fc2ブログ
topimage

2022-05

東京の麩は小さい>『ちむどんどん』第21話~25話 - 2022.05.14 Sat

​​​​​​​​​​​​​​​​​子供編は「王道に見せかけて​外す​」って感じだったけど
大人編は「まんま」も「​まんま​」な展開だな。

いや、変な所を外すのは変な形で残ってはいるか。

「おお、そう来たか!」ではなく
「何でそうなるの…」って具合に(笑)

…ひじゅにですが何か?



​「おれも 行くから、東京」​by智



↑賢秀の次は智?
こうして次々と沖縄メンバーが上京?

もっとも『若草物語』をベースにしているのなら>確証はない(笑)
それなら4兄妹が揃っていなくちゃならないか。
智はローリー的役割っぽいしさ。


第5週『フーチャンプルーの涙』


え~っとね…
ちゃんと観ようと思いつつ、ついつい気が散ってしまい
ながら見になってしまう今日この頃…なもんだから
私が聞きそびれただけだと思うんだけど

子供を一人、里子に出さなければならないほどの経済状態だったのに
結局、誰も家を離れることなく今日まで生活してこれたのは
何が変わったから?

お母さんは工事現場から売店へと職場を変えたんだったよね、確か?
↑既にここらへんから、うろ覚え(笑)
それでお給料が爆上がり…なんてことはないよね?>寧ろ下がった可能性も

やっぱ、大叔父さんから借金?

現在は良子が就職して二馬力にはなっているけど
そもそも教員になるまでの大学学費はどうしていたのだろう?

やっぱ大叔父さんから借金?

そして今回、絵に描いた様な詐欺騒動で
賢秀が簡単に騙されるのは“お約束”として(笑)
お母さんが援助しちゃうのは…
気持ち的には“お約束”の範疇かもしれないけど>長男教
(長年苦労してきたわけだから、もっとシビアになっていても良さそうだけどね)
物理的に無理だろうと思っていたら

やっぱ大叔父さんから借金!

切羽詰まって…というよりも、何か緩い(笑)
「健気」と同情したり応援したりし難いなあ。
寧ろ大叔父さんが「​健気​」。


それにさ
そんな大叔父さんに向かって
「お願いします、暢子を東京に!」
と頭を下げるお母さん。

感動シーン…のわけなのか?

確かに大叔父さんは、女如きがどーたらこーたら…と
お決まりの男尊女卑発言をかましてたけどさ
大金を失ったばかりで動揺しているところだし
それ抜きで暢子の東京行きを反対していたわけではないし
つーか

大叔父さん、被害者だし。

自分達の都合で振り回しているのに自分達の方が被害者ぶって
大叔父さんを悪人扱いって…
そっちの方が酷くない?


で、まあ
賢秀の大逆転劇で一応は収まったわけだけど
​何ちゃそれ!?​
ってオチだよね(^^;)


ともあれ、東京へと旅立っていく暢子であった―

旅立ちの日は1972年5月15日
沖縄返還の日。

本土復帰前の沖縄を舞台に選んだからには
それに向けての人々の思いや当時の雰囲気を描いてくれるものと思ったけど
特にどうということもなかった様な…

やっぱ、私の見逃し聞き逃し感じ逃し?

高校卒業式は3月だよね?
それから5月まで、暢子はどうしてたの?

東京での住まいや就職先は決まっているの?

話はサクサク進んで行くし
山あり谷ありだし
ちゃんとオチもつけている…っぽいけど
何か色んなものを取りこぼしている様な(^^;)

​やっぱ、私の見逃し聞き逃し感じ逃し?​


東京でレストランに就職…というと
『ひよっこ』を思い出しちゃうよね。

あちらは料理人ではないし
そもそも、それが「夢」だったわけではないけど
それでも少しワクワクはしたな。
(まあ、その少し後からイマイチのドラマになっちゃったけどね)

こちらは「夢」を抱いてそうするわけなのに
​少しもワクワクしないのは何故?​

ツッコミどころ満載でも面白ければ文句はない…
つーか、ツッコミどころも楽しみの一つになる。
今のところ、今作には望めないな>スマソ

今迄は沖縄の自然が映るから、そこは良かったのに
これからはあまり期待できないよね。
ああ、視聴するモチベーションが上がらない…

でも、まだ嫌いではないよ>ぉ



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

沖縄の麩


具志堅用高


フーチャンプルーセット
​​​​​​​​​​​​​​​​​​
スポンサーサイト



やんばるナポリタン>『ちむどんどん』第11話~20話 - 2022.05.07 Sat

​​​​​​​​​​​​​​​​​視聴率急降下!
…という噂。

個人的に数字はあまり気にしないんだけどね。
朝ドラの場合
作品としての質と視聴率がきっちり反比例!
…というのが何作も続いた時期が確かにあったから。

とはいえ、今作がそのパターンに当てはまるかっちゅーと
微妙(^^;)

つーか、寧ろ
正しい結果
…と言えなくもない状況。

​ヤ、ヤバイですぜ!!

…ひじゅにですが何か?



​「東京に行って料理人になりたい」​by暢子



ようやく、自分のやりたいことが見つかった暢子。
この宣言は、ドラマの転換点というか大いに意味のあるシーン
…のハズなんだけど

何だか​唐突​に感じてしまった。

子供時代、父親に沖縄そばの作り方を教わったこと―
和彦君始め皆に大好評であったこと―
今でも家では料理を主に担当していること―

食べることが大好きという初期設定に加え
一応は色々な伏線(?)があったことはあったのだけど
今回の料理対決に向けて上手く積み重なっては来なかった気がするのは
ひじゅにだけ?


第3週『悩めるサーターアンダギー』
第4週『青春ナポリタン』


さんぴん茶蒸しケーキの上に乗せるのはアセロラ。

暢子のシークワーサーとの対比かな?
と思ったけど
それほど重要そうな描写はなかったな。
まあ、良いけど>良いんかい

一つ覚えたこと

さんぴん茶=ジャスミンティー

知らんかったよ。

え?
そんなの常識だ?
ススススミマセンスミマセン!


何故、主人公が料理をする物語というと
料理対決になるのだろう?
答:面白いからです>ぉ

でも、これはあまり面白くなかったなあ>スマソ

本番中にハプニングがあるも主人公の機転で逆転勝利!
という展開は定番なんだけど…
つまり、面白さはある程度保証されている!
と言って良いハズなんだけど

でも、これはあまりスカッとしなかったなあ>スマソ×2


最終的にスープがこぼれてしまったわけだけど
スープが使えない状況にしたいのは分かるけど
うっかり鍋を落して…ってのがなあ…

うわあ、大変!と思うより
落としてしまった子が気の毒になってしまった。


​​やんばるそばナポリタン​​
になるのは、週タイトルや、週冒頭でナポリタンの話題が出たから
容易に想像ついたので、ハラハラもドキドキもしなかった。

勿論、何の前振りもないままだったら
それこそ唐突で、取って付けた様になるだけなんだけどさ
もうちょいナポリタンへの思い入れが描かれても良かった気が…>求め過ぎ?

だって、沖縄そばには父の思い出もあるし、それこそ思い入れたっぷり。
シークワーサーを麺に練り込むまでの飛行錯誤もそれなりに描かれたのに
ナポリタン?
あ、っそう。
…って感じで(酷)

そもそも、大量のケチャップをどうしたんだ!?>野暮?


見方によっては、沖縄そばを始めとする数々の沖縄料理より
見よう見まねで作ったナポリタンの方が上!
…みたいな印象にもなり得るのもナンダカナ…

だからこそ、暢子は東京へ!
ってことなのかもしれないけど
そうじゃなくて、もっと色々な料理を知りたい→世界を知りたい!
って方が良い感じだよね。

つーか
​その様に描いているつもり​
…なんだとは思うのだけど。


それよりも何よりも、気になったのは
やたら“悪役”が登場することだな。

運動会エピでも感じたことではあるけど
子供編でのことだし、大人編になって本格的に物語が始まれば
もっと細やかな内容になっていくだろうという期待があった。

「根っからの悪人が存在しない世界」がデフォルトの朝ドラに
ひじゅには毒されちゃっているのかもしれないけどさ(笑)

その世界を決して肯定しているわけではなく
どっちかっちゅーとディスっているのは事実なんだけど
あまりにも単純に、あまりにも一面的な“悪意”をぶつけて来る人物の登場と
それにより物語が動いて行く今作の様子は、もっとモヤモヤ。

まあ、​両極端​っちゅーことッスね(笑)


まあ、ともかくも
これで自分の進みたい道に気付いた暢子の図ぅ―
ではあるので、今後の展開を期待したいところではある。

料理人に…ってのは分かるけど
何故、東京?…って気もするけど(笑)


イマイチ薄いと感じるのは、そうした暢子の物語だけでなく
兄・姉・妹の物語と、さらに幼馴染@智の物語までもが
彩りではなく同等っぽく描かれていることも影響していると思う。

いや、個人的には群像劇も好きなんだよ。
朝ドラは長丁場なので、脇役も大いに生かした群像劇であるべき
…とさえ思っている。

でも、​​群像劇​​を成功させるには
個々のキャラが魅力的であることと
エピソードの面白さにかかっているんじゃないかなあ…
今のところ、そこが希薄なんだよなあ…>エラソウ

恋話を入れるのは良いけど
分かり易いライバルがいて揺さぶってくるだけで
ときめかないし>スマソ
ギャグを入れるのも良いけど
どこが笑いどころ?って感じだし>スマソ×2


まあ、それこそ個人的に
智役の前田公輝さんには好感を抱いているので
(以前に某映画を観て、映画はイマイチだけど彼の存在は面白いと思った)
頑張ってもらいたいなあと思う。

『ちむどんどん』のおかげで嫌いになってしまった
…なんて結論にはならないよう祈ります(笑)



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


ナポリタン


さんぴん茶


アセロラ>石垣島産


​​​​​​​​​​​​​​​​​

イカ墨ジューシー>『ちむどんどん』第3話~10話 - 2022.04.23 Sat

​​​​​​​​​​​子供時代は二週間。
大人→子供→大人の繋ぎも定番。
家族を強調。
家族の死。
…王道というか、極めて朝ドラらしい作りだな。

…ひじゅにですが何か?



​「賑やかです…うちの家族の場合は特に」​by母




この台詞の後、父親も含む家族全員で楽しそうに踊る様子が映った時は
さすがのひじゅにも、ちょいウルでしたぜ。

第1週『シークワーサーの少女』
第2週『別れの沖縄そば』


とはいえ、王道破りな展開もチラホラ。

例えば、父親がヒロイン暢子には言葉を残してくれなかったこと―
掘り下げるかと思いきや、​アッサリ​納得してオシマイ(笑)

例えば、食卓に並んだ豚料理が賢秀が世話していたアババだと分かった時―
これって、可愛がっていた者にとっては単純にショッキングだし悲しい。
「命をいただく」という点においてはとても複雑。
色んな見方、色んな捉え方があると思う。
.だから、長く重く扱うか、コミカルに大騒ぎさせるか(ウザいけど)
…だと予想していたのに、これまた​アッサリ​納得してオシマイ(笑)

例えば、体操着やズックの件―
.お母さんが苦労して買ってくれたものということで
ここぞとばかりに感動的に盛り上げて泣かせにかかるかと思いきや
何と豚に汚される(笑) 
アババの敵討ちか?>ぇ
古いズックのままで良いと健気に頑張った暢子はズックが破けて転んじゃうし
一生懸命練習していた歌子はフライングしちゃうし、結局抜かれてびりになっちゃうし
感動のネタが悉く裏目に(笑)
拗ねていた家に残っていた良子が出て来たことで最後は盛り上げるのかと思いきや
毎年3位が2位になったということで、凄いっちゃ凄いんだけど
ドラマとしては、奇跡的展開…というわけではなかった。


そう、このドラマは、そんなありきたりな​“奇跡”​は描く気はないのかもしれない。


王道の様でいて、ちょっと外す…って感じ?(笑)
その頂点はラスト。
暢子が東京へ去って行く、涙涙の別れのシーン。

バスを追いかける子供達…ここは王道。
よくある描写だけど泣ける。

バスが止まり、降りて来るヒロイン。
その後またバスに乗って去って行くのだとしたら、ちょっと過剰かな(^^;)
でも、このドラマは降りたまま。
東京には​行かないんかい!?​
という外し(笑)


まあ、だからって大笑いできるわけでもないんだけどね>スマソ

そうなるまでのアレコレはどうなったんだ!?
というツッコミどころも残るし>来週フォローが入る?

でも、何となく、作風というか、今後の雰囲気が分かって来た様な気がする。
その「分かって来た様な気」を、さらに外しにかかる展開になるなら面白いかも?



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


イカ墨じゅーしぃの素


運動会に


沖縄そば


​​​​​​​​​​​

若草物語>『ちむどんどん』第2話 - 2022.04.12 Tue

​​​​​​​​​​今日は休みを取ったのだけど
日頃の寝不足が祟ってPCを前に爆睡してしまった(^^;)

…ひじゅにですが何か?



​​​「東京の餡子はサラサラして美味しいさあ」​by暢子



↑前作へのオマージュっちゅーヤツですか?
まあ、あれは東京の餡子ではなかったけど。


ついでに


​「俺は長男だから」​by賢秀

鬼滅か!?

↑こらこら


ちゅーことで、第2話。

戦後から始まったけれど、戦争が残した傷はまだなまなましい。
ちょびっと『ひよっこ』を思い出したな。

こうした傷や痛みを抱えた大人達の下で育った四兄妹が
明るく力強く前進して行く姿を描く…ということか?


「ヒロインが」ではなく「四兄妹」と書いたのは
「もっとも、HPの番組紹介には
「個性豊かな沖縄四兄妹の、本土復帰からの歩みを描く」とあるので
実質的に4人が主役の物語となるのかも?」
と、昨日書いたことに繋げているからだけれども(笑)
今日はその思いを強くした。

だって、今日はまんま​『若草物語』​なエピソードがあったから。

あちらも子供達は4人(四姉妹だけど)背後には戦争がある。
そして
久々の御馳走が食卓に並び、喜ぶ子供達に
もっと辛い状況にある他所の家庭に持って行こうと提案する母親
…の図ぅ。


『おひさま』に『赤毛のアン』シリーズを彷彿とさせるエピソードがあった。
教師になったヒロインが家庭訪問に回ると行く先行く先で蜂の子が出される(笑)

『アン』ではカボチャの砂糖漬けだから、その点が工夫されていたと言えば言えるし
彷彿とさせる…であって、あれがベースになっているとは断言できない。
まあ、オマージュっちゅーヤツっすね…って感じ?(笑)

『ちむどんどん』では本当​に​“まんま”

良い悪いじゃなくて、これは
『若草物語』をベースに、もしくはモチーフにしている―
という宣言なのかもな。
公式HPも上記の部分くらいしか読んでおらず、前知識はほとんど仕入れていないので
実際にどうなのかは分からないけど…でも、多分…。

そういう思いで視聴すると、また違う感慨がある。


ただ、ちょっとツッコミを入れさせてもらうと
『若草』では、クリスマスということで、頑張ってご馳走を用意した。
そこに、以前から世話をしに通っていた子だくさんの貧しい家から帰宅した母が
その家に料理を持って行ってあげようと提案する―

自然な流れだと思う。

こちらは「お裾分け」と言っていたから、いつもよりご馳走なのは分かるけど
あの形で貰ったのか、別容器にあったものを盛り付けたのか
食材を貰って家で調理したのか…どれにしても
ワザワザ子供達の目に付く様に食卓に並べてみせてから
既に家にいる母親が土壇場で提案する―

ナンダカナ…と思ってしまった>考え過ぎ?



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


ゆし豆腐


若草物語 1&2


もなか


​​​​​​​​​​

『ちむどんどん』スタート - 2022.04.11 Mon

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​始まりました​『ちむどんどん』​

​第1週は『シークワーサーの少女』​

脚本は『マッサン』の羽原大介さん。
ヒロインは『スカーレット』で三津(喜美子の弟子)を演じた黒島結菜さん。

もっとも、HPの番組紹介には
「個性豊かな沖縄四兄妹の、本土復帰からの歩みを描く」とあるので
実質的に4人が主役の物語となるのかも?

今年2022年は沖縄本土復帰50年。
沖縄を舞台にした朝ドラは『ちゅらさん』『純と愛』がありましたが
復帰前の時代が扱われるのは初めてだそうです。

第1話は、子供達が走って行くシーンで、それぞれの個性に加え
沖縄の風景の美しさが大きく広く映し出されたのが良かったと思います。

ひじゅにの住む地域は海なし県で、しかも、
都会では決してない上に近隣はさほど自然豊かでもない“田舎町”なので
こんな美しい場所に生まれ育っていたなら人間性も違っていただろうな…と
自分自身の努力を棚に上げまくって、憧れを抱くのでした>ぉ

物凄く不定期になるでしょうが
感想は書いていきたいと思いますので
よろしくお願いします☆


ちなみに「ちむどんどん」とは
​「チム(心臓)」が高鳴る様子​
のことだそうです。


作:羽原大介
演出 -:木村隆文、松園武大、中野亮平 …他
音楽 : 岡部啓一、高田龍一、帆足圭吾
主題歌 -:三浦大知『燦燦』
語り : ジョン・カビラ
登場人物:
比嘉暢子(ひが のぶこ):黒島結菜…幼少期:稲垣来泉

【比嘉家】サトウキビ農家
賢三(父):大森南朋
優子(母):仲間由紀恵
賢秀(兄):竜星涼…幼少期:浅川大治
良子(姉/小学校教員):川口春奈…幼少期:土屋希乃
歌子(妹):上白石萌歌…幼少期:布施愛織

【青柳家】
文彦(和彦の父/民俗学者、東京の大学教授):戸次重幸
和彦(暢子の幼馴染/新聞記者):宮沢氷魚…幼少期:田中泰生

【砂川家】豆腐店
砂川智(息子/四兄妹の幼馴染):前田公輝…幼少期:宮下柚百

【沖縄の人々】
比嘉賢吉(大叔父):石丸謙二郎
石川博夫(良子の友人/小学校教員):山田裕貴
前田善一(共同売店店主、地域の役員): 山路和弘
早苗(善一の娘/暢子の友人):高田夏帆
喜納金吾(砂糖工場の息子/渡辺大知)
新垣のおばぁ:きゃんひとみ
安室のおばあ:あめくみちこ
下地響子(音楽教師):片桐はいり
マスター(バーガー屋店主):川田広樹

【アッラ・フォンターナ】東京のイタリアンレストラン
大城房子(オーナー):原田美枝子
三ツ橋光二(料理長):高嶋政伸
矢作知洋(厨房の先輩):井之脇海
【東洋新聞】
大野愛(和彦の恋人・同僚):飯豊まりえ
田良島甚内(デスク):山中崇
【養豚場】
猪野寛大(経営者):中原丈雄
清恵(寛大の娘):佐津川愛実

【鶴見の人々】
平良三郎(沖縄県人会会長):片岡鶴太郎
多江(三郎の妻):長野里美
金城順次(あまゆ店主)志ぃさー(藤木勇人)



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

シークワーサー


ドラマガイドpart1


サーターアンダギー


​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カムカムエブリバディ (14)
おかえりモネ (9)
おちょやん (93)
エール (186)
スカーレット (153)
相棒 (127)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (31)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (13)
欧米映画 (10)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ2 (7)
ドラマ-3- (17)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (16)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (10)
MV&歌詞訳(その他) (28)
レトルト&キヨ その他 (1)
お気に入り動画 (3)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (73)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (61)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (5)
アニメ (3)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)
鬼滅の刃 (2)
ちむどんどん (5)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR