FC2ブログ
topimage

2019-11

琵琶湖に橋>『スカーレット』第39話 - 2019.11.13 Wed

​​​​​​​​​​​昨日はキツイ部分が勝ったけど
今日はちょっぴりカタルシス

…ひじゅにですが何か?



​「食べる方の箸にしとけえ言われて」​byちや子



橋と箸
『TRICK』にそんな話があったっけなあ
…ってのは置いといて>ぇ


ちや子さんは雑誌記者になり
琵琶湖に架けられる予定の橋について取材するらしい。

ってことは、この先も時々、顔を見せてくれそう。
“荒木荘”と喜美子を結ぶ橋にもなってくれそう。
今日は大久保さんから渡されたお茶を届けてくれたし。


“荒木荘”でいつも淹れていたお茶が、喜美子をあの頃に引き戻す。

家族のために働いていたのは同じだけど
あそこでは喜美子は
家事をしたり父親を宥めたり妹達を世話したり…という
“母親代わり”という役目からは解放され
喜美子自身でいられたし
周囲もそう見なしてくれた。

自分自身の人生について考える余裕も持てる様になったところだった。

そうアドバイスしてくれたのは
他ならぬ、ちや子さんだったね。


喜美子が大阪を去る頃は
ちや子さんもまた自分の人生を見失いかけていた。
立ち直れたのは、喜美子のおかげ…な部分も大きいと思うよ。

で、新たな道を見出した、ちや子さんに
喜美子も再び励まされる。

素敵な関係だよね。


といっても…
「グッとこらえて、頭下げて、
『どうしてもやりたい!やってみたい!やらして下さ~い!!』言うて
必死に思いを伝えて、一生懸命掛け合うて…
ほんで、ようやっと任してもらえることになったんよ」
以前なら、喜美子もこの言葉とリンクできた。
“荒木荘”の時はそんな風に頑張れた。
今は頑張る余地もない…
八方塞がりの状態。

ここで、喜美子が絵付けをやりたかった…と
​大泣きできた​のは良かったと思うよ。


最初はちょっと驚いた。
今迄の喜美子は、何でも冷静に理性的に受け止めてきたから。

信楽から離れたくないと、お父ちゃんに訴えた時も
感情的にならず、静かに涙を流すだけだった。

まあ、“荒木荘”での初期の頃は
枕相手にラリアット(?)かましてたけどさ(笑)
でも、あれは、頑張っている最中のことだったからなあ…
頑張ることもできない…取り掛かることさえできないって辛過ぎる。

本当は、ただ静かに諦めるつもりだったのだろうなあ…
置かれた状況をただただ受け止めて。


でも、ちや子さんと再会して
大久保さんのお茶の作用もあって
ひとりの人間として、心情を吐露する喜美子。

泣き喚きながらも、どこか歯止めが効いているって感じだったけど
​感情を表に出せた​のは良かったと思うよ。


そんな姉を見て、段々と表情を変える直子が、これまた良かった。

学校を卒業したら東京に行きたいと言っていたのは
今の自分の状況から抜け出したいからだろうけど
喜美子への対抗心というか、羨ましく、もしくは妬ましく
思う気持ちも含まれていたのだろう。

大阪に行った喜美子は自由に楽しく生きている様に
直子には見えたかもしれない。

戻って来てからは
借金は多少なりとも返してくれたし
肉じゃがには肉を入れてくれたし…
それは喜美子の「余裕」だと感じたのかもしれない。

母親の様に自分達の世話をしてくれるのは
実の母親がその点で至らな過ぎるので(^^)
姉がそれを埋めるのは当たり前と思っていたのかもしれない。

…でも、そんな喜美子が泣いたことで
彼女もまだ自分達と同じ「子供」で
これから人生を歩んでいかなければならないのだと
​気付いた​のだろうな。


お母ちゃんのポンコツぶりがあまりにも目立っているものなあ…

昨日、お父ちゃんが暴れた後で、隅で泣いている百合子を
慰めたのも喜美子だったし
今日、お客さんの目の前で寝転がって本を読む直子を
注意したのも喜美子だった。

悪い人じゃないし、嫌いってわけじゃないけど
ちょっと怖い(^^)


「嫌い」と言っていた風呂焚きを自分からやると言った直子に
昨日のキツイ展開の連続に少しばかりササクレていた心が癒されたわ。

喜美子も「ほら見ろ」みたいなことを言わず>ひじゅになら言っちゃいそう
酒瓶に水を入れるとうユーモアで返すところが良い。

お父ちゃんのことだから、騒動になりそうな気がするけど(^^;)


海の様な琵琶湖に橋が架かる様に
絶望的と見られた喜美子の「夢」に手が届く様になる
その前触れの涙?



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


琵琶湖の叫び


夢をはこぶ橋


お椀とお箸


​​​​​​​​​​​
スポンサーサイト



喜ぶに美しい>『スカーレット』第38話 - 2019.11.12 Tue

​​​​​​​​​​​​​​​​​​今日は色々キツかったなあ…

緩急つけてたのかもしれないけど
もしくは、連続どんでん返し?

…ひじゅにですが何か?



​「苦手ちゃう嫌いや!」​​by直子



絵付けに夢中になるあまり帰宅が遅くなってしまった喜美子。

時間が決まっているはずといっても、そこは仕事…
都合で遅くなってしまうことも有り得る。
(まあ、この場合は喜美子の心がコントロール不可だったからだけど)

なのに夕食だの風呂だので文句を言われたら
あんまりだぞ、お父ちゃん!
…という思いで観ていたんだよ、喜美子が家に入るまでは。

そしたら
確かに、暴れたのはお父ちゃんだったけど
喜美子に苦情を言ったのは​妹@​直子​​


喜美子に信楽に戻る決意させた理由の一つは
妹達が辛い思いをしていたから―
妹達が泣いて縋ってきたから―

で、喜美子は、実現間際だった「夢」を諦めて
家族のために頑張っている。

なのに、その妹からも責められるのは​キツイ​(^^;)


でも、妹達もキツイ思いをしている。

今日、お父ちゃんが喜美子の名を連呼したのは
3年ぶりに戻ってきてくれて嬉しい気持ちがまだ冷めていないのと
昨日騒いでいた縁談のことがあったから余計に…だとは思うけど

まあ多分、日頃から長女贔屓なところを見せていたんだろうな(^^;)

喜美子は真面目だし我慢強いし器用でもあるし
幼いころから親に頼りにされ、何とかこなしてきた。

直子は全くタイプが違う。
自我も強いし、色んな意味で不器用そうだし
褒められるどころか姉と比較ばかりされていたとしたら
そりゃあ反発するわ。
誰よりお父ちゃん似っぽいし(笑)


まあ、第三者的には
大阪以前の喜美子よりずっと大きいのだから
もうちょい頑張れよ、直子!
…と、冷たい思いを抱いちゃうんだけどさ>スマソ


それよりなにより、お母ちゃんだよなあ…
「軽く飲んで」​じゃないやろ!?​

困ったちゃんだけど憎めないキャラのはずだった
お父ちゃんもお母ちゃんも
何だか日毎にダメな部分が強調されてきていて
「憎めない」部分が薄れ始めている様な…

視聴者としては​キツイ​ぞ…


喜美子が好きなこと、夢中になれることに
気付いたところでのこれ…だものね。


「自分はなんと甘い考えだったかと
返す言葉も浮かびませんでした。」

その“好きなこと”に関しても、真相はキツイ。

やはり、スムーズに事が運びそうに見えたのは
朝ドラ“お約束”破りというかツッコミ返しというか
(お父ちゃんのちゃぶ台返しと呼応?>ぇ)

新しい仕事に興味を示したお嬢ちゃんに
社長にも言われたことだし、ちょうど暇なところでもあるし
一日体験コースご案内!
…ってところなのでせう。


まあ、この流れは“荒木荘”と同じ。
一人前になるまで三年くらいかかる…ってところまで(笑)

ただ、“荒木荘”は食事付きだったし
少額とはいえ給料も出たし
内職をする余裕もあった。

こちらは全くの無給だという話だしな…
喜美子の今の状況ではキツイ…どころか、ほぼ不可能(^^;)


「ここの食堂の仕事、うちと緑さんだけでもやれんねんで?」
食堂のおばちゃん達の言葉も出だしはキツかった

「仲良うしよういう話やし」
​ツンデレ​というオチ(笑)

お母ちゃんによる娘達の名付けの由来話とこれと
視聴者をホッとさせてくれるのが目的のシーンかもしれないけど
他がキツ過ぎて、あんまりメリハリ感じなかったわ(^^;)


まあ、食堂のシーンは
他のエピも今はキツイけど、ホノボノした結末が待っていますよ!
…という予告(?)かもしれないけどね。



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


ちゃぶ台


おやすみ用手袋


嫌い


​​​​​​​​​​​​​​​​​​

弟子にしてください!>『スカーレット』第37話 - 2019.11.11 Mon

​​​​​​​​​​​​​​​​​拍子抜けするほど

…いや

​ツッコミ待ち​の如く(笑)

アッサリと絵付けの仕事に
採用されそうな喜美子の図ぅ―

こりゃあ何か仕掛けがありそう(^^;)

…ひじゅにですが何か?



​「ええよぉ」​by深野



辞めちゃった親方は尊大で
扱いが難しそうだけど
下手に出れば意外と簡単に動かせそうな気もする
ベタなタイプ。

新しくやって来た親方は
緩~いオヤジの様に見えるけど
イッセー尾形なだけに(?)胡散臭さ満載の
曲者タイプ。


前者の時はやかんを取り換えに行っただけなのに
厳しい態度で追い出されてしまったのに対し
後者はアッサリ過ぎるほどアッサリ。

でも、この「ええよぉ」
優しさではなく
懐の広さでもなく
つーか
許容でさえなく

寧ろ、全く眼中にない…ってことではなかろーか?


もう4年も経つというのに弟子達の名前も覚えていないというし
ポッと出てきた、年若い&女の子の喜美子など
存在さえも認めてはいないんじゃないかなあ…

つまり
「ええよぉ」は「どーでもええよぉ」の略。

考え過ぎ?


毒親認定された喜美子両親は
なんとかそれを払拭しようと(?)奮闘中。


お母ちゃんは、喜美子を学校に入れてやるため貯金開始。

これは素敵だと思うけれど…
いつまでかかるか見当もつかない壮大な計画だよね。
それが悲しい(涙)

たださ、ヘソクリしようという知恵があるのなら
喜美子が帰る決意をする前に実行してほしかったなあ。

泥棒騒ぎはあったし
その直後にオート三輪を購入してしまったらしいし
そんな余地はとてもなかったんだろうけど。

でもって今、貯金を思い付くことができたのは
喜美子が帰って来て
借金は幾らかは減ったし>喜美子の貯金
生活費も少しばかり増えたし>喜美子の稼ぎ
家事もかなり楽になった>喜美子の働き
…という土台あってのことだろうと思うと
それも悲しい(涙)

厳し過ぎ?


お父ちゃんは、喜美子の婿探し。

相変わらず、酔っぱらっているし
酔っ払いの戯言っぽくはあったけど
本気なんだろうなあ…

嫁に出す、ではなく
「婿に来てくれる」人を望んでいるわけで
夫婦2人で働いて家に貢献しろ!ってことやん(^^;)

まあ、娘大好きのお父ちゃんだから
喜美子を手放したくない!との思いも強いだろうし
喜美子の幸せに繋がるとマジで信じてもいるのだろうけど。

その根底には、の一番の幸福は結婚&子供を持つこと
…ってのがあるわけで…


この
に生まれついたこと=呪い
みたいなのは、テーマの一つだろうから。


この思惑が実現することになったら
(予告の様子では、しっかり実行される模様^^;)
お父ちゃんが喜美子の人生に立ち塞がるのは、これで三度目。

1:高校に進学したかった…せめて信楽でずっと暮らしたかった―
そんな、ささやかな願いを打ち砕き、大阪に働きに行かせた。

2:“荒木荘”で働きながら美術系の学校に通いたい―
そんな、固い決意と希望を打ち砕き、家族のために信楽に帰らせた。

そして今回が「3」

前の2つと絡め、強調するために
学校に行かせたいと考える、お母ちゃんの図ぅ
を入れたのだろうな。


でも、今の喜美子は​絵付けに夢中​

お父ちゃんの強制と
フカ先生の関心の無さ(笑)がぶつかる!?
…という算段?



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


ピンバッジ 


金銀の貯金箱


海鮮丼 貯金箱


​​​​​​​​​​​​​​​​​

スノウ>『相棒season18』第5話 - 2019.11.10 Sun

​​​​​​​​第5話『さらば愛しき人よ』

☆★☆★☆★☆★☆★

1話飛ばしてしまった(笑)
今回は第5話。
冠城さんの元カノ話。


​「特命係の色男!」​byイタミン


冠城さんが5年前に交際していた女性は
今や大人気の覆面詩人スノウだった―

まあ、イタミンは全く知らなかったけどね(笑)

何かオシャレ過ぎ。
出逢ったのも、デートしたのも、こだわりの珈琲店
…ってのもオシャレ過ぎ。
分かれた理由も、幸せだと詩が書けないから
…ってのもオシャレ過ぎ。

特命係関わることになった切欠は
分かれた時より2年も後に出版された詩集に
冠城さんの写真が挟まれていたから
…ってのも。

その写真が、よくある2ショットの記念撮影風のものではなく
コーヒーカップを前にした男前写真(何ちゃそれ!?)
…ってのも。


でも、彼女が何故
頑なに正体を隠したがっていたのか
自分の幸せを犠牲してまで詩作に拘ったのか
その理由は暗く悲しく…ちょっとエグい(^^;)


だからこそ
この差を際立たせるためにこその
オシャレっぽさなのだろうな。

また、彼女にとっては
冠城さんと過ごした僅かな日々だけが
美しい夢だった…ということなのだろう。


んもう、冠城さんったら
​何人、元カノがいるのよ!?​
って感じだけど(笑)
毎回本気で、誠実を尽くしていたのだろう…とは思う。

もしかして、​陣川君ポジションも狙ってる?​
という疑惑もあるけど(笑)


あの珈琲店が、冠城さんと彼女を結び付け
2人の恋を純粋培養した実験器具の様な役割を果たした器具
…の様なものとするなら

その器具から冠城さんが離れてしまった後に
致命的な菌を注入したのがマスター。
いや、自らを菌として育ててしまったんだな。


彼女が「スノウ」として存在し続けていられる様に
彼女との別れを決意した冠城さんと

「彼女のため」と言いながら、自分の欲望のために
彼女の仮面を引き剥がそうとし
遂には殺害してしまったマスター。

この対比も面白い。


珈琲店なのに紅茶を注文する右京さん。

右京さんらしいと言えるけど…
あれ?
1話目あたりで、出されたコーヒーを素直に飲んでなかったっけ?

この時点でマスターに引っ掛かるものを感じ
紅茶で態度を示したのだったりしたら…凄過ぎ。


怒りを表す右京さんは良かった。
冠城さんに暴力を振るいそうになるのを阻止し
かつ、右京さんの「正義」を見せたから。


トランクに詰められた彼女の死体は美しかった。
ここもオシャレ過ぎ。

本当はそんなにきれいな状態を保ってはいなかっただろうから
冠城さんの心情を表す、これまた一種の、フィルター? 


☆★☆★☆★☆★☆★


ゲスト:佐藤江梨子 水橋研二
脚本:児玉頼子
監督:橋本一



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


スノウ


覆面作家は二人いる


コーヒーショップ


​​​​​​​​

酸っぱい飴>『スカーレット』第36話 - 2019.11.09 Sat

​​​​​​​​​​お父ちゃんとお母ちゃんは
傍から見れば十分に毒親

翻弄されるのは喜美子だけではない

百合子は、母親に甘えるべきところを
喜美子にベッタリだし

百合子より大きくて、ちょっとヒネている(笑)直子は
空襲時の恨みを持ち出して喜美子に甘える

その分だけでも
喜美子の負担はとてつもなく大きいよね(^^;)

…ひじゅにですが何か?



​「ええこと考えながら寝なさい」​by喜美子



毒親に翻弄されるヒロインの図ぅ…は
描き方によっては暗く悲しいドラマにもなり得るのに
寧ろ明るく、希望を感じさせるものになっているのは
この先、喜美子が自分の夢@陶芸の道を進んで行くのが
分かっているから…というだけではない。

その陶芸の道だって前途多難なのは明らかだし。

喜美子が、この言葉の通り
置かれた状況にクヨクヨ悩んだりせず
「ええこと」に目を留めて
一歩一歩しっかりと歩んでいるから…だと思う。

でもって、これは、かつてお父ちゃんが言っていた言葉。

空襲の夢にうなされる直子に向けた言葉だけど
喜美子も自分の人生に応用している。
父親への、妹への…家族への情も絡んでいる。



絵付けという作業に出逢ってしまった喜美子―

昨日、アホの坂田似の番頭さんが
喜美子の仕事には関係ないからと
絵付けに関する説明を遮った時
“丸熊陶業”に就職したことにより陶芸に目覚める…という
予想するまでもない展開をワザと引き延ばす手か?と思っちゃったけど
あっという間に出逢ってしまった。

今日は、もう絵付けに携われそうな雰囲気になってきて
​​何というスピード展開!​​
…って感じなんだけど(笑)

それでも
安易…とか、ご都合…とか
今迄の朝ドラにさんざん書いてきたツッコミを
全くしようと思えないのは何故だろう何故かしら?


尊大で、イカニモ…ってタイプの親方に師事することになるのかな?
と思ったら、親方は弟子達を引き連れてサッサと辞めちゃうし

照子に頼む=子供同士の口約束で喜美子が簡単に後釜に収まったら
それどこの『なつぞら』?になっちゃうところ>こらこら
イッセー尾形の登場だし

短くもちゃんと紆余曲折あったからかな?

親方と不愉快な仲間達が辞める際
アホの坂田似の番頭さんが実にアッサリと
お金まで既に用意して、あしらっていたから
前以ってイッセー尾形には話を通してあり
かつ、彼の方が腕は上…なのかも?

彼が喜美子の師匠になるのだろうな。

ちゅーても、予想はまた外れるかもしれない(笑)
でも、当たっても外れても面白い結果になるだけ
…という信頼感が今や築かれている。
(この信頼感が裏切られる日が来たら怖過ぎる…と思うくらいには


ヒロインには故郷に親友がいる…というのは定番だけど
その存在が有効に使われている例は多くはない。

いつでもヒロインを無条件で温かく迎えてくれる都合の良い存在
…に留まっている。

でも、今作の照子と信作は何だか良いね。

理想は順ちゃん@『ちりとてちん』みたいな
ヒロインに苦言を呈することのできる親友だけど

照子と信作みたいに、ちょっとおバカで
ヒロインの話を聞いてなかったりしても嫌な印象はなく
信頼し合っているのが伝わってきて癒されるのが良い。


ところでさ
​酸っぱい飴​って…

草間さんエピでの飴は甘くて苦い味だったけど
今日のは酸っぱい…

ままままさか、酸っぱい葡萄!?



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


すっぱい飴


絵付け(マグカップ)ペア体験券>ふるさと納税


すっぱいぶどう


​​​​​​​​​​

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

スカーレット (40)
相棒 (116)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (29)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (7)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (15)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (3)
MV&歌詞訳(QUEEN) (8)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (25)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (64)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (56)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR