topimage

2017-02

1番と3番>『べっぴんさん』第118話 - 2017.02.22 Wed

候補者は10人のハズが
12人いる!

驚く皆の前に現れたのは
さくら&健太郎

…って

ああ~面白い(棒)

と言えば良いのか?
言ってほしいのか、渡辺?

取り合えず、謝れっ!
萩尾望都の名作『11人いる!』に謝れっ!

あ、それとも
クドカン・ドラマ『11人もいる』にあやかりたいのか?
そうなのか、渡辺!?

…ひじゅにですが何か?



「ワシが入れました」by中西



↑シレッと言ってんなあ(笑)



昨日、すみれがハッキリ不正だと諫めたのに
またもや書類を滑り込ませるとは
侮れんな、中西。

何だかんだ言ったって“キアリス”は同族会社。
最終的には身内採用に決まっている。
お嬢様をこじらせたオバハン達に媚び売って頑張ってきたけど
どうせ俺なんて、これ以上は出世できないだろう。
それに引き換え、さくら&健太郎は
身内というだけで入社しさえすれば後は安泰。
後継者街道まっしぐら。
ならばあの2人に味方して恩を売っておけば少しは見返りを期待できる。
何せ甘々のお坊ちゃんお嬢ちゃんだからな、操るのは簡単さ。


…とでも思っているに違いない>ぇ


ところで
「お嬢ちゃん」は「お嬢様」に変換可なのに>ニュアンスは多少違うけど
「お坊ちゃん」と「お坊様」はイコールでないのは何故?

…なんてことは置いといて>ぉ


すみれの意見は
1:ルール違反はいけない
2:他社員の士気が下がる
だと思うんだけど

「1」 に関しては
自分達の情熱の前では些細なこと
寧ろ正当な手段!

「2」に関しては
自分達がやりたいんだから他の人なんて関係ないね!

…と、ヒロインの主張をまるっと無視する2人。

つつつつまり
『さくら青春物語』後編は
“キアリス”を強引に我が物にしようとしている狡猾さくら
という世にも恐ろしいお話であるということと

芳根京子さんをヒロインとするドラマのハズなのに
井頭愛海さんがその座を奪い取ってしまったという事実との
巧妙な対比でもあるってことなのか?


不正という大変なことをしでかしながら
問題は縁故採用の是非
つーか、単に世間体をちょこっと気にしているだけ
…という話にすり替えているし

健太郎の長台詞にほだされて>さくらは便乗しているだけ
結局は「」の問題にもなっているし

結局、身内には甘い…の一言じゃん。

コネだけどコネじゃないよ!と必死で誤魔化すも
頭悪過ぎで却ってコネだとアピールしまくっている様なもの。
不正も加わっているわけだから>しかも当然と思ってるくらいだから
入社後もどんなトンデモナイことをされるか分からない
他社員としては士気が下がるどころか
全く信頼できない酷い環境に追い込まれることになる。


優秀だから良い?
優秀でも人間性に問題あり―
ってのは西城さんで経験済みなのにね(笑)



ラストの「お絵かき対決」なんて茶番も良いとこ。

親バカ紀夫が終始ニヤニヤしているのは
分かってやっているとしか思えない(^^;)

幾ら上手い下手は問わないと言っても
美術の勉強をしてきた、さくらには圧倒的に有利。

さくらの絵は他の人達と画材からして違う感じだし。

それに何より
無記名にしたところで娘や息子が描いた絵は分かるもんと違う?

桜の下で戯れる親子の図ぅ―だなんてアカラサマな自己アピール。


最初からアッサリ縁故採用で十分なのに
必要以上に不快な話に仕立て上げる渡辺って…



と思って、今迄にこのドラマから感じ取ってきたことを
改めて思い起こしてみると―

1:独身=寂しい生き方で世間から邪険にされる可哀想な生き方
2:専業主婦=何も成しえない見下されても仕方ない存在
3:賢人=言葉遣いがエラソウなだけで若者に媚びを売る人
4:会社&働くということ=よく分かってない
5:正しい生き方=やりたいことはゴリ押しし欲しい物は奪い取る

他にもあるけど、ここまで挙げたら気持ち悪くなってきた…(^^;)





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


春夏秋冬>チョコレート


動物>箸置き


雑貨>まんぷくぼくちゃんの茶碗と椀セット

スポンサーサイト

ciel bleu>『相棒15』第15話 - 2017.02.22 Wed

第15話『パスワード』


あ、吉田吉男だ!

と、田中幸太朗さんを見るたびに思ってしまうのだけど
そしたら今回も「吉田」という役名なので笑ってしまった>こらこら

↑知らない人の方が多いネタ?



「僕は女性の癒しと潤いにしかなりませんから」by冠城



今回はラブストーリー。
それもツンデレ。


でも、一番印象的だったのは
今回のヒロイン@真奈美さんの生活ぶり。

お茶を淹れる様子も
敷居を跨ぐ様子も
椅子に座るところとかPCをいじるところとか
見えないというのがよく伝わってくるし
見えないのに普通にこなしてみせるけれど
見えない故に苦労してきたのがよく分かる。

何ちゅーか…リアル?


まあ、実際に似た状況の人がどう思うのかは
分からないけどね。


とにかく彼女が一生懸命生きていること
引け目も感じていること
それ故に肩肘張った言動をしてしまっていること
…等が強く感じられた。

まあ、肩肘張り過ぎていて
最初はちょっと嫌な印象を抱かないでもなかったのだけど

それが
彼女が犯人かもしれない…というミスリードに上手く繋がってたし
真相が判明した後は、彼女の辛さ悲しさが強調された。


こうした強さと、その裏の弱さ
香水を調合する繊細さ
その香水を引き出しに…というトリックを考える賢さ
…等が
それまで多くの人を騙してきた小松崎が彼女には惹かれてしまったことに
説得力を持たせていたかと思う。


地下室に小瓶というトリックは
実際に吉田が掛かっていくシーンが入ったことで
怖さは感じられたのだけど

小瓶の中身を水に替えていた、というオチは
何だかちょっと笑ってしまった>こらこら

イタミンがひとりで必死に替えていたのだったらカワイイな>んなわけない


今回のタイトル『パスワード』は
文字通りPCのパスワードのことだけでなく
点字の手紙の縦読みをも指しているのだろうね。

冒頭は点字を打つところがアップで映された。
打つのは左→右なのが示されたと同時に
向かい側からの視点なので視聴者には左→右の様に見えた。

吉田が点字を知らないことを右京さんが見破ったのは
彼が左→右にジェスチャーしたからだった。

そうした“方向”に注意を向けさせた後で
縦読みに導いたところは面白いと思った。


全体的に、何故か私はイマイチ入り込めなかったのだが>スマソ

色々とミスリードやトリックを用いているし
心情も描いているし
多分、良く纏まった話になっていたと思う。


ラストの彼女の右京さんへの言葉は
「うんうん」とう頷いてしまった(笑)

もしかして、この台詞を入れたいがために作った話だったりして>こらこら


それにしても
前後編SPで米沢さんが懐かしく
冠城さんとの、これまでの相棒にはなかった絡み方も面白いので
それもなくなったのは寂しい…と思っていたら
今度の鑑識さんとも似た様な絡み方になるみたいだな。
思うことは皆同じ?(笑)





脚本:櫻井智也
監督:池澤辰也
ゲスト:橋本真実




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


ciel bleu シエルブルー


点字入門セット


猫写真集

縁故と不正>『べっぴんさん』第117話 - 2017.02.21 Tue

ねえねえ渡辺さんよ

さくらを嫌な奴に描いたからって
すみれが魅力的になるわけないじゃん

出番を奪うばかりで
元々希薄な存在感が無きに等しくなってるし
ドラマ全体の雰囲気も変わってきてるぞ

さくらの中の人には悪いイメージを植え付けちゃったし
モデルとなった人だって同じ様な目で見られる可能性大

ひょっとして、それが狙い?

フィクションだと分かってはいても
毎日目にしていれば洗脳い近い状態にだってなるもの

ままままさか
ピカレスクロマンとか言い出さないよね?

だって、それほどの意義は感じられないし
実際のところツマラナイし

…言っちゃった

…ひじゅにですが何か?



「私達個人を見てよ」byさくら



↑うん、だから反対されてるんだと思うぞ


今更、身内だからどーのこーのとか言い出すとは
すみれったら、またキャラ変?

元々、身内だけで始めたことだし
紀夫なんてその最たるものだし

会社の規模が大きくなるにつれ、そうも言えなくなってきて
身内以外を採用することにしたのが中西さん登場エピだった。

なのにここに来て発想が逆転?

さくらが人間的にダメダメだから採用には反対!
というのなら大いに納得するんだけど>ぉ


サプライズの様に面接会場に現れた、さくら&健太郎

あのう…
既に予告に出てるから視聴者は誰も驚いてないんですけど?

すみれ達が驚いてたって別に面白くないし
寧ろ、そうしたシチュエーションにするために
買収だか脅迫だか色仕掛けだか知らないけど
中西さんに書類を紛れ込ませたって…

最低だな、さくら!

「個人」を見てほしいなら
身内扱いしないで審査してくれるよう親を説得しまくり
一次試験から望めば良いじゃん。

なのに
「身内」特権を駆使しまくり。


「寝るのを忘れるほど夢中で課題を仕上げました」
それでいて面接では大したこと言わないし(^^;)

「英語が得意です」
自分の特技をアピールした健太郎の方がまだマシ。

でも、ここで紀夫に意味を聞かせちゃうところがナンダカナ…

視聴者に意味を示したいなら字幕を入れれば済むことじゃん。
“キアリス”側がバカみたいに見えるだけ。
紀夫個人は英語ができないとしても明美がいるんだし
外国との取引もしているんだよね?

その分、健太郎が輝いて見えるかっちゅーと
やっぱ逆よ逆。
上目線の鼻持ちならない奴に見えてしまう。


面接が終わればドヤ顔で親の元へ行き
不正の件を諫められてもどこ吹く風で
採用しないと言われれば逆切れ。

母親に厳しく言われたら
親バカ丸出しの父親に頼ろうとするところもカンジワルイ。


「簡単に諦めようなんて言うたら好きやなくなるかもしれへんから」
最後には健太郎を脅す、ヤンキーさくら。

「個人」を見てほしいなら健太郎を巻き込む必要はないし
まずは他の会社に入って修行した上で“キアリス”に来れば良いのに

本音は健太郎と結婚して“キアリス”の社長&社長夫人が狙い?

バイト時代、すみれを見てきて悟ったのは
すみれの母としての愛や努力…なんてのは表向きで
実は

お喋りしながら適当に働いて
家の責任を果たさなくても許されて
いざとなれば「何か…何かな…」と流せば
自然と周囲が動いて大金が手に入る
何て美味しい商売!

…とか思ってないか?

まあ、さくら以上にすみれを見てきた視聴者も
実際そんなイメージしかしないけどな>ぉ


敢えて言うなら…
敢えて言うなら、中西さん採用エピとの対なのかも…

という気がしないでもないけど

でもなあ
あの時は、すみれの直観の方が正しかったというオチになったけど
今回、すみれの考えがダメだった…
というオチにした所で、面白くもないし誰得

それに、中西さんに不正をさせた上、妙にさくらの肩を持たせて
彼のイメージも下げた上に
そんな彼を採用した、すみれはやはりダメダメだった…
という致命的なオチになるばかりじゃ?


「寂しくない?」
「毎日何してるの?」
ゆりを責め立てるかの如く質問する、さくら。
何でまたここまで嫌な奴に描くのだろう?

明美で「独身」をさんざんバカにしていた様に
ゆりで「専業主婦」を見下す渡辺の図ぅ?


好意的解釈をすれば
ゆりが子育てを終えたのでまた働きたいと言い出すことへの
前振りというか、きっかけとなるのかもしれない。

でも、こんな風に小娘に言われまくって決意するってのも
ナンダカナ…だよな(^^;)




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


逆切れ


脅し


ドヤ顔

新世界へ、ようこそ>『べっぴんさん』第116話 - 2017.02.20 Mon

実話ベースの場合
所々で時間が跳ぶのは仕方ない

一人の人の一生を半年で描くのだから

それに、大抵そういうのって
その人にとって節目となる様な大きなエピ
その人を描く際に欠かせないエピを優先させ
それ以外を省略する

ところが、『べっぴんさん』の場合
大きなエピを端折って
どーでもいいエピをタラタラ描く

勿論それが実際の出来事なら
それは十分に大きなエピと言えるし
フィクションだとしてもテーマを強調するのに効果的なものなら
それもまた意味があると思う

ところが、『べっぴんさん』の場合
文字通りどーでもいいフィクションばかり
テーマどころかヒロインも影が薄くなる一方で
しかも 

ツ マ ラ ナ イ

という致命的なものばかりなんだけど
ここんとこ、どーなのよ渡辺!?

…ひじゅにですが何か?



「まだここには明美さんが住んでる」by勝二



↑つげマンガを髣髴とさせるのは
さくらではなく明美だった!?


ちゅーことで、時間は跳んで昭和44年―

イキナリ流れる三波春夫。


リアル世界に合わせてオリンピックの話題は入れるかと思ってたのに
思いっきりスルー(笑)

万博の写真が色々映ったのは興味深かったけど>ドラマとしては水増しっぽいけど
ドラマ世界が映し出されたところで興味は急速に萎むのであった(酷


“キアリス”創業20周年―

第1話で、潔の挨拶のあたりがチラリ映って
ああ、これから
そのシーンへ向けて旅が始まるわけね
と思ったのだった

…が

こんなスカスカの旅だとは思わなかったよ!


ともかくも、昭和44年―

「社員とアルバイトな3桁を超える数」
だとか
「本社は三宮にあるビルに移りました」
だとか
すみれを始めとする主要キャラが今や何歳で役職は何々
だとか
ひたすら言葉による説明が続く。

一応、形だけでも
建物を見つけたり、さらにスペースを広げたり
その中で何の仕事をしているか
その後もどんなところを重視して活動しているか
「一応」とは言いたくなるけれども
「一応」は描いてみせた某前作の方がマシだったな。

…こんな風に過去作の評価が変動するのも朝ドラ“お約束”


ともかくも20周年記念式典―

潔の挨拶も
ましてや、すみれの挨拶も
白々しく響く中
さくら&健太郎登場。

式典を邪魔しまくって
自分が主役に躍り出る、狡猾さくら。

もう20周年も何もあったもんじゃない。
ラストで健太郎と共に“キアリス”入社を希望していたけど
そのためのパフォーマンスか?

元々は身内ばかりを採用してきた“キアリス”
ワザワザ東京の大学を出たのアメリカ留学したのと言い訳しなくても
一般と同じ入社試験という建前を掲げなくても>『とと姉』にもあったエピ
社長&専務の娘なんだからトコロテンじゃん。


色々な登場人物がアレほどキャラ変をかましてきた中で
お汁粉事件や麻田さん奴隷扱いの子供時代から
視聴者の顰蹙を買った女学生時代を通し
今回のこのチョウシコイタ再登場の仕方まで
見事なまでに一貫している、さくらのキャラ造型!

これぞ渡辺の真骨頂?


そんな、さくらの奴隷と化している健太郎は
大学~アメリカ留学で学んでいるのは経営学。

そうか、京大に無くて東大にある学部とはソレだったのか
お勉強になります。

そして「倉庫兼休憩室」になっていると聞いた上で
皆がまだ仕事中の時間帯だと承知した上で
元事務所に入り込むバカップル。

時間経過による色々な変化を描かうための狂言回し的役割だと
分かってはいるけれど
何だかどうも良い印象を受けないのは
ヒネクレひじゅにだからですか?>そうだろ



『とと姉』の頃
おお、こんなに早く『まれ』越えの作品に出逢うとは…
と、思ったりもしたけど

やはりイヤラシサの点では『まれ』には敵わんな
と、終わってしまってから思い直した。

『べっぴんさん』の今
おお、既に『とと姉』を超えたかも?
と、思ったりしていて

残り一か月強
ひょっとして『まれ』をも超えるのでは…
という恐怖感を抱いて過ごしていくことになりそう。


…今日はちょいと辛辣だったでせうか?
でも、素直に感じたことを述べたまでですわ>スマソ






☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


EXPO’70グッズコレクション(電子書籍版)


20周年記念>劇場版『名探偵コナン』


四つ葉のクローバー>ホワイトデーに

相棒・紅茶のミニロール - 2017.02.19 Sun

久しぶりにローソンに行ったら見つけました。

相棒 紅茶のミニロール

aibou-b
aibou-b posted by (C)ひじゅに

劇場版公開を記念して『相棒』とローソンがコラボ。

この手のパンは今迄も何回か出たけど
スーパー等でも扱っていたので見かけるのも早かったんですが
今回はローソン限定なので出遅れました(^^;)

って、いつもチェックしているわけではないんですけど(笑)

「ベルガモットで柑橘系の香りをつけたアールグレイ茶葉を生地に練りこみ
もっちりとしたパンに仕上げ
さらに甘さ控えめの紅茶クリームをサンドした商品」

とあります。

aibou-a
aibou-a posted by (C)ひじゅに

二個入り

紅茶葉を練り込んだパンは、適度に香が立って
ふんわり系&噛み心地の良いもっちり系。

(個人的に紅茶があまり強過ぎないところが良いです)

紅茶クリームがサンドしてあって
「甘さ控えめ」と宣伝している割には結構甘かったけど
パンと一緒になると良い感じです。

(割り方がゾンザイですが^^;)

美味しい

右京さんより、冠城さんがパクパク食べる姿が浮かびます(笑)





紅茶キャンディ アールグレイ


紅茶かりんとう


角田課長のひまカップ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

べっぴんさん (119)
相棒 (109)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (52)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (10)
食べ物・飲み物 (19)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (3)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR