FC2ブログ
topimage

2020-12

普通の子>『おちょやん』第5話 - 2020.12.04 Fri

​​​​​​​​​​​​​​​第1週の終わり―

言葉に頼らず、画面で語る
(ちょっとした仕草、表情、ちょこっと映る部分…etc.)
極めて朝ドラらしくない描き方(笑)
時折現れる良作に見られる手法。

これは、もしかして…
という希望が湧いて来た第1週。

来週
数週間後
数か月後…
この期待が脆くも崩れる可能性はあるけどね(笑)

朝ドラーはギャンブラー?>ぇ

…ひじゅにですが何か?



​「竹井さんは普通の子です」​by先生



↑学校にはほとんど行けなかったけど
字は読めないままだけど
良い先生には巡り合えたよね。

今の千代に一番必要なことを教えてもらった。

教室から去って行く千代を黙って見送る先生。
貧しい時代、貧しい村
千代の様に見送るしかなかった生徒達は今迄にも大勢いたのかもしれない。

ちょこっと『あの子を探して』(チャン・イーモウ監督)を思い出す。

先生はもう出てこないんだろうなあ…
終盤になって、懐かしい人その1として再登場したら
却って興醒めだものなあ…>ぉ



栗子の​外面の良さ​が発揮され始めた(笑)
同時に、少しは良心の呵責を感じているらしいことも。
(だからって、許してはあげませんぜ)


まずは食事の支度。
ヨシヲに薬草を貰って、少しは気持ちが解れたのか?
いつもお腹を空かせていたヨシヲは、これで益々栗子に懐いてしまうじゃん。

え?材料を揃えるお金はあったのかって?
流星丸の代金か、その後にテルヲが町まで行って来た時の収入か
何かしらあったんと違う? ←イイカゲン(笑)
メインは鶏肉っぽかったので、家の鶏を絞めたのかも。


村人達に一人一銭で唄を聞かせる。
ちゃっかりしてんなーと思うけど、まあこのくらいはしなくちゃね。
つーか、竹井家に来る前もこんな風にして稼いでいたのかな?
後は小料理屋。

もしかして彼女もまた、幼い頃に奉公に出されて苦労した口?
千代の将来の暗示になってるんじゃないだろうな?

村人達がニヤニヤしながらやって来たのは
辰夫さんが栗子にポーッとしていたシーンからの繋がり。


昨日は栗子に怒鳴り返していた、きみさんまで懐柔。
妊娠中だから…というのもあるのかな?>妊婦は労わらねば?

栗子が自分のお腹を触る。
テルヲが彼女の身体を気遣う。
きみさん達がいつの間にか知っている。
…と、段階を経て千代に情報が入る。

イカニモ蚊帳の外って感じ。


あの父親の下で家の仕事を一生懸命こなし
弟を必死で守って来た千代が
父親を奪われ、弟の心も奪われ、外堀を埋められ
​自分の居場所をなくす―​
第1週はまさにそんな物語だった。


奉公に行く前に千代に綺麗な着物を着せ髪も結わせ
最後の晩に一緒に眠るテルヲは
少しは父親としての愛を持っているってことだし
同じ晩に、眠れず天井を見つめていたり
千代が出て行く間、三味線を弾く栗子は
少しは良心の呵責を感じているってことなのだろうけど

​だからって、許さないんだかんね!​>ぉ


「うちは捨てられたんやない」
「うちが、あんたらを捨てたんや!」

「うち、かわいそやない」と
「かわいそなんは、うちや」と同じ逆転。

正当は朝ドラヒロインなら
「お父ちゃん、身体には気ぃつけてね」と頭を下げて
健気な後ろ姿を見せて旅立っていくのだっろう。
でも、こんな風に啖呵を切っちゃうヒロインが今は面白い。


「月に帰ったかぐや姫は、もう二度と戻ってきませんでした」
千代が母親から聞いた言葉「かぐや姫」がここに繋がる。

伏線ちゅーか、ちょこっとした前振りがあって
それを回収するという作風みたいだな。

いや、もしかしたら、それが物語のセオリーなのかもしれないけどさ
それを無視した行き当たりばったりのドラマを最近観たばかりなもんで(笑)
忘れた頃に回収はあったけど、微妙にズレてたし。


まだハマってる…とまでは行かないものの、かなり好意的にはなっている。
毎回、第1~2週あたりまでは好意的に観る様にはしているんだけど
「好意的」になるのに努力を要する作品も少なくない中
割と自然になってこれた気がする。



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


かぐや姫


「ふつうの子」なんて、どこにもいない


三味線ストラップ


​​​​​​​​​​​​​​​
スポンサーサイト



お母さん>『おちょやん』第4話 - 2020.12.03 Thu

​​​​​​​​​​​森の中の幼い姉弟と
パンの耳

ヘンゼルとグレーテルか!?>ぇ

…ひじゅにですが何か?



​「うちは普通の子みたいになられやいんわ」​by千代



↑千代の言葉に眼鏡を外す先生。

たった一日しか学校に来なかった生徒を心配して家まで訪ねてきてくれて
ええ先生やなあ…

これは学園ドラマではないから、先生が救いになってくれるわけではないだろう。
それでも、千代を気遣ってくれる大人は存在している。
視聴者にとっては、ちょっと救い。


崖から滑り落ちて雨に打たれて…
それでも熱も出さないヨシヲは丈夫だな>足は怪我したけど

まあ、命に係わる様な結果にはならないだろうとは思っていた。
希望的観測ってヤツかもしれないけども(笑)
でも、そこまで大事件が起きてしまったら
第1話で予告していたことだけでは済まない気がするので。


「姉やん…」
落ちる寸前、こう呟いていたヨシヲ。

今迄も、姉やんにベッタリだった。
母は亡く、父はあんなで、他に頼る人がいないんだものな。
千代も弟を気遣い、姉というより母親の様だった。

それが、この山での騒動で覆る―


ヨシヲを見つけたのが千代だということも
自分も迷子になってしまうところも
それを示唆している。

自分が学校に行くために
栗子がヨシヲの面倒を見てくれることを望んだけど
全く当てにならないことが分かった上
今回の事件で、とても任せておけない!自分が見てやらなければ!
と考えを変えた千代。

弟を守ると、亡き母と約束したことを思い出し
改めて決意する千代。

自分だけでなく幼いヨシヲまで奉公に出せと言い出す栗子を
追い返そうと策略を企てる千代。

それらは全て、弟の動機を聞いて崩壊する―


「腹痛に効く薬や」by彦爺
ヨシヲは栗子がお腹を壊していると思って、薬草を採りに山に行ったのだった
栗子がお腹を触っているところをヨシヲが見ていたのが
ここに掛かってくるとはね。

まあ、弟を見つけた時に千代は事情を聞かず
何故か彦爺は知っている…ってところはツッコミどころかもね。

でも、あの時、「何で…」と聞こうとはしていたんだけど
ヨシヲが怪我をしているのが分かったし
千代は栗子への怒りが勝って、それどころではなかったのかもしれない。
彦爺に出逢った時は、お腹も膨れたしホッとして
ヨシヲも彼になら話そうとしたのかもしれない。
…と脳内補完(笑)

↑脳内補完は某前作でもさんざんしたことだし
コレはアレほど無理はないよね(笑)


「ほんまのお母さんのことを何も覚えてへんヨシヲにとっては」
こんな栗子でも初めて知るお母さんなんやてことを」by草原兄さん(違)


千代には母親との思い出がある。
形見のビー玉もある>昨日はそれに助けられた
夜の竹林で母親を思う千代は「かわいそ」だけど
ヨシヲは母親を全く知らない。

栗子はあんなで、とても信用できなそうだけど
一応は「母親」
母親「代わり」だった千代にはもう役目はないのかもしれない。
弟が心配だから家にずっといる…という理由も薄れてしまった。

だから千代は奉公に行くことを選ぶのだろうな。
もしかしたら、ヨシヲは家に残してくれと頼むのかもしれない。


何てこったい…と思うけど
史実はもっと悲惨だったらしいからな(^^;)


「豚の餌食うたら豚になってまう」by千代
これは第1話で鶏の餌を食べようとしたヨシヲに
「鶏の餌食うたら鶏になってまうて、お父ちゃんいつも言うとるやろ」
に繋がるな。

何か細かいところに伏線(ってほどでもない?)張ってんなあ(笑)


「そねな身体でどねすんねや」byテルヲ
昨日、栗子ったら​托卵か~!?​と思ったけど
テルヲは​承知の上​っぽいな。

こりゃあ2人は簡単には別れなそう。



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


パンの耳>マグネット


パンの耳の丸かじり(中古)


パンの耳かき


​​​​​​​​​​​

生きるための鳴き声>『おちょやん』第3話 - 2020.12.02 Wed

​​​​​​​​​浪花千栄子さん
名前だけは聞いたことある気がする
…という程度の認識だったけど

検索してみたら、オロナインのCM看板が出て来た。
​ここここれなら見たことあるぞ!​

…だから何?って話ですが

…ひじゅにですが何か?



​「見透かしている千代ちゃんも大概末恐ろしい」​by辰夫



↑こーいうキャラなんだよね(笑)


地域制はあるかもしれないけど、家庭環境も大いに手伝って
ポンポン言い返す&口悪い。
「生きる」ことには鍛えられているけど
年相応の知識や力はまだない。
「うち、かわいそやない」というプライドもあれば
「かわいそなんは、うちや」と主張する強さもある。

問題は、これが​一般受けするか否か​だな。

だって、噂によると、初回視聴率は20%に届かなかったのだとか…
まあ、初回から観るか否かは前作の影響も大きい場合が多いのだが。


朝ドラ・ヒロイン“お約束”の
図々しいとか無神経とかいうのとは違う。
本当に強い(笑)

敢えて挙げるなら、糸子@『カーネーション』かな。
彼女も口が荒い!と文句付けられていたし
子供時代から威勢が良く
大人になってからも、近所の人に罵倒される(つまり黒い面もある)
強いキャラだった。



ところで、第1話の感想に
「完成された“作品”として、その世界を楽しむものから
良く言えば、リアル世界を共に歩む同士
悪く言えば、質は置いといて情だけ汲むドラマモドキ
…みたいな存在に、朝ドラはなりつつあるのかも?(笑)」
と書いたけど、これは肯定じゃありませんぜ。
ましてや誉め言葉でもない。

半分は
確かにこういう情勢だし、そうしたものを求める視聴者もいるかもな
…と思うし、そこは否定しない。

残り半分は
やっぱ、それって「ドラマ」であることを放棄していると感じる。
ドラマとしても出来が良く、その上でそうした役割も担っている
…というのなら完璧なんだけどさ
ドラマとしてイマイチではね>本末転倒

今作がどういう方向で行くのか、まだ分からない。
トンデモナイ駄作に仕上がる可能性もある。
でも、今のところ
「ドラマ」として、つまり「物語」として
世界を構築しようとしている…という印象。


さて、その物語だけど―


予想通り栗子帰還(^^;)
お腹を触っていたところからして…妊娠中と見た。
相手が誰だか分からないor相手に捨てられた…ってところだろう。
そんな時に上手い具合にテルヲに出逢い、頼る気満々。
托卵ちゅーやつッスね。

まあ、暮らしぶりは大いに当てが外れたわけだけど(笑)


テルヲは亡妻を忘れられないという弱みをチラ見させてきたし
墓参りに行こうと走り出すところはカワイイとさえ感じた。
でも、妻の生前からロクデモナイ男だったっぽいよね。
あの臨終のシーンの様子では。
それに現在も、本当にロクデモナイ男でしかないしな(^^;)


お隣の小林家は良い人達みたいだな。
第1話では、同情してくれるのが却って千代には辛そうだったけど
今日は普通に話を聞いてくれていたし。

「生きるのはシンドイな」
千代も弱音を吐いているし。

それでも、栗子を見るとポーッとなっちゃって
まあ、何ちゅーか、弱くて普通の人なのでせう。


今日の見せ場は鶏品評会。
テルヲ自慢の流星丸も、客観的にはそれほど凄い鶏でもないらしい。
ここで、あのビー玉がクローズアップされるとは…

従来のダメ朝ドラなら、ヒロイン自身の言動で道が開けるところ。
毎晩、竹林で祈っている(あれは祈りと言って良いよね)母親が
こんなところで救いになるとはね。

勿論、それで千代が受け身なままのわけではなく
「この子の鳴き声は生きるため」
「見た目だけで判断するて、ガラス工場の社長や何や分かれいんけど
おっちゃんの目は曇りガラスやな」
と、啖呵を切ってもいる(笑)

まだ文字も読めず、他に知識を取り入れる術もない暮らしの中で
「判断」という、子供には難しめの言葉は知っているし
ガラスをかけたシャレにもなっているし
​頭いいな、千代!​


で、最後はヨシヲ。
「お腹すいた」とは、もう言わせんな!って思っていたのに
もっと酷いことになっちゃったよ…



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


ぬいぐるみ


団子


オロナイン…


​​​​​​​​​

おはぎ>『おちょやん』第2話 - 2020.12.01 Tue

​​​​​​​​​何か、思っていた通りの展開になってきたな(^^;)

某前作でよく見られた「“まんま”な展開」なわけだけど
今作の場合、第1話でザックリとネタバレちゅーか、予告をしていたからな。

つまり、あちらは
良く言えば、匂わせていた通り
悪く言えば、意外性なし。
ハッキリ言って、捻りなし>こらこら

でも、こちらは
「せやから、そう言うたやん」
というエクスキューズが成り立つ(笑)

意外と​シタタカ​な作りだったりして?

…ひじゅにですが何か?



​「かわいそなんは、うちや」​by千代



↑もう週タイトルを覆しているし(笑)



まだ、好き!とか、魅力的!とか、言ってしまえる程の段階ではないのだけど
ヒロイン千代のキャラクターは、ちょっと面白いと思う。

イキナリやって来た「新しいお母ちゃん」に
反抗するわけでもなく、甘えるわけでもなく
「これからは、あの人に家の事やってもらえんねんな」
実に現実的(笑)
「学校行けんねや」
自分の希望を捨てない。
「役場行って明日から学校行く言うてくるさけ」
行動的で、物凄くしっかりしている。

「かわいそう」としか言い様のない環境にあって
大人にならざるを得なかったのだろう…
バンバン言い返す強さも、持たざるを得なかったのだろう…
と思う部分もあれば

学校では
まだ字を読めない―
駈けっこも意外と遅い―
同年代の子供達より遅れている部分も沢山ある。

小芝居をして>将来、女優になる片鱗?
先生を巻き込んで、勝次君からお弁当を巻き上げる​シタタカ​さも。

頭の回転も良いのだろうし
基本的には良い子だけど、悪いところ…ちゅーか
ズルいところも持っている。

描写が下手で嫌な印象を受けてしまう…ってのは最悪だけど
(朝ドラには多い現象なんだけどね^^;)
意図的に、ちゃんと立体的に設定されているのは好ましい。


「残り、ヨシヲに持ってったり」
勝次君、昨日は「殴り飛ばせ」なんて言ってゴメンよ!
おはぎ3個の内、2個を千代にやって、ヨシヲのことも思いやって
何て良い子なんだ…

「うわ、えらい透き通ってるって…ドアホ!」
しっかり​ボケ​もかましてるし(笑)


まあ、その分、栗子の​クズ​っぷりが際立つけどね。
おはぎで人間性が露わになるとは。

勝次君がイケズな子かと思ったら良い子だった…と判明した様に
栗子も後に、実は良い人でした!となる可能性もあるのかな?

…いや、第1話の予告からすると、有り得ないか(^^;)

昨日も書いたけど
父テルヲは、演者のおかげだろうけど明るさが感じられ
カラッとしているので、今のところ不快感はない。
もっと思いっきり毒親を演じてくれ!とさえ思う。

でも、栗子はちょっと​キツイ​なあ…

とにかく、2日続けてヨシヲの
「お腹すいた」
という声を聞くのは、めっちゃ辛かった。
明日はやめてくれよな。

この先、善人に生まれ変わったとしても
この「おはぎ事件」は忘れないぞ、栗子>ぉ



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


おはぎ


三味線バッグ


サウンドトラック


​​​​​​​​​

うちは、かわいそやない>『おちょやん』第1話 - 2020.11.30 Mon

​​​​​​​​​​​​​​​​始まりました『おちょやん』!

某ウィルスの影響をもろに受けてしまった『エール』が終わり
某ウィルスの影響が益々激化する中、始まった今作。

…何か、こうなると
完成された“作品”として、その世界を楽しむものから
良く言えば、リアル世界を共に歩む同士
悪く言えば、質は置いといて情だけ汲むドラマモドキ
…みたいな存在に、朝ドラはなりつつあるのかも?(笑)

まあ、今作の出来如何によるわけですが。

…ひじゅにですが何か?



​「全部言うたらあかんて!」​byテルヲ



↑「全部」までは行かないものの、結構なネタバレ(笑)



芝居の口上の形でスタート。

第一話はちょいと奇をてらう!
…というのも、昨今の“お約束”?

まあ、女優になる話だから、この形は合っているし
ナレーターが黒衣というのもシャレている。
黒衣がゾロゾロ出てくるギャグは個人的に笑えもしなかったけど(酷)
“らしい”感じはしたな。


加えて、ネタバレ。
ちゅーても、あの程度のことは検索すれば出てくるし
第一話は内容的には暗かったので、明るいネタバレは却って救いかも?

そう、いきなりあの話が始まったら
しかもラストの様子では、もっとキツイ話になりそうだから
ヘタレひじゅには観る勇気がなくなってしまったんじゃないかと思う。


トータス松本の滲み出る明るさも
視聴者を暗く沈ませない要素になっていると思う。

今迄、朝ドラには毒親が大勢登場してきた。

本当は子供達への愛情に溢れているのだけど
本人が不器用で上手く表現できす毒になってしまった人もいれば>意図的
毒どころが良い親に描いているつもりなのに
制作側の表現がイマイチなため毒に見えてしまった人もいた>力不足(酷)

でも、今日観た限りでは、トータス松本が演じるテルヲは天然毒親(笑)
​軽やかなまでに毒親(笑)​
(話が進むにつれ、本当は良い人だと変わっていく可能性もあるけど)
だけど憎めない…ってのじゃなくて
擁護の余地なし…なんだけど
あの軽さ、明るさ、豪快さが、何か面白そう>ぉ


そして、ヒロイン@千代。
NHKは子役選びが上手い、とよく聞くけど
(個人的に前作の子供鉄男は大好きだったし、裕一もキラキラしていた)
今作もなかなか。
台詞回しも流暢だし。

つーか、あの台詞回しが良い。
一般的には静かに耐えるヒロインの方がウケが良いのかもしれないけど
個人的にはパッと言い返す気の強さと利発さが魅力的。

モデルの浪花千栄子さんについては
名前を聞いたことがある…程度なので
どんな芸風の人だったのか知らないのだけど
この子供千代がそれを反映しているのだとしたら期待できる。


【どーでもいい雑談】

*亡くなった母親とのシーンが竹林で『かぐや姫』の名前も出たのは
​某前作へのオマージュか!?​>ぇ

*母親に貰ったビー玉がスーパーボールに見えてしまったのは、ひじゅにだけ?

*あのお隣さんは、週タイトルになっている
「うちは、かわいそやない」
という台詞を引き出すためだろうけど、何だかアカラサマ。
ひじゅにだったら
「同情するなら自分の子供らを殴り飛ばせ!」
と言ってしまうかも>ぉ

*オープニング・アニメで小舟に乗って進む猫型ヒロインの後ろ姿に
猫ならぬネズミを主人公にした『レミーのおいしいレストラン』を思い出した。

*アニメの後に実写のヒロインが映るところは『ごちそうさん』を思い出した。

*細々と養鶏場を営んでいるところは韓ドラ『初恋』(終盤)を思い出した。

*ナレーターの桂吉弥さんは
『ちりとてちん』出演は大当たり!だったけど
その後、何本か出演された朝ドラは半分は微妙…
今作はどんな結果になるか?

*ヒロインを演じる杉咲花さんは
『とと姉ちゃん』にヒロイン妹役で出演されていて
脇役からヒロインへ…という朝ドラによくあるパターン。
でも、思い返すと、そのパターンで成功とは言えない例も多かったので
(彼女らのせいではなく、ドラマそのものがイマイチだった)
今作はどんな結果になるか?

それより、彼女は
回鍋肉のCMでの食べっぷりが好きだったので
食事シーンが楽しみだわ>ぉ



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


ステラ


ビー玉


おちょやん


​​​​​​​​​​​​​​​

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

スカーレット (153)
相棒 (126)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (30)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (11)
欧米映画 (10)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (16)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (16)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (25)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (69)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (60)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (4)
アニメ (3)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)
エール (186)
ドラマ2 (7)
おちょやん (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR