topimage

2016-09

鼻の穴>『とと姉ちゃん』第150話 - 2016.09.24 Sat

アバンで
たまきを中心に据えつつも
背後に、さり気なく
成長した潤君&真由美ちゃんを配したのは
なかなか良かったんと違う?

え?
そんな程度の描写は基本の基本?

だって『とと』ワールドですぜ
何だかとってもマトモに見える>ぉ

…ひじゅにですが何か?



「鼻の穴が広がっているよ」by花山



↑コレってアドリブでせうか?

だって
常子が素で笑っている様に見えたから。

だから
その直後の会話で常子がまた薄ら笑いをしながら話していたのも
いつもよりは自然に見えた。

それを狙ってのアドリブだとしたら
さすが唐沢寿明!


ちゅーことで
今日は褒めモードに入っている、ひじゅにである>どこが?



今日のお話は

【前半】
予定調和で…じゃなくて見事採用される、たまきの図ぅ―

縁故入社を嫌っていたのに>台詞だけだけど
これで実力を認められてのことだと証明できたと自信を持ったのか
社長@常子と仲良く出勤。

傍から見たら、これ以上ない「縁故入社」(笑)

ザワザワ&ワサワサしていた他の人達に比べ
落ち着いていて機転も利くってところが良いのかなと思ったのに
入社後は皆の間を縫ってザワザワ&ワサワサ。

うん、このダブルスタンダードっぽいところに
小橋家の血筋を感じる(笑)


【後半】
仕事と家庭の両立に悩む寿美子さん
それをきっかけに社内改革に乗り出そうとする常子の図ぅ―

寿美子さんって初期の頃からの社員だよね。

美子が結婚した昭和33年にはもう居たよね。
現在は昭和48年だよね。

晩婚&高齢出産だったのか?


そして、その中で
少しずつ終わりに近づいている花山さんの命

…ちゅーところでせうか?


どんなに年月が過ぎ去っても決して老けない
…のも朝ドラ“お約束”

…ではあるけど
もうちょい何とかならなかったのかなあ。


だって
新入社員が入ってきたのに
常子は勿論、他の皆との差が全く感じられなくて
フレッシュさも何もないじゃん。

でもって
花山さんが倒れるという
まさに新旧交代の時期に差し掛かっているというのに
そんな冷酷な“時の流れ”が全く見えないじゃん。


寿美子さんに関しても同じ。

そもそも、綾さんの時がそうだった。
常子が蔑むかの様な視線で>こらこら
彼女の家を訪ねたのは戦後間もない頃。

あの時は幼子だった綾さんの息子が
もうかなり大きくなっただろう(それこそ手を離れた時期だろう)
って時期になって
「お子さんはどなたに預かってもらったの?」みたいな質問をしていたし

さらに最近になってようやく彼女を入社させたかと思ったら
「子育てを終えて」みたいな説明がなされていた。
もしかしてもうとっくに自立している年齢じゃ…?

こーいうとこ、ダメダメだよなあ、西田は。
えっ?
こーいうとこだけじゃなく、全てにおいてだ?


まあ、ともかくも
星野さんとの二度目の恋愛中
仕事と家庭の両立について考え始めたハズの常子なのに
寿美子さんが辞めたいと言い出してからやっと現実的になるとは…

まあ、星野さんとは別れちゃったから自分にとってはもはや問題ではなく
考えを放棄しちゃってたってことですかね。
専業主婦の毬子と兼業主婦の美子という実例を目の当たりにしながらも
何も感じなかったみたいだし。

まあ、まずは何か騒動があり、そこから話が始まる―
という西田流は保たれたわけだな(笑)


これまたコメント欄で教えていただいたのだけれど
「僕はフェミニズムを描くつもりはありません」
と、西田は宣言したらしい。

確かにね、このドラマで女性問題が取り上げられ始めた時
物凄いワザトラシサを感じたんだ。

でもって、その後、ところどころに見られる描写から
「この人、実はバリバリの男尊女卑なんじゃ?」
という疑いが生じ、しかもどんどん濃くなっていった。

だから、女性の社会進出について取り上げながらも
どうしても本当の考えが透けて見えてしまうのかな…
そーいうのか隠せるほど巧妙な作家では決してないもんな(酷)…
と思ってたんだけど

この宣言からするとワザと滲ませているのかな?
という新たな疑惑も湧いてきた。

常子の社内改革がどんなものかってところに
その答が表れるのかな?

でも、昨日の入社試験にしても
面白いと思われた部分は実話に基づいているらしい。
取り上げ方は相変わらずナンダカナ…だけど。

だから、社内改革の方も
実話通りなら好感持てるもの
オリジナルなら不快なもの
になるだけ…という可能性大(^^;)




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

高給ホテル・有名百貨店採用(の訳あり)


ふんわりとした軽さとしっとりとしたくちどけの良さを両立


朝食改革して健康に!!


スポンサーサイト

青椒肉絲>『とと姉ちゃん』第149話 - 2016.09.23 Fri

青椒肉絲ではなくて
ここは回鍋肉だろ!

…という視聴者からのツッコミ待ち?

さすが西田!
このセンスには脱力…じゃなくて脱帽よ!

個人的には
青椒肉絲というと『瞳』を思い出すのだが

ピーマン嫌いの子供が何故か夕食に青椒肉絲をリクエスト
でも、別に嫌いな物を克服したという話ではなく
実際に画面に青椒肉絲が出て来たわけでもなく
ただ、その時にこの単語が出ただけのことで終わってしまった

…という非常にショボくてマイナーなネタなので

今回のこの唐突に登場した青椒肉絲が
過去作へのオマージュ…なんてことは
幾ら西田でも無いと思われ

…ひじゅにですが何か?



「世の中の役に立つ仕事がしたいです」byたまき



↑これもまた
「銀行員をディスるのか!?」
という視聴者からのツッコミ待ち?

つーか
前作『あさが来た』への逆オマージュ?


銀行勤めを希望していた>視聴者は知らんけど
たまきが>大人になったから「ちゃん」付けは止すぞ
“あなたの暮らし出版”に入りたいと言い出した理由がコレ↑

本人が言うには前々から憧れていたらしい。
そして今回
Made in Japanがアメリカ製を超えた!
という瞬間に立ち会ったから
“本当にしたいこと”が縁故入社と言われるのが嫌という気持ちを超えた!
ちうわけですな。

うん、実に朝ドラらしい(笑)

出さなくて良い「銀行」を出した故に「銀行」を貶めてしまった
という痛い結果も朝ドラらしい(笑)


ということで入社試験開始―

まず、花山さんからの話
別室で青椒肉絲実演
それをその場で記事にする>騒音付き
花山さんの話を纏める

パッと見、面白そうではある。

でもなあ…
今迄の積み重ねの無い積み重ねにずっと付き合ってきた身としては
何か、えっらそうだな“あなたの暮らし出版”!
と思っちゃうし(笑)

前振りとしての
「『あなたの暮し』の商品試験がなければ
日本の電気製品は進歩しなかっただろう」

という、たまきの台詞からしてナンダカナ…

『暮しの手帖』はまさにその通りだったのかもしれない。
メーカー側からも感謝されていたという話だし。

『あなたの暮らし』の場合は上目線で貶しているだけ
…と言う印象しかないからなあ。
それでも、西田的には
蛍雪次郎とアカバネの2例を裏付けとしているつもりなんだろうけど。


青椒肉絲と騒音、また机無しで書かせる…というのは
まあ面白いかな…とは思うんだけど

でも、この手の面白さって
例えば『ガラスの仮面』での『奇跡の人』オーディションのエピ
なんぞを思い出すのだけれど>古い?
あっちの方が課題も対応もずっと深くて突飛で工夫されてたよなあ。


まあ、たまき以外は堂々と不満を述べたりしてダメダメ過ぎるので
たまきが縁故ではなく実力で…という体で見事に入社を果たす
という結論はミエミエ。
その点は面白いとは言えないな(^^;)>スマソ


つーかさ
記者としての資質を試してるっぽいけど

アカバネに情報を流した松永さん
記者の仕事をしたかったのに試験ばかりやらされた
…と逆切れして辞めていったんだよね?

少なくとも、たまきは商品試験に関わりたくて入社を希望しているのに
商品試験関連の入社試験はしないのか?

素人ではなく専門知識を持つ検査員を…という最初から承知のハズの条件は
今だに果たされないまま?






☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


ピーマン入れたら青椒肉絲


ベートーベン(手塚治虫)


Made In Japan with日本のおいしい食べ物


おまけ(笑)
【中古】 ガラスの仮面 ベストセレクション 奇跡の人編 上 / 美内すずえ / 白泉社 [ムック]【メール便送料無料】【あす楽対応】

【中古】 ガラスの仮面 ベストセレクション 奇跡の人編 下 / 美内すずえ / 白泉社 [ムック]【メール便送料無料】【あす楽対応】

エッセイ>『とと姉ちゃん』第148話 - 2016.09.22 Thu

コメント欄で教えていただいたところによると
リアルかか@大橋鎭子さんのお母様は
82歳まで長生きされたそうだ

ドラマのかかは73歳で亡くなってしまった

実話より9年も早いなんて
ちょっと失礼過ぎない?
何の意味があって?

…と思っていたら

かかの最後の言葉「小さなしあわせ」が
まんま常子のエッセイのテーマ&タイトルに


つまり、こーいう意味があったんだよ!
と、西田がドヤ顔してそうだけど

いやいや、これって
やっぱ酷いんじゃ…

…ひじゅにですが何か?



「決して押しつけがましくならない様に」by常子



↑常子には一番難しいことの様な…


かかが亡くなり
それでも日常は続いていく―

と言いたいけど

朝食は大人達は魚だけど
子供達には卵を

という配慮のある小橋家(+水田家+南家)なのに
その卵に添えらえているのは人参

そして何と、味噌汁にも人参
しかも飾り切り。

これは何?
一体何が起きたの!?

と思ったけど

いやいや、この様子からすると
皆が人参好きという設定なのだな。
きっとそうだ、うん、そういうことにしておこう>ぉ

だから、この間の、お粥の上に人参!の図ぅも
彼らにとっては「日常」なのだ。

人参が苦手な自分の基準で視聴してはいけませんね。
うん、これは西田ワールドなのだもの。


かかの人参飾り切りは、それほど思い入れのあるものなのかどうか
そもそも以前にそれが出て来たことがあったかどうか
ボンクラひじゅには思い出せないのだけれども
まあ、西田的には直前にでも出ればOK!アレで十分!ってとこなのだろう。

「起承転結」の真ん中を省いた「起」→「結」しかない『とと』だったけど
今回は
「起」=かかが、たまきちゃんへのお粥の上に乗せた人参
「承」=鞠子が、かかの思いを継いで味噌汁に入れた人参(推測)
「結」=常子も、かかの思いを継いでエッセイを書く
と、三段階。

おお、凄いぞ西田!
進歩してるぞ!>ぉ


「母が私達にしてくれた様に
人生に僅かでも彩りや安らぎを添えられる様な
言葉や知恵を読者に伝えたいんです」


何はともあれ常子はエッセイを書くことに。

そして、8年の時をワープして、今は昭和48年―
常子のエッセイ『小さなしあわせ』単行本に。

って…

ちょっとちょっと
また「起」→「結」に戻ってんじゃん(笑)

つーか
そのエッセイにはどんなことが書かれていたのか
ほんの少しでも見せるべきと違う?

いつもの手法ではあるんだけど
侘しいなあ…西田よ


ドラマが始まる前に
出版に取り掛かる前の段階を長くゆっくり描き
その後はスピードアップする―
とかいう話を聞いていた。

確かにその通りにはなっているんだけど

その、ゆるやかな時間の中で
日常の「小さなしあわせ」が「積み重ね」られていくのだろう
…という期待は無残にも打ち砕かれ

出版業界に入ってからは
働く姿が生き生きとキリッとスマートに描かれるのだろう
…という期待も既に粉々になっているのだが

それも含めて計画通り!なのか、西田?


貶すつもりはないのだけれど褒めるところが見つからない
という状態だったけど、今日は敢えて一つ挙げますぜ。

時がワープする毎に、常子達の髪型や服装が変わっている。

そこに年齢の「積み重ね」は全く感じられないけど
一応、小さな変化はもたらしている。

まっっっっったく何も変わらなかった『まれ』よりは
ずっとマシじゃね?>ぉ


時代そのものは確実に変化している。

手作りから既製品へ
「作る」から「買う」へ

でも、女性への視線は変わらず
遣り甲斐を持って働いている人達に
貧乏だから働かざるを得ないのだと陰口が飛び交う

…っちゅーことだけど

今でも、いや、今こそ(?)
お金のために働いている人は多いんじゃね?

仕事が夢であり生き甲斐になっている女性は幸福だと思う。
だから陰口くらいで凹むなよ、とも思う。




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


鉛筆削り型の皮むき器


小さなしあわせみかん


大橋鎭子『すてきなあなたに(01)ポケット版』


積み重ね>『とと姉ちゃん』第147話 - 2016.09.21 Wed

小さな幸せの積み重ねで今の幸せがある―
と、かかは言う

その言葉自体は良いと思うけど

思い出話や回想シーンのショボさからして
ドラマ自体が碌に積み重ねをしてこなかったことが丸分かり

自虐か?
この台詞さえもギャグなのか?


ヒロイン母の死よりも
ドラマが瀕死状態なのが悲し過ぎる

…ひじゅにですが何か?



「素晴らしいお母さんだね」by花山



↑幾ら歯に衣着せぬ花山さんでも
他人の母親を
しかも死の床にあるのに

「とんでもないクソババアだね」

とは言えんよなあ…
分かる分かる>ぇ


まあ、クソババアは言い過ぎだけどさ>フォロー

つーかさ
本当なのか?
本当にそんな人物に描けたと思っているのか?

木村多江さんのルックスや雰囲気は
十分に素敵なお母さんではあるんだけどさ

かかという人物はナンダカナ…だよね。


「常子は幸せなのだと思います」
断言しちゃうってなあ…

まあ、断言しなくては自分自身が惨めなんだろうけど。


「人に頼るのが下手で、何でも一人で抱えて…」
え?
そうだったっけ?

常に他人にお膳立てされて来た印象なんだけど…
物凄くラッキーな人生を歩んで来た気がするんだけど…


かか自身が頼りっ放しの人生だったからなあ。

確か、自分の人生は自分で決めたい!との思いで
家を飛び出して、ととと駆け落ちしたんだよね?

ま、、とととの生活はととに頼りっ放しだったとしても
それは双方がそう決めたことだから良いとして

ととの死後は
会社に頼り
実家に頼り
森田屋に頼り
…そして娘@常子に頼ってきた。


幾ら、ととが「とと姉ちゃん」の呪縛を娘に課したからといっても
母親としては、それから娘を解放したいと思うものじゃないのかなあ?

別に独身のまま仕事に生きるのも幸福の一つの形と思うけど
常に家族に寄りかかられた状態ってのは健全じゃないし
一応、星野さんに関するエピが二度もあったわけだからなあ。


まあ、ととも、かかの性質を熟知していたからこその呪縛なんだろうけど(笑)

ま、そんなことで「自立」どころではなかった、かかなので
花山さんへの返答は
自分自身の人生を正当化しようとしている様にさえ聞こえた。


「長居して、お身体に負担をかけてはいけませんね」
花山さんのこの言葉、皮肉に聞こえてしまったのは、ひじゅにだけ?


「花山さんにお逢いでき、母もとても喜んでいると思います」
鞠子のこの言葉も気になったなあ。
まるで、既に亡くなっている人のことを言っているみたいじゃね?

花山さん自身が、たった今、かかと話をしてきたばかりなのに
その場にいなかった鞠子が言うべき台詞?>考え過ぎ?


その後、取って付けた様に、かかの部屋に集まる三姉妹。

そして、かかが三姉妹それぞれに声をかける泣かせのシーン
…って、泣かなかったけどな(笑)

美子=いつも皆を和ませ、笑わせてくれる
鞠子=さり気なく心配りしてくれる
常子=いつも一生懸命で、皆の幸せのために走り続けてくれる

…見事なまでに、かかフィルターを通した姿>ぉ


美子で印象強かったのは
いつも、お祖母様の家にお菓子を貰いに行き
そのお菓子で友達を釣っていたこと。

前者は現実逃避の様だったし、後者は病んでいるよね。
そこんとこ掘り下げれば面白味もあったかもしれないけど
何故かあのまま…


鞠子は初期の頃は確かにそういう印象だった。
でも、だんだん傲慢な感じになってきちゃったんだよな。

生き方の面にしても、常子頼みで大学進学し
結局それを生かすこともないまま常子の会社に就職
そして結婚して常子が建てた家で専業主婦。
やっぱ、ちょっとナンダカナ…な気持ちが残る。

常子は…まあ、今更言うこともなし>ぉ


西田ってば
これはお得意の後付け?
それとも本当にこう描いてきたと思っているの?
そして実際、描けていると確信しているの?



宝箱を開いてみせる、かか。

美子ったら、まるで
予め頼まれていたかの様にごくごく自然に、かかを支えて押入れまで行き
全て承知しているかの様に宝箱を取りだす。

視聴者にも分かる様に見せたのは
桜の花びらを模した布と歯磨き粉。

他にも雑誌らしきものとかあった様子だけど

要するに
このくらいしか視聴者と共有できる思い出がないってことだよね。



「明日の昼、久しぶりに常子の親子丼が食べたいわ」
何故、今日ではなく明日の、それも昼なのか?
というのは置いといて>ぉ

親子丼って登場したことあったっけ?
と、一生懸命考えてみたら
森田屋時代、長谷川さんに教わりながら親子丼を作るシーンが
あった様な気がする。

そもそも大して意味のあるシーンでもなかったし
アドバイス通りに作っていたわけだから常子の味ってほどでもないだろうし
その後、常子がまた親子丼を作ったり皆が喜んで食べたり、というシーンは
なかった気がするんだけどなあ…

つまり、ドラマの中で再び取り上げるほどの重さはないってことだよね。

でも、他に常子が作った料理というと
星野さんのために作った味噌汁とか
星野さんの子供達のために作ったコロッケくらいだから
西田もここで困っちゃったのかもしれないな(笑)


ともあれ
この台詞が出た時は食べられずに亡くなるフラグかと思ったけど
亡くなったのは10日後だということなので、そこは良かったかも。






☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


ちいさな幸せ積み重ね


王妃の宝箱


吉野家冷凍親子丼の具


鼻歌>『とと姉ちゃん』第146話 - 2016.09.20 Tue

風邪を引いた孫@たまきのために
人参を飾り切りにする、かか

見た目も楽しく…という気持ちは分かるけど

お粥の上にデカい人参が…って
何だかシュール

…ひじゅにですが何か?



「これは違うの、嬉しい時の鼻歌」byかか



↑昨日のひじゅにの疑問を解消?


昨日、かかが縁側で苦痛に顔を歪めるシーンは
普通なら、「ささやかな幸せ」に満たされている最中に
イキナリの悲しみの予感…
という、これからの展開を示すものだと思われたけど

悲しい時に鼻歌が出るのが、かかの癖

という設定があるために
ここは何を示唆しているのだろう…と疑問が湧いた。


ひょっとして
その設定を西田が忘れただけ?
とも思ったけど(笑)

今日、この台詞をワザワザ入れたってことは
分かって描いてるってことだよね。

1:不幸体質のかかが良い方向に変貌してきたという印?>嬉しい鼻歌へと変化
2:その前から余命が短いことを悟って悲しんでいる?>やはり悲しみの表れ
3:娘達が思う様に育ってくれなかった不幸を悲しんでいる?>分かる分かる 
4:ドラマの出来が酷いことになっちゃていることを悲しんでいる? >もっと分か…(略
5:単なる後付けの言い訳?



それにしても、たまきちゃんがここで風邪をひく必要があったのだろうか?

おかげで(?)
久しぶりに立ち働く、かか。
家族のために働くことこそが、かかの幸福。
家族との温かい触れ合い。
その合間に思い出す過去のアレコレ。

…というのが描かれたのは分かるんだけど
そのために、また一人病人を出すことはない様な気がする。

弱っているかかや、まだ小さな他の子供達に感染らないか?
という余分な心配も出てきてしまうし
鞠子も娘の風邪>>>余命僅かな母親、に見えてしまうし(酷?


自宅療養を望んだ時点で既に、かかは自分の病状を悟ったのだろうから
ここで思い出話をするのは重要。
死期が近づくと昔をやたらと思い出すっていうからね。

だけど、映像が一つも出ないってのはなあ…


あ、幼い美子が髪を梳いてもらうシーンは何度かあったけど
していたのは常子で、かかが関わってきたのは見たことなかったかも?

鞠子が防空後の中かどこかで具合悪くするシーンはあった気がするけど
床に臥せっていたわけじゃないし映像を出しても戦争の方が強調されてしまうか。

鞠子の性格についても
頑固ってのは分かる気がするけど他の部分は特に感じた事はなかったし
つーか、それほど明確にキャラが描かれてはいなかった気がする。

そもそも、たまきちゃんが常子似ってのも、台詞でそう言っているだけで
視聴者が「うんうん」と頷ける様なものではないし。

お祖母様に関しては
何ちゅーか、あまりにも扱いが気の毒だったから
そーいう思いしか残ってないし。

…あ、映像が出ないのもむべなるかな
つーか、適当な映像が無いんだろ(^^;)



それでいて
常子が医者と話したシーンはしっかり映像付き(笑)


それにしても常子(の中の人)
アカバネとの対決エピでは怒り顔やドヤ顔が合っていたけど
今回みたいな切ないエピでは、やっぱ場違い>言い過ぎ?

ここは愛情を土台に複雑な感情がこみ上げてくるのを
必死で抑えて笑顔さえ浮かべて
でも、視聴者にはその心情がひしひしと伝わってくる―
という難しい演技が求められるところだから
あんまし上手くなくてもしょうがねーんだいね(群馬弁)
ってところでせうか?


昨日、あんな台詞@「存分にお母さんを労ってあげなさい」
を吐いたばかりに
今日は小橋家にお見舞いに来ざるを得なかった花山さん。

明日は唐沢寿明VS木村多江で
それなりに見応えのある回になってくれると嬉しいんだけど
どうなるでせうか?


ところでさ

常子が仕事と家庭の両立で悩んだ週があったのだから
専業主婦を選んだ鞠子と
兼業主婦を選んだ美子とで
何かしらの答というか、意味を描いてほしい気もするんだけど

偏見かもしれないけど
鞠子は家政婦状態な感じだし
美子は家庭のことは丸投げで独身時代と同じ様な感じで
ナンダカナ…

それと
大昭さんが森田屋を上手く運営しているか否かも心配。

だって、妻が手伝ってるわけでもないし
本人も夕食の時間には帰宅しているし…

あっ、ここも
西田の記憶喪失の表れ?(酷




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


Hanauta>「鼻歌」と「花歌」をかけてるそうです


にんじん大福


飾り切り


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

とと姉ちゃん (148)
あさが来た (157)
まれ (156)
相棒 (95)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (5)
欧米映画 (9)
007シリーズ (13)
その他の映画 (1)
八重の桜 (52)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (8)
食べ物・飲み物 (15)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (50)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR