FC2ブログ
topimage

2020-01

熱くなる瞬間>『スカーレット』第91話 - 2020.01.20 Mon

​赤玉ラベルの葡萄酒は
『マッサン』へのオマージュ?

​鴨居の大将、ナツカシス​

でも、ジュースと言い張るところは
『孤独のグルメ』の久住さんを思い出してしまった

​久住さん、カワイイよね​

…ひじゅにですが何か?



「薪入れしながら、どんな色にしようか考えてた」by喜美子



↑ももももしかして
電気窯→穴窯
の伏線?

子供の頃、お風呂を沸かすのが訓練になって
火を自在に扱う術を身に着けた喜美子

陶芸家の土台の一つとなるのね…と思われたのに
その後、語られることなく今日まで来たけど
いよいよ花開く?



年に一回の恒例行事という照子の離婚騒動で
川原家に集合した幼馴染トリオ。

川原家のために何かと動いてくれる信作だけど
照子にも大いに使われているらしい。

離婚の次は信作の結婚を口実に3人だけのパーティ。

「これが後々語り継がれる
『信作、結婚のご挨拶がなかなかできない』の始まりでした」
とアナウンス済みだから
ここの部分に「熱くなる瞬間」はない(笑)


まあ、ここに深読みする要素は複数ある。

先回、八郎さんは東京に同行したいと言う三津に対し
男女が一緒に行動するのは良くないと断っていた。

喜美子・照子・信作は男女揃って仲良し。
まあ、さすがに信作は泊まったりはしなかったけど(笑)

初恋の人、つまり妻以外の女性と朝まで飲んでいたという敏春さん。
そんな夫にヤキモチを焼く照子。

夫&三津の様子にちょっとモヤる喜美子。

​…って具合に。


でも、今日は
ただ、3人のワチャワチャを眺めるだけで良しとしておこう。

楽しめるってほどではなかったけど>ぉ
この3人の関係性は割と好きだよ。

ヒロインを称えるためだけ…だったり
ヒロインの物語を説明するためだけ…だったりせず
男女入り混じっているからといって変に恋愛感情を絡ませることもない。
(ヒロインに片思いだったり、残り物同士でくっ付いたりもしない)

今迄の朝ドラの友達関係って、そういうのが多かったもんなあ(^^;)
友達に限らず、すべての登場人物がヒロインを持ち上げるためだけに存在していた。


写真を見るシーンでは
視聴者にもよく見せなさい!
と思ったけど(笑)


『今やから言うけど』大会では
照子が人さらいとすれ違ったといった時
ああ、そういえば、そんな様なエピがあったなあ…と
遠い目になったけど

「朝から晩まで家の中のことして
学校でも係の仕事して、勉強もようして…
いつこんな絵ぇ描けんねん」
と信作が言った時
これは単純なヒロイン称賛ではなく
ああ、よく見ていたんだなあ…
さすが友達やなあ…
と、ちょっとシミジミと聞くことができたよ。


この金賞を受賞した絵と
「旅のお供」にしていた陶器の欠片

上記の火の扱い方も含め、どれも
これから陶芸家の道を歩むことになる喜美子の
土台の一つとなるのだろう…と思わせてくれたもの。

どれも、ようやく繋がった…という感じ。

これで、ドラマとしても喜美子のキャラとしても
初期の頃のワクワク感が蘇ってくれれば良いなあ。


ちょいと皮肉っぽく感じるのは
八郎さんがいない時に―
ってことなんだけどね(^^;)

タイトルバックのクレイアニメでは
幼い頃は3人
大人になってからは4人の人物が登場するから
前者は喜美子・照子・信作
後者は、プラス八郎さん
と思って観ている部分があったもんだからさ。



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


金賞受賞 >花ふきん


金賞受賞 >キャリーバッグ


金賞受賞 >ナッツの蜂蜜漬け


スポンサーサイト



アリジゴク>『相棒season18』第12話 - 2020.01.19 Sun

第12話『青木年男の受難』

☆★☆★☆★☆★☆★

先回は右京さんが、今回は青木さんが監禁されることに―
先回は警察OBの傲慢さ、今回は若手刑事の正義が暴走―


「あ~~~」by一同


特命係の様子を覗く大木&小松…というのも『相棒』名物だったけど
大木さん役の志水正義さんが亡くなり
今シーズンでは大木さんの姿もなく、ちょっと寂しく思っていたところだった。

その2人のいつもの立ち位置にイキナリ土師さんが顔を出したのは
ある意味、オマージュ?


そんな土師さんが青木さんに頼まれたと掲げたのは『蟻地獄図鑑』。
もう、冒頭から飛ばしてんなー(笑)

そのことから青木さんに何事かが起きたと察する「頭が切れる」右京さん。

そのことで右京さんが察してくれると確信して行動した青木さんは
右京さんの有能ぶりを認めているだけでなく、実は誰よりも信頼している?
「僕と同じくらい頭が切れる」という言い回しからも、そう受け取れるよね。


嫌味ばかりで嫌われ者っぽい青木さんだけど
そこが面白いし、可愛気があって好きなキャラ。

米沢さんとか、古くは小野田さんとか、愛着ある人物が続々といなくなっているけど
今は青木さんが多くの面を担ってくれている気がする。

それはレギュラーメンバー達にとっても同じなのか(?)
青木さんを救出すべく、特命係は勿論、イタミン&芹沢さんに内村&中園…と
皆が一丸となって動いていくところが楽しい。
土師さんに、若手刑事@木村さんも加わるし。


「俺達に付いて回っても何の勉強にもならないと思いますよ」by冠城
誰かが特命係に同行するのは、陣川君を始め(あ、多分、以前の青木さんもそう)
たま~にあるので、さほど違和感はなく、寧ろ少しばかり新鮮。

でも、木村さんは、所々で「ん?」と思える行動を取ったので
アヤシイなあ…と思っていたら、本当にラスボスだった。

といっても、正義感ゆえ、誠実さゆえ…って感じで
今シーズンの特徴と言える、同情すべき、もしくは共感できる犯人の系譜。


最初は暴力団の事件が出てきて、それがメインかと思わせて
実は石井さんの事件が大元。

事故に遭った息子の元に駆け付ける途中での悲しい事件。
これまた同情すべきシチュエーション。
だから、冤罪であってほしいと思っていたのに、事実は事実。
逆に暴力団の事件の方が…という、逆の結末なのが興味深い。

「未来ある若者の命を奪ってしまったことに変わりはない」by石井
木村さんの“正義”は報われることはなく
石井さん息子のから、また自分自身からも「未来」を奪ってしまった。

奪う…は大袈裟?
でもまあ、曇らせてしまったよね。


ちょっとカイト@三番目の相棒を思い出した。
あちらはもっと極端だったわけだけど。

右京さんの“正義”も極端だしね…
ここは考え始めると深過ぎて底が見えない。


と言いつつ、今回は青木さんを楽しむ回だったね。
​最後までキャラがブレなくて楽しかったよ。​



★☆★☆★☆★☆★☆

ゲスト:中村優一 津村知与支
脚本:児玉頼子
監督:杉山泰一



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


アリジゴクほか観察記


アールグレイ ~相棒~ 


冤罪

いちご>『スカーレット』第90話 - 2020.01.18 Sat

​​​​​​​お母ちゃんが床から拾い上げたものは
砂粒っぽかったな>再放送で確認
直子のお腹の詰め物から零れ落ちた砂粒

昨日は尖ったものに思えたんだけど
背景と重なって錯覚したみたい

でも、直子が座っている所まで
点々と続いているのならともかく
たった一粒で偽装妊娠と悟るなんて

お母ちゃんったら意外と有能!?>意外は余計?

…ひじゅにですが何か?



「ハチさん喜ぶ、うちも喜ぶ」by喜美子



出来事は台詞で説明
…という場合が多いけど
人物の心情はハッキリ言葉にはしない
…というのが主流で

しかも、ナレーションは少ない
…という今作で

ナレーションで、この様↑に表現するのは
ドラマ的に大きな意味があるのかも?


今のところ(個人的に)想像できるのは
「ハチさん喜ぶ」の結果になってしまうのでは…ってこと。

八郎さんが
ますます「しんどい」思いを抱え込むことになる―
とか

そんな自分に耐え切れず、貴美子の傍から消えてしまう―
とか

あるいは
陶芸に取り組む喜美子の思いが「ハチさん喜ぶ」を超えてしまう―
とか?


個人的には最後のが好み。

誰かのために作る、というのも素敵なんだけど
それだけでは収まらないものが喜美子の中から溢れ出てきて
ある意味“暴走”するんだけど>朝ドラ“お約束”
それだけスケールの大きい芸術家魂みたいなのを見せてほしい。

その結果、八郎さんが離れて行く結果になったとしても…ね。

​↑期待している?(笑)​


直子の件はやはりアッサリ終わってしまったな。
まあ、このエピをそんなに広げても仕方ないけど>ぉ

三姉妹が久しぶりに揃ったのは良かった。

嘘をついたのも
その嘘の内容も
陥っている事態も
決して良いものではないけれど
それらを大らかに包み込んでしまう家族の絆は良かったよ。

真相を確かめねばと憤る喜美子に
「おめでとう」と言ってやってとアドバイスする八郎さん。

勿論、そこに八郎さんの優しさや誠実さが表れているし
喜美子もそう感じ、従ったわけだけど
結局のところ嘘だったわけで
八郎さんの優しさも、それを受け入れた喜美子の配慮も
そこまでで終わってしまった。

でも、真相がバレてからも
それを笑い飛ばす家族の強さが素敵。


そんな時に、次世代展落選の知らせ。
わざわざ知らせてくれるんだから入選かと思ったよ。

喜美子は逆境から這い上がるタイプだから
却ってこの経験が功を奏するかもね。


八郎さんは逆なので
東京で何か掴んで帰ってきてくれると良いのだけど。

三津はグイグイ押してくる様になったなあ(笑)

そういえば、元カレの話が出なくなったし
八郎さんに惹かれているのは間違いない。

つーか
予告の様子では、八郎&三津でまだまだ引っ張る模様(^^;)



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


いちご


白いちご


いちごチョコ>マーブルロワイヤル


​​​​​​​

ほうき>『スカーレット』第89話 - 2020.01.17 Fri

​お母ちゃんは何を拾ったのだろう?
よく見えなかった

直子の妊娠が偽装だと気付いたのだから
お腹の詰め物に関係したもの?

…ひじゅにですが何か?



「うちみたいにブックブクに太れ」by喜美子



↑これってアドリブ?

三津の反応が いかにも不意を突かれたって感じで
歯切れが悪かったので。

それにしても
あれほどスリムだからこそ言えるジョークではあるけど
真逆の体型に悩む身としては

喧嘩売っとんのかい!?

と言いたくな…ゴホンゴホン>落ち着いてください、ひじゅにさん!



話の流れとして、今は
​八郎&三津の様子に少しずつ不安になっていく喜美子の図ぅ―​
なのは分かるんだけど

最初の内は、それが微妙~というか小出し~って感じだったから
乗ってあげてたのに
このところ、ちょびっとアカラサマで却ってシラケる。


「私も先生みたいな人、好きになりたいなあ」
天然だとしても、三津は喋り過ぎ(笑)

悪意がない証拠…なのかもしれないけど
(リアル世界では悪意満々でこれくらいのこと言っちゃう人っているもんなあ)
相手の気持ちを考え無さ過ぎ(^^;)

視聴者としては却って、その様な事実はない…という確証みたいに聞こえる。

なければ良いってものではなくて
ないからこそ、表に出せない喜美子の中に不快感や苛立ちが降り積もるのを
体感しろってことかしらん?


ないっちゅーても
三津の方はハッキリ恋心に発展しそうではあるし
八郎さんは踏み止まったとしても
あるいは最初からそんな気はなかったというオチであったとしても
​喜美子に対する複雑な思いは抱えているってことだしな…​


そんな中、忘れかけていた(笑)直子からの電話。

お父ちゃんが亡くなって、お父ちゃんに一番似ている直子が
これからは困ったちゃん枠か?と思っていたのに
意外と順調に行ってるらしかったので安心していたんだよ。

そしたら今頃になって、偽装妊婦として登場。

この間、百合子が結婚しなくても子供は欲しい…とか言っていた時
「最先端」と、信作が言っていたけど、あれが伏線だったってわけね(笑)
今や出来婚なんて珍しくもないし
朝ドラでもヒロイン両親は出来婚という設定が続いたこともあったけど
この時代は大騒動だったのだろうね。

でも、直子なら、そのくらいの「最先端」なことはしそうだし
そもそも男性と2人で一緒に事業を始めると言っていた時点で
こうなる可能性は察することができたと思うけど。

だからこそなのか、早々に偽装する姿を映すし
今日の内に嘘がバレるし
視聴者にヤキモキさせない親切設計?


「確認せんと」と言う喜美子と
「おめでとう言うたろうな」と言う八郎さん。

またまた2人の違いを強調?

八郎さんのは言葉はすごく優しいし
実際、優しいんだけど
喜美子も厳しいとか冷たいとかいうわけじゃないよね。

直子なら、このくらいの嘘をつきかねない
…という疑いもあるけど(笑)
直子は、そんなことまで仕出かす様な子じゃない
…という信頼が根底にあるってことだと思う。


信作&百合子の結婚を反対するとは思えないのに
いつの間にか、お父ちゃん並の反応を期待されてしまっている喜美子。
この直子の件もまた、そうした喜美子への誤解を示している?

そういうことだとすると
喜美子の三津への気持ちも
八郎さんの喜美子への気持ちも
実態とは違っている…という示唆?


信作&百合子といえば―

「これが後々語り継がれる、
『信作、結婚のご挨拶がなかなかできない』の始まりでした。」

誰がそんな話を望むと…
あ、いやいや
こういう流れこそ楽しいと思う視聴者も、きっといることでせう>スマソ

まあ、そういう話こそが朝ドラらしい…ってことなのかもね。


そのための要素の一つ=今回の直子エピ
ってことなので、アッサリと真相解明?

だからって、床に砂をまき散らすなよ、直子!



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


癒しほうき


静岡のお菓子といえばこれ?


おめでとうございますギフト


そっち側の人>『スカーレット』第88話 - 2020.01.16 Thu

​​柔道というからには照子あたりが…
と言っていたら

本当に照子が信作を投げ飛ばしていた(笑)

問題は、それが映像無しで終わっちゃってることだな
確かに以前は、台詞だけなのにとても豊かなシーンが多かった
​最近はちょっと、そこがスカスカしている気がするな(^^;)​

…ひじゅにですが何か?



「喜美子さんは、そっち側の人だから」by三津



↑まさか三津がここまでストレートに言っちゃうとは(笑)

「分かります」「分かります」と言いながら
実際はそんなに深く理解してはいないのか?


「しんどい」という言葉を三津にだけ伝えることができた
八郎さんの気持ち…

勿論、喜美子自身に言えるわけない。
周囲の人にも言えない。
だって、皆は陶芸家ではないから。
陶芸ではないにしろ何かしら産みの苦しみを伴う仕事に就いていないから。


はっ
ままままさか、産みの苦しみに懸けて
「うち子ども4人産んでるんやで」
という照子の台詞が入ったわけじゃないよね?>ぇ
​(ドラマ内に「産みの苦しみ」なんて言葉は出てません)​


三津なら…
元カレの才能を目の当たりにして息苦しさを感じて別れた―
と言っていた三津なら分かってくれると思ったんじゃ?

いや、本当のところは「分かってくれる」なんて強く望んだわけではなく
独り言に近いものだったとは思うけどね。
でも、その独り言が聞こえても黙って受け止めてくれるだけのものは
備えていると思ってのことなんじゃないのかなあ…

甘えだけど
ほんの少しの甘えくらい許されても良いかと…


でも、その言葉を、いとも簡単に、軽く、あっけらかんと
喜美子本人に伝えてしまう三津。

天然…ってことなのかなあ?
逆に喜美子の才能を称える誉め言葉と思っている?
事実をただ事実として述べただけ?
元カレと喜美子を重ねて訴えたかった?
自分は八郎さんと同じ側の人間だという逆に優越感を伴う主張?

三津は元カレとのことで苦しんだわけだから
八郎さんの気持ちが些細なものではないことは分かるはず。
それを敢えて喜美子に伝えたのは意図的なのかそうでないのか
ちょっと気になる。


まあ、意図的だとしちゃうと
三津がちょっと嫌な女になっちゃうから
朝ドラ的には、それはないかもね(^^;)

ただ単に
八郎&喜美子の“ズレ”を描くためのドラマ的都合だけかもしれない(笑)

信作に提示された「強い男」という課題
八郎さんに下された「弱い人ちゃうで」「繊細なんです」という評価
この2つをリンクさせている様子なのも、いつもの手だし。


それにしても
「この日のうちに絵付け小皿200枚の形作りを終えました」
陶芸のこと(だけじゃないけど)は、よく知らないけど
これって凄いんじゃないの?

昨日
喜美子は八郎さんが東京に行く前に作ってしまえる
と言っていて
八郎さんは、とても無理だと言っていた。

喜美子は自分の言葉を実現させそうな勢いで
ここにも2人の「違い」を表している?


たださ…
陶芸のことを知らない、ひじゅにの様な視聴者にも分かりやすく…
との意図なのかもしれないけど

陶芸品の素晴らしさ
それを産み出す才能の素晴らしさ
…そうした目に見えないものを伝えるのに

作るスピード
お金
賞をとれるか否か
…という物質的(というのか短絡的というのか)要素ばかり用いられると

世間的評価という点で何とな~く受け取れてるかなあ…程度で
肝心の「素晴らしさ」はあまりよく理解できないのだけど

でも、だからこそ
「素晴らしい作品とはどういうものか?」
という八郎さんのなやみに寄り添える―
という算段?


↑そう考えてしまうことの方が短絡的?(笑)



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


強い男になる


ダーニングマッシュルームセット


繊細な味わい


​​

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

スカーレット (94)
相棒 (120)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (29)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (7)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (16)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (4)
MV&歌詞訳(QUEEN) (10)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (25)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (65)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (56)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (2)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR