FC2ブログ
topimage

2018-10

食わんとあかん>『まんぷく』第15話 - 2018.10.17 Wed

​​​​​​​​​​​萬平さんが、おにぎりを食べるラストシーン
BGMが浮いている気がしたのは私だけ?>だけだろ

いや、明るく躍動感ある曲ってのは良いんだけどさ
感動するところですよ!的な曲ではないところも良いんだけどさ

これって主題歌にも通じる感覚かしら?

でも、もう既に主題歌は頭の中をグルグル状態
すっかり受け入れちゃってる私なのさ(笑)

ってことは、このBGMも
次に流れた時はテンション上がるかしら?

…ひじゅにですが何か?



​「屋台でラーメン一緒に食う仲や」​by世良



非常事態の今
世良さんの存在をすっかり忘れていたよ>ぉ

彼の顔が映った時
もしかして、やっと、力になってくれる人到来か!?
と期待したんだけど

「ラーメン一緒に食うただけや!」
事情を知った途端にコレだよ(笑)


「ラーメン一緒に食う仲」というと
やはり、萬平&福子が頭に浮かぶ。

チキンラーメンを発明した人がモデルなだけに
ラーメンが象徴として使われているのが面白いね>今更?


萬平さんの件がメインだけれど
合間に真一&忠彦の2ショットが入ったりして
登場人物達それぞれに目を向けているドラマだな。

脇役はヒロインの物語を動かすためのタダの駒扱い。
人間的ふくらみも、基本を成しているはずの背景も
な~んにも考えられていない(としか見えない)ドラマの方が
ず~っと多いのに。

咲姉ちゃんの形見となった桜の絵を預けに来た忠彦さん
黙って受け入れる忠彦さん。
渋い2ショット!

背後から滲み出る温かさも感じられるし
さり気なく福ちゃんのことが話題になるところも〇

それが事態を解決する手立てに…なったら嬉しいけど
そんな甘いもんじゃないか(^^;)
このゴタゴタの中、ひっそりと出征していく真一さん―
というのも渋くて良い。

それにしても、今井家三姉妹は全員メンクイね(笑)


昨日、福ちゃんの親友+同僚+白馬の王子様が味方についてくれたけど
萬平さんを救うどころか、お母さんを説得することもできない―
その​無力っぷり​が却って良い感じがする。

ヒロインもヒロイン親衛隊もスーパーマンじゃない


牧さんが先姉ちゃんにプロポーズしていたことは知っているから
彼がここにいることに説得力を見出せない、お母さん。

ツナ缶を盗み食いしたりコンビーフに舌鼓を売ったりしていたのに
野呂さんのことを全く察しないし、察する気もない、お母さん。

「分かりませ~ん」
一言で済ませてしまう、お母さん(笑)

まあ、牧さんや野呂さんに対する態度から
お母さんってば世間が狭いというか料簡が狭いというか
自分が認識している小さな範囲のことが全てで絶対で
固まりきっちゃっていて独善的で…
だけど根は優しくて娘思いのカワイイ人なんだよね。

一番厄介なタイプと言える(^^;)


何だかんだで会社の様子を見に行ってくれた世良さん。
加地谷さんの態度に諦めモードに入ってしまった。
(加地谷さんはあまりにも冷たく描かれているので
どうしてもミスリードと思いたい私がいる^^;)

萬平さんを強く信じている従業員さんの存在を知って
世良さんも思い直してくれるかな?
まあ、世良さん自身に憲兵を動かせる様な大きな力があるとは
とても思えないけど>スマソ
色々とコネを持って力を持っているんじゃないのかなあ?


何の手立てもなく
お母さんにはポンポン言われるばかりの哀れの福ちゃん。

もう話すのも無駄!って感じで食事を終えるけど
ドラマでそうなる時って大抵、食べ物がたくさん残ったまま。
でも、キチンと食べ終えてる福ちゃんGOOD!
口はまだモゴモゴしているところも〇


ラーメンに限らず「食」は大事。
生きるために。
生きて「大切な人」に逢うために。

ちゅーことで
ハンストを続けていて
憲兵に無理やり口に食べ物を突っ込まれても拒否していた萬平さんが
福ちゃんのことを思うが故に、ようやく食べることを決める。

それを促したのは、さすがの六平直政。
昨日は萬平さんの分の食事も自分のものにした彼が
今日は(多分)自分の分を残して、おにぎりにしてくれていたらしい。

「不味い!」
食べることを、引いては生きることを決意したわけで
決して屈服してしまったわけではない。

BGMには文句を言ってしまったけど
明るく​希望​を感じさせるラストシーンだった。




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


不味い!


まほうのラーメンやさん


大切な人が喜ぶ>テディベアフラワー


​​​​​​​​​​​
スポンサーサイト

雨と泥とハンスト>『まんぷく』第14話 - 2018.10.16 Tue

​​​​​​​​昨日の福ちゃんと周囲のズレ具合も面白かったんだけど
あれがまだ続いていたら、ちょっとキツイ

…と思っていたら
皆がスルスルと福ちゃん寄りになっていく

福ちゃん一人ではどうにもならないことなので
皆が一丸となっていく様子が嬉しい

シリアスとコミカルの2つの要素が
少しばかり比重は変わりながらも両立しているところも楽しい

…ひじゅにですが何か?



​「やってもいないことを認めるくらいなら死んだ方がましです」​
                                 by萬平



福ちゃんの様子がおかしいのは咲姉ちゃんのことが原因…と
思い込んでいた、お母さんや克子姉ちゃんが
どうもそうではない様だと気付き始める。

結構、冷静に物事を見ている克子姉ちゃんと
思い込みが激しいけど、それと同じくらい娘思いのお母さん。

福ちゃんの対応に機嫌を悪くしていた保科さんが
福ちゃんの対応がどんどん変になることを心配し始める。


何だかんだで、ちゃっかり(?)自分の話を一方的にしている保科さんと
イカニモな空返事の福ちゃん>計算も間違えちゃっているし。(^^;)

従来のダメ朝ドラ・ヒロインなら
うっかり失敗を繰り返しちゃうのも“お約束”なら
仕事中にボーッとするのも“あるある”。

でも、福ちゃんの場合は
仕事は真面目でキチンとこなしている…ってのが
ちゃんと分かっているから>そこが彼女ならではの長所
このボーッと具合が普通じゃないってのが明らかだし
保科さんがそれに気付くのも自然。

傍から見ると
札束を握りしめたままの保科さんの方がアヤシイけど(笑)


2人の男性に一度に告られて戸惑うばかりだった恋愛経験ゼロの保科さんが
自分に降りかかった恋話よりも同僚@福ちゃんを心配するところも
それ故に期せずして2人を下僕にしてしまう…じゃなくって
使者として遣わしちゃうところも面白い。

こうして​牧&野呂の名コンビ誕生!?​


雨の中、憲兵達に嘆願する福ちゃん。

事前に親友@敏ちゃん&ハナちゃんが怖気ずくところで
この行為がトンデモナイことだと伝わってくるし

事後には牧&野呂がフォローに出て来てくれたおかげで
何とか無事に立ち去ることができたし

福ちゃんから事情を聞き出し、さらに家族にはなす様に促すのは
保科さんだし>結構、姉御肌?

大勢集まった人各々に役割が決まっている。
つまり誰も埋もれていない。


そしてラストは、今井家に全員集合。
今迄、3つに分かれていた人々が福ちゃんを中心に一つになる。

『ちりとてちん』で徒然亭が集まって行った
『少林サッカー』的展開をちょびっとだけ思い出す。
こういうのってワクワクして楽しい。

いや、福ちゃんにしてみれば楽しいどころの騒ぎじゃないのだが(^^;)


流れ的には福ちゃんが中心なのだけれど
彼女が皆を率いているのでもなく
ヒロインだからと暴走するわけでもなく
(この嘆願はやむにやまれぬものだし、気持ちも分かるからね)
気持ちとは裏腹に全くの無力ぶり。

寧ろ、第三者的っていうか
俯瞰的に描かれている。

​朝ドラ的に、ちょっと新鮮


傷だらけ、血だらけの上にハンストも始まって
今にも壊れそうな萬平さんと

雨に濡れ、泥だらけで
もう壊れかけているんじゃないかと思える福ちゃん。

ちゃんとW主人公になっているな。

​萬平さんは色っぽく​
​福ちゃんは捨てられた子犬状態。​

さあ、これからどうなるのか?




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


公衆電話ボックス


極道めし(全10巻)


雨降りセンサー


​​​​​​​​

そんなん絶対ウソ!>『まんぷく』第13話 - 2018.10.15 Mon

​​​​​​​​​​今週はシリアス・モードに突入か!?
…と思ってたら

コミカルな展開は変わらず

そこにホッとするし
その中に各人物のキャラが表現されているし
人間の弱さや愛しさも見えて来る

始まって2週間強だけど
もしかして毎回「神回」だったかもよ?(笑)

…ひじゅにですが何か?



​「助けて!」​by福子



勿論、萬平さんの方は、これ以上ないくらいシリアス。

憲兵による拷問って
『アドルフに告ぐ』(手塚治虫)で描かれていて
とても怖かったっけなあ…

まあ、今作は幸福にも(?)朝ドラなので
萬平さんの色っぽさを際立たせる役目に留まっているけど>ぇ


「俺かて信じたないわ」
誰よりもアヤシイ加地谷さんだけど
こんな言い方されると、うやはり信じたくなってしまうわ。

赤紙が来た従業員の時といい
萬平さんが福ちゃんと逢えない状況を聞いた時
何でもアッサリ切り捨てる人の様に見えたけど
萬平さんに対しこう↑言っているのは
やはり捨てきれないものを持っているからと思いたい。

でも、真犯人はやはり彼だった!
ってことになったら
こんな言葉を吐いてる分、余計に酷いってことになるし…

​ああ、誰かラブリンを救ってくれ!​>ぇ


福ちゃんは動揺しまくり悩みまくり…なのに
誰にも相談できない様子がコミカルに描かれる。

まずは、お母さん―
「横流し」を「精霊流し」と勘違いされて話が噛み合わないまま。

萬平さんを良く思っていないお母さんだから、最初から言い難いし
福ちゃん自身、動揺しているから上手く伝えられないし
お母さんの方もまだ咲姉ちゃんのことが吹っ切れているわけではない…

だから噛み合わないのは当然っちゃー当然。
どちらも自分の気持ちでイッパイイッパイで噛み合わないことにすら気付かない。
ある意味、親子だから…ってのもあるかもしれない。


次いで、保科さん―
保科さんの方も福ちゃんに相談したいという気持ちの方が大きくて
相手の気持ちまで推し量ることができない。

人間って、そうだよね。
自分が抱えていることが最重要。
相手のことは聞かなくちゃ分からないし。

「もういい」
意外に子供っぽい怒り方をする保科さん(笑)

福ちゃんは一大事なんだから、ちょっとは気にかけてやってよ
…と、視聴者としては思っちゃうけど
保科さんは保科さんで人生初めての出来事だしなあ…

こういう勘違いやすれ違いみたいなエピ
いつもならイライラして茎ではないんだけど
ちゃんと、どちらの気持ちも分かる様に描かれているから
仕方ないな…って思えるよね。


克子姉ちゃんや忠彦さん、野呂さんに関しても同じ。
他人の心は読めない。
手にしている情報に基づいてしか判断はできない。


そんなこんなが続いた後で
親友@​敏ちゃんとハナちゃん​が登場するところが良いね。

2人の顔を観た途端、泣き出してしまう福ちゃんの気持ちも分かる。


萬平さんは容疑が晴れることは分かっているわけだけど
どんな風にそうなるのかな?

​牢名主(?)​みたいな人が出て来たけど
ちゃんと役名があるし、演じているのは六平直政だし
ひじゅには結構、好きな人だし ←そこは関係ない
何か大きな役目を果たしてくれそう。

いざという時に、いつもと違う絵を描いてくれる​忠彦さん​だけど
こういう時にもパワーを発揮してくれないかしら?>ぉ

白馬の王子様ではなく歯医者としての​牧さん​が今日は登場したけど
そうしてワザワザ彼の姿が挟まれたこと
患者の口を通して萬平さんの件が噂としてだけど伝わったことが
何かに繋がるのかも?
医者として上層部に何か繋がりを持っているかもしれないから。


ところで
関係ないけど、その患者さん
パッと見た時、忠さん@『べっぴんさん』かと思ってしまった。
ちょうど今のBS再放送枠は『べっぴんさん』だし
それを念頭に置いての演出(一種のパロディ)だったら面白いけど
そこまで細かい遊びはしないか(笑)




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


助けて!>マドラー


あんみつ


精霊流し>長崎限定タンブラー


『アドルフに告ぐ』全5巻
​​​​​​​​​​​

Smooth Criminal>何ちゃって歌詞役 - 2018.10.14 Sun

​​​​​​​​マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)
​『Smooth Criminal』​
を訳してみました。

‘80~’90年代シリーズ第8弾。
‘88年リリース。



ヤツは窓から忍び込んだ
悲鳴が徐々に大きくなっていった
そこは彼女のアパート
カーペットに血痕
テーブルの下に逃げ込むも
なす術もないと見透かされ
寝室に逃げ
そして押し倒された
それが最後

アニー、大丈夫かい
ねえ、アニー大丈夫かい
大丈夫かいアニー
アニー、大丈夫かい
ねえ、アニー、大丈夫かい
大丈夫かいアニー
アニー、大丈夫かい
ねえ、アニー、大丈夫かい
大丈夫かいアニー
アニー、大丈夫かい
ねえ、大丈夫かい、大丈夫かいアニー

大丈夫かいアニー
大丈夫だって言ってくれ
窓には痕跡が
ヤツが襲い掛かかり、アニーの悲鳴が大きくなった
君のアパートに侵入し
カーペットに血痕を残し
君は寝室に逃げ
そして押し倒された
それが最後

アニー、大丈夫かい
ねえ、アニー、大丈夫かい
大丈夫かいアニー
アニー、大丈夫かい
ねえ、アニー、大丈夫かい
大丈夫かいアニー
アニー、大丈夫かい
ねえ、アニー、大丈夫かい
大丈夫かいアニー

やられた
やられた
巧妙な犯罪

出口のところに人が集まってきた
日曜日なのに、何て酷い日に

何度もヤツを見つけようとしたけど
手掛かりとなるものは何も残さない
容疑者を知る術も推理する鍵もない

マウストゥーマウス法人工呼吸
心臓の聴診、脅迫の様

アニー、大丈夫かい
ねえ、アニー、大丈夫かい
大丈夫かいアニー

やられた
やられた
巧妙な犯罪

よし、全員ただちにここから離れろ


アニー、大丈夫かい
分からない
大丈夫だと言ってくれ
分からない
窓には痕跡がある
分からない
ヤツは襲い掛かかり、アニーの悲鳴が大きくなった
分からない
ヤツは君のアパートに忍び込んだ
分からない
カーペットには血痕

分からない、何故君なんだ
君は寝室に逃げ込んだ
分からない
君はやられた
それが最後だった、アニー!

アニー、大丈夫かい?
くそっ、何ってこった
大丈夫だと言ってくれ
くそっ、何ってこった
窓には痕跡
くそっ、何ってこった
カーペットには血痕
君は寝室に逃げ込んだ
くそっ、何ってこった
君はやられた
それが最後だった、アニー!


     作詞作曲:マイケル・ジャクソン

☆★☆★☆★☆★☆★

よく分からない箇所も幾つかあったのですが
いつもの如く(?)ちょっとイイカゲン…いえいえ意訳してみました(笑)

と言いつつ、言葉選びはイマイチです(^^;)

これに限ったことではありませんが、韻を踏んでいるところは
日本語にし難いので、まるっと無視(笑)

「アニー、大丈夫かい」
最初は「大丈夫か」の方が切羽詰まった感じが出るかと思ったんですが
「大丈夫かい」の方がオロオロしている様子が伝わるかな…と思い直しました。

内容の方ですが
アニーという女性が何者かに襲われ瀕死の状態でいる―
というものですけど

最初は
アニーは語り手の恋人で
強盗殺人(加えてレイパー)にたまたま襲われた
…という状況と受け取ってていたのですが

それは、ある種のカムフラージュで
これは父親による幼い娘への性的虐待を歌っている
…という解釈もあるらしいです。

MVには小さな女の子が登場しますし
映画『ムーンウォーカー』の一部で
実は宇宙からやって来たヒーローであるマイケルが子供達を救う―
という物語の様ですし
マイケルは「世界中の子供達を救う」という願いを掲げていたそうなので
この↑深読みは正しいのかも?

逆に、女扱いの上手い男性に恋人を盗られたことを過激に表現している―
という解釈もある様です。

まあ、マイケル自身は
人形を相手に心肺蘇生法の演習で
「Annie are you OK?」と呼びかけることが元ネタ
…と語っているそうですが。




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


BAD


ムーンウォーカー>Tシャツ付き


This is it>デラックス・エディション

​​​​​​​

悲しみ>『まんぷく』第12話 - 2018.10.13 Sat

​​​​​​​ううううう~ん…

何だかさ、何だか
加地谷さんがアヤシイ雰囲気になってきたなあ…

今迄はアヤシく見せかけてるだけに思えたんだけど
今日は中身もアヤシく見える

でも、それもまた見せかけてるだけって可能性もあるし…

萬平さんと彼と世良さんも加えて
良い感じのトリオで行ってほしいんだけどなあ

​頑張れ、ラブリン!​>ぇ

…ひじゅにですが何か?



​「蘭丸は兵役に取られました」​by牧



↑ああ…こーいうのはダメだわ
こーいうのはキツイわ
ひじゅには、こーいうのは弱いんだわ…•(つ﹏<)・゚。


桜の季節から夏へとワープ。

大事な人が亡くなっても、その直後は
お葬式だの色々な手続きだのバタバタと忙しく
ゆっくり悲しんでいる暇もなかったりするので
このくらいの月日が過ぎた頃に
ようやく自分の気持ちに直面することになる。

仕事中は平静を装っているけど
家で、お風呂の焚口で、こっそり泣く福ちゃん。
一人でいる時に咲姉ちゃんの夢を見る、お母さん。

表面上は“日常”が戻ってきているから
悲しみを表すにも気を遣ってしまうのだけど
“日常”であるだけに余計に喪失感が重く襲い掛かって来る。
そうした積み重なってきた日々が感じられるタイムワープって
なかなか​凄い​んじゃないかと思う。


でも、咲姉ちゃんの死だけでは終わらず
寧ろ、それが合図であるかの様に
色々な哀しみが少しずつ、幸福だった世界に浸透して来た。

ホテルのお客が少なくなってきたと思ったら
鉄製の門扉を供出することに―

萬平さんの会社の従業員に赤紙が来たと思ったら
白馬@蘭丸も―
そして真一さんも―

どんどん広がって来るし、近づいてくる。
ジワジワとした怖さがある。
それがラストの憲兵達のシーンにも繋がる。


だけどさ
コミカルなパートを担っている牧さんに真っ先に
蘭丸を戦地に送るという哀しみが襲ってくるなんてなあ…

まだチラリチラリしか登場していない牧さんに
こんなに早く、こんなに強く感情移入することになるとはなあ…
これだけでも、なかなか​凄い​ドラマじゃないかと思う。


「大事な人がいるなら
生きてそこにいるなら
簡単に手放してはいけない
いけないよ」

今日の白眉はここでせう。

真一さんの咲姉ちゃんへの思いが悲しいし
この言葉を福ちゃんにかけてあげる心情がまた悲しいし
今、この言葉は真一さんにしか言えないよな
…と思うと、より悲しいし

でも、この言葉を聞けたのは
真一さんを思いやる福ちゃんの優しさと
実際に訪ねて行くその行動にもよるわけだし

咲姉ちゃんのいない家の中は意外にも(?)綺麗で
真一さんは少しやつれた感じなのも
色々なものが重なって、心に迫るシーンだった。


で、萬平さんに逢いに行く、という行動を取る福ちゃん。

牧さんと野呂さん、それぞれのプロポーズ大作戦(?)が
微笑ましく描かれた後なだけに
萬平&福子も微笑ましく復活して今週は終わり
…かと思ったら

何と萬平さん、濡れ衣で逮捕!

まあ、牧さんも微笑ましいだけでなく蘭丸のことがあったし
今や完全な幸福は失われてしまった…という象徴?​



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


プロポーズに


昭和17年の夏


大事な人に会う15分前


​​​​​​​

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

まんぷく (15)
相棒 (112)
半分、青い。 (154)
わろてんか (152)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (23)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (7)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (14)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(その他) (31)
食べ物・飲み物 (59)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (56)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR