お嬢様には受け付けないんじゃないかとも思うし。


「飛躍のええ機会やのに」
潔が持っているのは商売人としての視点。

糸子@『カーネーション』や、あさ@『あさが来た』だったら
何が何でも掴み取るハズ。

こういうビジネスドラマとしては主流の考えや行動は
潔達の役目>すみれ達との対比。


すみれ達にしてみれば
多くの人に買ってもらいたいのも本音だけれど
その前に、自分達で納得できる物を作りたいし
それは、あくまでも自分達あってのもの。

小山さんが大急に、大急であることにプライドを持っている様に
すみれ達も“キアリス”にプライドを持っている。

それは、今のところ“商売人”としてはダメダメな
それこそ「わがまま」なことなんだろうけどね。

   まあ、百貨店のステータスにしても
   そこまで拘る“キアリス”の品物についても
   詳しく描かれているわけではないから
   脳内補完の範疇かもしれないけども(^^;)



社長に呼び出されたところで終わったけど
これはきっと良い方向へ進むってことだよね。

予告では「委託」という言葉が出ていたから
いわゆるテナントになることで落ち着くのかな?

   ↑多分、百貨店ステータスから言って考えられない選択
   っちゅーことになるのだろうけど(^^;)


そうすればタグの問題も工程の問題も、すみれ側の言い分が通るし
潔や紀夫の顔も立つし
“キアリス”の知名度や売り上げは伸びるだろうし
メデタシメデタシ!

   ↑ってなるには、まだまだ波乱万丈だろうけど(笑)


笑っちゃったのは男会。

外の世界で頑張っている彼らにとっては
すみれ達のお嬢様ぶりが歯がゆくてしょうがないんだろうけど
彼ら自身がまだまだ小物なのでね(笑)


子育てについて昭一に尋ねる勝二さんには、ちょい好感。
「女房に任せれば」とほざく昭一さんは、ちょいナンダカナ…

女房やないやろ?
ママンに任せっきりやろ!?
それに、健太郎君が大人しいこだからってのもあるけど
恐らく、昭一さんは子供に怒鳴ったことなんてないと思うし。

それに>昭一さんだけでなく3人共
「女はええなあ」なんぞと言ってる口で「任せれば」も難だし。
“キアリス”に関しては任せるどころか口を挟みっぱなしだし。
それでいてコントロール出来てないし(笑)


暗雲は紀夫と玉井だな。

紀夫は今のところ、妻に翻弄されている形だけれど
本当に問題なのは彼自身だよね。

居場所がないと嘆いていたのに
居場所が見つかった今も、まだ上手く立てていない。

すみれの「なかったことにして下さい」も
潔は惜しいと思いながらも食い下がったりせず
すみれ達の意志をアッサリ認めて太っ腹なところを見せているのに。

でもまあ、社長に呼び出されて躊躇する、すみれに
「きちんと顔突き合わせて話をする事は礼儀やろ
わがまま言うんやない」

と、ガツンと言うところは頼もしい。

ここは、彼が“本当は出来る子”なのを示唆してる?


玉井の方は明美次第。

「何かあった時に助けてくれるのは何や?」
玉井はそれを「金」だと言い
タケちゃんは「明美さんや、すみれさんや良子さんや君枝さん」

まあ、これは>これまた予告の様子からすると
明美の存在が自分にとっては大きいってことを言いたいところだけど
他の3人の名を加えて誤魔化した、っちゅーか緩めた
って可能性大ではあるけど(笑)

本当に信頼できるのは“仲間”もしくは“人”
という意味もあるだろう。

「金」VS「人」

明美はどちらを選らぶのか?
っちゅーことで
大急と“キアリス”の問題にも重ねている。





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー








NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

べっぴんさん (57)
相棒 (103)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (5)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (52)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (8)
食べ物・飲み物 (15)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (53)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (1)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR