topimage

2017-05

148円>『ひよっこ』第48話 - 2017.05.27 Sat

最後の最後まで
実お父ちゃんの行方を捜してくれた綿引さん

そんな綿引さんの横をすり抜けて行った
タモリそっくりの通行人に目が釘付け

…だった私って…

…ひじゅにですが何か?



「偉いな、頑張るな、クリームソーダ」by綿引



メロンソーダは
故郷から離れて頑張る、みね子自身であり
故郷に戻って頑張る、綿引さんでもあり
集団就職してきて頑張っている仲間達でもあるんだね。

初恋の味とか
夏の思い出の味とかいうよりも
その人そのものなのかも?


ちゅーことで、綿引さん退場―


兆しはあったわけだけど
警察官であることに疑問を感じてのことになるかと
勝手に想像していた

そしたら、警察官である父親が怪我をした…という事情。

自分だけでは歩けない状態というから
警察官はもう続けられないんだろう。
東京を出てしまうと、綿引さん自身も警察官ではなくなってしまう。

この間、話してくれた警察官になった理由とは真逆のコースで
まさに人生の皮肉って感じで
めちゃくちゃ切ないなあ…綿引さん。

「お互い、親で人生が変わっちまった」
こんな形で、2人の生き方が重なるとはね…


みね子自身が日々の忙しさと楽しさで
お父ちゃんのことを考える時間が減っているというのに
綿引さんがいなくなってしまったら
お父ちゃんは益々遠い人になってしまいそう。


赤いコートが悲しく寂しく侘しく見える帰り道。

寮では優子さんが床に就いている。
予告では、やはり向島電機は父さんするらしいけど
中でも特に優子さんはどうなってしまうのか心配だな。

唐突に出て来た「座敷童子」
ももももしかして『どんど晴れ』へのオマージュでせうか?

いつもの、みね子の空元気発動だろうけど
妖怪に例えるのは幾ら何でも難じゃないかい?
…と一瞬思ったけど

ままままさか、それを踏まえての『どんど晴れ』への皮肉か?

「綿引さんのこと、好きであったんでないの?」
すかさず仕返しれる、みね子であった>ぉ


綿引&雄大の別れの時は、いつもの屋台のラーメン屋。

彼らの場合はラーメンが象徴。
東京ラーメンだもんな。

「僕が奢りたいんだ…でも、金がないんだ」
ラーメン代を綿引さんに借りる雄大さん。

このシーンはとても良かったなあ。


綿引&みね子
綿引&雄大
…2つの恋の形を見せてもらった>こらこら


ところで

屋台のオジサン
通りの店のオジサン
…“東京”の優しさも描かれているよね。

「人が暮らしてる所はみな良い所だよ、絶対そうだ」
宗男叔父さんが以前言っていた。

みね子の成長と共に
つまり、彼女の視野が広がって行くのに合わせて
この「良い所」が広がって行く物語なのだろう…と
期待しているんだ。




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


クリームソーダ


座敷童子


恋ごころ

スポンサーサイト

月末娘>『ひよっこ』第47話 - 2017.05.26 Fri

鈴子さんが絡むシーンは、いつも泣けるなあ…

ビーフシチューではなく安いハヤシライスを注文し
後日、キチンとお礼に訪れた実お父ちゃん

家族揃って食べに来れる日迄は…と
店での食事を断わった美代子お母ちゃん

自分で稼いだお金で食べにくること
少しずつ値段の高い料理に挑戦していくことに
楽しみと誇りを持っている、みよ子

…そんな谷田部家の人々だから
元から優しい“すずふり亭”の人々ではあるけど
より親身になってくれるのだろう

やっぱ、人間
自尊心を持って凛としてなきゃね

…ひじゅにですが何か?



「私の東京での目標なんです」byみね子



お給料は減らされてしまったけれど
仕送りは減らさない健気な「ひよっこ」達。

銭湯帰りの焼き芋も諦めようとする皆に
奢ってくれる太っ腹な幸子さん。

この優しさが切ないね。

そんな幸子さんの姿が後半の鈴子さんと重ねてあるのだろう。
奢ること奢られること、自分のお金で食べること…の違いも。
今はそれを選べない、みね子達の懐事情も伝わって来る。


屋台のオジサン達が楽しそうに聞いているのは
皆が作ったトランジスタラジオ。

流れてくるのは相撲中継。

制限時間ぎりぎりで勝負を決めた大鵬。
一敗はしたけれど、それ以上は許さなかった大鵬の様に
まだまだ!という希望を持っていよう…


そして待ち望んでいた“すずふり亭”のシーン。

初めてのビーフコロッケからこっち、画面には現われなかったけれど
みね子は約束通り月ごとに訪れ、少しずつ高い料理を食べていった様子で
店の人達からは「月末娘」と呼ばれるくらい親しくなっているらしい。

   ↑ちょっとした説明で分かることではあるから
   最初の時との対比を際立たせる意味もあって
   今日に至る日々を敢えて描かなかったのかな?

先回食べたというハムエッグくらいは映してほしかった気がするな。


手塚治虫が、戦後初めて食べた洋食がハムエッグで
美味しさに感動して、名悪役ハムエッグが誕生した…とか書いていた。

そんなくらいだから、ビーフコロッケよりハムエッグの方が高いのかな?
ハムそのものが高級品だったのかもな。


でも、初心に戻って…と言い分けしつつ
一番安いビーフコロッケを注文する、みね子。

「カッコ良くて好きなんですよね、アレ」
高子さんに代わり厨房に注文内容を伝えて
ちょっと、はしゃいでみせるのは
辛いことがあった時ほど無理して明るく振る舞う、いつもの癖。

もしかして、同時に、いつか本当に彼女がそうした仕事に就くことを
予告してもいるのかな?

前知識を入れない様にしてはいるけど
ちょっとばかり聞こえてくるものもあるもんで(^^;)


相変わらずナイフ&フォークではなく箸でコロッケを食べる、みね子。
   コーラス練習後にフレンチトーストを食べるシーンで
   意外と(?)自然にナイフ&フォークを使っていたので
   ここで田舎っぽさを強調しているわけではないよね?
   逆に“すずふり亭”では無理をする必要はないってことを表している?
   それこぞ、我が家の様に?

段々と表情が硬く暗くなっていき、やがて鼻水→涙となる、みね子。
   ここは有村架純の演技力の見せ所?
   もうちょいメリハリ付けても良かった気がするけど
   周囲には気付かれない様にと思いながらも涙が…ってとこだろうから
   あのくらいで丁度良いのかも>エラソウ

店の皆全員が、みね子のことを心配する様子が良かった。
一番下っ端の秀さんは料理しながらもドアの方に顔をむけ
料理長の省吾さんは料理から目を離さないまま
「任しとけば大丈夫だ」と、従業員をも気遣い
母親への信頼と希望を見せている。


でもって、その鈴子さん&みね子のシーンには
まんまと泣かされちまったわけなんだけども(^^;)


でね、ここで
もしかしたら誤解されている方々もいらっしゃるかもしれないので書いておく。
誰が…ってのじゃなくて、他のサイトでそうしたことがあって
私にも当て嵌まるかも…と気付かされたもんで。

昨日「水着を買ったり映画に行ったりしたところに違和感」と書いたけど
みね子が自分のために買い物をしたり遊びに行ったりしたことが変ってわけじゃないよ。
寧ろそれは嬉しいこと。

ただ、そのためのお金をどうやって捻出したのか不明…ってこと。

金銭的な描写はアバウトなのも朝ドラ“お約束”だけど
今作は逆にそこを詳細に描いてきたじゃん?
奥茨城で実お父ちゃんも含めての家族会議から
東京の物価や給料の明細から…ハッキリ数字を出してきたじゃん?

みね子のお小遣いは1000円だから、銭湯大だけでほとんど終わってしまうほど。
“すずふり亭”で月ごとに高い料理を…ってだけでもイッパイイッパイなハズ。
ブラウスは諦めたのに水着は買えて、さらに映画まで…となると
やっぱ、謎に感じるよね。
帰省のために貯めておいたお金を使ったのだとしても…
そもそも貯める余裕があったのか?ってなるし

そこんとこがクリアされていれば
今日の話はもっと切実に感じられて大いに感情移入できたかも?


あと、映画から帰ってきてから海までのシーンは
気恥ずかしいというか、こそばゆくて正視できない部分があったんだけど(笑)

それは、ひじゅにの個人的な感覚に過ぎないし、批判しているわけではない。
今後の展開との対比となるものであり
みね子の遠い思い出的位置も占めるのだろう…と思うので
重要なエピなんだと受け取っている。


みね子がみね子自身の楽しみを見つけるのは凄く良いことだと思う。
彼女自身の人生を生きるということだから。

上京前に宗男叔父さんが言っていたことだし
みね子自身もそこを自覚しているのが今日の台詞で感じられたし
今の向島電機編は、まさにそれを描いていると思う。





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


焼き芋


『ひよっこ』1964年の食卓


陸軍さんのビーフシチュー&海軍さんの珈琲

夏と冬>『ひよっこ』第46話 - 2017.05.25 Thu

三男ったら歌が結構上手いじゃん
ファルセットじゃん

一瞬…
タケちゃん@『べっぴんさん』を思い出しちゃったけど(笑)

…ひじゅにですが何か?



「ちょっと長かったですかね」by増田明美



月ごとに時間経過させるのかと思ったら
数か月飛んで11月に―

その前に、ちょっと楽しい
三男の里帰り編―

職場でも故郷でも
気を遣ってばかりの哀れの三男…の図ぅ。


三男が里帰りで店からいなくなることに
危機を覚える米屋父娘―

ご飯VSパンを超えて
お盆だけに亡き妻まで持ち出す始末。

でもさ

この間の風船娘のさおりさんを見ているから
一緒に茨城に行くと言い出す姿が、ちょっぴり切ない。


帰れば帰ったで

ツンデレな角谷家

女子会から『奥茨城母の会』と名称も改まり
会長・副会長も取り決めて
今後もこの3人のシーンは続きまっせ!
…と宣伝しているかの様な、きよ・君子・美代子

兄@実お父ちゃんよりも、可愛い姪@みね子よりも
ビートルズ!という
無敵の宗男叔父さん

…による、三段攻撃。

幼馴染も3人組なら『母の会』も3人組
職場でも父娘に挟まれて3人組
そして今回、怒涛の三段攻撃と…
農家の三男坊の三男は
「3」という数字に呪われている!?


昨日の、こそばゆい青春物語と
今日の、コミカルな三男の里帰り編。

色んな意味で夏は明るく楽しく過ぎゆき
輝かしい思い出として残る。

その余韻を噛みしめる暇もなく
センチメンタルになりやすい秋を素っ飛ばし
芯まで冷え込む冬の入り口へ―


ラジオの時代もあと僅かじゃ…
と思ってはいたけど、もうその予兆が。

様子のおかしい松下さんを前振りに
翌日明かされたのは、何と
給料一割減額!?

以前の初任給の時との何という対比。
あの時は喜びでしかなかったのに
今回は落胆の一字。


水着に映画に…と
このところ何故か景気が良かったのも
今日のエピとの対比だったのだろう。

…まあ
ブラウスが買えなかったり
一番安いビーフコロッケしか食べられなかったり
…と、シビアなエピが続いた後だったので
水着からこっちのエピは、その対比のためだったとしても
ちょいと違和感あるんだけどね(^^;)


そもそも、お父ちゃんが帰郷した時の
家族会議のエピからして
具体的な数字を挙げて経済状況を説明してくれるドラマだった。
東京に来てからも物価を細かく解説してくれたし。

だから、今回みね子が受け取った給料明細にある
5201円
という数字から受ける印象も強い。

初任給から約1000円少ない。
みね子が自分のお小遣いとして取ったのと同じ額。

こーいう描写がなかなかだと思うから
水着からこっちのエピは…(略


でも、夏と冬という対比でもあるので
夏をあれほどに明るく輝かしいものと描く必要はあったのだろうね。


あ、最後に一言。

お盆に帰省することを取りやめた、みね子達の図ぅは
実お父ちゃんが帰れなくなったこととシンクロさせている?
考え過ぎ?




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


夏と冬>ソルト&ペッパーシェイカー


ハローキティ人形焼き


里帰りに便利なコンパクトベビーベッド


1965年の夏の海>『ひよっこ』第45話 - 2017.05.24 Wed

やはり
みね子達の水着姿お披露目は無し

代わりに(?)
乙女寮の連中による『ウェストサイドスト-リー』
楽しませていただきましたぜ

…ひじゅにですが何か?



「午前中から降ったらゴメンナサイ」by天気予報士



ズラリ並んだ、てるてる坊主のアップで始まって
これは…雨オチだな…と思っていたら

愛子さんが観ているTVの天気予報で曇り→雨と言っていて
フラグどころの話じゃないな…と思っていたら

全くその通りに
いや、それ以上に
朝から土砂降りという最悪の状況に。


水着姿回避のために工夫してますね、岡田君>ぇ


そのうち晴れるかも…という期待を持って
お弁当を作る、みね子達。

「天気予報では一日中雨だって」
相変わらずKYぶりを発揮して笑わせる愛子さん。

お弁当は、おにぎり&サンドイッチ。


『ごちそうさん』で、おにぎりは
関東は三角形
関西は俵型(名称も「おむすび」)
と言っていて、へえ~と思った。

確かに関東の我が地元では三角形が主流。
円盤型も見られる。
って感じ。

調べていたら
東北は円盤型
九州は丸型
が、それぞれ主流とか。

でも、今日
東北出身者+関東(みね子)の集まりin東京なのに
作ったおにぎりは俵型。

何で何で~?

…って
そんなことはどーでもいいですねそうですね(^^;)


雄大さんが綿引さんを連れて来て
映画『ウェストサイドストーリー』を観に行くことに。

有名な作品だけど、ひじゅには未見>非常識?
似た様な設定(と思われる)の『アウトサイダー』は
映画にも原作にも、めっちゃ感動したので
『ウェスト…』もハマるかも?>今度観てみます


食堂でお弁当を食べながら盛り上がる皆。
綿引さんの話や
豊子までがハマってる様子を見せて笑わせて
いつしか外は晴れ、海に繰り出す皆。

夕日に向かって歌うという
“まんま”青春物語を体現してみせる綿引さんに
加山雄三の歌声が被って

青春だね!

としか言い様のない今日の回であった―


綿引さんの背景が少し語られたのは良かったけど>岡田君の立体描写
みね子との恋話に向けての前振りかと思うと、ちょっとアザトイ>こらこら

でもさ

昨日、実お父ちゃん捜索中に
「そういうことは警察に頼めば」と言われて
自分が警官ぽくないから…と感じてしまったであろう綿引さん。

屋台のラーメン屋では
捕まえたスリに騙されて逃げられてしまった…と愚痴を零していた。

今日の、警官になろうと思ったきっかけ話では
巡査だった父親の戦中戦後の姿がネガティブな形で仄見えたし

恋話よりも強烈に挫折フラグが立っている気がするんだけど…?


もしも、そうなって
恋話も淡いまま散ってしまうとしたら
何だかムズムズと気恥ずかしい今日の回は
遠い思い出として、みね子の心の片隅に切なさと共に残るのだろう。
そうだとしたら、大切な回だったと言える。

…って
そうならなかったらどーすんだよ?>ぉ





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


おにぎり屋さんセット


ウエスト・サイド物語 製作50周年記念版 ブルーレイ・コレクターズBOX


雨のち土砂降り、時々くもり


ごめんなさい>『ひよっこ』第44話 - 2017.05.23 Tue

実お父ちゃんを探す…という約束を守ろうと
一生懸命頑張っている綿引さんの図ぅ―

その直後に水着を買ってきて浮かれてる、みね子達―

ヒロインに対する批判的な見方を引き起こしかねない
分かり易い対比の後で

皆揃っての
「ごめんなさい」

良いんだよ良いんだよ
たまには遊んで良いんだよ
…という気持ちに視聴者をさせる
策士の岡田君(笑)

…ひじゅにですが何か?



「『ごめんなさい』つって書いてあるとこに
成長の跡が見えんでねえか?」
by豊作



↑パロディっつーか、一種の皮肉を感じて
笑ってしまった(笑)

だって、ほら
ドラマに限らず何か物語を見る時
主人公が成長しているとかしてないとかってとこに
注目しがちじゃん?>えっ、ひじゅにだけ?



ちゅーことで

水着を選ぶワーキャーは省略。
紙バッグで百貨店に行ってきましたと説明。
部屋で買った水着を披露し合う、みね子達。

*みね子は黄色のワンピース
色は「ひよっこ」だし
デザインは清純派>ぉ

*時子は赤のセパレーツ
みね子とは違う意味で赤なのが彼女らしい。
白いベルトが昭和らしい(?)
彼女を赤にするために、みね子は黄色にしたのかな?
だって、コートやブラウスは赤じゃん?

*優子さんは白地にカラフル(だけど淡い)模様のワンピース
花柄なのか幾何学模様なのか分からなかったけど
色合いや雰囲気が似合っている。

*幸子さんは青(青緑?)に赤系の模様が入ったセパレーツ
やっぱイメージに合っている。
セパレーツにしたのも一番大人な彼女らしい。

*豊子は紺(黒?)のワンピースで赤系のリボン付き
一見スクール水着っぽいけどリボンが可愛い。
ひじゅに的にはこれが一番好きかも。

*澄子は光沢のある紫のビキニでハート型の飾り付き
やっぱオチ要員だ(笑)
少し太ったと言っていたけど
却ってビキニが似合う体系になっているのかも?
メガネっ娘なのも含めて、彼女は化けるタイプかも?


ちゅーことで

『おひさま』風アハハオホホなシーンではあるけど
皆のキャピキャピぶりが楽しいのでOK>ぉ

でも、この楽しさに少しばかりの後ろめたさを感じちゃうところが
彼女達の良いところ。
同時に、現代とは違う、昭和の健気な女の子達という所以なのだろう。


でもさ
ハガキ一枚送ってもらえない澄子だけは
引け目になんか感じる必要はないだろ!
と思ってしまう。

まあ、継母はともかく
父親は尻に敷かれているだけなのかもしれないし
優しいお祖母ちゃんもいることだし
生活の様子は澄子自身が痛いほど感じてきたことだし
…良い子だね、澄子。


みね子の場合は仕送りだけでなく、実お父ちゃんの件もあるので
どうしても心に引っ掛かるものがある。
それに気付いて、2人だけになって色々言ってくれる時子はGJ。

「それじゃ恋も出来ないでしょ」
この台詞は前振りっぽいけどね(笑)


「そんなの謝んなくていいのに」
益々“大人”になっていく、ちよ子。

こーいうシーンでの幼い弟妹の描き方って
大抵“子供”全開で
「お姉ちゃんだけズルい!」の連呼になっちゃいそうなのに
全くそんな気持ちは湧かず
寧ろ、姉を安心させるために絵を贈るなんて…

出来過ぎだぞ、ちよ子!
視聴者は泣いたぞ。


「人生で一番高い買い物だったかもしんねえよ」
多分、ほとんどの視聴者がその点を心配していたと思う。

“すずふり亭”に行くために貯めておいたお金を使ったのかな?
と、最初は思っていたんだけど
美代子お母ちゃんに送った手紙によると
約束通り毎月“すずふり亭”に通っているらしい。

   ↑勿論、ボンヤリひじゅにには読めるわけもなく(笑)
   検索したら全文を書き出してくれているサイトがあったのさ。


これって重要なネタなのに、分かる人にしか分からない描き方って…
後でもっと効果的に出す予定なのだろうと信じてはいるけど。

いずれにしろ、そこんとこも気になっていたので
ちゃんと実行されていると知って嬉しい。
でも、尚更、資金の方が気になる(^^;)


綿引&雄大の友情が育っていく様子も〇だし
雄大さんのおかげで綿引&みね子が後押しされそうだし
ここらへんは「青春だね!」で良いんだけど

綿引さんの話からは
何だか警官を止めてしまうんじゃないか…って気がして
ちょっと不安




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


海水浴に行く


エイリアンビキニ


ごめんなさいマカロン

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (48)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (52)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (11)
食べ物・飲み物 (28)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (5)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR